LAHの鋼鉄blog

SLGを徒然と。

[スポンサー広告] - --.--.-- - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(--:--) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[ミリタリーDVD・動画] - 2011.09.25 - ソ連空挺軍脅威の物量

これぞ専用の戦車まで用意してる空挺軍の本気。BMD!BMD!(゚∀゚)=3

★ソ連空挺軍が本気を出すようです

しかし昔から謎に包まれてた空挺軍の大口径130mm砲装備の自走砲、ASU-130は遂に情報はイメージイラストのみで終わりましたねぇ。学生の頃やってたGDWのボードゲーム、現代機甲戦シリーズ3作目?の”Reinforcements”にユニットがあって当時wktkしたのですが、HJが日本語版出さなくてがっかりした記憶が…。存在自体怪しいものでしたが、もし公開されていたらその後の戦車開発のシーソーゲームの多大な影響を与えたかもしれませんね。もしかしたらpk510様の本に載ってた140mm装備のレオパルト2も夢じゃなかった!?そしてT-95は135mmではなく152mm装備前提だったかもしれません。

歴史にIfは禁物ですが、ASU-130は後世に多大な影響を与えた謎の戦車でした。


スポンサーサイト

(13:25) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[ミリタリーDVD・動画] - 2011.09.22 - ソ連戦車師団脅威の物量

これぞワルシャワ条約機構の本気。OMG!OMG!(゚∀゚)=3

★ソ連戦車師団が本気を出すようです

それにしても圧巻の物量ですな。大戦略でおなじみのT-72、62、55、BMP-1、2S1、シルカ、SA-8とかが馬鹿みたいにいます。そして小型の転輪はT-64かな?上空支援にはSu-17、Su-24、MiG-27と対地支援映像もあって素晴らしい!しかしこの歌、良いですね~。着信音にしたいぜ!

(20:50) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[ミリタリーDVD・動画] - 2011.09.16 - T-90MS ”TAGIL”

「もうやめて!T-90の耐久度はとっくにゼロよっ」。これが本当の魔改造なんでしょうね~。砲塔、真上から見たら西側戦車に見えたw

★T-90MS TAGIL画像集
T90ta1.jpg
t90ta2.jpg
t90ta3.jpg
t90ta4.jpg
t90ta5.jpg

★T-90MS動画

装甲車撃って宣伝になるのかな(゜ー゜;) しかしBGMがSH3のGWXと同じ曲とは。

(21:41) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[大戦略MOD] - 2011.09.16 - 自走砲射程変更MOD実験終了

blubriTai161.jpg
自作したMODの運用データを取ってましたが、それが終わりました。結論ですが、自走砲の射程延長は素晴らしい効果を生み、新たな戦術の可能性を生み出す興味深いMODであり、これを入れる事で新たに日が当たる兵器が増えたり戦術の幅が増えるので、常時使うMODとして採用する事に決定致しました!って、私しか実験してなくて、個人的感想を全面的に受けた評価ってどうなの?って気もしますが、MODはある種個人の趣向が大いに反映されるものである、と勝手に決めちゃってますけど、それでも良いよね~?(/ω\) これも後日、MLRSへの変更も加えて勢多さんのHPへ上げますね!

さて、成功裏に終わったテストですが、新たに生まれた問題もあります。それは、以前にもありましたが、CPUの攻撃目標の選定についてです。例によってM-1A1が攻撃ヘリに突撃して来たんですが、その後にT-62がこちらの85式戦車に戦闘を挑んで来たんですよ。これは恐らく移動力の差から来る影響で、移動力6のM-1がT-62より1ヘックス先に進めたから攻撃ヘリに、移動力5のT-62はそこまで届かないから手前の85式を、ってことだと思案しますが…これは大いに問題でしょう。だって無茶苦茶なんですもん。

