LAHの鋼鉄blog

SLGを徒然と。

[スポンサー広告] - --.--.-- - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(--:--) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2009.04.25 - ドゥーチェの野望 弾道弾の脅威

ドゥーチェ、お喜び下さい!遂にエカテリンブルクが陥落しました!
これで東部での戦闘は終わり、我が――

………

余りお顔が優れませんが、何かご不満でも?

…チャラビンスク

エカテリンブルク南部の要塞都市ですね。

我々は4回制圧した。だが敵は3回も取り戻しに来た!3回もだぞ!!

はい、旧バクー方面軍、カドルナ中将配下の部隊が、
正確には2回奪取し、2回奪還しました。

損耗率は?

主力だった第8機甲師団が11%、第17攻撃ヘリ大隊が9%、第21空中機動―

歩兵だ、歩兵部隊の損害は!?

だ、第4歩兵師団が39%、第706航空強襲大隊が41%、第2空挺大隊が……

どうした、第2空挺大隊の損害は?

全滅です。

死者の数は?歩兵だけでいい。

歩兵5部隊分です。

………

降下地点へ対する敵戦車部隊の反撃が凄まじく、
阻止砲火も熾烈でした。
あの一帯には空港がなく、
航空支援が事実上攻撃ヘリしかなかった以上、
この損害はやむを得ず、作戦本部も同意見です。
エカテリンブルク南部のたった一つの都市に
あれ程苛烈な抵抗が起こるとは想定しておらず、
やむを得なかった、と、ポーラ作戦本部議長も――

それで歩兵部隊が5個も全滅しても良かったというのかっ!

そ、それは――



……

遺体は一人残らず丁重に埋葬し、遺族には十分な支援と、
手厚いもてなしをするように。
勇敢に戦ったロシア兵にも同じ扱いを。
これは最優先命令だ!

了解しました。すぐその様に手配致します。

それと

何でしょうか?

この日を栄誉ある死を迎えた兵士達を讃える記念日に制定する。
詳細は議会でやるように。

はい

エカテリンブルク攻防戦に参加した全将兵に戦功十字章、
それとシールド章を送ろう。

シールド名は何に致しましょう?

チャラビンスクシールド。これ以外は許さん。

分りました。すぐ手配致します。

第2空挺大隊か…

……

あの閲兵式での行進は素晴らしかった。
今でも覚えておるぞ!クリムゾンのベレー帽!
実弾訓練でも無類の強さを誇った、精鋭中の精鋭!
イタリアの誇れる最強の空挺部隊!!

はい。

連隊旗は私が選んだのだ、特別にな。

そうでしたね、金地に赤い鷲のチャージ。そしてラテン語で、ラテン語で……

”Dominus tecum (主は汝とともに)”

あ、そうです、それです!良くご存知で。

私の好きな言葉だからな。

そうだったのですか…。

……さて、感傷の時間は終わりにしよう。
ジブラルタルは落ちたそうだな?

はい、スペイン軍を排除し、橋頭堡は確保されました。
そしてドゥーチェのご意向通りスペインを包囲、無力化させます。
その為の作戦、”Semicerchio”が発動されました。
本作戦の参加艦艇23隻、地上部隊25部隊、
支援航空機32部隊です。
また、作戦の第2段階である対英作戦用の潜水艦隊第1陣が
ジブラルタル海峡を突破しております。

突破した潜水艦の数は?

2隻遅れていますが、全部で11隻です。
補給艦も3隻同行しております。

ふむ、それだけあれば十分だな。
第2陣はどの辺りだ?

漸くエーゲ海を通過しました。
7隻からなる潜水艦隊で、補給艦は同じく3隻同行しております。
しかし、この艦隊は決戦に間に合うのでしょうか?

対英作戦発動まで何十ターン掛かると思っている。
まだまだ当分先の事だ、時間はたっぷりある。

失礼致しました。

では、サンクトペテルブルグまで向かうとしよう。
私は”あの艦”に乗れるのだな?

はい、準備は整っております。

よろしい。
良い旅になりそうだな。

そうですね。

”Compagno di viaggio puo essere un breve viaggio”。
さあ、行くとしよう。

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン65 激闘!チャリャビンスク
europ65
前回行った強襲降下作戦で一時的にこの都市を制圧し、何とか全滅寸前にこちらの戦車部隊が来援して空挺部隊は地上侵攻部隊と合流した、と書きましたが、本当に合流出来たのは…降下した空挺部隊2部隊20名の内1名。たった1名です。それを到着したバクー方面軍のICVダルドに搭乗させ、代わりに搭載していた歩兵でチャラビンスク制圧に向かいましたが、その歩兵もT-80を主力とする強力な戦車部隊と猛烈な阻止射撃で全滅しています。こちらがチャラビンスク奪取後に、すぐさまロシア軍は奪還に来襲したのです。

ここで何度も奪い合いが起きたのは、ロシア軍歩兵部隊が多数展開していたからです。勢多さんが調査なさったように、CPUは歩兵をICV等に乗せないで”徒歩”で行動するのが多いのですが、それに加えてやたら(でもないかな)歩兵部隊を生産する、というルーチンがあります。それが今回は当たりだった、とでも言うのですかね、首都からすぐ辿り着けるチャラビンスクへロシア歩兵師団が同都市奪還の為進出して来ました。今回は”徒歩”ですぐ辿り着ける場所だったので、それが功を奏したようです。こちらには裏目に出てますがね。それに前述のロシア戦車師団が共同で南下し、それでこちらの機甲師団と激闘が繰り広げられた訳です。上手い具合に?T-80他戦車部隊がこちらの歩兵を蹴散らした後に歩兵部隊が進撃、となった為に、私が3.0を始めてから至上稀に観るCPUによる、空軍の支援はありませんが、スメルチ等による攻勢準備射撃後、戦車を楔にして前線に突っ込み拡充して、そこへ歩兵が占領作戦を開始するという”電撃戦”を仕掛けて来た場面に遭遇しました。いきなりロシア軍の動きが良くなったのでこちらは防戦に手一杯になり、画像にあるようにチャラビンスクの大半はいつもロシア軍制圧下にあったし、こっちは陸軍基地を守るのに精一杯でしたよ~。チャラビンスク北部は森林地帯だったので、隠蔽1の歩兵がかなり潜んでいると予想され(事実いました)、迂回して包囲出来ませんでしたし、何とCPUは西部が平地なのを活かして、T-80からなる”快速”戦車部隊をこちらに火消し役に投入して機動防御を展開し、こちらの戦線に楔を撃ち込んで反撃に出てくるしで、非常に辛い市街戦をやらされました(滝汗)。頼みの綱のマングスタ部隊は、先のチャラビンスク南部の橋の奪取戦で弾薬を消耗し、補給中で支援に迎えませんでした。なので正面からのガチンコ対決やらされて痛い目に遭いましたよ。

