LAHの鋼鉄blog

SLGを徒然と。

[スポンサー広告] - --.--.-- - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(--:--) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[大戦略パーフェクト3.0 兵器エディタ] - 2009.01.31 - 96式装輪装甲車改

ハカラボで十六夜さんが既存の兵器を組み合わせた兵器をUPしていたので、私も真似して作ってみました。

★96式装輪装甲車改

・設定「防衛省は89式装甲戦闘車が高価格で十分な配備を出来なかった経緯をふまえて、より安価な96式装輪式装甲車に89式装甲戦闘車の砲塔を搭載し、臨時的措置ではあるが、絶対数が不足している陸上自衛隊のIFV大量導入計画に着手した。これにより車体が96式装輪装甲車で防御面に不安が残るものの、IFVに格上げされた。この計画に詳しい自衛隊幹部によると、車体には増加装甲を付ける計画がある旨を明らかにした。」

これ、フォトショで89式装甲戦闘車の砲塔を切り抜き、96式装輪装甲車にくっ付けただけですw 迷彩等には一切手を加えていません。こんな簡単に自作兵器が出来るのですから面白いものですなぁ。これは…確かに中毒になりそうですね(爆)。

まだこういった部品のくっつけとか、単色車両に迷彩をかける、ぐらいしか出来ませんが、これだけでも結構楽しめるので今後も続けてみよ~っと。

PS.勢多さんから許可を頂いたので、LAH式兵器エディタページ、作成取り掛かります!('~')ゞ 
スポンサーサイト

(23:27) - TRACKBACK(0) - COMMENT(10)

[Nachriht] - 2009.01.30 - Nachricht Vol.1

ここ最近で個人的に気になったニュースを取り上げてみます。

自衛隊のUAV計画
☆補足:週間オブイェクトでのコメント

F-15から発射する、ってのが興味深いですね。陸自では遠隔操縦観測システムとしてFFOS(Flying Forward Observertion System)ってのを運用していますが、アレはスケールを小さくしたラジコンみたいなヘリコプターなので、当然今度の固定翼機タイプだと活動範囲も大幅に広がって役に立ちそうですね、特に大戦略で(爆)。このUAV、ハカラボでは早くも機動旅団さんがユニット化してます。是非うちのHPのリンクから飛んでいって観てみて下さい。

★FFOS
勢多さんが朝霞の陸上自衛隊広報センターに行かれて画像も撮って来ていらっしゃってます(大戦略パーフェクトのススメ:陸上自衛隊広報センター見学画像集)。また、ハカラボでは補充兵さんがユニット化されてました(もちろん勢多さんもユニット化してますよ~)。”萌えよ!戦車学校”で有名な野上武志の”萌えよ!陸自学校”には少しだけ、FFOSのイラストが載っています。
ffos0901.jpg
【萌えよ!陸自学校より】

★萌え戦略新作 萌え萌え2次大戦(略)シリーズ☆ウルトラデラックス 2009年春、発売
☆関連記事:萌え萌え2次大戦(略) 梅酒にごりセット 2月10日発売
……。
…。
これ出すならPSPの大戦略ⅦをDXとしてPS2に逆移植して、PC版のような部隊数制限100まで増やしたり、生産タイプ編集出来るようにて発売してくださいよー!o(`ω´*)o

FINAL FANTASYⅩⅢ
ムービーで流れる戦闘シーンが超絶激凄いです!こんなにカッコイイ3D戦闘シーンが出来るなんて…PS3って凄いハードなんですねぇ。実はPS3ってやれば出来る子?('ω')

こんな3D戦闘を大戦略には期待しませんが、もうちょっといい味出してる2D戦闘が、私は大戦略ではこれが一番最適だと思っています、ロケット弾をATMと一緒のモーションじゃなくてもっと沢山発射する斉射!って感じにしたり、折角艦艇が沈下していくように現大2009になったのですから、沈下してその後爆沈、とかして派手なものになって欲しいですよ。3.0から現大2009への戦闘シーンの変化で、対艦ミサイルが艦艇に次々と命中すると煙を出し始め、段々沈下を始めるのに超燃えたので、良い傾向だと思いました。が、ここで終わってるのが残念すぎる。最後は爆沈でしょ、爆沈(やり過ぎたんだよ、鋼鉄の咆哮をなー!、とサヴェージの台詞が聞こえそうw)。

折角スタック化とか地雷設置可能、とかって面白い要素積み込んでも、そこで終わってしまうのが惜しい所。でもそこがSSαクオリティだったりしますからねぇ┐(゜~゜)┌ 

嗚呼、笑えない所が本当に悲しすぎる…(つд・)

LSFⅡ
今月の丸を読んでいて、韓国軍の上陸演習の写真を見たんですが、独島から発進したLCACにK-1戦車が搭載されている、というのと、”LSFⅡ”という言葉に疑問を感じて調べてみたら…韓国にはソルゲ型エアクッション揚陸艇というのがあるそうなんですが、これ、KLCACの改良型?だそうです。これによりK-1といった重車両を搭載可能になったんだとか。昔、揚陸艦の記事を書きましたが、その時私は重車両を搭載出来ないKLCACを「超使えない兵器」と認識したんですが、その改良型が出来ていたとは知らなかったので、戦車を1両載せれる、という丸の記事を読んで「あれれれ?」と思った訳です。そして、”LSFⅡ”というのがこのソルゲ型エアクッション揚陸艇を指していたのを知って二つ驚いた訳ですな。

それにしても…LCACって搭載可能積載量70tなのに、M-1A2とか90式戦車を10両も搭載出来る3.0はかなり修正入ってますねw 現実じゃ1両しか積めないのにw それなのに駆逐艦やフリゲートへのヘリ搭載可能数は3機とか拘る辺りどういう基準なのかサッパリです。どうせなら1部隊搭載可能にしちゃえばいいのに、ねぇ。

そうそう、この兵器の事をリンク先の”日本周辺国の軍事兵器”で観ると、2007年4月から海軍に納入されているそうです、2007年から。…だったら3.0にもソルゲ級追加しろよぉ!ヽ(`Д´)ノ クルセイダーとかズムワルトとか未完成試作兵器を登場させているのに、既に配備されている兵器を追加していない。A129CBTの時でも思いましたが、兵器の登場判断&理由、武装パックなどのデータ基準が超不明確で曖昧。一体どんな調査をしているのやら。兵器エディタのあるパーフェクトシリーズはいいけど、現大シリーズだと致命的な気が。

でも、これがSSαク(ry

★Ka-52、正式採用?
何処で見たかソースを失念してしまいましたが、ロシア軍主力ヘリとしてKa-52が正式化されたそうです。Mi-28Nと住み分けて共用運用だそうですが、そうなるとKa-50が…。もっとも、Ka-50ですら少数生産で終わっているので、Ka-52がMi-24並に、とは言いませんが、どこまで納入されて更新されるか分りませんけどねぇ。DXか現大2010か4.0かどの作品で生産パターンに入るか見物ですなぁ。それと偵察ヘリ扱いのKa-52の今後にも注目です(別途攻撃ヘリ型Ka-52のデータは入ってますが)。

(20:09) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0 マップエディタ] - 2009.01.29 - 魔改造マップ

只今下記のようなマップを作っています。

★ヨーロッパ大陸2005改2bis


勢多さんのブログでのやり取りで、「北アフリカにもう1国参戦出来れば面白いかも」、というのが話題に上がってて、私も切に願ったのですが…北アフリカに1国参戦させようにも場所がない、生産タイプもない、となって(´・ω・`) だったのですが、ふと、今日の夕方に”ティン!”と来て、試しにマップエディタで勢多さんのマップを改造したLAHバージョンに更に改造を加え、画像のようなマップを作ってみる事にしました。ポイントは、

1.余り意味が無かったアイスランド&北欧を大幅カット
2.追加で北アフリカを作成し、新たに参戦国を配置する

と、なっております。そして、参戦国はエジプトかリビアを想定してます(有力候補はエジプト)。イスラエルでも良いんですが、空間的に北アフリカ全域が空白地帯になるのは問題だろう、と除外しました。それで、もしイスラエルを登場させるとしたらトルコを外し、更に今度はエジプトを外してリビアを配置する予定です。今3.0は参戦国が8カ国しかありませんが、こういった超大規模マップでやる場合、8ヶ国では足りないですなぁ。せめて10ヶ国は欲しい。思考時間が長くなってもいいので、是非DXでは10ヶ国(出来れば最大12ヶ国希望)ぐらい参戦可能にして欲しいです。そうしたらポーランドとかウクライナ、ギリシャが参戦可能になりますからね!