攻撃ヘリにM-1が突っ込んでも被害はありません。精々耐久度が落ちるぐらいでしょう。けど、T-62が85式(T-72相当)に突っ込んだ場合の損害は非常に大きいです。格上の相手と戦うのですからね。そうなると収支赤字です。けど、もしM-1が85式に突っ込んで、T-62は移動で終了していたらどうでしょう。M-1はA1なので第3~3.5世代戦車ですが、85式は第2世代戦車。耐久度の差でも理解出来ますが、この場合ではM-1の圧倒的な勝ちです。そう、本来ならこうやって戦わせるべきなのに何故かCPUは理屈に合わない、辻褄の合わない思考です。前者では攻撃ヘリの反撃の弱さを見越して、非現実的ですがシステムの弱みに付け込んで、数パーセントの可能性でも被害は少ないと読んで突っ込んでます。しかし次の戦闘は明らかに戦う前に分かるぐらい結果の見えてる自殺行為です。この酷い差は何でしょうね。一体CPUは何を基準に交戦目標を選んでいるのでしょうか?損害少ないし、と自らの持つ最良の性能(M-1だと勿論対戦車戦闘でしょうね)を捨ててたった数パーセントの可能性にかけたり、損害を度外視した戦闘を強行したり訳が分かりません。でも理由は分かります。そう、何も考えてないんですよ。移動力から攻撃目標を選定し、届く範囲、索敵出来る範囲内にいる敵ただ突っ込む。それだけです。何と愚かな思考ルーチンなんでしょうか。というか、思考の欠片もありませんよね。プレイしてても記事書いてても空しくなりますわぁ(´・ω・`)

なので新たなMOD作成を思い付きました。機関銃の対ヘリ攻撃力の排除、反撃専用の機関銃の装備です。しかしこれだと武器欄が一杯で増やせない兵器も出て来ます。なので単純に対ヘリ攻撃力の排除、これをやります。流石にこれは賛否両論ですが、今のシステム上、私にはただの害悪としかなっていないので仕方ありません。同時に、対戦車ミサイルの対軟攻撃力の排除もやります。これも今まで度々起きてましたが、CPUのアパッチが最大射程でヘルファイアを10発歩兵に撃って全弾外れ→隣に良い目標の戦車いるだろーがヽ(`Д´)ノ を何度となく経験して萎え萎えになったのでこれもなくす為、MODで弄ります。だって戦車駆逐車もATMを歩兵に撃ってるんですよ?己のレゾンデートル完全無視かいっ。もう馬鹿かと。本当、大戦略のCPUは何も考えてないですな。

さて、最後にF-16とハリアーの武装変更MODも作ります。これは後日書きますが、これまたSSαが自分達が作ったルールを無視していい加減にやってるのがバレバレになったので。

しかし凄いですね、大戦略。やればやる程ネタがガンガン上がって来ます。でも今ではそれを改善出来るMODがあるので救われますよね~。ただ思考ルーチンだけはどうにもなりませんが。そうそう、あれば凄いけど思考ルーチンエディタ以外にもう一つエディタが必要だと痛感しました。それは生産エディタ。生産する部隊数を兵種毎に厳密にパーセンテージで指定しちゃうんですよ。何度も書きましたが対空部隊が馬鹿みたいに多すぎる、って問題を解決する為にね。「そこまでするのはやり過ぎだろう」と思うかもしれませんが、現状、マップ設定で陸海海の比率を決めれますが、実はこれにより非常に大きな問題が起きたりしてますから、そう実感した次第です。これも後日書きますが、実は悪循環を生んでる元凶が価格設定にあったりでね、もう問題山済みですよ、パーフェクト(´;ω;`)

それでも少しでも良い方向へ、と改善する事に生甲斐を見つけたLAHですが、いつかぽっくり心が折れそうですよ~(゜∀。)

(21:21) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[大戦略MOD] - 2011.09.08 - 対潜魚雷攻撃力強化MOD

先程勢多さんのHPのアップローダーに告知してあった対潜魚雷攻撃力UPのMODを上げました。こちらからどうぞ~( ´∀`)/~~

本来なら艦船のアスロック等も威力を上げたいのですが、調べてみるとかなり雑多に種類があり、航空機搭載魚雷の様に一括で変更!ってのが出来なかったので、後日に作ってからUPしようと思います。最後に、上記MODに何か不具合があればお知らせ下さ~い。出来るだけ速く対処致しまふ<(_ _)>

