LAHの鋼鉄blog

SLGを徒然と。

[スポンサー広告] - --.--.-- - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(--:--) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2008.08.28 - 第二戦線の構築

ポーランドに侵攻しましたが、ロシア軍は大量の航空機、対空部隊で
壁を作り、容易に突破させてくれません。
戦線は膠着し、戦車部隊の快進撃は止まってしまいました。
ですが一方で対チェコ侵攻作戦は上手く行き、オーストリア軍を蹴散らせました。
そして…予てから予定してあった対ロシア戦線での第二戦線構築の準備が整い、
大空挺作戦がフィンランドのヘルシンキにおいて行われました。
作戦は大成功で港が海上補給路で繋がっているので部隊生産が可能で、
ここから順次侵攻部隊を生産して行きます。
また、スウェーデンとフィンランドの国境線にある陸軍基地の奪取に成功し、
ロシア北部に侵攻拠点を2箇所確保出来ました。
これにより膠着したポーランド戦線を支援し、
あわよくばサンクトペテルブルグ方面からモスクワを目指して進撃して
ロシア軍を挟撃可能になりました。
ロシアの主力が何処にいるかまだ分りませんが
恐らくポーランド~ウクライナ方面と予想されます。
ならば手薄な北からロシアを圧迫出来る!

まだ第二戦線は橋頭堡が築かれたばかりですが
戦局は流動期に入ったかもしれません。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン37 ロシア軍、着上陸侵攻作戦開始

ロシア軍がデンマークへ着上陸侵攻作戦を仕掛けて来ました!
守備部隊はいなかったので易々と成功させてしまいましたが
排除すべく迎撃部隊が進撃中です。

CPUが補給路の繋がらない地域へ侵攻してくるなど
通常では考えられませんがバルト海がほぼロシア艦艇で埋め尽くされ、
制海権がストックホルム沖を除いてロシア側のものなので
牽制の意味も込めて上陸戦を仕掛けて来たのかもしれません。
敵はロプーチャ級とイワン・ロゴフ級各1隻ですが
護衛の艦艇が多数なので排除は容易ではありません。
ブレーメンで鹵獲した旧ドイツの潜水艦達は航続力の不足が問題で、
補給に手間取りロシア艦隊迎撃にはまだ役立ってくれそうにありません。
そこでキールからアゴスタ3隻を出港させましたが
キール港封鎖に来たロシア艦との戦闘で2隻を失ってしまい、
残った1隻では非力な為増援と共に出港予定なので
これまた迎撃には役に立ってくれません。
困った物です┐(゜~゜)┌

ドイツ方面からは対艦兵装のラファールMx2が迎撃にあたっていますが
数が少ないのでこれも余り頼りにならない…。
かといってポーランド戦線では航空機が不足しているので
これ以上の増援は期待出来ないし…。

頭の痛い問題ですな/(-_-)\
基地を占領されても生産出来ないのが不幸中の幸いか。

旧ドイツ潜水艦群とキールからのアゴスタ艦隊到着まで
好き放題させますかね(・w・)

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン38 スペイン軍一大攻勢

スペイン軍が大西洋から地中海にかけて大攻勢をかけて来ました!
幸いこちらは地形上有利な地点で防衛しているので平気ですが
心理面で圧迫されてます(゜ー゜;)
ですが守備部隊で容易に押し戻せるでしょう。
もう何度も迎撃に成功していますからね!

所で司令部はミラージュⅣの再投入を決定し、
アンゴラ公国の焦土作戦を発動させました。
補給路を絶たれ既に山地の孤島ですが
これによりスペイン軍の中央部からの
侵攻作戦に重大な支障をきたすでしょう。
この作戦が成功裏に終わった暁には
スペイン軍の拠点となっているバルセロナの破壊作戦が発動されるでしょう。
いつまでも守ってばかりでは兵士の士気に関わります。
アンドラ公国焦土作戦は良い士気高揚となる事でしょう。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン39 膠着戦線

敵の多数の航空機、攻撃ヘリと対空車両、MLRSの配置により
我が戦車部隊は殆ど前進出来ていません。
後方の基地ではラファール大増産をしていますがそれでも数が足りない。
防空で手一杯なのですが、
もう一つ困った事に敵戦車部隊が見えない、という事です。
敵電子戦機の妨害のせいでもありますが
見える敵地上部隊は防空とMLRS部隊だけ。
それならばこちらの優勢なる戦車部隊で戦線突破出来そうですが
それを阻むのが多数の攻撃ヘリ。
これを戦車の様に”壁”にして使ってくるので戦車部隊では対処出来ず、
また、戦闘機部隊ではこれら全部を排除出来ないので困っております。
敵MLRSの恐怖もあって分散配置中なので集中攻撃も出来ず…。