今の8ヶ国でもかなりプレイには時間が掛かります。1ターンやって自分のターンになるまで待つと約1時間弱かな。だから攻略は5ターン前後でしかUP出来ず、それ以上は…かなり厳しい(ーー;) 1日1ターンやるとしても5日かかりますからねぇ。まあ、頑張れば1日2~3時間ぐらいはいけますが、ブログ書く時間が、私は無駄話が妙に多いので、かなり必要ですから、1週間ではプレイ→ブログはちょっと無理でしょう。前にぶっ続けて書いて7時間かかったとかありますからw だから12ヶ国参戦になったら数倍かかる事になり、3.0の攻略ブログ更新は…今よりも酷い事に(^_^;) けど、そんな障害を呼び込む事になろうとも…参戦国の増加を私は望みます。昔やった、今や伝説の、MD版AD大戦略を発売当時やり込んだ私には、多少の困難には挫けません(´ε`) だってあのAD大戦略、自分のターンやって、その後お風呂入ってコンビに行って戻って来てもまだ敵のターン終わってないんですからw しかもソ連の1つの軍がw それで1日1ターン、待ち時間2時間超えとかざらでしたwww アスキーだったかな、あそこがスーファミで出したAD大戦略だって酷い物でしたよぉ。そんな伝説を体で体感して来たので、少しぐらい待ち時間が増えても構いませ~んヽ(´―`)ノ

今度ファン倶楽部のBBSに、今までやって来て感じた事を踏まえてDXへの要望書を書く予定なんですが、もちろんこれも含みます。多分叩かれるでしょうなぁ。でも、これは譲れない!これぞ我の死装束、誰の許しを請えというのか!!

んでは、マップエディタはこれぐらいにして、ヨーロッパ2005改2やって来まふ。今エカテリンブルク攻防戦が超熱い展開なのでね!(;゚∀゚)=3

PS.勢多さんのバージョンから2回も改造してるから(改1も含めると3回)…コピーして海賊版売るよりたちが悪そう(;´∀`A 勢多さん、お許しを~(-人-;)(;-人-)

(22:11) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[その他] - 2009.01.28 - ロシアのサバイバルゲーム

こんな記事を見つけました。

ロシアのサバイバルゲーム

最限度高すぎw 一番上の戦車は分りませんが、Ⅰ~Ⅲ号戦車、ティーガーⅠ、ラッチュバム、ソ連版sdkfz.222(だったかな?名前忘れました)がいます。これでサバゲーって言うんですから凄いです。映画のワンシーンかと思っちゃいましたよ(^_^;) 流石ロシア、格が違うぜ!メルツェェェェェン。

さて、ヨーロッパ改2やって来まふ('~')ゞ

(20:21) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0 兵器エディタ] - 2009.01.25 - A-129CBT

昨日、書店で”J-Wings”を立ち読みしてたら見つけたのですが、イタリアの攻撃ヘリ、マングスタの記事があり、そこで大発見をしました。何と待望の20mm機関砲装備のマングスタの存在が明らかに!こりは嬉しいぃ!!(o>ロ<)o で、早速兵器エディタでA-129CBT マングスタを作ってみました。

★A-129CBT マングスタ

3.0やってて、特に今改2で不満に思っていたのが、マングスタに機関砲が装備されていない事でした。改1でフランスやった時も同様だったのですが、攻撃ヘリティーガーに機関砲がない!これにより対歩兵戦(装甲軟)で機銃掃射により歩兵を一掃出来ず、わざわざ対地ロケット弾装備のPack2にせざるを得ませんでした。お陰で対戦車ミサイルTOWの搭載数が4発から2発に減って、戦闘するとすぐ補給が必要になるのです。「これはちょっとアレだなぁ」と、感じていたので、J-Wingsの記事は私にとってまさに朗報でしたよ~ヽ(゚∀゚)ノ 

んで、ネットで画像&記事探して来て、また発見したのが、マングスタ2002~2003年に、既に機関砲装備型を調達していた事です。ならば、もう大分前から改修されたCBTタイプが運用されているのにも拘らず、何故SSαはデータ化しないのか?超理解出来ないし、さっぱり採用されない理由が分りません('з') まあ、兵器エディタがあるので何とかなりましたが、これぐらいの修正はとっくに済ませていて欲しいものですなぁ。

因みにA129、CBTへの改良点は、
1.ローターが4枚から5枚に
2.エンジン出力UP
3.アビオニクスの強化で全天候型になった
4.ペイロード増加(1.5倍)

だ、そうです。下記紹介URLに記事があるのでご覧になれば分りますけど、重量が増えた分、巡航速度は変わりませんが、最高速度が落ちてます。これだと、3.0で作るデータには移動速度低下させるのがいいかなぁ。ちょっと今迷ってますが、取りあえず画像UP。bmp版は綺麗に塗れていますが、gifだとどうなるかな~?少し不安ですw 因みにCBTの意味は”Combat configuration”、戦闘って意味の略語です。

★A129 Mangusta

Military and Civil aircraft pictures with tech facts
※画像&元ソースURL

それにしても…。このHPでの記事を見る限り、CBTへ改修以前にも12.7mm装備機があるみたいですね(Lucas Chin turret mounting a 12,7mm)。紹介されてる記事の画像がそれに該当していそうです、ローター4枚だし(゜ー゜;) それと、両種ともAGM-114A ヘルファイア運用能力ありな事を考えると、対戦車ミサイルはヘルファイアにしてもよさげ~。

これならば前線で超活躍出来ますよぉ!(;゚∀゚)=3 でも時既に遅し。……orz

(09:23) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[その他] - 2009.01.24 - 不具合情報

勢多さんに許可貰って私の3.0HPにも勢田式LAH版マップレビューを作りました。そして、過去記事を整理してて気が付いたのですが、color world bisやヨーロッパ2005改1といった”大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)”カテゴリーをクリックしたら…記事が出ない!?「あれれれ~?」と不思議に思ってFC2のユーザーフォーラム行って、不具合掲示板でスレ立てて質問した所、新しい記事、この間の”備蓄物資”の記事内にタグの閉じ忘れとかがあるかも、と丁寧に教えて貰ったのでチェックしたんですが…見当たらない(ーー;) それであの時始めて使った太字とかのタグを全部消したんですが…まだ治らない。で、あの記事だけ下書きにすると…過去ログが表示される!やっぱり原因は昨日の記事のようですが、う~ん、何処が悪いんだろう(;´ρ`) 取りあえず様子見で公開しておきますが、もしかしたらいっぺん記事消して書き直すかもです。

うう~ん、謎だぁ(´Д`;)ヾ

★HP更新
やっとパーフェクト3.0で更新らしい更新をしました、ちょっとだけですがw 過去記事を見れない方の為にここに直リン張っときます。これで過去記事が全部観れる優れものですにゃ♪

攻略Mapレビュー

取り急ぎご連絡まで三 (lll´Д`)

(00:03) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2009.01.19 - 備蓄物資

さて、ロシア軍主力を数十ターンに渡り包囲して来た訳ですが、その結果、包囲下の各都市の保有物資数が以下の様な状況にある事が分りました。

・グダニスク:0%
・ケーニヒスベルク:100%
・ワルシャワ:5%
・ビリニュス:19%
・リガ:22%
・ミンスク:21%
・タリン:24.9%
・ヘルシンキ:24%
・サンクトペテルブルク:100%

こうやって調べて驚いたのが、中都市と港湾施設を持つグダニスクの残物資数が”0”%だった事ですね。偵察機で見ていた限りでは、ドイツ装甲部隊はビドゴシェチ~ボズナン間からワルシャワへ突き進んでいましたが、案外ロシア艦隊がたむろするグダニスクへも攻撃を行っていた模様。結果、ロシア軍右翼は抵抗を続けたものの、我が軍に包囲された後生産がストップし、戦車も物資も尽きて戦闘継続が不可能になり、ケーニヒスベルクへ後退、っといった感じでしょうか。港の物資も切れた、と言う事は戦略原潜がここにはいたんでしょうかねぇ。

ここは初期では中立都市ですが、ロシア領ケーニヒスベルクから海上補給路が繋がっているので、占領したら補給量最大の物資”3”が毎ターン送られて来る筈ですから、それなりに物資は、我が軍に包囲されるまでのかなりの期間、補充を出来た筈です。それがなくなったとしたら…ドイツ軍攻勢と戦略原潜の展開があったと思われるのですが。未だワルシャワが物資5%台ですから、意外とドイツ軍参謀本部は左翼にあるグダニスクへかなりの圧力をかけたのでしょう。大戦後奪われたダンツィヒ解放を目的にしていた?かは知りませんが(笑)。

一方、後に分りますが、包囲されたロシア軍主力の内のミンスク~ビリニュス間に展開していた部隊は、一部こちらに反撃して来ましたが、継続された電子戦機の電波妨害により情報を誤認、大多数が西部へ投入されたようです。そして…その戦力は独伊両軍の挟撃によりほぼ消滅した感じです。こうなると西部戦線でのパワーバランスが大きく崩れ、予想した様にドイツ軍のワルシャワ入城が現実味を帯びて来ました。物資数5%以下の都市になど戦略的価値は無いので奪われても何の問題はなく、逆にすぐさまドイツ軍の進撃は鈍るでしょう。ここまではいいです、ここまでは。問題は遥か東方のエカテリンブルク守備部隊です。