さて、IFVのデータ入力やるか。

(09:32) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[大戦略MOD] - 2011.09.04 - 対潜魚雷威力変更MOD

BlueBridgeで潜水艦と遭遇。硬すぎ泣いた(;ω;) という訳でMOD作成です。

さて、パーフェクトで嫌になるのが潜水艦の有り得ないほどのタフさと対潜魚雷の弱さです。で、これを改善しよう!と単純に対潜魚雷を全部威力を倍の8にしたらこんな結果に。実験では対潜航空機vs潜水艦を各10回ずつ戦闘を行いました。

・P-3C vs シーウルフ(耐久度32)
轟沈:4回
耐久度半減:1回
耐久度40%まで低下:1回
耐久度38%まで低下:2回
耐久度13%まで低下:1回
耐久度3%まで低下:1回
平均82%のダメージ

・シーホーク vs シーウルフ
耐久度88%まで低下:1回
耐久度50%まで低下:2回
耐久度41%まで低下:1回
耐久度34%まで低下:1回
耐久度28%まで低下:1回
耐久度16%まで低下:1回
耐久度13%まで低下:2回
耐久度9%まで低下:1回
平均66%のダメージ

・P-3C vs キロ
轟沈:8回
耐久度14%まで低下:1回
耐久度9%まで低下:1回
平均98%のダメージ

・シーホーク vs シーウルフ
轟沈:6回
耐久度77%まで低下:1回
耐久度36%まで低下:2回
耐久度5%まで低下:1回
平均85%のダメージ

偶然火力を倍にしただけですが、良いデータですね。丁度良い具合に対潜哨戒機と対潜ヘリの棲み分けが出来ました。シーウルフクラスに8割のダメージを与え、轟沈も可能な対潜哨戒機。同クラスへは、余り効率は高くはありませんが、2撃で撃沈可能な対潜ヘリ。これはマジ良いんじゃないんですかね!ただこれだとキロクラス以下はほぼ攻撃されると沈みますが、魚雷を数発食らっても平然と潜行してるなんておかしいし、キロクラスの魚雷で艦艇がバンバン沈むんですから潜水艦も沈んで丁度バランスが取れるでしょう。それぐらいキルレートが高くないと潜水艦無双が収まりませんしね。このMODは後日勢多さんのHPへ上げます。
kilo.jpg

(09:09) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0(通常マップ編)] - 2011.09.04 - 次の一手

自走砲MOD実験中のBlueBridgeですが、今困っている事があります。それは第3師団を何処へ回すか、です。前回は疾風の如く峡部を電撃南下して敵首都近郊まで迫り、そこから攻略を開始しましたが…今回はYELLOWが既に峡部半ばまで進撃しています。偵察の結果、敵部隊は少なそうですが、ここを2個師団で南下するには狭すぎます。そこで前回の様に右翼からも、としたい所ですけど、同じ手を使うのも芸がないかなぁ、と贅沢な事言ってます(笑)。そこでGREEN領への着上陸作戦を狙いたいんですが、その為には以前書いた様に海軍基地x2の地峡を制圧しないといけません。しかし今回はルールが違う為、旧RED跡で揚陸艦等が生産出来ないので、地峡を回っていくと物凄い遠回りになるんですよねぇ。うう、補充と生産が分離出来ない地形エディタが憎い(苦笑)。それともう一つ問題があります。それはYELLOWの資金力です。このマップは収入が豊富なお陰でこちらも45万ばかり貯まっていますが、YELLOWも10万近く保有し、部隊数もほぼ生産限界まで所持しています。それに比べGREENはかなり劣るので、出来るならGREENから叩きたいのですが上述の様な問題が…。

blubriTai230904.jpg
自走砲の運用の仕方、ルールの変更でYELLOWの出方が分かりかねるので、ちょっと手が出ません。さて、どうしたものか…。

(03:54) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0講座] - 2011.09.04 - AS.30L誕生顛末記

フランス機にAS.30Lを装備させる訳ですが、その為にはAS.30Lの実際のデータを調べ、それをゲーム用に変換しないといけません。そこでデータを調べましたが、参考にしたのはこの本です。