第二戦線の戦果拡大に期待しますかね。
こちらで敵を引き付けてフィンランド側から侵攻。
正を持ってあたり、奇で勝つ。
孫子の戦術にありましたが
その方法で行ってみようと思います。
その為には仮設基地を多数作って長期戦に備えねば!
敵は焦土戦術を取って来ているので占領した都市はあてに出来ませんから。

何だかWWⅠの塹壕戦になって来たな(^_^;)

★チェコ制圧

東部戦線での唯一の朗報がチェコの制圧。
オーストリア軍が頑強に抵抗しましたが
多数の戦車と歩兵部隊の前に敗れました。
破壊された都市が多いので基地としての機能発揮には
少し時間が掛かりますがここを拠点に対オーストリア戦の睨みと
ポーランド南部方面からのロシア進撃を計ってみようと思います。

PS.ここは放置でも良かったのですがポーランド侵攻部隊の
側面をチェコ発のオーストリア軍が突いて来ていたりしていたので
どうしても見逃す訳には行きませんでした。
それに基地が豊富なのでベルリンが爆撃される昨今、
第2基地として利用する手はない、とも思いましたので。

★対イタリア戦線

ベルンへの侵攻を諦めないイタリアですが
ベルンへの主要路は全て封鎖してありますし
首都からラファールの増援(ラファールMx4)が到着したので
制空権は安定し、戦線も安定すると思われます。
地中海側からも進撃して来ていますが
こちらも阻止は上手く行っているので
対イタリア戦線はスペイン戦線と同じく圧迫はされど
比較的安定していると思います。

★ドーバー海峡の戦い

イギリス艦隊がいなくなって以来
敵の攻撃が散発的になって来ているのがこの戦線。
迎撃戦は非常に順調に推移しています、怖いくらいw

まあ、収入も余り無いし着上陸しても補給路が確保出来る場所が無いので
侵攻しにくいからでもありますが、
大人しいと言うもの何だか不気味だったり(;´∀`A

でもまあ大人しくしてくれているのであれば
そのままそっとして置きましょう( ´∀`)/~~

★第二戦線

降下作戦は大成功で港、基地の確保に成功して
第二戦線着工の準備は調いました。
ただ北部のルーレオ陸軍基地上に戦車が居座って、
生産した部隊の進出を阻害した事もありましたが
T-80とかではなくて戦車駆逐車の2S25だったのが災いして
歩兵部隊の対戦車ロケットの前に全滅してしまいました。
2S25排除後はルクレールを大量生産して今度は
すぐ東のケミ陸軍基地制圧が目標ですが
速攻の電撃戦で奪えればいいのですがねぇ。

さて、ヘルシンキ空挺部隊は一部サンクトペテルブルクへ向かいましたが
偵察機からの報告で沖合いにキーロフが陣取っていたので
諦めてもっと北部のコラ半島の敵陸軍基地奪取に向かわせました。
敵の侵攻能力は少しでも殺いで置いた方が良いですしね。

空挺部隊の武勲を祈ります。

★戦争計画

第二戦線の拡大が求められますが、
一先ずお役御免となった降下した空挺部隊をもう一度輸送機に乗せ、
南部のエストニアのダリン工場地帯を狙います。
これは敵の収入低下を目標としているのですが
ヘルシンキから近いので上手く行くと思います。
本当はラトビアのリガを狙いたかったのですが
リガ沖には多数のロシア艦艇がいるので近づけず、諦めました。

空挺部隊、今後とも新たな戦線構築や敵陣後方の襲撃に
頑張ってもらおうと思います。
広大なロシアですから全部を守るのは不可能。
ならば…付け入る隙が多数あるというものです。

★各国の状況

相変わらずの順位ですが、我がフランスの収入が凄いです、9万超えました!
アフリカ平定が大幅な収入UPに貢献した模様です。
まだモロッコ周辺を制圧していないので更なる収入増が見込まれ、
今後の戦況を有利に運べそうですよΨ(`∀´)Ψ
それと…部隊数が徐々に増えて2位のトルコに追い付きつつあります。

第二戦線構築で部隊大増産が計られれば
次回辺り、部隊数もフランスは2位に浮上しそうですよ~(o≧∇≦)o

さて、陸軍国オーストリア、何か有効策をしている訳ではありませんが
資金が大分目減りしました。
戦線を見ると対イタリア、トルコ、ロシアと三方に進出しているので
それで部隊を消耗して資金減少に歯止めが掛からないのかもしれません。
私のミュンヘン守備部隊も大分オーストリア部隊を全滅させて来ましたし。

