LAHの鋼鉄blog

SLGを徒然と。

[スポンサー広告] - --.--.-- - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(--:--) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[WARGAME:EUROPEAN ESCAlATION] - 2016.03.13 - WARGAME:EUROPEAN ESCAlATION

最近少しずつWARGAMEシリーズの処女作、WARGAME:EUROPEAN ESCAlATION(以下EE)をやっているのですが…面白い、面白すぎるっ!ってEEばかりやってます。何が面白いってキャンペーンが凄くやりごたえがあって楽しすぎるのです。やり始めた当初は「短いミッションが続くだけかな」「ちょっとUIに不満」何て思ってたし西ドイツ軍しか使えないので兵器の選択の幅が少ないな、と思っていました。が、やり始めると西ドイツ軍第9装甲旅団に愛着が湧いて来ましたし他国の兵器も使えると知ったし、EE本命のキャンペーンのシナリオが超絶良いので超嵌りまくりです。

キャンペーンなのですが、最初はほんの一握りの部隊しか使えず、敵もそれほど強くないので一方的に勝てるんですが、しかしキャンペーンを進める内に兵器が充実し始め、それでいて実は丁寧なチュートリアルを兼ねているので、WARGAMEシリーズ初心者がゲームを進めながらシステムを理解し、どの様にユニットを動かせばいいのか、どの様に戦えばいいか、をどんどん習得して行けるので、EE初心者が中級者まで腕を上げれることが可能なのです!また、エクシードのミッションの様に「通常のプレイでは余り使わない兵器」を敵味方使って戦うので、「成程、こうやって使えば良いのか」と兵器の特性をも教えてくれるのです。そしてそいつらが活躍するんだから堪らない。当然浪漫溢れる戦いの連続なので面白さも倍増です。火炎放射戦車が圧倒的な火力でAFVすら焼き殺して行く様何て興奮しましたもの!やられるのは自軍ですが(笑)。また、歩兵を瞬く間に消炭に変えてしまう威力には驚きました。今度使ってみよう。それ以外に今までは多様はしなかった砲兵の威力にもメロメロになり「そりゃArtnoob(砲兵狂)にもなるさ」と戦場の女神の信者にもなりました。しかし砲兵はもの凄い量の物資を消費するので、2個あったFOBを、敵軍のも奪って、何個も物資残量0にし続けた結果、他の部隊で燃料切れになって行動不能に陥ったけど補給出来ない!何て代償もありましたが…それは浪漫だから仕方ないのです!

キャンペーンと言っても、知る人ぞ知る悪名高きWARGAMEシリーズ特有のキャンペーン難易度の高さはそびえ立つ糞です(褒め言葉)。私はチュートリアルにもなってるキャンペーンでユニットの動かし方、戦い方を丁寧に教えてくれるとは書きましたが「それが出来たらそいつを即実戦しろ!」という事もあって実は甘くはないのです!…これでこのシリーズ嫌いになったりして(爆)。けどどのゲームだって最初はそんな感じだから良いんですよ(えー でもキャンペーンを続ける事で本当にこのシリーズのプレイの仕方が分かって来るので、WARGAMEシリーズ未経験者はEEのキャンペーンプレイをお勧めします。西ドイツ軍だけでなくPACT陣営のキャンペーンもあるそうですからね。そうそう、昔自分が覚えた時はワルシャワ条約機構ってWPOでしたが、何てPACT何て略称になったんですかね。かっこ悪いので嫌いです(笑)。尚「直ぐ戦いたい!」「デッキ組んで対戦したい」って方はWARGAME:AILLANDBATTELE(以下ALB)でのチュートリアルとかもお勧め出来ますが…このゲームの基礎や戦術を覚えるにはやはりEEをお勧めしたい所。RTS特有の忙しさがあまりなく、マッタリ出来ますからね。ALB以降はチュートリアルを除いてそんな暇なく戦闘に忙殺されますから…。