現在ロシア軍は450部隊を保有し、その約1/3強がエカテリンブルクで展開中と予想されます。残りの1/3はロシア艦隊の聖地、ケーニヒスベルクやリガに、最後の1/3はワルシャワ近郊やサンクトペテルブルクなどに組織的でなく点々として展開していると考えています。前回も書きましたが、残ったロシア軍拠点は全力で部隊を増産中で、その傾向はウファに見られるようにかなり強力な布陣です。そうなると…今後ロシア首都を巡って大規模な戦闘が繰り広げられるでしょう。これによる損害はかなり激しい事になるとも予想されます。こちらの主力が来るのを待っていたら、敵に立ち直る機会を与えてしまったようで…。まあ、ある程度予測はされましたが、ここまで強力になるとは(汗)。でも、エカテリンブルクまで残る敵基地は陸軍3個(1個は包囲し、閉じ込めたので実質2個)、空軍2個です。これならば…敵の生産量を上回る打撃を与えれば勝てるでしょう。カザンでやったようにね!一方、我が軍のロシア攻略軍は、サンクトペテルブルクの第一防衛ラインに何とか取り付きましたが、夜間になったのと補給拠点の確保、準備などの理由で侵攻を一時停止させました。ここで焦っても仕方ありませんしね。後はじっくり包囲の輪を締め上げるだけです。

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン51 南部戦線異常あり
europ511.jpg
またスペイン軍の”定期”侵攻が始まりました。例によってMLRSx2の斉射、自走砲の攻撃でこれらを一掃していましたが、いつも通り手早く撃滅出来ていたのでそれ程気にもかけなかったのですが、この迎撃作戦が毎回”手慣れた”作業の様に上手く行っていたので、いつの間にかそれが慢心になり、のちの悲劇を生むとは…。

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン52 カザン後方遮断作戦
europ52.jpg
カザンからのロシア軍反撃を3度撃退しましたが、このまま出てくる敵部隊を叩きあっていては埒が明かない、と考え、カザン後方の都市、サラブルとそこに架かる軍事橋の制圧を行い、敵生産能力を奪う事にしました。一応万が一の為に”保険”も掛けて置きました。

使う機会が無ければ良いのですが…。

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン53 補給艦”エルバ”号の悲劇
europ53.jpg
バルセロナ封鎖にはフリゲートx4、VTOL空母x1、潜水艦x2、補給艦x2、上空制圧にタイフーンx3、AV-8Bx2を当てていました。この守りは鉄壁で、幾度となくスペイン軍の攻撃を退けて来ました。そんな中、弾薬が1/3になったフリゲートx2と潜水艦の補給を行おう、と補給艦の周囲にこれらを集結させ、補給をしようとしたその時、視界外からハープーンが!補給物資を満載していた補給艦”エルバ”号は轟沈。呆然とする兵士達の中に…私もいた(笑)!

一体どうやって敵は補給艦の位置を知って、ご丁寧に対艦装備にしてハープーン撃って来たんだ?と不思議に思いましたが…画面を観て唖然としました。何とスペイン軍の偵察車両が海上にいるよ!!前回も書きましたけど…これは明らかに設定ミスでしょう。また述べるのもあれですが、地上部隊の浅い海侵入不可にしる!これには減滅というよりゲンナリです。

さて、補給艦を撃沈された事で一気にバルセロナ包囲網に大穴が開きます。何せミサイルを持たない艦船になど防空任務を任せられませんからね。オマケに魚雷が尽きてしまった潜水艦にも、同じ様に海上封鎖能力なし。近場に海軍基地を擁するマリョルカ島がありますけど、補給の度に戻ってられないので急ぎ補給艦を建造、と思ったけどドゥーチェが「マリョルカ南東のサルディーニャ島まで来ている旧エーゲ海&黒海艦隊の補給艦を転用すればよい」と仰るので…。幸いマリョルカ島南部の近い所に我が軍2隻目のコンテ・ディ・カブール級ヘリ空母”グラツィエッラ”を旗艦とする西地中海艦隊に、余剰の補給艦があるのでこれをすぐ回せば何とかなりそうです。でも・・・到着するまでは地獄だろうなぁ、スペインお特異の航空飽和攻撃があるから。何せ前回(改1)でも散々な目にあったから…ねぇ。

はぁあぁぁ~(溜息)。

★遠すぎた橋
europ53a.jpg
カザン後方都市への空挺降下、失敗しました(汗)。「都市上には敵部隊がいるかも」と、少し離れて降下させ、補給戦爆破でもいいや、と思って降下させたら・・・空挺部隊は爆薬持ってない!事が判明。やばい、これは大失敗した、と思いましたが、「次ターンに占領すればいいさ」と気楽に考えていたら…落ちた箇所、敵大戦車部隊のど真ん中でした(滝汗)。画面観ればお分かりになりますが、T-80Uとかが70両ぐらいいます!しかもタンク・デサントまで!!恐らくウファやサンクトペテルブルクからの増援でしょうけど、ここまで大部隊を反撃用に運用して来るとは…。でもここで「はい、負けました」と降参するほど我らイタリア軍は馬鹿じゃない。初めての実行になりますけど、”分散”コマンドを使って4部隊になって敵の攻撃を受け止め、結果、カザンへの敵増援の到着を遅らせ、妨害する事に成功しました!保険で用意しておいたトーネードIDSでの補給路爆撃もしましたしね~。

この不運な空挺部隊が全滅するまでに、空軍による容赦ない爆撃でカザンにいたロシア軍を殲滅。ノブゴロドから川の北側を浸透戦術で突き進んでいたアリエテ戦車x2が陸軍基地を塞ぎ、封鎖完了♪これにより戦略上の要所、カザン攻略に目途が付きました。ここを巡っては勢多さんと熱い議論を展開したのですが、二人の攻略案において共に最大の懸念だった敵大2梯団(増援)の存在は、予想していた様に確かにいました、しかもこれまでにない規模の増援がね。しかし、偶然の産物ですが、私の行った降下作戦が失敗し、敵、特に増援部隊を引きつけた結果、ロシア軍救援部隊は無駄に時間を消費してしまいました。また、拙い事にここでロシア軍戦車隊指揮官は、被害を恐れて、消極的な事に対戦車ミサイルによる飽和攻撃で私の空挺部隊を排除しようと考えました。これが裏目に出て、空挺部隊は榴弾なら一瞬で全滅する所を2ターンも耐え抜いた為、当初の目的であったカザンへの到着が大幅に遅れ、更に拙い事に平野部に展開していた為、夜が明けてから格好の爆撃目標となってしまいました。ロシア軍指揮官は失敗を2度犯したのです。これは致命的で、カザン防衛戦にロシアの増援は間に合いませんでした…。

これにより、偶然ですが、敵第2梯団による逆包囲を免れたし、その敵部隊の位置も分ったので、私の部隊は、特に河川の北川を進んでいた部隊は何の躊躇いもなくカザンへ入城出来たのです。それと予想外だったのが航空機による爆撃で、これがかな~り強烈でした。元々第3波までも反撃部隊を指し向けて来たカザン基地でしたが、流石にこれが限界だったようで、前線への攻撃の”ラム”たる戦車は殆ど残っていませんでした。ここへこちらの空軍が損害度外視の空爆を行った為、カザン基地に展開していた地上部隊は壊滅。これには私も航空機の持つポテンシャルに驚愕しましたが、でも勢多さんはいつもこれを普通にやってらしたんですよねぇ。いやはや御見逸れ致ししました。それと、勢多さんがカザン後方にある都市サラブルの橋の爆破を提案されていたのですが、もしやっても敵工作部隊がいたら意味が無くなる、と仰っていたのです。それで私は折角の道路が&カザン後方に位置するMiG-31とかに怯え、立案しなかった経緯があるのですが、このカザン攻防戦の翌朝、敵第2梯団撃滅中の攻撃機部隊の情報から、何と敵工作部隊の存在を知りました。勢多さん、全てお見通し済みですよ!

本当に怖いのは敵第2梯団よりも勢多さんの洞察力だった、と思わず感心してしまいました。味方につければこれ程頼もしい人はいませんが、逆に敵に回すと超手強い人だと実感しましたよ~。流石我が師範!!この冷静な判断力は見習わなければな~。

★突出部の危険性
europ53b.jpg
この所ドイツ軍がライプツィヒに架かる橋の修復にご熱心で、そこから偵察部隊を派遣→鋼鉄の雨→戦車部隊が反撃に来る、ってのがパターン化したので、この余りにも突出してベルリン直下に展開するのは危険過ぎる、と思ってはいるのですが、かといってこの軍事橋を射程内に収めて展開しているMLRS部隊を守る為にも部隊を後退させるのもなぁ、と色々迷っています。嗚呼、ここで現大2009のスタックルールが3.0でも使えれば!地雷が使えれば!と色々地団駄踏んでいるのですが、こればっかりはDXにならないとねぇ。って、スタックルールが現大専用ルールになってたら凄く困るのですが。

さて、7両まで減ってるチェンタウロが画面中央にいるのがお分かり頂けると思うのですが、この部隊の左斜め上にいるドイツ軍偵察車両”メルセデス250SD”、この位置がドイツ軍の偵察ポイントらしく、ジャミングをかけていてもスッとここに現れ(恐らくECM範囲外に展開中なのでしょう)、後方の自軍MLRS部隊に情報を送っているようなのです。ならば!と都市プラヴェンから橋を架けて、ここに通じる道路と仮設基地の設置を試みて、敵の観測を”力”で妨害してやろう、とアリエテx2を威力偵察で派遣したら…スチールレインが早くも降り注ぎました。どうやら更に奥に敵観測所がある模様。困った(汗)。地形は隘路だし、林とかあって敵が待ち伏せするには良い地点だからこっちから進むのには苦労するなぁ。それに…ここに拠点構築したら敵の注意を余計引いて、ドイツ軍の東進をこっちが妨害しそう。やっぱりここは撤退かな?もしくはワルシャワ方面にドイツ軍の侵攻を確認したらベルリン制圧とか?