このまま行って資金が収入以下になったら・・・
オーストリア侵攻のチャンス到来ですな。
スポンサーサイト

(17:34) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2008.08.21 - 暗中模索

対ポーランド戦線で動きがありました。
フランス軍、ポーランド侵攻です!
一時敵空軍、特に攻撃ヘリ、の前に進撃を阻止されかけましたが
豊富な資金で制空権奪取用戦闘機の増産でこれを防ぎ、
ポーランドへの進撃を止められる事態はなくなりました。
しかし敵は多数の対空部隊とMLRSを保有し、
先頭の部隊とこちらの空軍に少なからず被害が出ています。
ただ敵戦車は殆ど見受けられないので
楽に敵対空部隊の排除に成功しています。
しかし夜になってしまったので攻勢は一時中断。
弾薬の補充、部隊の整備に入ります。
攻勢は順調そうですが敵爆撃機による対地攻撃や
大量の防空、MLRS部隊には手を焼いています。

何しろ数が多くて(;´∀`A

一応分散配置や電子戦機の活用で被害を減らすべく努めていますが
毎ターン敵の砲撃が怖いです(゜ー゜;)

まあ、何とかなるでしょう。
対ロシア戦で第2戦線の構築も計画されていますし。
ではこれまでのターンを振り返ってみましょう。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン28 攻勢準備

夜の内に部隊をオーデル川を渡河させて朝に備えます。
敵は爆撃機で橋を狙って空爆してくるので橋で止まるのは厳禁です。
夜が明けて爆撃機狩りをすれば少しは楽になりますが
それまでは工作部隊が大活躍です。
幸いオーデル川対岸にはロシア軍は少ししか展開していなかったので
渡河作戦は成功裏に終わりました。

後は…夜が明けるのを待つのみ!

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン31 ファル・ヴァイス発動!

ポーランドの大都市ボズナン周辺まで進撃出来ました。
破壊されているので修理が必要ですが
補給ラインの確保も必要です。
ここから先、都市が少ないので速めに復旧させないと
補給問題に悩まされるので急ぎたい所ですが
進撃する部隊の渋滞に巻き込まれ工作部隊の到着が遅れています。
補給車がフルで都市がない分を補っていますが
ちょっと配備された数が少ないようです。
増産しなくては。

★チェコ侵攻作戦

ポーランド侵攻と同時にチェコへの侵攻作戦も発動されました。
初期の偵察でチェコ首都には歩兵部隊と自走砲部隊が展開。
陸軍基地がありますが周囲の連結ラインを破壊されていて生産は行えない様子。
となると展開している敵戦車部隊だけが当面の障害。
こちらは主攻勢ではないので航空支援が僅かしかないのですが
やるしかありません。

東部戦線最大の戦車戦が始まった。

★追撃!敵イージス艦

スペインはまたもやイージス艦を投入して来ました。
その数3隻!
1隻は罠に掛かって沈めましたが、護衛の敵潜水艦によりアゴスタが1隻沈没。
しかし追撃戦は上手く行って、損害は受けましたが
敵イージス艦の撃滅に成功しました。

これで少しは地中海も大人しくなるでしょう。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン32 ベルンの危機

スイス攻略を目指すイタリア軍はこちらの阻止射撃をものともせず、
何度失敗しても攻勢を止めません。
そして遂には山岳をよじ登ってベルンにまで敵歩兵部隊が侵入して来ました!
急ぎ迎撃部隊を向けましたが敵の指揮は高いようですな。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン33 ポーランド~チェコ戦線

敵MLRSの脅威と敵防空部隊撃滅戦に囚われているので
余り進撃速度が上がっていません。
じきに夜になるので攻勢は消極的にならざるを得ませんが
致し方ないでしょう。
夜の間に次の攻勢準備をするとしましょう。

さて、一方のチェコ方面ではまだ戦車戦が続いています。
ポーランド方面で余裕が出来たので増援の派遣が決定され、
ラファールMも1部隊飛来してこれで何とかなりそうですが
まだ予断を許しません。
何せ敵は、まだ資金を80万弱も保有するオーストリアですからね。
いつまた多数の増援を送ってくるか気が気じゃないです。
ミュンヘンからの支援攻勢を強めて牽制しますかね。

★安定したドーバー海峡防衛戦

イギリス艦隊を撤退させたので防空が大分楽になりましたが
いつまで持つやら┐(´∀`)┌

ボルドーから支援の潜水艦隊を派遣して置くべきでしょうね。
フォルバンも送りたい所ですが…今の資金では厳しいです(;´ρ`)
それにドーバー対岸のイギリス沿岸砲兵部隊の存在もあるので。

★対スペイン戦線

この戦域で始めて爆撃機ミラージュⅣが投入され、
ログロニョ近郊の橋を破壊して敵増援の進撃を阻止して初陣を飾りました。
が、すぐに敵防空部隊の攻撃で撃墜されてしまいました…。
しかしその潜在能力は大で今後の運用に期待が懸かります。

