FC2ブログ

LAHの鋼鉄blog

SLGを徒然と。

[スポンサー広告] - --.--.-- - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(--:--) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[WARGAME:RED DRAGON講座] - 2016.01.07 - WARGAME:RED DRAGON 兵站デッキを組もう!

最近嵌りまくりのWARGAME:RED DRAGON(以下RD)、とうとう講座まで開設してしまいました!まだ負けてばかりでNoobな私ですが、私なりに覚えた知識でRDを盛り上げれたら、と思った次第です。てな訳でまずはRDといえばデッキ。デッキといえばRD、とも言われるデッキの、最初の欄である兵站編のデッキの組み方講座をやってみました。皆さんも一緒にやって勉強してみましょう!

★デッキの組み方 1-1
deki0.jpg

RDを起動したらまずはログイン画面です。このログイン時のログイン名とパスワードはSteamのものではありません。おそらくやってるユーザーの戦績認証画面だと思われます。まだ未参戦なのですが、マルチ時のアカウント名にもなるのですかね。まあ深く考えずちゃちゃっと設定してログインしましょう。尚、キャンセル(取消)で飛ばすことも可能です。

このデッキというのは、カードゲームと同じと考えれば良いと思います。総ポイントを伺いながらアレコレ組み合わせる感じです。大戦略で言うなら生産タイプでしょうか。最初から組まれているデッキもあり、それを使ってみても良いでしょうし、自分で組んでも良いでしょう。そして「デッキを作りたい」と思ったら”デッキ”をクリックです!

★デッキの組み方 1-2
deki1.jpg
”デッキ”を選びましょう。

★デッキの組み方 1-3
deki2.jpg
自分で組みたいので”作る”を選択します。

★デッキの組み方 1-4
deki3.jpg
ここで色々選択しなければいけませんが、上から順に解説してみます。

まずはデッキ名を決めましょう。ここではアメリカタイプを選んでいるのでUSAにしてあります。通常時には日本語が使えないのですが、メモ帳に書いたのをコピーしてペーストすれば表示可能です。ただし右クリックのコピーではなく、Windowsのショートカット(コピー:Ctrl+C/ペースト:Ctrl+V)になります。情報を提供して下さったぬらり雪ぴょんさん、有難うございました。Tab+Altでメモ帳を選択してコピー、また同じ手順かタスクバー上でRDを選択して画面を戻し、ペーストして下さい。

そして陣営ですが、自由と正義のNATO陣営で戦いたければBLUEFORを、 資本主義に毒された国家と搾取される労働者達の解放に向けて戦うのであればREDFORを選択して下さい。このゲームの時代設定は冷戦時なので、東西陣営に分かれるのすが、その設定上、大戦略の様にアメリカ対フランスといった事は出来ず、必ず敵対陣営との戦闘になります。これは注意してくださいね。同陣営で対戦の場合は”対決”でBLUEFORなりREDFORと選択すると西側vs西側等可能です(85式さん情報有難うございました)。

次は国家、同盟デッキですが、ここでは大まかなデッキタイプを選べます。アメリカだけのデッキ、ソ連だけ、という様な国家縛り、NATO陣営から自分好みの兵器を選んでオリジナルNATOデッキを、という様に国枠で組めるのですが、それにより様々な恩恵があります。それは次の画像で説明します。

さて次はユニットタイプです。これは非常に面白い事に、簡単に言うと自動車化、機械化、装甲化、空挺化、上陸侵攻部隊化、といったある分野に特化したデッキを組めるのです。その恩恵は大きく、例えば空挺化すると歩兵コスト(後述)や航空機コストが全て1になる、とデッキタイプに特性が発揮されます。なので通常型デッキvs空挺デッキで、敵戦線後方に降下した部隊と迎撃して来た部隊との戦闘、何てシチュエーションが再現出来るのです!また、国家縛りでも同様ですが、そのタイプでしか選択出来ない兵器が出現したりと大変面白い事になってます。ただ特化した分どこかが通常時より大幅に劣ったりもしますが、それは特化デッキだから、と無理にでも納得して下さい。一例としてソ連の空挺デッキにおいて戦車枠は何とBMP-685オンリーだったりします。まあ車両枠でASU-85やBRDM-2のATGWがあったりしますが、どれも防御が薄い車輛である事には限りなく、本格的な戦車と正面から撃ちあうには厳しい事になります。この辺はペナルティに思えますが、空挺降下した部隊に通常の戦車がある方がおかしいです。そう考えると妥当ではないでしょうか(強引)。なのでソ連空挺デッキは畑から採れる兵士で戦いましょう。この辺のバランス加減が絶妙なのがRDであります。そして様々な点を熟考して通常デッキか特化デッキか選択しましょう。