何か良い策を練らねば。

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン55 エカテリンブルク第一防衛ライン
europ55.jpg
夜が明けてカザン制圧は終了し、ここを拠点に空軍の更なる活動範囲が広がったのですが、ここで注目すべきは画面右にいる航空機部隊です。このターン、始めて”超”長距離防空SAM恐怖を味わいました…。

★独ロ機甲戦 ~ポーランド戦線
europ55a.jpg
ドイツ軍が東進中ですが、このやけにMLRSが多い編成、何とかなりません?もっと戦車を!と叫びたくなりますが、相手のロシア軍に戦車がいない(生産出来ない)為、逆にロシアに突破される恐れは無いので悪くは無いですが、人間相手だったら確実に前線突破されて各個撃破の憂き目に遭いますよ。CPUは戦車の機動力+絶大な火力ってものを理解していない!だから…こんな泥試合何十ターンやってもワルシャワ抜けないんですよ。

メガヘックス攻撃による火力も確かに効果的ですが、それは防御戦や予め用意された攻勢開始時に集中的に運用してこそ発揮出来るものです。移動後に攻撃出来ない自走ロケット砲ってのは案外思ったほど強くは無いです。特に今回のように分散配置など愚の骨頂!これと違って、高い火力を維持しながら機動して戦場を縦横無尽に駆け巡れる戦車こそ戦場の王。華。砲兵は”女神”です(歩兵が女神とも言うけど)。それらの事を理解しない限りCPUの思考力向上は多少の成果があっても(パッチ後の良編成とか基地防衛思考とか)、こういったCPU同士の戦いで決着をつける事が出来ず、ダラダラぐだぐだしてしまうと思うんですよ(ロシアは新たに部隊生産がもう出来ないのに…)。もちろん戦車だけで戦闘を続けるのは無理で、それを補助する偵察車両とか自走砲とかによる補助があってこそ、ですが、思うにCPUにはコンバインドアームズの様な各兵科を総合運用して戦い続けると言うドクトリンってのを持っていないから、思考に”穴”が開いて脆いんだと思います。

人間だと電撃戦のような立体的兵器運用術を元に空陸一体で攻撃を仕掛け、敵戦線を突破して行きます。この為にはあらゆる手を尽くし、何がどれだけいる、とかを前もって計算して準備し、その後の戦闘の経過と共に次は何が必要で何が優先されるべきかを判断し、思考を途切れる事無く、それこそゲームが終わるまで考えて行動しています。これにはやった人なりの、それこそドクトリンと言える運用術があるでしょう。しかしCPUは目先の情報にばかり注目して、使用可能な偵察部隊からの”限定的”な情報で、今ある部隊を短期(短絡)的な、場当たり的かな、視野でしか行動させようとしない。もし視界を妨害されているとしたら…何故ジャミング受けてるのか?ジャミング源はどこ?もしそうなら対抗策は?とか考えもしない。結果からその原因に至る経緯を考え、その対処をしようともせず、放置する(ここ重要)。ウファで見られるように折角まとまった増援部隊を作っても、当初の目的、カザンへの増援、を後回しにし、空挺部隊に対戦車ミサイルを撃ち込むなどと言う非効率的な戦術で対抗し、無駄に時間を浪費。ここでは時間が求められるのにも拘らず、それを無視。確かに空挺部隊は歩兵ですから、橋を占領されれば行動を制限されますから排除すべき目標でしょうし、なるべく損害を抑えたい気持ちも分ります。でも、何も全部隊を投入する必要は無い筈です。2部隊、たった戦車2部隊でもあればZOCでたちまち私の空挺部隊は行動の自由を失うでしょうから。もし、ここで、この戦車部隊に自走砲や攻撃ヘリが追随していたのならば・・・。お分かりでしょう、CPUには諸兵科連合と言う概念が欠如している為、戦車だけの部隊を投入しているのです。単一兵科の危険性を全く考慮していない。ある時はMLRSを大量に配備し戦車を少数しか配備しない。一方で戦車を大量に配備して置きながら、偵察車両や自走砲等他の兵科を配備せず前線へ投入している。…これが現代的なゲームの軍隊の運用術なのでしょうか?

例えば戦車、偵察車両、自走砲、対空部隊、補給車、歩兵と、これらをCPUは生産してはいますが、その編成比率が駄目。私だったら戦車を4部隊確保したら自走砲はx2で、偵察車両x1、対空部隊が2部隊前後、補給車x2、歩兵x2とそれを搭載するIFVx2とかってしますけど、CPUだったら戦車x1、自走砲orMLRSx6、対空車両x3、偵察車両x2、補給車x1、歩兵x2とかになるでしょう。この私の編成だったらそれだけで戦闘団となって独立してある程度まとまって行動させますが、これでやるなら十八番の浸透戦術。これも立派なドクトリンですよね。一方、CPUは上記の様な異様な編成で私と同じ事or攻勢をやろうとするものだから失敗する。まず戦車が足りないから前線を突破出来ないし、張れない。MLRSをまとめて、じゃなくて画像のようにてんでばらばらに行動させるものだから火力の集中度が足りない。火力が高いものの、攻撃に1ターン待たなきゃいけない、という不利な点がある兵器を多数保有してはいますが、地図上に分散配置、なので当然1ターン辺りの火力の密度が低い。この編成だったら戦車1部隊ぶつけて終わり。これじゃあとてもじゃないが敵戦線の突破なんて何十ターン待っても無理(現に包囲されて部隊を生産出来ないでいるワルシャワが落ちていない)。これはドイツ側の運用についてですが、ロシア側はウファの例で上げましたので省きます。CPUは戦術云々の前に編成にも難ありなんですよ。

有機的に部隊を運用するならば、その編成に頭を使わないと。すると各部隊の必要な最低限の数ってものが生じて来ます。この編成の妙、とでも言うのでしょうか、これがCPUには備わっていない。戦車がたった1部隊で、その後方支援にMLRSが6部隊なんて狂気の沙汰ですよ。こんな部隊に突破力などある訳が無い。この編成上の思考の異常さ、これがCPUのネックでしょう。もしドクトリンと言うものを持っていたならば…CPUの思考は上がると思います。前線の衝力たる戦車の確保、その機動を可能にする十分な偵察、攻勢を支援する自走砲やMLRSの集中された密度の高い火力。そしてこれらを支援する航空機群。これが準備出来たならば包囲され生産能力のないロシア軍前線を突破し、ワルシャワ入城も果たせるでしょう。ドクトリン、と言うか編成についての話になりましたが、一つの継続して戦闘可能な部隊を編成出来るか出来ないか、そしてそれを維持出来るか?で随分変わってくると思います。最後にこうして編成された部隊に”目的”を与える。これを付加出来ればかなり良い感じになるのでは?と思うのですがねぇ。長期的な視野にたって行動するってそんな難しい事ではありませんよ~。要は如何に打撃力の高い部隊を長期に渡って維持する様に努力し、”目的”に向かって空陸共々一体となって任務を遂行するだけです。これ、パーフェクトより少し前発売の大戦略Ⅶ(PS2)ではそれが出来ていたんですよ。

まず、真っ先に自走砲でこちらの偵察車両を撃破or損害を与えて後退を強いる(重要なこちらの”眼”を奪う)→多数の戦車部隊or攻撃ヘリが突入してくる→こちらは一時戦線後退or死守or再編成、みたいな事を毎回良くやらされたんですけどねぇ。「激闘!!眼鏡島」とかマジ地獄でしたよ。逆襲で戦線突破を試みると、こっちの戦車への阻砕射撃の激しさったら筆舌に尽くし難かったです。その後攻撃ヘリとか戦車が反撃に来るんですからねぇ。あれは…もう本当に魔女の鍋でしたね。興味深いのは、大戦略Ⅶでは基本PC側が敵資金が尽きるまで防衛に徹し、CPU側の資金が尽きる攻勢限界点まで粘り、そこから反撃!、ってのがどのマップでも共通して使われる戦術だった事です。最初に攻めると凄い痛手を食らうんですよ。マップの状況で攻防変わる事もありましたが、やはり基本は待ちが宝石。鍵は敵の”攻勢限界点”。嗚呼、地雷が大戦略Ⅶで使えていたら…。話題は変わりますが、こんな事が何故PS2で出来て3.0で出来ないのか?PS2ではしっかりコンバインドアームズが、お世辞なりにも”一応は”出来ていて、まじ手強かった。戦車、偵察車両、自走砲、攻撃ヘリ。これらが効果的に適度な数が配置され、画面狭しと機動して連動し、PCを楽しませてくれました。特に自走砲、これの使い方が目茶上手かったです。最初にあるように、攻勢時は始めに助攻射撃なり支援射撃をし、次に戦車や攻撃ヘリが来襲。防御時には破砕射撃でこちらの楔である最前衛の戦車を粉々にし、反撃で同じく戦車や攻撃ヘリが迎撃に来る。これが…3.0では何故再現出来ないのか!PS2版はPC版では間接射撃部隊が弱い、って事で修正されたそうですが、それが功を奏し上手く行ってる。それに何より…CPUが攻め、PCが待ちだったのにぃぃ。どうして機種変えたら、どう見てもシステム的にも機能的にも上位なPCだと(ポリゴン能力を除いて)、攻守がガラリと変わるんですかぁ!!!(怒)。