でも次回運用時には簡単に撃墜されない様にしなきゃ(´Д`;)ヾ

★戦闘計画

北欧の占領が一息ついて来たのと
対ロシア戦線で支援の意味も込めてストックホルムから
ヘルシンキ、ルーレオの基地地帯へ空挺作戦を計画しています。
偵察機の報告待ちですが防備が手薄ならここを制圧、
北部からもロシアを脅かそうと計画中ですが、
ストックホルム沖にはロシアの有力な艦艇が。
そこで豊富な資金を活かし、アゴスタ4隻建造しまして
一泡吹かせてやろう、と思っています。

こいつらを排除出来れば継続的な空挺作戦が可能なので
是非とも撃沈して障害を除きたい所。
また、ロシア第2戦線の構築は思った以上の成果を上げるでしょう。

次回プレイが楽しみですな(*゚∇゚)=3

★各国の状況

収入、部隊数では相変わらずロシアがトップ。
収入2位は我らがフランスですが、北欧、ドイツ、アフリカの平定によって
収入が8万超えました!
これは侵攻部隊生産に有利ですし、咄嗟の増援部隊大量増産にも対応可能です。
これは非常に嬉しい(o>ロ<)o

今後の作戦運営が楽になりそうで何よりですよ( ´∀`)

それにしても…オーストリア残資金80万が怖い。
部隊数も多いし、これはちょっとやそっとでは落ちなさそうですよ。
周囲の都市が破壊されているとはいえ数十ターンも防衛戦を行える資金です。
何とかして消耗戦に引きずり込みたい所ですが…策が浮かばない。

目の上のたんこぶとなりそうです( ̄~ ̄;)

(23:36) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2008.08.15 - ベルリン攻防戦

やっとドイツを降伏させて1国が舞台から降りました。
やっとですよ(;´∀`A
ドイツ侵攻はスムーズに進み、さしたる抵抗も受けず首都ベルリンへ。
また闇に紛れてMLRS部隊を前面に出したのですが
ドイツ軍部隊は少数で、それらは空軍の爆撃の前に四散しました。
そして首都近郊にVBCIが侵入して下車した特殊部隊が首都を占領して終わり。
呆気ないものですが、首都周辺を弾道弾で破壊されており、
オーストリア、ロシアからも攻められている以上CPUの思考では限界かと。
これでも結構奮戦した方ですよ、ウェーザー川攻防戦とか。

さて、これで少しは楽に…ならない。
まだ防御正面は6面もあり、特にドーバー海峡などイギリス艦隊の出現で
パワーバランスが大きく変動しています。
ドイツ方面軍はこの後ポーランド侵攻が控えているので他方面への増派は出来ず。
勝っても新たな敵、ロシアが立ちはだかっているものですから(゜ー゜;)
でも収入が7万強にまで増えたのでこれで少しは楽になるでしょう。
防御戦の縮小で防衛が楽になった地域もありますしね。

まだまだ予断を許さないヨーロッパ大陸でした。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン22 モナコ公国放棄

毎ターンMLRSが5斉射も飛んで来て防御の戦車に多数の被害を及ぼすので
対スペイン戦の時の様に有利な地形まで後退する事にしました。
モナコ公国からの戦略的撤退です。
基地を失うのは痛いのですが守りに多数の部隊が必要だし
現状の戦力ではとても守りきれないので仕方ありません。
幸い後方のマルセイユには陸海空基地が揃っており、
仮設基地も多数準備してあるので
山地に囲まれた隘路に逃げ込むのは悪い選択ではありません。
対スペイン戦でも成功しているので問題はないでしょう。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン25 目標、ベルリン!

夜が明けると共に総攻撃開始です!
敵守備部隊は少数。
ならば力押しで進むのみ。
国会議事堂にトリコロールをはためかせてやる!!

★スペイン潜水艦隊の恐怖

地中海には多数のスペイン軍潜水艦が!
大西洋にもいましたがそこらじゅうの海域には敵潜水艦がうようよしている模様。
特にスペインの潜水艦が(´Д`;)ヾ

バルセロナ逆上陸作戦とか今のままでは夢のまた夢だなぁ。

★イギリス艦隊出現!