でも、流石にこちらの物量と、補給が終わった攻撃ヘリ部隊の反撃で、これら敵部隊は最終的には排除されました。それでも前回の63ターンから66ターン辺りまでこの都市での死闘は続いた訳ですから、彼らは十分責務を果たしたと言えるでしょう。正直ここまで激しい奪い合いになった事など体験した事がなかったので、ここでの戦いは私自身も”押されて”ました。何せ地形を利用しての機動防御をやってくるなんて…ねぇ。敵としては、感嘆出来る素晴らしい指揮官でしたね!

ここで死闘を演じたお陰でしょうか、エカテリンブルク攻略で一番の難所だった山岳地帯には、余りロシア軍地上部隊はいなかったので、素早く山脈を突破出来ました。が、実はここでも優秀なロシア軍指揮官がいたんです。私が偵察の結果、敵がいないと判断した最北部の隘路を突破し、ニジニ~タギルの都市に迫った時です。突如ロシア軍戦車部隊が反撃に来て、同都市を死守しようと反撃に転じました。敵は4部隊ほどの戦車と2部隊の歩兵でしたが、こちらには戦車が2部隊しかいなかった為、ランチェスターの法則を当てはめるまでもないですね、すぐに押し返されました。最後には戦闘で半数以下になったチェンタウロやダルド、下車した歩兵で前線を張る羽目に(汗)。攻撃ヘリ部隊を回したかったのですが、ここでもう一つの危機が迫っていたのですぐには向かえませんでした。なのでエカテリンブルク爆撃中だった航空部隊から攻撃機を抽出して敵戦車、特にT-80を優先攻撃目標として爆撃し、更に攻撃機のZOCも使って無理やり前線張って中央部隊が突破して来援するまで堪え忍ばせてました。北部が手薄だったのを狙ったのは良かったのですが、それに見合う十分な部隊を送らなかったので、私の重大なミスです。

さて、上記にもう一つの危機、と書きましたが、これは爆撃して無力化したと思われたウファの敵部隊の一部が北上し、チャラビンスクへ増援に向かっていたり、エカテリンブルク南方の川に橋を架けて私の中央突破部隊へ横合いから突いてアラスの再現をやって来た事です。これらに対処する為に、攻撃ヘリは多数が束縛されたし、一時チャラビンスク西部に敵戦車部隊が集結し、更に北上するバクー方面軍の側面を突いて危険な時がありました。ただ、ここは隘路だったし、隠れる場所が無かったので、ある程度敵部隊を通過させたらその後方(中央かな?)に空挺部隊を降下させて、退路を断って包囲殲滅してやりましたから、それ程危険、って訳ではありませんでした。画像ではチャラビンスク南西の小都市ズラトウストにこちらの空挺部隊がいて、突破して来た敵戦車は4両まで撃破されてるのが確認出来ると思います。

これら想定外だったロシア軍の抵抗により、更にチャラビンスクやニジニ~タギルへの支援が遅れた訳ですから、敵ながら天晴れ!と、思いましたね。その分中央部へロシアは戦力を送れず、完全に突破されていますが、これは絶対的な戦力不足が原因ですから、奮戦した2名のロシア軍指揮官の能力不足ではなく、また責任でもありません。彼らは手持ちにある現有戦力を使って、効果的な反撃を行うべく死力を尽くし、名誉ある死を迎えました。

ここだけで随分長くなってしまいましたね(汗)。でも、それだけ激戦区だった、という証かと。捕虜や収容した敵負傷者の中に”彼ら”がいると良いのですが…。

★独伊前面衝突
europ65a.jpg
平原は良いですなぁ。何と言っても部隊の進撃が楽!所々敵歩兵が隠蔽していたりしますが、まあピクニックにはトラブルが付き物ですからね~(えー 

さて、画面を観るとベルリン方面に4部隊もチェンタウロがいるので、「ちょっとこの程度の攻勢正面に偵察車両が多すぎでは?」と思われるかもしれませんが、実はこれ、私の新しい偵察車両の運用戦術なんです。

夜間になると、偵察車両とはいえかなり索敵範囲が狭まります。その為攻勢は限定的なものになり、大抵攻勢作戦発動は夜明けを待って、からが宝石です。事実私もそうやっています。なんですが、この待たされる3ターンが…最近億劫になって来ました。「3ターンも待てない!」って感じですね。そこで、夜間でも攻勢を止めずに部隊を前進させたい、と思うようになり、でもそうしたら遭遇戦で被害デカイだけかなぁ、と諦めかけたんですが・・・ならば曲がりなりにもそれなりに広い視野を持つ偵察車を敵陣に深く突っ込ませればいいじゃん、それも多数。それだけでもかなり戦闘正面の視界が開けるんじゃないか、と考えました。そして実行してみたら…夜間でもかなり攻勢をかけられる事が判明しました!