同じ会社の同じ系統(全く同じとは言いませんが)のゲームで、CPUのルーチンが全然違ぁーう!一方でコンバインドアームズを展開し、一方で異様な編成でダラダラ戦闘。どうしてこうも…戦術思想が全く違うんでしょう。軍事理論が各ゲームで大小違う事は分りますが、3.0の縮小劣化版のCPUの方が本家よりも賢く、本家は全然兵器運用方が分っていない、まるっきり”基礎”がなってない!共に現代兵器を扱うテーマのゲームで、こうも戦術論が変わる事なんてありませんよ。どちらのゲームも純粋に兵器運用の戦術も”基本はいっしょ”の筈です。攻撃ヘリが大戦略Ⅶでは超役に立ちますが、3.0では戦車には余り役に立たない、何て事はありません。対戦車ミサイルの攻撃力が高いのはどちらのゲームでも同じです。戦略モードありなしなんて関係ないです。戦略モードだと対戦車ミサイルの命中率が落ちる、何て事は絶対ありません。攻撃ヘリが戦車に強いのは現実でも同じで、これは不変です。何度も繰り返し言いますが、各兵器の運用方、役割、機能はどちらのゲームでも全く同じです。てか、同じじゃないとおかしい。それなのに…3.0では大戦略Ⅶに劣る兵器の運用をする。劣化コンバインドアームズすら出来ない。おかしいじゃないですか!これは今まで述べたように、3.0の思考ルーチンに根本的欠陥があるからでしょう。

超話が長くなりましたが、カザンに対するウファからの素早い強力な支援部隊、予想はしていましたその範囲を超えた大規模な第2梯団(但し戦車のみだった)の動きなど、時々「お、やるじゃん」と思わせる行動をしてはいるんですが、これが”いつも”じゃないし(パッチ前後で変わってるかも)、編成に超難ありだし、指揮する立場によってコロコロ戦術が変わる辺り3.0の思考は強いんだか弱いんだかサッパリ理解出来ません。でもスペイン海軍のようにパッチ前でも毎度良い動きで私を翻弄する部隊もあるんですよ。フランスやってる時かな、ドーバー海峡で大暴れするイギリス艦隊に一矢報いる為に潜水艦部隊を派遣したら…イギリス艦隊の前にスペイン艦隊がブルターニュ半島の先に現れた!とか、マルセイユ沖にイージス艦が何度も襲来して空軍基地の機能を奪った、とかね。スペインはやれば出来る子。間違いない(きっぱり)。

最初からパッチ当ててやるとヨーロッパ大陸2005改3はどうなるんでしょう。また”狡猾な”アルメニア方面指揮官とか、”アルマダの再来”スペイン艦隊とか、”ベオグラードの悪夢”とか起こるんでしょうかねぇ。国家じゃなくて”個々の”指揮官レベルでしか奮戦しない辺り題酢味の大戦略っぽいなぁ(苦笑)。でも…余り笑える事じゃないんだな、これが…。

さて、だらだらと超長くなったので纏めて置きましょうか。
1.CPUに”ドクトリン”を持たせる
2.上記と被りますが”諸兵科連合”の意味を教える
3.”編成比率”を”目的”によって柔軟に変化させる思考を持たせる
4.ある程度まとまった部隊で運用し、その戦闘団に”目的”を持たせる
5.この戦闘団を”長期的に支援する”方法を与える
番外.PS2の大戦略Ⅶの思考ルーチンを3.0へ移す(爆)

しっかし諸兵科連合の意味を教える、って何か書いてて泣きそうになった。CPUには「ボクノMLRSサイキョー!」ぐらいの思考しかないのかな、ってね。

・゚・(ノД`)・゚・

PS.これらの欠点がありつつも3.0で続けざるを得ない。この辺りが問題でもあり課題でもあるんですがねぇ。戦略モードに非常に面白いと感じた隠蔽ルールに個人でターン制限等設定出来る事や兵器エディタ、各種豊富な兵器陣。これらがあるから…大戦略Ⅶにはもう戻れない。酒に溺れる、ってこんな感じなんでしょうかね?(爆)。しかも合法的だから怖いなぁw まあ、毒を食らわば皿まで、って事で(えー

★”小バグラチオン”作戦発動!
europ55b.jpg
長期に渡るジャミングと、スモレンクス攻防戦で部隊を消耗したのか偵察機をミンスクに飛ばしたら…敵がいない!恐らくワルシャワ方面に向かったのと、最後の反撃で部隊を使い切ったのでしょう。それならば…と3方面から侵入。予め破壊された橋を占領する歩兵、橋を直す工作部隊、展開部隊の燃料弾薬の補給、闇に紛れて進行ラインまでの進出、を済ませていたので一気に攻め込めました!本来ならばエカテリンブルク制圧まで包囲した敵主力への反攻作戦、”バグラチオン”は発動を遅らせていたのですが、どうも敵がいないらしい、と投降した敵兵士の証言から得ていたので発動を早め、規模を”小”にして作戦を開始した次第です。このままビリニュスまで攻め込めたら楽なんですが、時間的制約からミンスクまでが限界の模様。まあ、それでも多数の基地群が手に入るので成果はありますけどね。

さて、ロシアはどう出るかな?

★S-300PMUの恐怖
europ55c.jpg
ウファ後方の補給ライン寸断の為に用意した攻撃機(鹵獲したSu-24)に補給を、と給油機を予定空域に北上させたら迎撃されました!でも戦闘シーンでは地上からの攻撃の模様。「あれ、トールM1の射程内には入らないように山地を飛んだのに?」。そして次に偵察機が北上したらまたもや迎撃されました。「一体何に?」と思い、偵察機が撃墜間際に送って来た索敵結果を見たら…S-300PMUが展開しているよー!!!前に”color world”でマジェンダがホーク改を一部隊だけ展開させていて驚いた事がありましたが、今回はロシア最新鋭兵器に該当する超長距離SAM、S-300がいた!これにはガクブル。このままでは攻撃機が爆撃出来ない!と焦りつつも爆装したタイフーンのような余り撃墜されても痛くない航空機でわざと迎撃範囲内に入り、弾切れ作戦を発動。補給車が幸い近くにいないのですぐ無力化出来ましたよ。

それにしても…S-300とかが1部隊でも展開されてるとかなり怖いですね(汗)。DXで基地防衛部隊として配備されるようになったら…それはそれで燃えるのでありかも(爆)。

★ワゴンホイール
europ55d.jpg
ウファからサマラへ向けて進撃するロシア軍戦車部隊の中に…弾道弾ミサイル車両トポルが!これは危険、とすぐ排除しましたけど、これがこちらに知られずに展開されていたらゾッとしますな。今ロシアの弾道弾は4発で、恐らくリガ、ケーニヒスブルクに戦略原潜x2がいると判断出来るのですが、残りは…どこでしょう?サンクトペテルブルクにも戦略原潜が1隻いそうなんですが、まだこちらの戦闘団は辿り着けていないので分りません。包囲したロシア軍主力にはトポルはいそうにないのですが、もしかしたら包囲の輪の中、ケーニヒスベルク辺りにトポルx1~2かなぁ。ウファで撃破したのは新たに生産された弾道弾部隊だと確認出来たので、あといるとしたら…エカテリンブルクに1部隊、でしょうか。以前の改1で、モスクワが首都だった時にトポルが1部隊いたので、その線が濃厚かもですねぇ。

さて、ウファからは架けた橋を伝って南下する部隊が見受けられたので、早速攻撃機で爆破(画像で黄色の箇所)。これまた鹵獲したSu-25でw Su-24といいSu-25といいロシア製は性能が高いので鹵獲品の楽しみがあります。ミンスクでは”あの”トールM1もゲッツ出来ましたしね!