遂にイギリス艦隊がドーバー海峡に現れました!
防空に当たっているラファールMに多数被害が出ています。
ボルドーからの迎撃艦隊はスペイン艦隊と遭遇、
交戦後、弾薬が不足したのでイギリス艦隊攻撃は中断され基地へ帰港中です。
現在、ラファールが対艦兵装に換装中ですが、
全機そうすると防空に支障が出るので大西洋防空司令部は困惑中です。
ただチャネル諸島の上陸したイギリス軍部隊を支援している敵艦は
排除に成功しました!
そしてイギリス艦隊主力には1機編成のミラージュF-1CTが
敵防空ミサイルを消耗させる為に特攻作戦を取るべく基地でフル生産中です。

安価に飽和攻撃仕掛けて弾切れにさせちゃる(゚∀´)b

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン26 オーストリアの意地

押せているようで進めないのがオーストリア方面軍。
空軍を3~4部隊配置して防空させていても、
すぐ多数のタイフーンで飽和攻撃を仕掛けてくるので制空権が取れません。
そして爆装したタイフーンが補給車など非装甲車両を狙ってくる。
オーストリアは資金がまだ15万あるので全滅させても
すぐタイフーンを増産して送って来るのでらちがあきません。
防空のロランは非力だし…。

ああ、パトリオットが1部隊でも良いから欲しい(o>ロ<)o

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン27 ドイツ降伏後

占領後は各部隊補充の為に基地に入ったのですがすぐロシアの弾道弾が飛来、
何処に着弾しても大損害が出るのでメモして
何がやられるかチェックしておいたのですが
幸い弾道弾はベルリン近郊からそれました。
「これで安心だ」
と思いきや行動フェイズに、恐らくTu-160、対地ミサイルで空軍基地が爆撃され、
ラファールMx1、ミラージュ2000Dx1、NH-90(特殊部隊x2)が瓦礫の下に(ノд`)

早期にロシアを何とかしないと今後も大変そうです(^_^;)

★対スペイン防衛戦

有利な地形に後退して以来防御作戦が順調になっています。
敵は迂回してリモーシュを目指していますが
ここに架かる橋は二つともMLRSで破壊しましたし、
それに決死の補給ライン爆破部隊(ミラージュ2000Dx2)がアンドラ公国の
補給ラインを破壊し、物資の運搬、部隊の生産を阻害したので
じきにリモーシュ侵攻部隊は干上がるでしょう。

これは敵空港の物資が残り僅かだったので決行した作戦ですが
今の所成功に終わっています。
これに気を良くして片道切符のバルセロナ補給ライン寸断作戦も
決行されましたが…こちらは敵の激しい抵抗にあって失敗です。
もう一度やっても構いませんが、そろそろ修理の終わったイージス艦が
現れそうなのでやっても無駄に終わりそうなので止めてます。

今、地中海側のマルセイユは大人しいのですがいつイージス艦が
戦線復帰してくるか気が気でなりません。
対抗策としてアゴスタx3を配備しましたが…。

イージス艦が罠に掛かると良いのですがねぇ。

★マルセイユ~ベルン 対イタリア防衛網

スペインとイタリアの攻撃の板ばさみになっている場所がここ。
両国とも攻撃の手を休めないので防衛部隊は休む暇がありませんが、
モナコ放棄で大分楽になりました。
あの作戦は大成功だったようです。
ですがイタリアも黙っている訳でもなく、
ベルン方面には多数の航空機による攻勢を一度ならず仕掛けてくるので
多数のラファールMに被害が出ました。
何とか増援のラファールMと地上からのロランの支援で制空権を
奪い返しましたがいつまた大攻勢をかけて来るか分りません。
防御の為にラファールを増産したい所ですが
対ポーランド戦の開始とイギリス艦隊への対処で台所事情は苦しいので
余り増援に期待は出来そうにないです(-_-;)

嗚呼、パト(ry

★北欧への進出状況

順調にオスロ、ストックホルムを制圧出来ていますが
ロシア艦隊が妨害に来ています。
でもロシア艦隊とやる戦力は無いのでこの方面は妨害されつつも
歩兵を大量生産して人海戦術で押す!作戦で行きます。
こんな時に安価な歩兵は重宝します♪

★戦争計画

対ポーランド戦役が計画されました。
そしてオーストリア包囲の為のチェコ侵攻作戦も予定されています。
部隊の増産が急がれますが防衛部隊の捻出もしなければいけないので
中々簡単には行きそうにありませんが
この苦しい局面を乗り切れば未来が開くと思うので耐えます!
ロシアが脱落すれば戦局は大いに変わると予想されるので
慎重に、かつ大胆に東方侵攻を始めようと思います。

★各国の状況

収入、部隊数はロシア1位揺るがず。
収入2位はまた我がフランスですが、ロシアを除いて他国を圧倒しています。
これだけあれば攻撃、防御でも有利に戦局を運べそうです。