さて、勢多さんもロシア機強化MODにて参考にしているのがアメリカのAGM-65 マーベリックですが、これをAS.30Lと比較してみましょう。

AGM-65 マーベリック
射程40km 重量307kg(F/G型) 弾頭300lb(E/F/G型)

AS.30L 
射程12km 重量520kg 弾頭250kg

データからするとAS.30Lの射程は1ですね。そして威力となる弾頭ですが、マーベリックはポンドなのでキログラムに変換すると、1lbは0.45kgなので300を掛けて135kg。するとAS.30Lの威力はほぼ2倍になりますよね。式で計算してみても、

250:135=X:6

やはり威力Xは2倍の11に…って、2桁の威力なんてあるかっ。これはゲーム的に解釈して6に。てか、そうさせて下さい(;´∀`A でも計算は合ってるんですがねぇ。 

次に補給時にかかる費用の計算です。マーベリックが64.560$、AS.30Lが600.000$ですが、何か嫌な予感がぷんぷんしますけど、式を出すと

600.000:64.560=X:15

X=139ですね、って1発でT-90が1輌買えるじゃん!。こんなのガンガン装備してばんばん消費してたら収入豊富なヨーロッパ改といえども資金が破綻しちゃいますがなぁー!!ヽ(;´Д`)ノ ゲーム的に18としましょう。しかしかなりいい加減ですね、大戦略でのデータって(゜ー゜;)

AS.30Lの仕様が決まりました。こんな感じです↓

射程1 威力6 補給ポイント18 命中率78:22:54(硬/軟/艦)

湾岸戦争で高い命中率を誇ったそうなので(マーベリックもそうですが)、マーベリックよりちょい命中率高めですが射程が短い対地ミサイル、としました。でも威力は7あってもいい気がします、差別化の為にもね。若しくは威力6で既存のミサイルとバランスを取り、その分もうちょっと命中率を上げる、にするか。この辺は実践データを採りつつ決めて行こうと思います。また、装備数は、重量を考えて爆弾1につき1機とした方が良いでしょうね。
as30l.jpg

(03:30) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略MOD] - 2011.09.04 - フランス機強化MOD その弐

さて、フランス機強化策ですが、以下の様に変更をしようとしています。

・ラファールD
1000lbs爆弾→巡航ミサイル

・ミラージュ2000-5
エクゾセ→巡航ミサイル

・ミラージュ2000
1000lbs爆弾→誘導爆弾
AS-30→AS.30L

・ミラージュF1CT
対地ロケット→AS.30L

・ジャギュアA
武装5に追加→AS.30L

・ミラージュ2000D
1000lbs爆弾→誘導爆弾:航空大
AS-30→AS.30L

・シュペルエタンダール
武装5に追加→AS.30L&燃料増量

・ミラージュ2000N
AS-30→エクゾセ
武装5に追加→AS.30L

対地攻撃能力の強化、という訳で巡航ミサイルまで用意しました。てか、欧州機に限らず殆どの国の戦闘機に巡航ミサイル発射能力がデフォになってる、というのを最近知りまして、ならばこれを入れるのは自然だろう、と採用しました。誘導爆弾:航空大というのは、爆弾の威力が最小の3から2倍に上がっているものです。都市攻撃にはいいだろう、といった理由で採用であります。

しかし大戦略のデータを見ていると、何でもかんでも対艦ミサイルってのが多過ぎて呆れます。そんなに付けてもCPUは初期資金でしか建造しないのにアホかっ、って思いますよ。こういったバランスの悪い兵装が多い結果、役に立たない航空機が一杯です。これが攻撃ヘリになると対地ロケットを馬鹿みたいに付けたりしますから、この問題の根は深いです…。

さて、体調悪化中に鼻風邪もこじらせて大変でしたが、今、復活しましたので、動ける内に色々やって置きますわ。という事でラーメン食って気合入れてくる(`・ω・)=3
mirage2000D.jpg

(00:21) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

HOME

PROFILE

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

BOOKMARKS

RECENT TRACKBACK

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。