しっかしあるキャンペーンの任務で十字路を守れと言われたので守ったら部隊が壊滅したとか酷過ぎる。マジWARGAMEシリーズのキャンペーン難易度は唾棄すべきものです(本当に褒め言葉)。でも回避方法もしっかりある辺り流石ですよ~。劣勢でもそこは戦術と腕でカバーする。これこそ、ぬらり雪ぴょんも仰ってましたが、本当の戦争ゲームのあり方ではないでしょうか。また、EEで培ったユニットの動かし方、戦術とかが勿論WARGAME:REDDRAGON(以下RD)でも活かされるので、後々役立つというのも本作の良い点ですね。EEで初めて知ったルールもあり、非常に勉強になりました。

EEが後作と全く異なっている点で兵器のアンロック制があります。一つのミッションの作戦目標を達成するごとに指揮勲章を貰え、それを使って使えなかった兵器のロックを外して生産可能にしてキャンペーンを進めて行くのですが…これがまた絶妙のタイミングで使える様になります。見事としか言いようがないですね。大体RDでも国家があれだけ登場し、兵器性能ががあんなに違ってくるのにデッキシステムと兵器性能がマッチし、バランスが取れる様になっているんですからEUGENの調整は神ですよ、信者の私が言うのもアレですが(苦笑)。そしてロックを解除して使える様になった兵器群を使えば次面攻略が少し楽になる辺りも良いですね。ただ中には「攻撃ヘリキター!」と喜んでもロケット弾しか積んでなかったりもしましたが「じゃあこう使おう」と敵戦車と戦う前にロケット弾ぶち込んで、スタン取ったり士気崩壊させてそこを追撃して全滅させて行くという戦術を覚えれました!この快感堪りませんぜ?(ゲスの極み)。でもそうして一つ兵器の運用術を得られたのも確かな事実です。外にも「ヤグアルシリーズ使えるかなぁ」と思ったけど「敵のBMP対策に良いじゃん!」とまた閃いて、遠距離から狙撃するなり戦う前に攻撃ヘリのロケット弾でスタン取って(ry ここで勉強になりましたが、イロコイシリーズのロケット弾多めのガンシップもとても役に立つことを知りましたねぇ。これはRDでも活かせるぜ!それ以外にも第2世代戦車にとってATMは恐怖!!という事。そりゃあイスラエル機甲師団が壊滅するわけだ(迫真)。

幸いな事に私がやっているのはもう倒産して全国のパラドゲーマーを嘆かせたサイバーフロントの日本語版です。英語版も持っていますが、日本語版があるならそっちで、と軽い気持ちでやりましたが・・・これは正しい選択でした。もし英語版だったら投げ出していたでしょう。何故ならキャンペーンでは説明が多いからです。これは本当に助かりました。ALBチュートリアル1面で説明文を翻訳した事があるのですが、短い文でしたが非常に苦労し、翻訳を投げ出したぐらいですからね。やはり日本語版があるのは助かります。でもナレーションや台詞は英語だったりドイツ語だったりします。ご了承ください。部隊は何か言ってきますが、「アハトゥンクパンツァー!(だったかな)」、警報敵戦車!ってのだけ覚えておけば少し戦況が楽になると思います。後は各自で調べて教えて下さい♪

現在サイバーフロントのパラドゲーシリーズはもう正規版は販売されないので非常に高騰して気軽に手に入りにくくなっています。が、EEは殆ど日本では話題に上がらなかった、悲しいかなRDも現状も、のでそういった事態を奇跡的に回避出来ており、アマゾンでもほぼ通常価格で購入出来ます。「RDやってみたいけどRTSだしなぁ」という不安を持たれた方も多いかもしれませんが、大丈夫、EE日本語版キャンペーンをやれば前述の様にRDにも即参戦可能になれる程良い買物となります。そしてその魅力に取り付かれてWARGAMEシリーズの深淵の奥まで覗く事が可能になります。この機会に是非EEをプレイする事をお勧めしますね!アマゾン在庫も少ないぞ!(宣伝アフリアフリ)

しかしあれですね、何故RDでチュートリアルが酷いのか納得出来ました。「EEやって来てるならいらないっしょ」って事なんですよ、きっと。そしてALBでチュートリアルがあるのは「操作を覚えているか?」の確認の為なんでしょう。だからRDではチュートリアルは説明だけになったのです(暴論)。そうなると新規ユーザーには厳しい限りです。けど私の理念で「全てを救う必要はない、6割救えたら十分だ」というのがあるのですが、今回の件を照らし合わせると正しくその通りだと考えます。「WARGAMEシリーズやりたかったらこの崖登って来い」というEUGENなりの優しさなんですよ。これは日本のアニメを理解したいから日本語覚える、という外国人さん達には当たり前の光景じゃないですか。この世界は優しくも残酷なんですよ。だからRDの次作でチュートリアルが消えても何ら不満はありませんね!そしてだからこそEEのキャンペーンがですね・・・(ry