これで対アフリカ空挺作戦が成功すれば…収入8万台も夢じゃない!(;゚∀゚)=3

(16:57) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2008.08.12 - ブレーメン攻略

予てから予定していたブレーメン攻略戦、上手く行きました!
オマケでハンブルクも陥落間近で対ドイツ戦は上手く行きそうです。

ブレーメン攻勢、闇夜にまぎれてMLRS4部隊を砲撃位置へ移動させ、
夜が明けると共に一斉射撃!
これでブレーメン防衛部隊を4~5吹き飛ばしましたよ。
これに乗じて一気に進撃、敵陸海軍基地を占領しました。
ここで思わぬ戦果を。
陸軍基地からはMLRS、M109を各一部隊ずつ。
そして…海軍基地からは潜水艦を何と4隻も鹵獲!
これは大戦果です!
ドーバー海峡を突破した我がフランス艦隊は疲弊していたので
これは嬉しい臨時収入?ですよ。
でも…ブレーメンへの入り江は敵潜水艦で埋まっているので出撃出来ない(´Д`;)ヾ
4隻はいるので掃討が厄介です。

さて、敵の反撃でMLRS2斉射を浴びて先頭部隊が大損害を受けましたが
偵察機で索敵した所、ハンブルク沿岸に展開しているのを発見。
これをアムステルダムから飛来した攻撃機で破壊して敵の反攻能力を削ぎ、
またMLRSを、今度は鹵獲した部隊を加えて5部隊、射撃位置に付けて、
一斉射でハンブルク防衛部隊を一掃してブレーメン攻略の勢いに任せて
ハンブルクも制圧戦に乗り出しました。
ただブレーメン制圧戦が余りに上手くいったので緊張の糸が緩んでしまい、
ハンブルク占領で失態を色々してしまった。

IFVを都市の上に置いちゃって歩兵部隊展開不能とか
索敵怠ってVBICを危険に晒したり(;´∀`A

まあ、何とかカバー出来るミスだったので良かったですがちょっと浮かれてました。
困難と思われたブレーメン攻略がすんなり行き過ぎたせいです、
と言っておこう(〃 ̄ー ̄〃)

これで対ドイツ攻略の準備が出来ましたが、まだまだ敵は兵力を保有しています。
ベルリンは要塞都市なので攻略は間髪入れず速攻が良いかと思いますが
少し戦力を補充する必要があるので攻略が遅れそうです。

これが吉とでるか凶と出るか。
東方戦役は予断を許しません。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン16 ブレーメン攻撃準備

ブレーメン対岸に敵部隊がまだ残っているので掃討戦が必要でしたが
ここでもMLRSx4の一斉射が有効でした。
やはりMLRSは多数配備して集中的に運用するのが効果的かと。
ただ問題はMLRSの対建造物破壊能力にあります。

ブレーメン南部のハノーファーの橋を占領した時の事です。
反撃で敵MLRSが撃ち込まれたのですが…歩兵に半壊のダメージを与えた後、
橋も破壊してしまったのです!
幸い工作部隊が近くにいてすぐ修理出来たので良かったのですが
こちらの注意しなければ橋を破壊しかねないのです。

それと攻勢時、橋を占領して地上部隊を侵攻可能にしても
橋の対岸を砲撃でクリアーにして続く侵攻部隊を敵陣深く侵入させていないと
敵MLRSの反撃が歩兵を狙って来て橋を落とされる危険性もあります。
これでは進撃が止まってしまう!

そこでブレーメン対岸を掃討後は戦車を前に出して橋に張り付かせ、
MLRS部隊を、運良く視界が狭くなる夜だったのですが、
なるべく前に出して砲撃が敵陣奥にまで届く様にして配置しました。
そして夜が明ける共に一斉射撃で、砲撃ポイントはなるべく遠くにして、
敵防衛部隊を根こそぎ吹き飛ばし、その後侵攻部隊が侵攻し、
敵が橋の歩兵から敵の眼を逸らして反撃出来ない内に
侵攻部隊を敵陣深く侵入させる事に成功しました。
最後に電子戦機で妨害をする事も忘れなかったです。

この結果、橋は落とされることなく、
敵MLRSの反撃は前方展開部隊に集中していました。
作戦は上手く行きましたよ(*^ー゚)b

この為凄い順調にブレーメン攻略は終わりましたが、
綿密な計画が攻勢には必要ですな。

★スペイン軍、防衛ライン突破

失敗を犯しました。
サン・セバスティアン防衛戦が突破されてしまいました!
これも小さな都市確保に固執して山岳に挟まれた幅1ヘックスの地形にまで
後退しなかったからです。
この為3正面から攻撃されて盾だったルクレールが撃破され、
続くAMX-10RCも軽く一蹴されてMLRS陣地にまで
敵の侵入を許してしまいました。
迂闊でした、都市の一つぐらい捨てて防衛戦に入るべきだったのに…。

その後はこの経験を元に山岳に囲まれた隘路まで後退し、
敵の攻撃を1正面だけに限定させて海上、後方から砲撃して支援する様にしたら
防衛戦は非常に上手く行く様になりました。

これならば最初からそうすればよかったです(゜ーÅ)

