スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nucler winter is coming 再び

この所死刑囚監房ばかりやっていたので、たまには大きいマップを、とこのマップで3戦ほどしましたが、1戦目は左翼崩壊するもポイント勝ち、2戦目は右翼崩壊するも本陣前の橋で抵抗して何とかまたポイント勝ち、と褒められる様な勝ち方ではなく、「これではいかん!」と今日からはこのマップで特訓してみようと思います。

★Nucler winter is coming 33:22
20160318(1)
よくHOTELセクター近くの画面左端中央の森で先鋒が崩壊するので今回はそこから少し下がって十字砲火を敷き、戦力が整うまで防衛に徹する事にしました。敵は自衛隊ですが、CPUはよく戦車のフルスタックをここにぶつけて来るのでガクブルしていましたが、殆ど敵の姿はありませんでした。

★Nucler winter is coming 30:51
20160318 (2)
自衛隊視点から見ると何と敵は右翼を主力攻勢地点にしていました。なのでT-72Bと90式がよく撃ちあって戦車戦が起こり、余りに戦闘が激しいので虎の子T-80Uは左翼に重点的に配置される事に。そして敵左翼は・・・がら空きです。これはチャンスですぞ。

★Nucler winter is coming 灯台下暗し
20160318 (4)
少しずつ左翼は進みましたが、やはり抵抗は多かったですね。ただ撃退には成功していました。そしてこのセクター、指揮車を置いても占領出来ないので敵指揮車がいるのが分かり、狩りが始まりました。が中々見つからないと思ったらこんな所にいました。でも何で見つけれなかったのかな?と思ったら…

★Nucler winter is coming 模範的隠蔽
20160318 (5)
建物と建物の間にいるとかCPUうますぎ。これにはしてやられました。その後部隊を前進した時に発見して撃破しましたが…本当、良く出来たAIですねぇ。感心しましたよ(笑)。

★Nucler winter is coming 27:00
20160318 (3)
右翼側は威力偵察の結果、敵はいないと判断したので北の市街地まで進み、そこから更に北へ進んでFEDORセクター奪取を狙います。74式が迎撃に来た程度で、殆ど抵抗なしで進めれました。しかしここからは敵の支配地域。いったん防衛線を敷きます。

★Nucler winter is coming 25:56
20160318 (6)
こちらも想定通り敵の抵抗が増えて来ました。しかしこうやってここでも十字砲火を敷いていたら、74式や90式さえも易々と撃破出来て十字砲火の凄さと恐ろしさに感嘆しました。90式が来た時は「ヤバー!」となりましたが、案外手こずる事なく側面からの125㎜滑腔砲で即撃破出来ちゃいました。十字砲火使えるなぁ。って今までもやって来ましたが、ここまで綺麗に成功した事はありませんでしたよ。

閑話休題、戦車の主砲が縦に動いたら、これはその戦車が砲撃を開始する合図だそうです。何故ならお祈りと一緒で、まず横に主砲を動かし、その後縦の動きで修正するかららしいです。戦車の砲で祈りの十字を切るようですが、宗教圏は面白いですね。でもカトリックとプロテスタントは十字架の切り方が逆だったのでもしかして…。何はともあれ、もし戦車と遭遇して敵の砲が縦に動いていたら要注意です。もう照準は定まっているって事ですから。以上小話でした。

★Nucler winter is coming 22:34
20160318 (7)
ある程度敵の迎撃に成功したので煙幕を展開し、いよいよFEDORセクター奪取を試みます。この時の野砲部隊は2S19x2と2S23x2で、効果的に煙幕の展開を出来たのが功を期し、前衛の損害を少しに抑えられました。そして敵の反撃を撃退して敵本陣近くのFEDORセクターの制圧に成功します。今回も威力偵察の結果から動き出したのですが、あれですね、あまり余った兵員輸送車とかを偵察任務で消耗させると歩兵を乗せる時に輸送車がなくて困りますね。奪取目標に向かうというこういった場合には、迅速に動く事が先決なので、輸送車両に歩兵を乗せずトロトロ歩いていては…。勿論十分な護衛は付けますが、やはり速度が欲しいですね。戦いはパワーじゃない、機動性だ!