今後も楽しみだな、鹵獲品♪

★ヨーロッパ大陸2005改2 ~ターン56 ミンスク制圧戦  
europ56.jpg
ミンスク北部の対空車両以外戦闘車両を全く見かけないので、やはりロシア主力はワルシャワへ行ったか独伊両軍に撃破された模様。しかし、ここまで楽勝でミンスクを落とせるとは思ってもいなかったので、やっぱり包囲ってのは効果が絶大だなぁ。数十ターンに渡り包囲し、物資を消耗させ、部隊をすり減らされて行ったら・・・どの道全滅以外行く末はない模様。恐ろしや、包囲殲滅戦。

PS.ビリニュスではSu-27だったかな、上空支援をしていたのですが、これはパッチ後に勢多さんが解析して指摘していたものが当たった模様。ミンスク上空にもいたので”上空直掩”ってルーチンがどうやらあるようですね。

★Fleet-in-being
europ57.jpg
予想通りケーニヒスベルクにはロシア艦隊が、12隻ほどですかね、いました。でも相変わらず港に閉じ篭ってます。スペイン海軍のように積極的に打って出ないんですかねぇ。今時存在艦隊なんて流行らないのに…。

ざっとみた所、ロシア軍主力には僅かな自走砲と多数、と言っても多寡が知れてますが、対空部隊しか残っていないので排除は容易そうです。そうなると…そろそろドイツに圧力を加え始めますかね。小バグラチオン作戦ではミンスク、ビリニュス、ワルシャワが攻略目標になっていますが、こちらの部隊の先頭がワルシャワに辿り着いた辺りが対独最終攻勢”ゾーナ・ヴェルデ”発動の時期かも。

★渡洋能力付き偵察車
europ57a.jpg
イヒサ島に待機してあったヘリボーン部隊が撃墜されたのですが、「何で~?」と思ったら、また海洋を渡って来た敵偵察車両に見つかったからでした。改3では絶対修正してやるぅ!。

ここら辺は”海”に変えるべきかな。あとジブラルタルも。改3は”改造なし”で行こうと思っていたんですが、ここだけは変えさせて貰いますね~。

★最終目標、エカテリンブルク!
europ57b.jpg
ウファは補給ラインを寸断し、孤立化させました。そうなるとエカテリンブルクまで残る基地はチャリャビンスクのみ!もしここを落とせたら…勝ったも同然。えらくエカテリンブルク守備部隊には煮え湯を飲まされ続けましたが、それももう終わる!ここさえ落とせば東部戦線消滅と共に、対北欧&西部戦線、ドイツやフランスですね、にも手が出せるというものです。漸く戦線が一気に動き始めますが、ドイツ、フランスまでは楽に行けても…イギリスや今回初対戦のスウェーデンにはどう対処しますかね。

今回イギリスは大規模上陸作戦で落とすつもりなのですが、その為には大西洋にも艦隊を派遣して、アイルランドから攻める政治的必要性があります。その為には…スペイン艦隊の排除が必要とされますけど、だとしたらドイツ→フランス→スペインと攻略する必要がある気が。そして同時進行でスウェーデンも。まだ未戦闘のイギリス艦隊との決戦も不可避で、展開しているイギリス戦略原潜(2~3隻)の撃沈も課題に。一応、対イギリス上陸作戦用にオランダとベルギーに海軍基地を付け足しましたが(勢多さんがここに基地を作らないとイギリス上陸作戦は難しいだろう、とコメントされてました)、一気にロンドンを突くにはバチカンのミラー法王の裁可を待たねばならんし…。

う~ん、何だかまだまだ先は長いなぁ。まあ、取り敢えずは目前の目標達成に全力を尽くしますかね。それから考えてもいいですし。

★各国の状況
europ57c.jpg
以外にイギリス、スペインの状況がジワジワ変わって来ていて怖いです。ドイツはとうとうランク外に落とされましたしねぇ。そんな中、フランスが未だ生き残ってる辺り、しぶといなぁ、とは思いますが、弾道弾被害担当国としてまだまだ落ちてしまっては困る!、のですがねぇ(苦笑)。

さて、こんな状況の中、本当に私が怖いのは・・・最初に述べましたが、やはりエカテリンブルク守備部隊の数だったり。偵察機を派遣していますが、夜が明けてそこには無数のロシア軍部隊が!何て展開だけは勘弁願いたい。パッチ当ててからやけに守備が上手くなって来ているので、ロシアがここで防護に適した地形を活かして徹底的に反攻する!ってな事態は何としても避けたい。それだけかな、今抱えてる不安としたら。

夜が明けるのがこんなにも嫌な時って滅多にないですよ(;´ー`)y-~~

(23:36) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[現代大戦略2009] - 2009.01.17 - 現大2009パッチ来ました!ヽ(゚∀゚)ノ

新年以来ずっとSSαのHPを観てて、「パッチまだかな~?('з')」と思っていたら…遂にパッチキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!! これでBMPTのバグ治るかな~?

さて、只今ヨーロッパ2005改2と大戦略Ⅶの記事を平行して書いている最中なのですが…中々モチベーションが上がらないので公開はまだ先になりそうです。いつもと違って何だか遅筆ですし(ーー;) それに、今朝方妹達が交通事故に遭って病院に行っていたので今日は半日潰れちゃいました。幸い大事には至らなかったのですが、車が…。各方面へのレスもまた遅れてるしでご迷惑をおかけしますがもう暫くお待ち下さい<(_ _)>

PS.SSαが新大戦略シリーズを始めるみたいですが、公式行ってユニットの画像観て、「何このきな粉餅の塊は!?」って吹きました。これです。ドット絵超初心者の私でもこんな画像は公開しないぞ!ってぐらいのレベルです。あと、珍しくキャラクター達も登場しますけど、こんなのいいから早くDX出してよ~(´д`) 

あ、新大戦略の名前書くの忘れてました(^_^;) えっと、”新大戦略バトルオブソルジャー”だそうです。これを聞いてバンドオブブラザーズを思い出したのは何故?('ω') 航空機は地上部隊に比べ4回移動出来るとか歩兵が強いとか面白そうなんですが、会話パートいらないし…きな粉餅がorz それに3.0と現大2009あったら今、ゲーム買う必要ないしねぇ。恐らくPS2とかに移植されるでしょうから、それ待ちでもいいかも。

んでは記事作成に励みます(≧▽≦)ゞ

(22:44) - TRACKBACK(0) - COMMENT(3)

[大戦略パーフェクト3.0 兵器エディタ] - 2009.01.07 - アリエテ迷彩バージョン出来ました!ヽ(゚∀゚)ノ

遂に、遂に念願の三色迷彩を出来ましたぁ!(o≧∇≦)o これは嬉しいぃぃぃぃ。これも全て勢多さんの助力のお陰です(-人-) 祝電打ちたい所ですよー♪  

★アリエテ三色迷彩バージョン


勢多さんにはT-95作った時もそうだったのですが、今回も親切丁寧に対応して頂いて大変お世話になりました!特に画像付きで説明して貰ったのは有難かったです。皆さんも自作兵器エディタで困ったら勢多さんのHPに行ってご教授して頂くといいですよぉ。勢多さんのHP、”Vom Taktisch”はこちらです('∇')

それにしても…3色迷彩って結構難しいですね。下地はすぐ出来、次の1色目までは上手くいくのですが、次の色が…(ーー;) 思えば昔プラモデル作ってた頃、戦車とか戦艦とか作りまくりましたが…塗装は単色ばっかりでした(/ω\) 武装SSの兵士の迷彩なんてぜってー無理w とかって放置していましたが、その頃しっかり勉強していればなぁ。まあ、今回ので少し分りましたが、疑問に思ったのが戦車とかの迷彩時、砲塔と車体って別々なんですかね?既存のT-90とかの迷彩見ましたが、2色迷彩だったりで分りませんでした。でも前回上げたレオパルド2とかは3色迷彩だったから、今思えばそれを参考にすれば良かったかな。ハカラボで頂いた貴重なオリジナルカラーの兵器もありましたしね。

じゃあ、今後はそれらを勉強して3色迷彩を綺麗に塗れるように頑張りますか。そして…アリエテMk.2を完成させるのじゃ!資料も手に入った事だしね~(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)

(22:50) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[今日の戦果] - 2009.01.06 - PANZER2009年1月号

今日は歴史群像を買いに書店に向かったのですが、買ったのは以下の物です。



PANZER、いつも立ち読みでしたが、今月は買わざるを得なかったです。何せアリエテ特集でしたからね!

勢多さんの改造マップ、ヨーロッパ改2をイタリアでやっていますが、MBTであるアリエテの塗装がオリーブドラフ系単色でつまらないなぁ、と思っていて、そこでネットで3色迷彩を探し出してPixiaで塗る事にしたんです、去年。でも…上手く行かない( ̄~ ̄;) そしてMk.Ⅱも作ってみたかったのですが資料がないしなぁ~、と思っていら…今月のPANZERにアリエテの特集が!なので即購入しました。

アリエテの細部に渡る画像には心踊り、またMk.Ⅱの特徴である車体側面前部の増加装甲スカート?が鮮明な画像で載っていたので感動しましたよ!前にアリエテMK.Ⅱのキット特集を組んでたMGを買いそびれ、バックナンバー買おうかなぁ、と思っていた矢先に今月のPANZERで詳細な説明があったので、無駄な買い物しなくて得しましたよ(*´艸`) やはり残り物には”福”があるんですなぁ。でもアリエテの塗装は例の如く1色で、迷彩は無かったです。まあ、砂漠のイラクで展開中のイタリア軍の画像ですから、迷彩も何もあったもんじゃないですけどね。