実際の運用はこんな感じです。まず戦闘正面に偵察車両を多く横列で配置。そして一部隊ずつ移動出来る限り前進させます。そして遭遇戦になったり、敵を見つけたら、そこから少し軸をずらして次の偵察車両がまた侵入。これを何回か繰り返せば(今回の例では4部隊だから4回)、ある程度戦闘予定地域の正面の敵の配置が分ります。部隊は集中運用するのが掟ですし、1ターンでの移動距離も限定されますから、それ程戦闘正面は広くはないですよね。その後発見した敵に空陸共同で集中攻撃。これをやってれば、夜間でも十分攻勢を続けれます。その分偵察車両には多大な犠牲が出ますが、それはこの戦術の基本概念が「損害に構わず前進せよ」だし、夜間の内に少しでも敵の戦力を削いでおけば、夜が明けたらその先には前夜に損害を受け後退中の敵部隊がいるか、回復した索敵能力により、新たな前方にいる敵の増援の位置が分り、より一層敵の発見が容易くなる事に加え、更に敵陣深く夜間の内にも侵入しているので、「通常よりも2倍侵攻出来る事」(夜間と昼間で2度、計6ターンの間止まらず進撃出来る)に利点を見い出しているからです。昼間になると戦闘がやり易くなりますが、特に攻撃機は広がった視界により、敵後方に深く打撃を与えられますから活躍出来ますしね~。それに、大抵夜間の攻撃で敵はかなりの損害を受けているので、昼間は敵の抵抗が少なくなって前進がし易い、という利点もあります。

今まで散々CPUの戦線を突破された後の対応振りに呆れていましたが、今回はそれを逆手に取りました。CPUは主力を突破されたら本当に”その後がない”ので、この戦術で一夜にして敵前線が崩壊します。ただ、これをやると偵察車両は損害が鰻昇りですが、得られる報酬は大きいので私は今後これを基本戦術に組み込みます。昼夜を問わず6ターンも攻勢を続けて敵主力を撃破したら、それに耐えられる部隊を補完するなどCPUには無理でしょうしね。それに、これをやると…人間側も攻勢限界点に達しますから、侵攻した部隊は一時的停止、もしくは奪取した都市や基地で補充なんかを受けないといけないので、そこで偵察車両を生産するなり補充も行えば、受けた損害もカバー出来ます。

こういった攻撃をかける1個方面軍は大抵2~3の戦闘部隊で構成されていますから、1つの戦闘部隊が強行前進を続けて戦闘後補充中に、後続の戦闘部隊、第2梯団かな、で前進を進めれば…もしかして”ノンストップ”攻勢が仕掛けられるかもですね。もしかしてお気づきかもですが、私の攻勢開始ターンに、夜間が最近増えているのがお分かりでしょうか。まあ、それ程多い訳ではありませんが、かなり増えてます。それにしても…これはもしかして旧ソ連のOMG(作戦機動グループ)構想になるのかな~?それとも最近学んだ”縦深突破戦術”なのでしょうかねぇ。どっちも似たようなロシア軍の十八番ですが(笑)。

PS.この戦術は隘路では使えませんね。ドイツ~ポーランド間といった平野部での戦闘に使えると思います。多少敵が潜みやすい森林等があるのですが、偵察車の高速移動で無理やり突破させるので問題ないです。因みにここでCPUが戦車を余り生産しないのが仇となります。敵前衛の戦車2~3部隊を撃滅した後は・・・丸腰の自走砲陣地を蹂躙出来る訳ですからね。ただ、邪魔なSAM部隊が行く手を拒みますが、戦車とのガチンコ対決に比べれば対地射撃も可能な対空車両(ゲパルト等)との戦闘での被害は少ないでしょう。でも…少ないといっても、相手がゲパルト等であれば戦車にそれなりの損害が出ますがねぇ。

戦車砲射程2を是非採用してほしいなぁ。

★スペイン軍、反抗作戦開始!
europ65b.jpg
グアダルキビル川対岸にスペイン軍が展開中!上陸したこちらの主力はアリエテx2部隊。たった20両の戦車ですが、橋が一箇所で、そこからしか迎撃側が渡河出来ない以上防備は至極簡単で、橋を塞げば良いまでの事。そうやって渋滞している所にMLRSの一斉射で損害を与えて置けば、戦車は数部隊で足ります。

画面端で分り難いかもですが、既にポルトガル制圧艦隊は出港して、潜水艦の先導の下、リスボン海域へ向けて航行中。以前の偵察で、前述のようにスペイン南部~ポルトガル間は敵地上部隊で埋め尽くされていましたので、果たしてリスボンは投入した戦力だけで制圧出来るのか不安です。

一番の問題は…スペインの誇る新鋭イージス艦、”アルバロ・デ・バサン”の存在。これが何処にいるか、また、スペイン海軍がこの一帯に潜水艦をどれくらい展開させているのかにより今後の作戦の成否が決まって来ます。改1ではマルセイユ沖に出現して、我らフランス空軍を事実上完全に基地に封じ込めた事がありますしね。今までで3~4隻は撃沈しましたが、まだ残っている艦がいる筈です。但しこれを見つけ、撃沈したならば…スペインは制海権は失うでしょう。敵潜水艦も確かに脅威ですが、こちらの優勢な潜水艦隊をぶつければ良いまでの事ですし。

”color world bis”でイエロンが見せた、イージス艦+潜水艦という”恐怖の連環”が再現されない事を切に願います。

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン66 スウェーデン軍機、飛来
europ66.jpg
チラホラと飛来していたスウェーデン機。主に偵察機が多かったのですが、今回はスウェーデンの誇る最新鋭戦闘機”グリペン”を含む戦闘機部隊が飛来しました。すぐさまこちらの迎撃に上がったタイフーンで撃墜されましたが、対スウェーデン戦を始める前にまずは制空戦が必要ですね。スウェーデン軍に航空機がどれくらい残っているのか分りませんが、対ロシア戦で消耗している事を想定しています。ま、幾らか残っていても圧倒的な我が軍の敵ではありませんが。