そういえばEEキャンペーンでは西ドイツ軍シナリオでM-113単体の増援が呼ぶ事が出来て重宝したのですが、ALB以降ではなくなったのですかねぇ。

★Nucler winter is coming 敵左翼からのカウンター
20160318 (8)
何と74式x6、74式改x1、90式x1、中MATx1が反撃に来ました!攻撃ヘリを呼びましたが間に合わない!って事で砲兵による破砕射撃の後、MiG-29S呼んでクラスター爆弾降らせたらこれらのうち4両を撃破。残りは対戦車歩兵のミサイルで撃退に成功します。クラスター爆弾が当たって無かったらどうなっていた事やら。運よくMi-24Vのでしょうか、ロケット弾でスタンして動けずにいたからこそ成功したので、もっと爆撃して投下のタイミング覚えないと…・

★Nucler winter is coming アラスの戦い
20160318 (9)
側面警戒のT-72Bがたまに西側に発砲するので何かな、と思っていたら…敵歩兵部隊がハンヴィーで河川沿いを南下し、こちらが制圧した指揮車しかいないHOTELセクターを奇襲攻撃して指揮車破壊。更に南下して本陣まで強襲して来て一時FOBやら補給車が奪われる緊急事態が発生!!これには衝撃を受けました。それを何とか防いだのは2S19の直接射撃でした。当然急遽奪還&掃討作戦が始まりましたが…これは全くの想定外の事態でしたよ。よもやこの局面で後方を突かれるとは…。しかも海軍歩兵を派遣したら敵はレンジャーで、こちらが森林にいてレンジャーは平地なのにスタン喰らってDVDが一方的にやられるとかやりますね。流石自衛隊の精鋭!補給車も奪って補給までしてるんだから恐ろしい連中です。

今回の件で優勢で正面の敵兵力が少ないといっても後方の警戒を疎かにしてはいけない、という教訓を得ました。これは裏取りに近いのでしょうか。しかし本当に驚きました。これでもし本陣の指揮車が見つかって撃破されていたとしたら…。背筋に冷たいものが流れましたよ。まあ、GOLFセクターから指揮車呼べるからまだ希望はありましたけどね。それにしても…こうやって起死回生の手を打ってくるとかどんだけRDのAIは優秀なんですか。今まででこんな事態になった事なんてありませんでしたよ。首都まで攻められた、何て事はありましたが、自軍主力を囮にしてまでこちらの寝首取ってくるCPU何て始めてみました。これは驚愕に値する凄い事ですよ!WARGAMEシリーズ神!

こういった事態の為、臨時の迎撃部隊が編成されましたが、ここで失った時間が戦局に多大な影響を与えます。

★Nucler winter is coming 敵本陣へ
20160318 (10)
敵の機甲部隊を撃破した結果、抵抗は殆ど無くなったのでまた煙幕を展開して突撃です。夢見た敵本陣で敵指揮車破壊がもう直ぐ体験出来ると思うと、ちょっと前とは違って徒歩で突入する歩兵の足の遅さなど全く気になりませんでした。

★Nucler winter is coming 最終攻勢
20160318 (11)
遂に敵本陣蹂躙キター!早速敵指揮車探しが始まります。もう敵は抵抗出来るほどの戦力はないので初期の目標は達成出来る、と確信していました。

★Nucler winter is coming 敵指揮車確認!
20160318 (12)
遂に見つけ出しましたよ!そこでSu-24の爆弾で吹き飛ばしてやろうとした結果…

20160318 (13)
よもやのポイント勝ちで終わる事に………。あと少し、あと少しで敵指揮車が撃破出来たのにぃいいい。もし敵の特殊部隊の後方への浸透をしっかり防げていれば、無駄に時間を失わず、もっと前線へ兵力を送れていたと思うと涙が止まりませんよ(大袈裟)。

以前このマップでの敵陣蹂躙の動画を作ってます、といってチマチマ作っていたら今回の件で、動画はありませんが、それが達成されてしまいました(爆)。その時は今回と同じ様に敵が左翼を無防備にしていたのを突いて敵本陣へ突入、って感じだったのですが・・・面白い事にまた同じ結果に。ただ今回は手堅く行ったのですが、前回のはまず第一梯団が壊滅し、その後再編成後に進撃するもそれなりの損害を受けてしまったものの、「ここは速攻で!」と威力偵察せずに勢いで敵陣へ浸透して行き、その後敵本陣を完全制圧したのです。だから全く同じではないんですよ、これが。つまり部隊壊滅からの復活&リベンジ戦でした。それにあの時は同盟軍が存在していましたし、その同盟軍が敵同盟軍を降伏に追い込んだり、敵最後のセクターを3個師団で攻め上げた、何て劇的な勝利だったんですよね。それらも考慮すると前回と今回は異質なプレイ内容ですが、でも今回の方は独力で行ったから大成功!?となると少しは腕が上がった?

