FC2ブログ

LAHの鋼鉄blog

SLGを徒然と。

[スポンサー広告] - --.--.-- - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(--:--) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[AIRLANDBATTLE:Stormsund] - 2018.01.06 - セクター急襲

さてマイブームのStormsund、敵本陣直ぐ側のセクターをヘリボーンで強引に奪う、を狙って作戦を実行してみたら上手く行ってその後も押せ押せで圧勝に。案外やれば出来るものですね。勿論ヘリコプターの快速あっての事ですが、それ以外に輸送ヘリに付いている武装、特にロケット弾があるなしで結果が違ってきそうな気もしました。何せ今回は6機分の火力が味方の増援が来るまで歩兵部隊を守っているのですから。ではそんな急襲作戦の経過を追ってみましょう。

★開戦
20180106.jpg
中央部のヘリボーン部隊と支援の地上部隊T-72Ax2、T-64BMx2、ZSU-23-4x2、2S6Mx2以外は最低限の編成でALPHA、ECHOの制圧を狙います。もう主役は空中機動歩兵というのがハッキリ分かりますね。ヘリボーン失敗すると大変な事になるのである意味賭けになりますが、勝率は高いと自負します。自軍の兵器を信頼していますからね!

★ヘリボーン作戦

さて、ルビコン川は渡りました。その成否や如何に。

★鮮やかなる退却
20180106b.jpg
敵もCHALIEセクターへ突入してきましたが、何とこちらのヘリ部隊を見ると素早く退却していきました。もう凄い判断力ですよ。敵わないと分かると退がる。よく出来たAIですねぇ。リプレイ見てて驚愕しました。

★支援部隊到着
20180106a.jpg
それ程遅くもなく戦車部隊が到着しました。装軌式でこの到着速度なら装輪で高速移動使えばヘリに勝るとも劣らない速さで辿り着けるという事でしょうか?これは試す価値ある作戦が立案された瞬間でした。ただ激戦となるのは想像に難くないです。

★東ドイツ軍第17戦車小隊

勇敢にも反撃に来ましたが、制空権がありませんでしたし投入された戦力が余りに少なく、支援もないので結果は見えていました…

★孤島の脅威
20180106 (9)
ECHO近くの小さな島とも言えない場所に敵がわんさかいます。動かないので不気味なのですが、これだけの部隊が来たら防げないのは確実です。焼け石に水ですが中洲にT-72x2と歩兵部隊を配置します。間に合うかな?

★対岸掃討
20180106 (10)
ヘリボーンが成功してCHALIEセクターを完全掌握したのでMi-8等で対岸に固まっている敵部隊をロケット弾で掃射中です。ほぼ固定目標なので野砲も撃ち放題です。遮蔽物のないこの場所で何をしているのでしょうね。見事な撤退をしたAIの戦術思考はどこへ?

★T-55の奮戦

たった1両で十分お釣りが出るほどの戦果を上げています。勇敢この上ないですが、この様に地形を利用して襲撃してくるとはやりますね。お見事!

★敵左翼への爆撃

これ程綺麗に決まって戦果も上々ですからニヤニヤが止まりません。このマップでは恐ろしい程空爆が有効なので爆撃し甲斐があります。だからこそずっとこのマップで遊んでいるんですが…数多の通常爆弾を敵にバラ撒き続けれるなんて何て素敵な事でしょう。ここ最近のリプレイを全て閲覧してピックアップしたら空爆MADとか作れますよwそれぐらいやってます。たーのしー!