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン67 ロシア帝国崩壊
europ67.jpg
激戦だったチャラビンスクでの激しい攻防戦を終えたロシア軍には、もう抵抗出来る程の組織的な部隊は残っていませんでした。弾薬不足も深刻で、対地対空に奮戦したツングースカなど機関砲、SAM全弾撃ち尽くしていましたしね。こんな敵部隊が多数首都近辺にて、絶望的な死を待っていました。なのでその後は楽にロシア軍守備部隊を駆逐していましたが、まだロシアは占領しません。”ある作戦”が遂行されているのを待っていたからです。

さて、ロシアの空陸基地を占領して得た鹵獲品は以下のようになります。
Tu-160x1
Tu-142x2
IL-76x1
Ka-50x1
Mi-24x1(民兵搭載)
Mi-28x1
T-80Ux1
2S7x3

何で周辺に海がないというのに”対潜”哨戒機を生産するのか理解不能です。以前勢多さんが、「CPUには生産リストという割り当てがあって、それを元に割り当てられた分を生産する癖がある」、と仰ってました(違ってたらすいません)ので納得はしましたが…何も国家存亡の最中に、以前から指示があったとおりに律儀に生産する、というのはちょっとおかしい気がします。優先すべきは戦車や戦闘機であって、どう考えても今更制圧されているサンクトペテルブルク周辺に敵イタリアの潜水艦がいる、というから対潜哨戒機を生産する、と考えても…ねぇ。空軍基地にタイフーンを隣接させて、無理やり迎撃させている時に、これまた珍妙な事に対潜ヘリ”Ka-27”を何部隊も迎撃した事があったのですが、これもどう考えてもおかしいだろう、JK。「今優先すべき行動と目的」ってのが…分らないのでしょうか。まあ、”あの”ロシアだから納得出来る気もしますが(えー ここはもっと”臨機応変”に対応して欲しいですなぁ。

以前ポーランドへ進撃するドイツ軍を偵察した時、先鋒の戦車が2~3部隊で、その後にMLRSが8部隊も続く、何て異様な編成があったと述べましたが…これは現在あるCPUの思考ルーチンの設定で、空40%、陸45%、海15%って大雑把な生産比率を更に詳細に指定して、陸だったら戦車20%、自走砲10%、対空部隊5%、歩兵5%、その他5%って生産指定させ、更に戦況により、今回のだったら首都防衛時最優先生産兵器とかってこっちが設定させないと、いつまで経ってもCPUはおかしい編成を止めない気がします。

3.0公式HPではCPUの思考ルーチンをユーザー側が設定出来るようになる、みたいな記述があったそうですが、編成の仕方も目的も分らないCPUに、いくら良い思考ルーチンを与えても駄目な気がします。敵陣を突破せよ、って場合に機関砲装備の対空車両しかいないとか、敵都市を制圧せよ!って時に歩兵がいないとか。それでどっちもMLRSだけが沢山、とかねぇ(苦笑)。

あと、チャラビンスクで魅せたような空陸(チャラビンスクでは陸だけでしたが)の連携プレイも何とかしないと。昔SSのAD大戦略をやっていて気づいたのですが、CPUは一本の橋にCPUが操作する同盟軍が陣取っていた時、超下手なぐだぐだな連携しか出来ず、全く突破出来なかった、という事があったのです。守備中の同盟軍CPUは4部隊しかいなくて、侵攻側のCPUは15部隊(内攻撃機3部隊)ぐらいいたのですが、3倍強の戦力を持ってしても橋一本突破出来んのか、と、当時情けなく思いましたが、今でもそれが解消されているとは…思えませんなぁ。

DXか4.0でCPU思考ルーチンがどうなるか。余り期待せずに待つとします。

PS.CPUの話が出たので話題に上げますが、最近北海道のマップを作りましたけど、これに増援部隊を入れようとした時、CPUの進撃ルートとかを指定出来たらな、と思いました。何種類か予定ルートを設定しておいて、それをランダムでCPUに判断させて動かせたら…。そうなると増援部隊配置の楽しみが増えると思いました。これが可能ならばCPUを思い通り?に、例えば首都近郊に向かって敵空挺部隊が侵攻してくる、とか出来そうなので。有難い事に勢多さんが”BOH ver3.0”に第7艦隊が来援するマップを製作して頂いたのですが、まだ2009版をテストプレイ中につき分からないので3.0版プレイ時、どう増援が機動するか楽しみです。

PS.のPS.BOHやってて、テストプレイ時にも気が付きましたが、2009版のようにロシアを1陣営にしておくと…東側からの攻略を殆ど行わず、簡単に北方4島側を制圧出来てしまう事が分りました。これを危惧して3.0版ではロシア側を2陣営にしたのですが、こうしないと…CPUは自衛隊に押されてしまうようですね(汗)。これはまた別の日のブログで取り上げます。

★対ドイツ包囲網
europ67a.jpg
ドイツ軍がライプティヒにお熱を上げている内に、東西両方面から挟撃中。何でライプティヒに拘るのか分りませんが、その隙に乗じてベルリンを攻めさせて貰いますよー!

★スペイン軍、パリへ
europ67b.jpg
何とスペイン軍がパリまで進撃しています!これを放置すれば今後の禍の元となるので、パリ方面軍にパリ制圧を命令しました。幸いこの部隊は戦車が豊富にあるので強力な楔となってくれるでしょう。今の所敵部隊に歩兵を確認していませんが、オルレアンが制圧されているのを見ると、恐らく随伴歩兵付きの機甲部隊のようです。急がねば!

この時、後に小都市を巡って西部戦線始めての熾烈な大戦車戦が起こるとは誰も想定していませんでした。

PS.ここで偵察に一役かっているのが、画面中央にいる鹵獲したAMX-10RC。これ、渡河出来るので、対岸に移動して密かにスペイン軍の敵情を探っていました。これには・・・凄く感銘を受けました。”渡河”出来る車両、特に偵察車って貴重ですなぁ。大事に扱わねば!