お次は年代で、これにより兵器が1980年代、1985年代までの配備されたもの、といった縛りが選べます。これも選択すると特典があるのですが、冷戦ゲームらしいオプションだと思います。注意すべきは1980年デッキを作ったのに、スカーミッシュで敵勢力を通常時のままで対戦すると大変な事になるので、相手国の1980年デッキも作っておきましょう。センチュリオンとSタンクでT-80と戦えとか辛いです…。

尚、ここで縛りを入れなかった場合は特典が付きませんが、別段無くて困る事はないので、個人の好みで良いと思います。こうしてデッキ設定を終えたら次の画面へ。

★デッキの組み方 1-5
deki4.jpg
ここで縛りを入れるとこの画面が出て、どういった特典があるか教えてくれます。ここではアメリカオンリーでの特典が表示されていますが、こういった事が出来る様になった、と思えば問題ないでしょう。

★デッキの組み方 1-6
deki5.jpg
デッキ名と空っぽのデッキが表示されました。

★デッキの組み方 1-7
deki6.jpg
ではどこでもいいのでクリックしてデッキを組み始めましょう。

★デッキの組み方 1-8
deki6a.jpg
そうすると画像の様に兵站枠で選択出来る兵器が登場します。上から画像の様になっていますが、どれも重要なものばかりです。上3つはエリアの占領に必要なコマンド部隊(指揮車)で、下3つは兵站=補給部隊のユニットになっています。個別の説明は下記をご覧下さい。

★デッキの組み方 1-9
deki7.jpg
水色の枠が兵站ユニットの最大選択数になります。ここでは最高5個までになりますね。そして真ん中に小さい数字が書いてあると思いますが、コスト1といったものは配備ポイントで、部隊を選択するたびにコストが上がって行きます。そして兵站を始め全ての兵器の総配備コスト値が一定以下、この場合は右上中程にある様に60以下にする必要があります。

この枠内に如何に自分の好みや戦闘に必要なユニットを組み込んでいくのかがRDの楽しみでもあります。デッキ組むだけで数時間、何て事もあり得ますよぉ。

★デッキの組み方 1-10
deki8.jpg
まずは最初に一番下のFOB(Forward operation base)を選びます。これはデッキの組み方1-8(以下1-*と表示)の下から二番目の画像にあるものですが、前線物資集積所の事です。補給車等は補給物資が空になると、満タンにするにはここに来て物資を補充する必要があります。文字通り補給物資の集積所ですね。各種ヘリタイプはFOBの周辺に着陸すれば直接補給も可能です。ヘリは物資の消費量が半端ないのでFOBでの補給を推奨します。そしてこのユニットは必ず入れてないといけないので最初に入れるのを忘れないで下さい。入れ忘れると大変な事になりますので。

この時右上に練度が表示されていますが、RDにおいてはユニット選択時に練度を選べます。練度が高ければ勿論ユニットの性能が上がります。その分配備される数に限りがありますが、大体はその枠内でほぼ全ての練度付き部隊が配備可能です。配備の仕方はユニットをクリックし、次に練度を選ぶと上の配備デッキに登録されます。やり直したければ削除を選んで下さい。

ここでは新兵を選びましたが、FOBに練度は必要なんでしょうかね。

★デッキの組み方 1-11
deki9.jpg
次は補給車としてHEMTTの訓練済みを選びました。補給車は燃料弾薬の補給、破損の修理が出来ますが、可燃性の物資の塊でもあるので被弾すると爆発するので要注意です。補給は大戦略系の様に部隊に横付け、ではなくて補給車を中心とした直径広めの円の中にいれば自動で補給出来るという素晴らしい機能を持ちます。非常にユニークな方法ですね。ユニークといえば補給時に、弾薬、燃料、修理と個別にON/OFFが可能です。これにより大戦略系の様に無駄に補給がされない仕様なのは素晴らしい!の一言です。別途補給フェイズ等を入れなくても、こういったON/OFFで切り替えるぐらいの発想は日本のゲームメーカーにはないのでしょうか。そういえばHoI2でも戦時/平時でON/OFFって機能がありましたけど、欧米は合理的ですねぇ。

ここは普通のトラックでも構わないのですが、中には水陸両用のタイプもあります。マップによっては渡河した方が早く目的地へ移動可能な場合もあったりするので、マップに合わせ選択すると良いでしょう。ただし浮航性がある分物資の搭載量が低いといった欠点もあります。