★両軍の布陣
20180106 (1)
睨み合いは続きますが、随分敵本陣は守備戦力が手薄ですね。攻撃ヘリによる掃討作戦がかなり効いたようです。

★Mi-24K
20180106 (2)
ソ連デッキお気に入りのMi-24K。残念ながら対戦車ミサイルは装備していませんが、ロケット弾で十分戦えます。しかし主任務はやはり偵察。この機体の偵察能力は最高級なので対岸の敵兵力が殆ど見えます。森林への隠蔽など造作もなく見破ってくれる頼もしいユニットです。

★MiG-23襲来

自慢ではありませんがAIの航空機投入にはほぼ対応できません。マルチで上手い人の動画で相手が戦闘機出したら即戦闘機で迎撃に向かわせる、とか一体どんなマジック使ってるんだ…何ていう具合だからです。運良く対応できる時は大抵航空機を操作している時だからだったりします。ショートカットに戦闘機を登録とかすれば良いのかなぁ。

★二度目の襲撃

また二匹目のドジョウを狙って来ましたがしっかりT-64様が見てるんですよ。

それにしても東ドイツ軍AIのT-55推しは驚きます。でも実際の東ドイツ軍でもT-55信仰があったんですよ。T-55の完成度に惚れ込み、その後の新型戦車T-62&72が来ても「居住性が悪い」等不満タラタラでろくに使わずT-55ばかり運用していたそうです。どんだけT-55好きなんだ…。けどまあ動画にあるように上手く使えばT-55でT-72クラスを、正面は無理でしょうけど、食えますから悪い戦車じゃありませんよ。

私もT-55は好きな戦車のひとつですから今度T-55とM-60クラスの戦車だけのデッキ作って冷戦プレイしてみますかね。

★砲兵支援下の偵察
20180106 (4)
前述のようにこいつの視界で画像右の森の自走SAMはあらかた叩いて安全にはしましたが、用心して煙幕展開して視界を封じた上で敵本陣偵察中です。残念ながら敵右翼にいた自走SAMにより落とされてしまいましたが初戦からの生存性、戦果を鑑みると十分働いた機体した。落ちたパイロットと機体を回収したいぐらいです。

★MiG-23BNの逆襲

MiG-23の襲撃再び!クラスター爆弾を6発も落としていきましたよ。損害はそれ程ではありませんが悔しい限りです。

★敵セクターへ、戦車前進!

ついに敵に引導を渡す時が来ました。戦車を先頭に進撃開始ですが脳内BGMはソヴィエトマーチがかかりっぱなしです。

★空飛ぶ戦車達の咆哮
20180106 (7)
増援でこの2機が来て揃った所で一斉射撃を行おうという瞬間にコンクエストで勝ちとなりました。最後はあっけなかった戦いですが、初ヘリボーン成功で大戦果と終わりました。次は装輪、装軌と試してみますよ!!


今回から動画にサムネイル、結月ゆかり等VOICELOIDの実況を少し入れました。動画を垂れ流しているだけでは退屈ですしね。今後も色々手を加えねば。

(20:08) - TRACKBACK(0) - COMMENT(1)

クロマイト作戦 - HOME - 稜線の彼方

COMMENT

ぬらり雪ぴょん - URL

ALBもとても面白そうですね!

こんな魅力的なマップとは思いませんでした。
ミニチュアのような車が置かれたヨーロッパの街並みやブッシュなどがとてもがいい雰囲気を出しています。

また、勝てないとわかったら、すぐに退却するAIも素晴らしいです。
どこぞの国産AIとは大違いですね。

航空機の迎撃ですが、多機能マウスにショートカットを登録しておけば、ボタン1つですぐに呼び出せるので、迎撃が格段に楽になりますよ。

多機能マウス、砲兵の呼び出しやレーダーのON・OFFの切り替えにも使えるし、マジで便利なので本当にお勧めです!

動画もナレーション付きで、序盤のヘリボーンの壮大なシーンや、中州への容赦の無い爆撃など、とても面白かったです!

この記事を読んで、ALBをやってみたい!と思ったものの、相方がゲーム嫌い?なので、なかなかプレイの機会に恵まれないですorz

また、EUGENの次作もWargameではなくなって残念ですが、こんな凄い現代戦ゲームはないので、本当にWargame 4出してほしいですね!

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします!

2018.01.27(23:16) - #- - [EDIT]

COMMENT FORM

NAME URL

PASS SECRET

TRACKBACK

[URL] - http://acppfsw.blog52.fc2.com/tb.php/985-fc3ec96a
HOME

PROFILE

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

BOOKMARKS

RECENT TRACKBACK

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。