さて、EEへのリンクを張ってキャンペーンに戻ります。飛行場攻略中なんですが、2H半続けてやっと最後の敵セクター攻略が始まり、それが終われば第2目標を全て達成出来るので力が入るというものです。レオパルト2のアンロック解除の為に頑張りますよぉお。いい加減レオパルト1シリーズでT-64、T-72と戦うの辛くなって来た…。しかしそこは戦術とう(ry

☆WARGAME:EUROPEAN ESCAlATION 日本語版


PS.勲章貯めてレオパルト2使用可能になりましたが、キャンペーン中で出て来てからやらないと使えない模様。そして部隊は引き継げますが損害も引き継ぐというマゾ仕様な事が判明しました。EE堪らねぇえ!

(19:42) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

コメント返し 2016/3/15 - HOME - 大戦略パーフェクト 戦場の覇者 Vita 販売本数 

COMMENT

ミラー - URL

お久しぶりです!
閣下が自衛隊にはまられた様で何よりと思ってた矢先、次はバックナンバーで西独ですね。
火焔放射戦車にも目覚めて何より(笑)
因みに、陸自レンジャーの狙撃銃は64式というツッコミも忘れてました。

自分はトータルウォー将軍2を買いましたが、アカウントが中古の為使えず来月から抱え大筒に嵌まれそうです。
返金処置をしてくれた英国のショップに感謝。

2016.03.14(16:02) - #- - [EDIT]

ぬらり雪ぴょん - URL

LAH様、お疲れ様です!

EEのキャンペーン面白そうですね。ヨーロッパの戦い燃えそうです。
また、アンロックも戦闘国家のキャンペーンみたいで良さそうですね。

自分はEE・ALB・RDの3シリーズパックを購入しましたが、今のところRDだけでお腹いっぱいですw

RDだけでも遊び尽くせないのに、EEとALBもあるとか、プレイ時間がいくらあっても足りません。そのうち、Wargame 4が出てしまったりして・・・。

Wargameのキャンペーンは、やはり旧式の兵器しかない貧弱な装備の部隊を、おのれの戦術でカバーするところがたまらないですね。地形や十字砲火などを駆使して、敵の大部隊を相手に、劣勢を跳ね返すとか、まさしく最高のシチュエーションです!

EEのキャンペーンはやったことがないので分からないですけど、RDのキャンペーンは戦略マップでどの部隊をどのエリアに投入するのかによって、各エリアでの戦いが大きく変わるので、戦略マップでの大局的な判断がなによりも重要になります。

一言で言えば、司令部の参謀がやってることと、前線指揮官がやってることの2つの役割を楽しめるといったらいいのでしょうか。一粒で二度おいしいのです!

そのため、Wargameのキャンペーンは、大戦略や戦闘国家よりも自由度がはるかに高く、いろいろなルートから攻め込むことができるため、同じキャンペーンであってもバリエーションが全く異なり、何度も遊べます。これは本当に良く出来たシステムだと思います。

また、部隊が損耗していく一方で、戦果をあげた部隊は練度が上がっていくので、こいつら強くなったなあ!って感じで、各部隊を育てる喜びもひとしおです。しかも、戦闘国家や大戦略みたいに持ち越し部隊の限度なんてありませんし。

最後に、個人的には、LAHキャンペーン戦記とか読んでみたいですね! キャンペーンの攻略って、ブログにも動画にもあまりないので、希少価値があるのではと思います。EEのPACT軍キャンペーンなんかどうでしょう?記事書くの大変かもしれませんが・・・。

2016.03.14(22:29) - #- - [EDIT]

COMMENT FORM

NAME URL

PASS SECRET

TRACKBACK

[URL] - http://acppfsw.blog52.fc2.com/tb.php/966-c34bff0d
HOME

PROFILE

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

BOOKMARKS

RECENT TRACKBACK

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。