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン68 ベルギー解放&防空艦、展開
europ68.jpg
ベルギーに続きオランダも解放し、補給ラインが繋がった海軍基地から防空艦隊が出港しました。これで大分楽になると思いますが、想定外だったスペイン軍のパリ進出による影響で、ドーバー海峡を越えてのパリ防空艦隊の展開が急がれました。ここは改1で私のフランス艦隊が突破時に大損害を出した場所なので、作戦の行方に不安が募ります。でも…やるしかないですな。

★独デンマーク守備部隊
europ68a.jpg
ノルウェー方面に偵察に向かったAMXが撃墜されたので、「何がいるんだ?」と思って偵察機が最後に送った映像を観ると…何と有力なドイツ軍守備部隊がいました!ただ橋は破壊され、海軍基地も爆撃されていたので”孤立”している、といった方が正確かもしれません。ですが、これだけの部隊を処理する為にいらぬ損害が出るのは避けたい所。ベルリン制圧が急がれます。

★キーロフ捕獲作戦
europ68b.jpg
エカテリンブルクの制圧を遅らせた作戦がこれです。飽和攻撃でSAM、130mm艦砲を全て撃ちつくしたキーロフが、弾薬補給の為唯一この海域で残っている海軍基地へ向かっています。それを鹵獲すべくこちらの歩兵部隊が待機中。その結果…キーロフげっつ!しかもこのキーロフ、”Sランク”でした!!これは凄いぃぃぃぃぃ!!!

対ロシア戦では鹵獲品が一杯でホクホクです(笑)。

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン69 戦争計画
europ69.jpg
スペイン南部を制圧する為、”半円”作戦が発動されました。参加艦艇は以下のように。

☆ポルトガル制圧部隊
・支援艦隊
アンドレア・ドレアx2
ジュゼッペ・ガリバルディx2
サン・ジューストx4(※1)
S-80x1
サルヴァトーレ・トダロx11(大西洋突破艦隊を含む)

・地上支援航空部隊
AV-8Bx4
トーネードECRx1
AMX(偵察機)x5
C-130x2(空挺部隊x4)
KC-767x1
マングスタx5
NH90・CH-47x各1(特殊部隊x4)

・地上侵攻部隊
チェンタウロx1
アリエテx5
PzH2000x1
MLRSx2
補給車x1

※1 
揚陸部隊
チェンタウロx2
アリエテx4
PzH2000x2
MLRSx2
補給車x2

☆ムルシア~アリカンテ攻略部隊
・支援艦隊
アンドレア・ドレアx1
ジュゼッペ・ガリバルディx1
サン・ジューストx1(※2)
サンジョルジョx1(※3)
サルヴァトーレ・トダロx3

・地上支援航空部隊
タイフーンx3
トーネードIDSx3
AV-8Bx2
AMXx1
トーネードECRx1
AMX(偵察機)x5
C-130x1(空挺部隊x2)
KC-767x1
マングスタx5
CH-47x2(特殊部隊x4)

・地上侵攻部隊
チェンタウロx1
アリエテx2
PzH2000x1
MLRSx1
補給車x1
工作部隊x3

※2
揚陸部隊
チェンタウロx2
アリエテx4

※3
揚陸部隊
PzH2000x2
補給車x1

以前の偵察で、スペイン沿岸は敵部隊で埋め尽くされていたので、たったこれだけの部隊で何が出来るのか?と不安ですが、目的は”地域”ではなくてリスボンのような”点”なので余り問題視していません。要は対英作戦の一環として、イギリス本土周辺海域へ進出する為にポルトガルの海軍基地&港が欲しいだけなのですから。なのでバルセロナ南西地域への侵攻は完全にオマケです。別に制圧する必要はなかったのですが、ただマラガからの防衛戦において敵を隘路で叩くのは、防御には有利ですが補給が難しく、砲撃で道路が潰されたりして余りにも非効率なので、ある程度開けた平野部で戦いたかった、それだけです。なのでこちらへの投入戦力が少なめになっています。

しかし、この作戦もまた予想斜め上を行くのでした。

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン70 ベルリン鹵獲戦 豹2A6を奪え!
europ70.jpg
遂に我が機甲部隊はベルリンまで到達。敵首都制圧も間近になりましたが、ここでも”ある作戦”が優先されました。目標は現代の虎戦車、私が最も敵に回したくない戦車レオパルド2A5or6の奪取です。したがって陸軍基地制圧が優先目標で、首都は放置。

さあ、どれだけ奪えるかな!?

★奇妙な領土
europ70a.jpg
”次の部隊”を間違えて”次の都市”を押してしまって気が付いたのですが、何とドイツ軍はアイスランドを制圧しています。一体どうやって(汗)。正直ここまで遠い国へ侵攻していたこと事態摩訶不思議ですが、まじどうやって向かったんでしょうねぇ。勢多さんが生産タイプに入れてあるLSTを使って、でしょうけど・・・けど…ここまで取ったなら何でレイキャビクを制圧しなかったかな。もし占領していれば、イギリスを北部から英本土周辺を掃討する潜水艦隊が整備出来ていたのに…のに…のにぃぃぃ(怒)!

もしかして、ここを制圧した部隊はロドリゲス閣下隷下の部隊なんでしょうか(爆)。
スポンサーサイト

(15:19) - TRACKBACK(0) - COMMENT(12)

[大戦略パーフェクト3.0 兵器エディタ] - 2009.04.23 - 兵器エディタコーナー開設!