★デッキの組み方 1-12
deki9a.jpg
次はコマンド部隊で車両系のLAV-C2を選択しましたが、ここで車両系の訓練済み練度の兵士が丁度切れました。良いバランスですね。この車両はLAV系列と考えるとピラーニャ系ですかね。

★デッキの組み方 1-13
deki10.jpg
ここでは兵員輸送車/ヘリ+歩兵欄から一つ選んで今までの様に練度をクリックして配備です。ここで訓練済みが復活していますが、どうやら兵種毎に練度は用意されているらしく、特殊部隊でないと練度・精鋭が選べない等個性あるオプションとなっています。お蔭で練度なしの部隊が殆どいないぐらいです。その分通常時より配置数(後述)が減るなどのペナルティがあります。

★デッキの組み方 1-14
deki11.jpg
ここで最後の枠を埋めたい所ですが、兵員輸送車/ヘリ+歩兵でユニット欄がちょっと変わっているのに気付かれたでしょうか?実はこれにはちゃんとルールがあるのです。

★デッキの組み方 1-15
deki12.jpg
画像上が配備欄、下が部隊選択欄での表示です。同じユニットですがどれも意味があります。まず上の画像から行きましょう。

緑の枠に囲まれた数字はマップに配置出来る最大数を表しています。この場合は3部隊で、全滅すると以後このユニットは配置出来ません。コマンド部隊に限れば、そうそう左官や士官といった司令部要員が大量に用意されている筈はない、と考えれますかね。RDはシビアです。ここでは3部隊制限でしたが、勿論各兵器により最大配置数は変わって来ます。そして全てのユニットが十分な数ではなく、高級なユニット程配置数は少ない傾向です。なので大事に運用する必要がありますが、安いユニットは例外です。

部隊名はその名の通りで、部隊名左のマークはコマンド部隊である、という特別なマークです。所でこの部隊名、どうやって読むの?とかこの表示おかしいよ、ってのが多々あるのですが…大目に見ましょう。

次に配置ポイントですが、RDでは初期配置で与えられるポイントと、ゲーム中に入ってくる増援ポイントを消費してユニットを配置するというシステムになっています。それに必要なのがこの配置ポイントです。ここで数字が二つありますが、画像の様に搭乗部隊(この場合はTACOM)と搭乗車両を足した値が配置ポイントになります。よってこのユニットは配置ポイントが110かかるという事になります。この様に歩兵ユニットは常に搭乗車両(ヘリを含む)とのセットになっていますので、気を付けて下さい。そして搭乗車両には更に設定があります。

画像下の説明に移ります。左の水色の数値は同種兵科の最大配置数になります。この場合は1/1なので、最大1つしか選べないという事になります。ちょっと分かりにくい画像になっていますが、1-13の画像をよく見て下さい。歩兵欄で5種類ありますが、その中で歩兵は1つしか選べず、搭乗車両だけが豊富にある、と考えれば良いでしょう。

最後になりましたが、ここで搭乗車両のルールが出て来ます。水色で4/5とありますが、これは搭乗車両/ヘリにも配置制限がある、と考えて下さい。ここではコマンド部隊はM998 HUMVEE(ハンヴィー)に搭乗していますが、兵站以外全てにおいてもM998は最大5部隊しか用意出来ない、という意味になります。これは非常に面白い縛りだと考えますし、良く出来ているな、と私は感心しています。これにより満遍なくユニットを使えますからね。○×一択、何てつまりませんから。また、これのお蔭で「敵が全部同じユニットだ」何ていうよく大戦略系であった不満が解消されるので大歓迎です。

大体現実では全部隊を同じ兵器に、例えば戦闘機を全部F-22にする、何て出来ないからこそ各種航空機・車両が溢れている訳で、アメリカが生んだ代表的なF-15とF-16とのハイローミックス構想も、既に各国で採り入れられているのも当然です。このバランスの匙加減が非常に良く出来ているので、RDは凄いなぁ、と信仰する様になりました。話を戻して、兵站以外でユニット、特に歩兵、を選ぶ場合に「あれ、このユニット選択出来ないなぁ」という場合、大抵その車両の最大配置数制限に達していると考えられます。

★デッキの組み方 1-16
deki13.jpg
では最後の枠を埋めましょう。色々悩みましたが、やはり補給車輛だけでは迅速な物資補給に問題があるので、輸送ヘリ”CH53”を選ぶ事にしました。車両とどれくらい性能差があると言いますと、

HEMTT 速度:100㎞ 補給物資:2400L
CH53  速度:320㎞ 補給物資:3700L

と、速度で3倍、物資量1.5倍と差は歴然です。これは凄いと思いませんか?私は思います!FOBに戻らないと十分補給が受けれない攻撃ヘリ等も、輸送ヘリタイプからでは余裕で武器弾薬満タンに出来ますしね。それに戦線が伸びた場合の事も考慮すると、輸送ヘリは重宝されるものだと個人的には考えています。