さて、予想外の買い物を出来た訳ですが、面白いのは歴史群像で”カンブレー1917”とイギリスの菱形戦車の戦史と特集があり、また一方でPANZERでも”鋼鉄の怪物”とこれまた菱形戦車特集があった事ですね。それと、歴史群像巻末の小林源文先生の連載の”ノルマンディー1944 Act.6”でトータライズ作戦が展開されていたのですが、またもやPANZERで”カーン/ファレーズ街道の激闘 トータライズ作戦”と同じ話題が続きました。これは偶然の一致でしょうが面白かったですヽ(´―`)ノ 

さて、じっくり読むかな( ´ー`)y-~~

PS.小林先生のノルマンディー編、6話で終わってしまいましたが、これだと単行本化されたら…またボムコミックスとかの過去作品を足さないと1冊には仕上がらなさそう(゜ー゜;) ザームランド1945でもそうでしたけど、殆ど過去作品の大幅加筆修正ってなってましたが、今回もそうなるのかなぁ。そして最後には意図不明な過去作品が追加されると予想。ザームランドではMe163の戦記が載ってました。

新作は少しあるけど、大半は過去作品の追加修正だったり、ページが足りない分はその場凌ぎで過去作品の短編を追加させ、そうしてやっと1冊の単行本にしかならない、ってど~なんですかねぇ。まあ、ボムコミックスを出していた日本出版社が倒産したから、こうやって復活させて普及させよう、と言う意図は分らなくも無いのですが、いい加減新作をもっと書きなさいよ!と思ってしまうのですが…。去年、小林先生のHPで、これからは新たに自社?のゲンブンコミックスとして過去作品を出していく、みたいな趣旨の発言があったのですが、いつまで過去の遺産にすがって生きるんですかねぇ。黒騎士物語が愛蔵版出たばっかりなのに、もしかしてまた出すのかっ!?と憤った記憶があります。

こんな小林源文商法についていくには疲れて来たので、キャットシットワンとかオメガ以外手を出さないのが賢明かもしれません。歴史群像コミックシリーズの氏の阿漕な商法にかな~り騙されましたから(立案が学研だとしても共犯者です)。しかし、いつから”一等”自営業から三流に成り下がったのだろう。こんなやり方を続けたら、ゲンブンコミックが最終駅だとしても、着実に昔からの固定ファンは途中下車して行くと思います。

もう今後は、たった数ページの新作や大幅加筆修正版とやらに食らい付く魚はいないでしょう。歴史群像で痛い目に遭った我々は特にね。もはや2度目はないんですよ!でも、この商法?は解決されないでしょう。何故なら致命的な問題として…小林先生に継ぐ劇画家(戦争メイン)が存在しない事です。

日本で他に戦記コミック描かれる方は、上田信、鼻山弘康、吉原昌弘、自称”小林源文の後釜”竿尾悟、小林たけし(敬称略)ぐらいで、後は全く駄目。学研でよく戦記コミックのアンソロジーが出てますが(ベルリン最終防衛戦等)、上記に上げた方が描いた作品以外は、私には、受け入れられないです。絵柄が駄目だったり設定がいい加減だったり、脚本がなってなかったり…。これらのどの作品にもいえますが、とっても内容がチープなんですよ。キングタイガーが連合軍の侵攻を食い止め、さあ反撃だ!、って時に援護してる対戦車砲が何故か”ドアノッカー”Pak35/36だったり・・・。そこはアハトアハト、もしくはPak40だろっ、って突っ込み入れたいし萎えました(´Д`) 上記に上げた方々は絵柄に各作家独特の特徴があり、設定も納得出来るし脚本も良い、と満点ですが…小林源文先生が持つ圧倒的な完成度には及ばないのです。特に資料的価値とかにね。こういう状態ですから…小林作品を買わざるを得ないのです。選択の余地が無い、オンリーワンな世界ですから。これは氏の持つ強みであるし、今までひたすら描き続けた努力?の賜物ですから当然の結果なのですが、では、この状況を嬉々として受け入れてよいのだろうか?もし小林先生が居村先生の様に亡くなられたら戦記物コミックを誰が継ぐのか?

学研は小林先生の作品ばかり取り上げるのではなく、他の作家にもコミック化出来る様な場を用意すべきでしょう。イラストだけ担当、とかじゃなくてね。しかし一極集中化問題はここだけでなく、毎号立ち読みで済ませている「あく☆しず」でもそうなんですがね。野上武志先生の萌えよ!~以外は…・⌒ヾ(*´_`) 実情は何処も同じ、ですかに。

PS.のPS.買ったのに取り上げていないのは近藤和久先生のバニシングマシン2。ハカラボで結構話題に上がったので買いました。本当はこっちを買う予定でしたが、思う所があり、同時発売の夏元雅人先生のを買いましたが…外れでした(つд・) だってレビル将軍が黒い三連星に捕まった時にガイア達が乗っていたMSが…MS-06Cになってたから。サターン版ギレン等ではMS-05B/3S だったのにぃ!o(`ω´*)o ま、設定が色々諸事情により変遷していくのがガンダムとは言え、公式(ガンダムエース)連載のコミックでころっとまた近年設定が変わっているとは…。もう何を信じて良いやら、感じです('з')

(18:50) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0 マップエディタ] - 2009.01.04 - 自作マップについて

公開したものの、色々と(沢山の)不具合があったので公開中止にした自作マップですが、一番の問題はCPU、特にMAZENTAが自軍営の要塞線にある地雷を消去したり、トーチカを弾道弾で爆撃したりといったシステム上のエラーでした(本当は他にも一杯あるけど(爆))。でも現大2009は地雷散布が可能になったし、修正もされているだろう、と、以前実験したマップを作り直して実験しました。

★地雷・弾道ミサイル実験マップ

試してみたら弾道ミサイルがトーチカを破壊する事はありませんでした。思わず、「ほっ」と安堵の溜息をしました。が!スメルチが自軍営の地雷を相変わらず消去してるんですよ~(つд`) そして弾が切れるまで地雷原消去作業を止めませんでしたよ…orz 折角良パッチで好感度が上がっていたのに…上がっていたのにぃヽ(`Д´)ノ=3

DXまで待たないとこれは修正されないんでしょうか…(´・ω・`)

★オマケ

現大2009をやってて、以前にも書きましたけど、「画面が暗いなぁ」と思って比較用に現大2009と3.0で同じ様なマップを作ってみたら…。何ですか、この現大2009の画像の暗さは! 解像度等一切弄くっていません。どーりでいつも夜間な感じがする訳ですな(´д`)

さて、BMPTとかを3.0に移転させるかな。

(21:19) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[現代大戦略2009] - 2009.01.03 - 謹賀新年('ω')

あけましておめでとうございますヾ(>ヮ<)ノシ
もう1/3ですけど…(ー∇ー;)

今年の新年は寝正月で始まりました(つ∀-) 何だか酷く疲れて…。オマケに大晦日から奥歯が痛い痛い!サロンシップ張ってやり過ごしましたけど、お正月開けには歯医者行かないとなぁ。

新年早々出費が痛いぜ(ノд`) 

さて、現大2009を途中プレイだったので一気に終わらせて来ました。やった感想として、
●CPU思考ルーチン、結構良い感じ&サクサク快適
●スタック制超面白い!
●やっぱり戦闘は2D
●期待の戦闘車両BMPTにバグが(つд`)
●対戦車ミサイルの威力UP
●機雷敷設艦、万能説!?
●道路、建物破壊が無くてちょっと残念
●大型補給車マンセー

思考ルーチンは以前も書きましたが、結構部隊の展開が3.0と大きく違って来てますね。小規模とは言え有力な戦闘部隊(戦車・自走砲・対空車両)で侵攻してくるし(パッチ後は3.0も一緒かな)、勢多さんがこの記事で仰ってましたが、戦力の空白地帯にはヘリボーンを仕掛けて来たりしますし。航空支援も資金がある限りはかなりやって来ます。海軍もそれなりに投入して来ました。なので結構楽しめましたよ~。また、思考ターンもサクサクで不満無いです。まあ、2カ国戦だからでしょうけどね。かといってヨーロッパ大陸2005のような超巨大マップをやるには…現大2009は戦略モードが無いのでやるべきではないかと。

今回改2ではロシア軍主力大包囲網を完成させましたが、あれは戦略モードがあってこそ味わえる醍醐味。包囲されてなくても物資の残りを遣り繰りをしながら上手く戦闘(経営)する、とかは戦略モードであるからこそ楽しめる要素。それに…包囲しても敵がバンバン生産して来たんじゃあ萎えますよ。現大2009では小さいマップを、3.0では超巨大マップを、って提言なさってる勢多さんの意見に全くもって同意致します。


次に現大2009の最大の楽しみ、スタック制。これは本当面白い!(*゚∇゚)=3 攻撃や移動時にスタックが超役に立ちます。攻撃する時は戦車で3スタックで猛攻、とか、敵MLRSの射程内では分散、と扇のように自在に自軍の陣容を変えられるのは楽しいし、やってて気持ち良いですw これは早くヨーロッパ改3で試してー!とかって思いますが、DXはまだですか?(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)