ただ正直二正面の操作は疲れますねぇ。このプレイの前の2戦で左右どちらかの部隊が壊滅しているのは、自分の処理能力の限界を示していますし。ああ、死刑囚監房…。けど!「スピードとても遅い」というゲームの進行速度を調整出来るのを最近知り、それでやったからこそ慌てずに落ち着いて戦えて勝てた、とも言えるので、記事にしようとした戦いと今回の戦闘はやはり色々違う気がします。まあ、今回のプレイはちょっと不満のある戦いでしたが、自力で掴んだ勝利ですから良しとしますか。

さて、またこのマップで修業しますかね!それに加え…動画の編集も頑張らないと。結構良いシーンとかあったし、折角撮り直しとかして色々やっているんだからさ。私の初敵本陣蹂躙戦記:動画付きのブログの記事化は気長にお待ち下さ~い。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

LAH様、お疲れ様です!

Nuclear winter is coming、マップが広く、必然的に二正面作戦になって一戦線あたりの兵力が少なくなるので、対AI戦においては、泥の戦いと並ぶくらい攻略の難しいマップだと思います。このマップは、自分もかなり苦労しました(アップデートによるAIの強化前の話ですが・・・)。

敵コマンド車が建物の死角に隠れるなんてすごいですね。どこぞのAIなら、最前線に正々堂々と現れたりしそうですね(笑)

まさしく完璧な十字砲火ですね!
AIはよく道路を利用して移動します。なので、道路を直角に横切るように側面射撃を仕掛けると、効果的に敵を撃破することができます。また、森林に隠れて攻撃すると、敵に発見される前にこちらが先に撃つことができるので一方的に敵を殲滅することができます。
それゆえ、十字砲火が綺麗に成功したのも必然だと思います!

また、戦車砲の祈りの十字の話は面白かったです! やっぱりLAH様の軍事関係の蘊蓄はすごいですね!

煙幕展開後の進行も素晴らしいですね! 輸送車は同感です。
自分は新たな攻勢を仕掛けるときは、攻勢用に、マップ外から新たな歩兵部隊を呼び出します。そして車両に乗った新部隊が橋頭堡を築いて、後方の戦線が不要になったときに、既存の部隊を徒歩で歩かせて前線に移動させています。でも、本当は、既存の部隊用の車両を後方の森の中に温存しておくのがいいのかもしれませんね。

クラスター爆弾は扱いが難しいので、使いこなせる人は少ないです。ロケット弾でスタンさせてからクラスターでトドメを刺すって、もはや上級者のテクニックですね! 偶然とは思いますが、あまりの手腕に脱帽しました!

AIの裏取りは自分もよくやられます。とくにこういう広いマップでは、こちらの偵察網の隙間をうまく突いてくるから厄介です。RDは補給車も奪って再利用するから凄いですよね! 自分も仰天しました。最前線に戦力を集中させて油断していると、いつの間にか本陣が敵部隊に奪われてしまったなんてこともよくあります。また、ヘリに乗ったコマンド歩兵をAIのデッキに入れると、思わぬところから自軍のセクターを奪われるので面白いですよ! ほんと、RDのAIは神ですね!

たしか、最初の設定でトータルデストラクションにすると、ポイント勝ちでの終了がなくなるので、試されてみてはどうでしょうか?

スピードの調整は、自分も最初の頃はよく使っていました! HOIみたいな感じに、命令を与えるときにスピードをゆっくりにして練習しました。慣れないうちはそのほうがいいかもしれませんね。

自力で二正面の広いマップを攻略されてなによりです!  徐々にスピードを早くしていけば、リアルタイムでも余裕で戦えるようになりますよ。LAH様の精進を心から応援しています!
プロフィール

LAH

AuthorLAH

へたれ准将LAHの鋼鉄blogへようこそ!WARGAME:RED DRAGONにてソ連デッキで絶賛プレイ中。ハイデル平原で名を馳せたハンターの腕が鳴るぜ!!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。