WARGAMEシリーズのRDからは補給のルールが変わり、何と輸送ヘリから補給車へ補給物資供給が可能という神技が出来る様になりました。これは凄い事です!これにより補給ヘリが中継点となり、戦火の激しいの最前線まで補給車で物資を往復して運び込める訳ですからね。こ・れ・は凄い!!本当はこういった事を大戦略パーフェクト3.0の戦略モードに期待していたのですがねぇ。それはさておき、このルールを考えた人は本当、神ですよ。

★デッキの組み方 1-17
deki14.jpg
前の画面で右下の”戻る”をクリックして兵站欄を見てみましょう。全て埋まっていて、更にこの行だけで17ユニットある事が分かります。これで兵站編は終わりです。デッキを保存しましょう。

★デッキの組み方 1-18
deki16.jpg
”やめる”を選択します。

★デッキの組み方 1-19
deki17.jpg
変更を保存します。日本語がおかしいのは気にしないで下さい。日本語版があるだけでも感謝しないといけませんからね。お疲れ様でした。

★デッキの組み方 1-20
deki15.jpg
所で練度が上がるとどういった影響が出るのか?画像をご覧ください。こういったプラス面が豊富にあります。マイナス面もありますが、量より質ですよ!(負けフラグ)。


さて、兵站編のデッキを組みましたが、これが宝石ではありません。FOBは絶対だとしても他は好き好きで選んで下さい。「コマンド部隊はジープで十分」「補給ヘリ要らない」「FOB、2個いる」「全ての枠を埋める必要はない」等々。十人百色各自思うがままにデッキを組めば良いと思います。ただコマンド部隊と補給車は必須でしょうが、たまにFOBはなくてもよい場合もあるから絶対ではないかも?

(20:59) - TRACKBACK(0) - COMMENT(3)

コメント返し 2016/1/9 - HOME - CITY FIGHT

COMMENT

85式 - URL

西側vs西側もできますよー

スカーミッシュの設定時に「対決」と書かれてるとこクリックすると「BLUE FOR」「RED FOR」を選べるはずです
これを切り換えることでそれぞれ西側同士・東側同士の戦闘が可能です

2016.01.08(12:36) - #- - [EDIT]

ぬらり雪ぴょん - URL

LAH様、素晴らしい解説ですね。しかも画像付きで!
最近始めたばかりとはとても思えないクオリティですね
こんなに本格的な解説とは思いませんでした。

しかも、兵站だけでここまで深く語れる人は初めてみました。
Wikiより詳しいんじゃないでしょうか。

「敵が全部同じユニットだ」何ていうよく大戦略系であった不満が解消というのは、なるほどと思いました。

たしかに大戦略って、AIが同じようなユニットばかり作るので、対応がマンネリになりがちでしたよね。陸海空の生産ユニットの比率を変えられるように、兵器の生産タイプも変えられたらいいのにとずっと思っていたほどなので。それをRDは、デッキシステムで解決したんですからね。

歩兵数だけでなく、歩兵が使える車両にも制限数があるし、練度を上げると歩兵の数が減るし、この悩ましいシステムを考えた人はまさしく神ですね。

RDのデッキって、上のような制限があるため、完全に満足できるデッキが作れなくて、どこかで妥協しないといけない部分がありますよね。でも、そこがまた良かったりします。悩ましい部分がなくなって、完全なデッキが簡単に作れたら、みんな同じデッキになってしまうので。

2016.01.08(21:58) - #- - [EDIT]

ミラー - URL

最近始めたのに、何と言う理解の早さ!
感服致しましたよ!

兵站の重要性を常々感じますね。
陸戦で一部海軍出せるマップは、護衛艦と河川戦闘艇をデッキに入れたら、補給艦と補給車両揚陸艦を入れておくとお得。
デッキコストなしに補給車両を追加し、補給艦からは殆どの兵站ユニットが補給出来るので自衛隊を扱う時など便利ですよ。

自分はナポレオントータルウォーが届いたので、現代的な装甲と機械力の時代から火薬と肉弾の時代を楽しみますかね…

2016.01.09(00:30) - #- - [EDIT]

COMMENT FORM

NAME URL

PASS SECRET

TRACKBACK

[URL] - http://acppfsw.blog52.fc2.com/tb.php/911-991bb7b5
HOME

PROFILE

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

BOOKMARKS

RECENT TRACKBACK

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。