失敗も経験です。
そこから学んで二度と同じ過ちを犯さなかったら何事も上手く行きます。
失敗から学ぶ事も多いのですからバンバン失敗しなきゃ。
これでヨーロッパ大陸が終わる頃には…成長してると良いな。

★ミュンヘン制圧戦

ドイツ側の補給ラインが戦闘で切れて補給出来なくなったので生産がストップ。
そこを突いてミュンヘンを平定しています。
作戦は順調ですが…上空を我が物顔で飛んでる
オーストリア空軍機の存在が気になる(゜ー゜;)

★イージス艦の脅威

遂にマルセイユ空軍基地が敵イージス艦の迎撃範囲内に収まってしまいました。
お陰で航空部隊の補充、生産が出来ず押されています。
何とか資金を捻出して潜水艦を2隻建造しましたが
これで追い払えたら良いのですが…。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン18 神出鬼没、イギリス艦隊

フランス西端チャネル諸島にイギリス軍潜水艦が現れました。
また、水上艦も居る様子です。
ボルドーから迎撃部隊を回しましたが敵艦隊が主力か分艦隊か
分らないのが不安です。
イギリス軍戦略原潜は北海に展開していそうだし…。
もしや占領したアイルランドの海軍基地からの新手か!?

ドイツ、イタリア、スペイン艦隊と戦って損害を与えて来ましたが
まだイギリス艦隊は無傷…。
苦境はまだまだ続きそうです(-_-;)

★ベルン~ミュンヘン防衛ライン構築

ミラノからのイタリア軍を効果的に防いでいるのがスイス領ベルンに
展開している部隊です。
防衛戦力として、
ラファールMx2、ミラージュ2000Dx2
ルクレールx2、AMX30x2
ERC-90F4サゲx2
AU-F-2x4
が展開しているのですが敵は進撃路が2本の狭い山道しかなく、
渋滞しつつ進撃して来ているので先頭から狙い撃ちにして
もぐら叩きゲームの様にしていたら殆ど撃退に成功。
最初は戦車と装甲車だけだったのですが、
支援に空軍と野砲を回したら防御が楽になりました。
これで後電子戦機が加われば完璧なのですが…
ミュンヘン陥落で対オーストリア防衛網の構築が優先されているので
予算が回って来ません。
ですが今のままで十分守れているので不安はないかと。

この様に北は完璧に抑えているのですが南のモナコ公国防衛網は
いつ破られてもおかしくない状況。
何とか南も楽になればいいのですがねぇ( ;´ー`)y-~~

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン20 ハンブルクへ!

夜が明けブレーメン攻撃が成功し、ハンブルクへの道も開きました。
更なる戦果拡大の為突破に努めます('◇')ゞ

ハンブルクの海軍基地にも収容のマークが。
占領したらまた潜水艦、鹵獲出来たりして!(°∀°)

★北欧占領作戦

ドイツ艦隊に邪魔をされ、機数は減りましたが何とか歩兵部隊x3が北欧に到達。
ブレーメンと補給ラインが繋がるので補給の問題はクリアー。
この地域にはどの国も進出していないので
占領しまくって収入を大幅に上げねば!

★戦争計画

ドイツ攻略計画を発動しましたが、
それともう一つ、北フランスに上陸したイギリスヘリボーン部隊を
駆逐する作戦を組みました。
上陸規模はごく僅かですが艦隊が後ろ盾としているので厄介なのです。
迎撃にボルドーから潜水艦も向かいましたが果たしてどうなる事やら。

その他の地域は専守防衛に努めます。
ドイツが落ちない限り陸軍国オーストリアも攻めれないでしょう。
今は一つの作戦に集中する余力しかないので…。

★各国の状況

収入、部隊数でロシアがダントツですが、
2位は収入で我がフランス、部隊数でトルコが。
3位で収入がトルコ、部隊数でオーストリアが順位についています。

ドイツを落としたら対ロシア戦線が生まれますが、
下っ腹のオーストリアが邪魔です。
フランスは総部隊数でオーストリアに何とか追い付くぐらいしか戦力が無いので
オーストリア攻略は手を焼きそうです。

対ドイツ戦後と北欧占領作戦がどう出るか。
しっかりと戦略を練らねば。

(23:43) - TRACKBACK(0) - COMMENT(3)

[ブログ拍手] - 2008.08.11 - ブログ拍手より ~8/11

・JAS様
■チャレンジャー2改
☆自分で使っている時は保有弾数も多いなぁ、
ぐらいしか認識していなかったけど相手にすると…

■硬くて強くて厄介な相手(´Д`;)ヾ
☆ですね。

ロシア戦車にとってはこいつは悪夢そのものでした(゜ー゜;)
でも今やってるマップではレオパルド2A6が悪魔です(-_-;)
ドイツだけじゃなくてスペインも使ってくるのでもう大変!
輸出、高セールス過ぎますよw