前回お約束した3.0の兵器エディタのコーナーを開設いたしました!
といってもUP出来てるのはフレシアIFVだけですが(;´∀`A
でも、念願だった兵器エディタのページが出来たのは超嬉しいです(o>ロ<)o
この調子でどんどんUPしてやるぜぇΨ(`∇´)Ψ
と、思いましたが…改2のブログが2つも残ってるし、
兵器データのUPは出来ていなかったりする…。
だがしかしHPらしい更新が出来た事は評価に値する!
と自分に言い聞かせてます(爆)。

HPのTOPからお入り下さい( ´∀`)/~~
もしくはこちらからどうぞ~。

PS.画像を目茶使ったので、ちょっと読み込みに時間が掛かりました。
後日4つに分けてみようと思いますが…今日は力尽きたのでこれまで。

おやすみなさ~い(つ∀-)ノミ

(23:16) - TRACKBACK(0) - COMMENT(6)

[大戦略パーフェクト3.0 兵器エディタ] - 2009.04.17 - VRC-105 チェンタウロ

昨日ブログを書き終えた後、
やっぱり増加装甲?つけないと不味いなぁ、と思い、
画像フォルダで何か手頃なものはないかな~?
って探していたら…サイズに形もピッタリなものを見付けました!
そうして深夜までやって、以下のようになりましたよ~。

★スペイン版チェンタウロ

装甲部分が上手く出来てご満悦(*´艸`)

さて、秋葉行って来るかぁ!ヽ(゚∀゚)ノ

(11:21) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0 兵器エディタ] - 2009.04.16 - 眠れぬ日々

昨日の記事消滅はかな~り凹みました(ノд`)
夜になっても落ち込んだままで、
いつもの寝る時間になって眠気が襲って来ても…気分は回復せず。
この時は記事が消えた怒りよりも、
('д')<このままで終わらせられるかぁ!
って気持ちになってました。

一昨日もそうだったのですが、
あれこれ頼まれた用事を済ませてたりしていたら自分の時間が取れなくて、
胸に怒り?を抱えて寝たものだから、余り良い眠りにつけなかったのです。
何というか、例えどんなに忙しくても、
”プライベート”の時間がある程度確保出来てこそ
明日への糧になる訳なんですよ、
私にとって、自分の判断で自由に裁量出来る”限られた時間”はね。
そうすると昨日の件は、
大切な時間を割いて頑張ったのに…それが水泡に帰した。
でも相手は子供だし、私の記事自動保存への過信から来たものですから、
怒りを何処へ向けていいか分らないからこそアレだった、
という訳ですな。

なので、そんな自分にとって余り良い気持ちがしない日々が
二日も続いたから余計頭に来て、
「このままじゃ終われん!ヽ(`Д´)ノ」
となって、さて、何するかな~?
と、考えていたら、ふと、午後記事を書いていた改2の事を思い出し、
今スウェーデンとスペイン攻略が始まったのは良いけど、
どっちにも私が最も敵にしたくない戦車、現代のケーニヒス・ティーガー、
レオパルド2A6がいる事に気が付いたんです。
ここで3.0デフォのレオパルド2A6のユニット画像の、ハカラボ流で言うと、
「眠い画像」ってやつに関心が向かい、
PS2の大戦略Ⅶの影響からPC版の3.0を購入して大戦略界に復活し、
それからずっと戦闘シーンを観ていて常々思っていたのですが、
あのレオ2A6の画像はないよなぁ、と。
製造元であるドイツを倒してもその後の残存国との戦闘シーンで
またあの眠い画像の戦車と三度も戦火を交遭わされ、
ヘッポコ画像の戦車との戦闘シーンを観るのかぁ~、
南に行っても北に向かってもどっちもレオ2A6かよ、
今じゃこの戦車はユニクロ装備ですか、
クラウス・マッファイ大儲けだね、
たまにはT-90の事も思い出してあげて下さい、
F-22生産停止だからタイフーンをFSXに、
どうして行く時に限って図書館休館日かな、
Tajaはどうして劣化して行くかな、
玉置と島谷はアニメとかとタイアップしないといい曲出せんのか( ゚д゚) 、
最近のチャリンコはベル鳴らさず横切るのかよ、
いい加減コンビニDMZ2巻置け、
サンホラCD高すぎるよ、
世界の最悪兵器大全は著者が最悪でしょ、
発売前のIGLOO2最終巻ネタバレ多すぎるだろJK、
Konozamaの図説 湾岸戦争ぼったくり過ぎるYO、
ノルマンディー1944の薄さはマジぱねぇ、
保険証で本人確認出来ないって一体…、
日中エコノミーってどんだけー、
Qooおえかきモノサシといろえんぴつ見つからないよ、
と、色々な不満が湧き出して来て大きな溜息が(´Д`)=3

ここで、現大2009でレオパルド2系のグラが一新しているのを思い出し、
んじゃあ、画像変えてみるか、と思いつつ動き出したら、
ふと、書棚のウォーマシンレポートに目が。
そこにはヤフオクで800円で買ったレオパルド2特集の創刊号がありまして、
それをパラパラとめくっていたら、
何とスペインのレオ2A6は”レオパルド2E”というそうなんですよ。
それで塗装はどうなるのかな?と、ググったら…迷彩していない!
なら、単色迷彩のに塗り替えようぜぇ~ヽ(´―`)ノ
と、軽い気持ちでやり始めたら…凄い大変な作業な事に気がつく。
でも、やり始めて何だか身体が止まらないし、このまま勢いで!
って1時過ぎまでやったけど…終わらないヽ(;・ー・)ノ

仕方ないから残りは明日に、と寝る事に。
この時はちょっと何かやって前に進めた!
と、ご満悦で布団へ潜り込めましたよ( ´∀`)
そして二日かかって出来たのがこれです↓

★レオパルド2E

この様に良い感じに仕上がりましたが、過程は…超大変でした(;ω;)
たまたまネットでドット絵の画像を見つけたので、
それを参考にして色々誤魔化して真似てみたらこの様になりはしましたが、
スカートの配置とかかな~り嘘入ってます(;´∀`A
でもまあ、これは自分でもかなり良い線行ってると、評価高いです(*´∀`)b
お陰でハカラボに手ぶらで遊びに行くんじゃなくて、
お土産持って行けるから苦労した甲斐があったというものです。

さて、これを気をよくしてついでにスペイン軍でも採用されている、
B-1 チェンタウロもスペインバージョンに変えて作りました。
画像はこれ↓

★VRC-105 チェンタウロ
Spacen.png
MGとかに最近キット化されたので良く見かけましたが、
色はレオ2Eと同じくオリーブドラフ系ですね。
ただ、カラーバランスだけじゃあ余り綺麗に深緑にならなかったです。
なのでちょっと元の塗装が透けてますが・・・まあ、これくらいなら。
しかし問題なのは・・・…スペイン版は砲塔側面にモジュール装甲、
もしくはスペースドアーマー?タイプの増加装甲が見受けられるのですが、
あれは…何なんでしょ?('ω')
分らないので省略しました(描けないし面倒だから手を抜きました)!