ただ…スタックごと移動の時にはShiftキーを一々押さなきゃいけないのが面倒ですね。簡単なようでこれが凄い億劫です。これは修正されて欲しいなぁ。あと、スタックで同時攻撃とか同時砲撃とかあったら超最高なんですが、これは流石に無理かなぁ。ギレンではサターン版から出来ているというのに('з') どうせスタックした3部隊で攻撃するんだから、纏めてやってくれればオーバーキル気味でもいいから楽なんですが。この”纏めて”、ってのは色々応用が利く筈なんですが、現大2009では”ただ”3スタック可、で終わってるのが残念すぎる。色々試しましたが、2スタックの歩兵を空港にいるMi-26に同時収納!、とか3スタックの戦車を都市に同時収容!、ってのは出来ませんでした┐(゜~゜)┌ この辺のプレイ時の気転、って言うんでしょうか、そ~いうのに詰めが甘い辺りSSαたる所以でしょうなぁ(´Д`) 目の付け所だけよい○ャープみないな感じですな(えー


戦闘ですが、ハカラボで背景画の師範、帝国技術研究室氏の書き込みから教わったのですが、現大2009ファイル内の”xfile”を外すと全部2Dになるそうです。それでやって見たら…出来た!ヽ(゚∀゚)ノ これでショボイ3D戦闘など見ずに済むから万々歳ですよ。そうして2Dでの戦闘を観ていたら…おお、T-90が兵器ショーでよく観かけるデザート迷彩に変わってる、とか、レオパルド2の2D、完成度高ーなオイ!、とか分ってニンマリ。特にレオパルド2、公式が凄い気合入ってます。3.0ので観ると、砲塔前面部分が何かぼやけてて、あの独特の特徴ある、ティーガーⅠの正当な末裔たる垂直重装甲がよく見えないのですが、現大2009でははっきり分ります。こんな感じ。BMPTとかも凄かったけど、今回はかなり兵器画像に大幅な改修があったようですが、これはその他にも期待せざるを得ない!はよもっと色々な戦闘シーンを観たいぞぉ!!エフェクトも案外良い感じだしね。特に航空機の爆発は観る者を心躍らせますよー(o>ロ<)o 一方、艦船の沈み方も、ミサイルが命中しだすと最初煙を上げ、その後消えていく(沈んでいく)のですが、沈下するのがこれまたいい。これで地上部隊の爆発がこれだったらいいのですがねw


期待の新星、BMPTですが、これもハカラボで機動旅団さんが指摘してSSαにメールも送ったそうですが、主兵装の対戦車ミサイルで間接射撃を行うと、何故か地形攻撃シーンになり、更にメガヘックス攻撃になります(´Д`;)ヾ しかも敵に与えるダメージ”0”!何という地球に優しいエコ兵器(爆)。って使えね~!o(`ω´*)o とは思いましたが、何故か偵察車両だし、装甲も堅いからちょっと残敵の歩兵戦に投入しちゃえ、とかって使ったら…目茶鬼強!(°m°;) これは修正来そう、ってなぐらい強い。WWⅡにパンツァーマイヤーから「非人道的虐殺兵器」と罵られ、生き残った搭乗員は全員射殺された、って言う悪名高きチャーチル・クロコダイルに匹敵。こいつは超厄介ですよ~(゜▽゜;) んで、次のに連動しますが、対戦車ミサイルが強くなっているので、対装甲戦にも十分使えます。しかも射程2だからヘルファイア並みに強い武器でしょう。一方でTOS-1が余り使えない兵器になってますが、もしかしてこっちがメガヘックス攻撃なのをSSαが間違えた、と感ぐったり。何せ弾種気化爆弾らしいし。それにしても何でBMPTが偵察車両なんでしょうね?これ、グルジア内戦とかの戦訓を元に、ヨーロッパ通常戦力条約に該当しないから、と大量生産してる対拠点用戦闘車両、ってのが売りだったのに…。


対戦車ミサイルの攻撃力UP、ですが、これは戦車全体の耐久度UPだから修正されたんでしょうけど、かなり痛い事になってます。特にロシア戦車のリフレクスとかの攻撃力が上がって、3スタックで間接射撃後に突撃、とかするとレオパルド2系列でもかなりのダメージを食らいます。私もアイランドキャンペーン後半、そればっかりやってました(鬼)。でもこれによりヤグアル2とかの攻撃力も上がってレゾンデートルも上がったのでこれは良い修正かも!?これでCPU、特にロシア軍を担当させたら…BMPTやT-80Uの間接攻撃ばっかやって来て鬱になりそうw まあ、対戦車駆逐車の価値も上がるのでいいか~(´∇`)


CPUがやって来て分かったのですが、機雷敷設艦が…地上部隊に間接射撃して来たり、航空機に対空ミサイル放ったりで大暴れ。これ、どこの国の防空万能艦ですか?w これに加え機雷も敷設出来ちゃいます。これじゃあ対艦ミサイルが撃てないだけの万能艦ですよ(ーー;) まあ、高速ミサイル艇もこれぐらいするけど、CPUが作った所、見た事ないです。高いフリゲートは買えない、ならばコルベットで、な感じかも知れませんが、少しは自重しる!


道路と建物の破壊、現大2009では出来なくなっていますが、Su-34の誘導爆弾数十発を食らったり、MLRSの斉射を受けてビクともしないってのはアレですなぁ。3.0との違いを再現しているので正しいかもですが、ちょっと物足りない。道路上にいる敵車両に爆撃したいけど、道路壊すと大切な補給ラインが!とかって3.0やって以来臆病になっていて、そのシチュエーションに燃えている!あまつさえ浸っている!我々(?)としてはねぇ。慣れるまで違和感を覚えますな。けどこれに慣れて3.0に戻ってやったら…ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 やるゲームで仕様が大きく違うって何とかなりません( ・ω・)?


これは前回も書きましたが、大型補給車万歳です/(^o^)\ 物資がなくなってもすぐ近くの都市で物資25を一瞬で補充、更に2台目も補給出来ますよ~、ってどんな4次元ポケットですかw まあ、機動上、通常のタイプが有利、って場面もありますが、でも大型補給車でオールオッケイ(゚∀´)b なので、余り出番はないかと。これも戦略モードがないからこうなっちゃうんでしょうが、ちょっと非現実的ですなぁ。これを避ける為に生産数制限とかあればいいのに。もしくは大型は昔のみたいに展開してから補給可、とか。現大シリーズは今作が始めてですが、昔もこうだった(大型万能)のかな~?

以上、アイランドキャンペーンをやっての感想でした('◇')ゞ

★アイランドキャンペーン ~ターン7 BLUE軍航空機、活発化

マップ北西の島に敵航空機が陣取って、補給も生産も妨害しています。私がよくやってる方法ですが、まさかCPUが仕掛けてこようとは…。

CPU進化は嘘じゃなかった!(*´д`*)

★アイランドキャンペーン ~ターン16 ドイツ軍によるアラスの再現

中央部をやっと突破し、前進しようと思ったら…BLUEの戦車x3、対空車両x2、歩兵x1、自走砲x1が側面を突いて来ました!先頭はレオパルド2A6x2+レオパルド2で、かなり痛い一撃を食らいましたが、何とか撃退。ここがCPU側の攻勢限界点だったようで、これ以降は散発的な反撃しか無かったです。でも右翼はノーチェックだったので、この攻撃で侵攻スケジュールに大幅な遅延が…。

★アイランドキャンペーン ~ターン23 終曲の歌

ここまで来れば残敵掃討で楽勝、かと思いきや、中央部と敵右翼からレオパルド2A6が出現して結構危険な場面があったり(^_^;) 敵空軍も活発だったし、対空車両も沢山来ましたけど、3.0みたいに作り過ぎ、では無かったですね。戦車とかも作る様になったし。また、安くてそれなりに強いPAH-1とかが多数襲来してこちらの主力の戦車、T-90を破壊されたりもしましたし。でも資金面での優位から、こちらが制空権を握っていたので素早く撃退出来ましたけどね。余談ですが、今作でMiG-31の評価が上がりました。射程5のAAMは強ーい。弾数が少ないのが残念ですが、防空にはもってこいですよ。今まではマルチロールを優先して、爆撃とか対艦攻撃出来ない戦闘機など無益!とかって思ってましたが、やはり迎撃専用機はそれなりの強さがあるようで。MiG-31装備の通常よりも1ヘックス長い射程の違いで、Su-35とかと比べて圧倒的に撃墜数も損耗率も段違い。スタンドオフ兵器の有効性を再認識しましたよ。

ただ、勢多さんの現大2009の記事と違う所では、CPUは首都にMLRSx2を置いていた事かな。周辺にゲパルトや歩兵がいたので、こっちの侵攻で兵力を分散した、とも見れますがこれはまた後日検証します。

★総評
何度も言いますけど、CPUの思考が良くなってるし、2D兵器の公式の本気を観たし、新要素&修正で良い感じになった現代大戦略2009は買いのゲームです。DXまでの繋ぎ、と考えていましたが、これはこれで別腹で楽しめそうです♪

明日からも大戦略三昧と行こうヽ(´―`)ノ 

PS.19時から書き始めてもう24時前。推敲してたら4日になっちゃうな~。レス付けたり、勢多さんやハカラボに遊びに行くのは明日になりそうヽ(;´Д`)ノ 正月寝て過ごした自分が憎いorz

(23:55) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

HOME

PROFILE

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

BOOKMARKS

RECENT TRACKBACK

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。