PS.え、それが再現されていない?
あんな物飾りです!エ○イ人にはそれが分らんのです!!

★眠い画像公開
loe2a62009.jpg
どれくらい3.0のレオ2A6が酷いかと言うと、上記のようになります。
まず砲塔前面から側面にかけてのショット装甲が眠い(画像のA)!
主砲の影の部分の変な塗り分け具合がまた眠気を悪い方へ増してます!
そして何と言っても酷いのが、上下のショット装甲の繋ぎ目!
最初”溶接した跡”かと思いましたよw

これに加え、何ですか、このぶっといアンテナ(B)はw
2ドット分もある幅のアンテナなんかあるかーw
もしかして横風アンテナかもですが、
ウォーマシン~によるとレオ2A1以降は廃止されているそうです。
それを最新のA5~6が装備しているとは思えないのですが…。

さて、いきなりですが現大2009はこの為だけにも買う価値があります。
メーカーによる正式な気合の入った新規描き下ろしの多数のユニット画像!
これだけの為に買っても良い!!(o>ロ<)o
と、私達(複数形)などは思っております。
それと3.0にはない新ユニットはもちろん、
新システムのスタックや地雷・機雷の散布可、
戦車等の耐久度を見直した素晴らしい仕様変更(一部問題もありますが)etc。
唯一不満を上げるとしたら…戦略モードが実装されていない事ですねぇ。

これだけは絶対入れるべきだった…('з')

しかし私には困った事が。
勢多さんから3.0を現大2009仕様にするデータを頂いておりますが、
これを入れてしまうと…私のパーフェクト3.0WEBのデータが、データが、
一からやり直しに(´;ω;`)
スタイルシート化したりしないといけないので、
現大2009仕様にしてもいいのですが…ですが…
まだ触った事も弄くった事も無い兵器達を観ていないので、
どうしても自分には出来ないんですよ~。
本気で、全ユニット観てから!ヽ(゚∀゚)ノ
なんて考えている時点でおかしいのですが、
A型で完璧主義者な性格故に…(。_。)

でも保守的で頑迷、天邪鬼だったりするから、
血液型など全く関係なさそうですが!(゚д゚)

レオパルド2系の画像の変遷が分ったりしたのは非常に面白い事だ!
と考えているので、まだ3.0で観た事がないユニットには、
凄~く関心があります。
この、時代が変わったその瞬間を体験する事!
これがシリーズを続ける者にこそ味わえる醍醐味ではないかと思っています。
私は3.0から初心者?ですがねw

では、明日、古参のカメラードと超久しぶりに会うので、
その為の準備とかありまして今日はここまで。

PS.レオパルド2Eで思いましたが、
採用している国により塗装とか装備が変わっているので、
ある意味これらは別ユニットで再現もいいと思いました。
現にギリシャ使用のHELとかある事ですし。
安易な兵器の水増し、兵器エディタによる創作意欲の低下を招きそうですが、
でも、無駄にチャレンジャーシリーズとかあるんですし、
そういうのがあっても良いかと~。
もしくはギレンの専用機みたいに、カラーを選べるとか、ねぇ。
この思考の延長で、鹵獲した兵器を自国仕様に塗装出来る、
なんて事があってもいいんじゃないかと思ったり。
これは必須ではなくて、ルール等の”選択”制でね~。
塗装は予めユーザー側で用意する仕様でもいいかと。

ただこの為には…SSα公式の兵器エディタ画像編集ソフトを
付けるぐらいしなきゃ。

需要は結構あると思いますよぅ(*^ー゚)b

(20:25) - TRACKBACK(0) - COMMENT(4)

[その他] - 2009.04.15 - 戦意喪失

午後2時頃から今まで改2の二つ目の記事を書いていたんですが、ついさっき姪っ子が膝に乗っかって来て、キーボードとかで遊ばせていたらPCがDOUN。「停電か!?」と思ったら、どうやら姪っ子の足がPCのスイッチを押した模様。「まあ、自動保存があるから大丈夫さ~」、と思ってPCを起動させ、ブログの記事が何処まで保存されているかチェックしてみたら…先週書いた所までしか、今日書く前までしか保存されていない!それでぐぐったりして色々調べたんですが…結果、一旦投稿してある記事はどういう状態であれ、新規以外は自動保存が出来ない模様。



……

………

3時間書いた文が全部ロストって_| ̄|○

ウワァァァァァァァァン!・゚・(ノД`)・゚・

(17:03) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[今日の戦果] - 2009.04.10 - 今日の戦果 090326~090405

先月から溜まっている分を一気に放出!

★今日の戦果 09/03/26分

マウスの調子が悪くて、勝手に動き出す、とかって症状が起きていたので買い替えました。これ、ドライバの異常かな?と、思ってぐぐってみたらマウス側の故障?だとか。そーいや、このマウスにドライバないおw 

DVD-Rは大量にDLしたニコニコ動画を焼く為に買いました。棚には超激安のDVD-Rとかあったんですが、昔CD-Rで焼いてた頃に聞いた話で、某メーカーの激安CD-Rは時間が経つと共に「データが消える」、との噂を聞いて、それ以来値段に拘るようになっていたので手頃なのを選びました。でも、MDは100円ショップので済ませてまして、あっちでは何故かあんまり気になりませんでしたが、もしかして…。早めにウォークマンに曲を移しておこう(ーー;)

今日最後の最大の戦果はこれ、”キャット・シット・ワン’80 Vol.2”。このシリーズ超好きなんですが、今は冷戦下の時代を舞台にしているので非常に面白かったです。特にフォークランド戦争とかね~。アイドル?ともいえるロシア兵小熊のミーシャが可愛くて可愛くて堪りません。と、言っても”愛玩”じゃなくて”戦士”として、ですが。

意外な経歴が分って今後が楽しみだけど、一番うけたのは負傷したミーシャを見に来たスペツナズの大尉が部下に、「傾注!左半分は医療班へ突撃せよ」って所かな。その後の部下の動きとかが…凄く良かった(´∇`) 

ロシア兵にだって良い人はいる、ってね( ´ー`)y-~~

PS.そういえばこれ、アニメ化だそうです。画像も観ましたが、中々良さげです。でもそれなら先に黒騎うわ何をくぁwせdrftgy

★今日の戦果 06/03/31分
090331.jpg
今月はウォーマシンレポート出ないのかな?と思って書店にたまたま寄ったら…WMR No.9出てるぅ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!! 特集が、”レオパルド1と第二世代MBT”って、これまたマニア好みの凄く良いツボを突いて来てるから感涙。レオパルド1だけじゃなくて、AMX30、チーフテン、Sタンク、Pz.61/68も特集されてるのでこれまた良い!ただ、74式やT-72、OF40、M-60の記事が少しで残念だったけど、74式とOF40以外はもうウォーマシンレポートで既に特集されていますし、74式ならその内出るっしょ、なので無問題。OF40はちょっと厳しいけどw

再来月が楽しみです!ヽ(゚∀゚)ノ

もう一冊は注文していたんですが、まだ入ったとの連絡がなかったけど店員さんに聞いてみたら、「今日入りました」と、笑顔で言われたので一緒に購入♪正直内容は・・・グランドパワー別冊の”ソビエト”・ロシア戦闘車両体系(下)”に大きく劣りますね~。ただ、大好きなBTR系列の写真を一杯観れたし、巻末の資料が中々興味深かったです。

★禁断の魔獣
090331g.jpg
いやね、カスペン大佐出るし、ビックカメラでポイントが使われず貯まってるなぁ、ニコニコで観たIGLOO系のパイロットの台詞、生で聞きた~い!と思っていたら、魔が差して購入してしまいました…orz 

アスシズの脅威みたいに結局やらずに返品、とかヤフオクに出品、とかしそうだけど、まあ、PS2で動くならや、や・・・るか・・・・・・なぁ。嵌るとこのゲームは超怖いのを、知ってかしらずか体内のレーダー警報装置がガンガン鳴ってます。でも、多分売るでしょうな、1年戦争以降には興味ないし~┐(´∀`)┌

★今日の戦果 09/04/05分
090405.jpg
「またPANZER買ってるよ!」と、言われそうですが、これ、何と25冊で1000円!超安ーい!!(=´∇`=) ので買いました。その分状態も悪く、しかも1970~90年代の資料なので余り価値がなさそうですが、機動旅団さんから81年代の生産国データ貰った時や、現代大戦略2004購入時にもそうでしたが、私、冷戦時代が大好きなので身体が反応してしまうのですよ~。だから上記のウォーマシンレポートNo.9も即買でした(゚∀´)b 

何と言っても情報が制限された中で、本当に東西両陣営共に戦争が現実の可能性としてかなりの確立で起こりうるだろう、但し核の冬は御免こうむる、って緊迫した情勢の中で睨み合い、双方腹を探りあいつつも核が使えないなら更なる通常戦力の充実を!一方は戦車を、一方はそれが出来ないから攻撃ヘリで補う!何て張り詰めた世界。その世界が・・・堪らなく好きだ!好きなんですよー!!(;゚∀゚)=3

なので、この古びた本も私には非常に価値があって面白いです。記事を読んでると、「最近のAMX-30」とか「最近のNATOの戦車」ってあるのですが、AMX-30やチーフテン等今や2線級の兵器が主役のMBTだった頃の話ですから、面白くない訳がない!楽しめる人は超限定されますが(爆)。後の発展、進化を知っているので更に2倍楽しめるお得感も良い!なので読んでるとニヤニヤが止まりませんw T-80予想図で、何故かソ連なのに箱型砲塔になってたり、FST-1(これを更に奇怪に変化させてまふ)みたいな戦車が西側陣営、何でかスイス(だったかな)にあったり、M-1がまだXM-1の段階なのでアメリカの主力はM-60A1!とか、M-42や61式戦車がまだ陸自で現役中、とネタに尽きませんw ある意味ネタの宝庫!ヽ(゚∀゚)ノ 一番爆笑したのが、巻頭カラー特集で、”スイス機甲部隊の中核 Pz.61/68”が個人的には大うけでした。何でスイスのそんな超弩マイナーな戦車で特集組めるんだw ネタがあるだろ他に、ってw

今週末の講習が終わって、半分書いてる改2のブログ記事Vol.2が終わったらタップリ時間かけて読みまふ(≧▽≦)ゞ

★世界の戦車1981
090405a.jpg
これ、よくこの古いPANZERの裏面に紹介されていたので凄く興味が沸き、ネットで調べたら古本屋にありましたが…画像がないので状態が分らない(´・ω・`) と、お葬式を無事終えて、帰って来てヤフオク観たら出品されてて、値段も安いし状態も良さげなので即入札!(`・ω・) 以前、2003-2005の戦車年鑑もあったので、これも良いなぁ、と思いましたが…状態が凄く悪くて(´Д`) 

ま、いつか監視してたら出品されるかもです~(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)

PS.最近ブログの背景が表示されたりされなかったりするのですが…。
FC2のユーザーフォーラム行くかなぁ('з')

(19:51) - TRACKBACK(0) - COMMENT(6)

HOME

PROFILE

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

BOOKMARKS

RECENT TRACKBACK

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。