■所で何でロシア戦車は耐久度が低いか、なんですが 
☆いろいろ理由はあるかと思いますが、
カタログスペックばかりで実際弱いんですから仕方ないですよ。

ロシア製は色々と問題がありますよね。
大戦略Ⅳの頃、ある書籍で述べられていましたが
ロシア製地対空ミサイルがパトリオットと変わらない性能を発揮するのはおかしすぎると。
ロシア(当時はソ連でしたが)製電子機器と西側の精度の違いが
ゲームでは過大に評価されている、とも。
旧ソ連と西側は電子技術で10年差があると言われてますけど
それを考えるともっともですよね~。

旧ソ連にはTu-128 フィドラーと言う戦闘機があったのですが
大きさが爆撃機並で西側の戦闘機に比べ超でかかった。
何で大きかったからかと言えば搭載するレーダーが小さく出来なかったから、
なんですよ~。
同じ様に旧ソ連製艦艇が武装がでかくてごつく見えるのは
ただ単に小型化が出来ないからであってこれも西側との技術の差。
兵器の要電子技術で遅れを取る旧ソ連製兵器が
カタログ通りの性能を発揮するかは疑わしい訳で。
仰るとおりロシア兵器は低い評価を受けてしまいますよね。

ロシアになって少しまともになったとはいえ
そう簡単に10年の差を縮ませる事が出来る訳もなく、
同レベルの西側兵器と比べて評価(性能)が低くなるのは致し方ないかと。
その証拠かどうか知りませんけどMiG-21とかT-72の近代化改修キット、
殆どを西側装備品に変えてるんですよねw
いかにデフォの装備品が劣るかよく理解出来る件ですねぇ。

西側戦車、レオパルド2A6とかアリエテMk.2とかが
主に増加装甲で近代化改修をしているのに比べ、
それだけに飽き足らず対戦車ミサイル妨害システムとか小手先の装備で補おう、
補う必要がある、T-90とかは…やっぱり劣っているんですかね。
ロシア大好きっ子の私としても、T-90大好きだけど認めざるを得ない現実。
WWⅡで戦車技術が頂点に達してしまったのが
その後のソ連戦車の命運を位置づけたと思います。
T-72のエンジンなんてT-34以来伝統のV型エンジンの出力強化版だし。
そして…湾岸戦争での出来事が決定的でしたね。

その点、新技術で作られるT-95には期待大ですな(;゚∀゚)=3
戦車王国の復活なるかー!?

■今は無きツクダホビーですが 
☆岡田さんの話ですね。
前にセガ/PS2ガングリフォンの製作チームに名を連ねていまして驚きました。

どーりでよく出来たゲームでしたよ、
と誉めようとしたら悪名高きPS2版ですかw
やっぱガングリがサターン版じゃなきゃ。
「90式はブリキ缶だぜ!」

■イージス艦、撃沈す 
☆よかったですね。
やはりイージス艦は潜水艦には弱いです。
というか潜水艦でしか効果的には沈めることはできませんね。

本当、対抗手段が限られているので潜水艦しか手はありませんな。
Color~で散々イージス艦に酷い目に遭って経験を積んだので
今やってるヨーロッパでイージス艦相手にした時は
海軍、と言っても潜水艦頼み、にまかせっきりで空軍は別の事してます。
対艦ミサイル撃っても無駄と分っているので~。

少しは成長しましたよ(*^ー゚)b

■チャレンジャー2改は化け物ですね。
もう二度と相手にしたくね~(´;ω;`) 
☆笑い。

今度はドイツとスペインのレオパルド2A6が化け物です。
ぼすけて~(´д`)

■ここでホバークラフトが大活躍! 
☆私も結構使います。

最近使い始めましたがホバーの便利性にメロメロです(*´д`*)
こんな便利な兵器、何処に隠してたの!って感じです。

ホバーが使える大戦略パーフェクトは最高ですな!

■それは…ステルス戦闘機F-22A ラプター! 
☆恐怖の瞬間ですね。

いる、いるかも、と言う心理状態に陥るのも
ステルスの恐怖の罠に捕まった瞬間かと。
もうラプターは畏怖の対象ですよヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

■キーロフかスラヴァ級巡洋艦をピケット艦で配置する事が決定された。
☆適切な判断ですね、その前方に潜水艦を配置して、と。

さすが分っていらっしゃる。
前方哨戒の潜水艦がいないと水上艦も怖くて進めませんからね。

対応困難な敵に遭遇した場合次元の違う兵器を充てる、って良い戦術ですよね。
まともに正面からやり合ってたら損害が馬鹿にならないですから。

こういった柔軟性もダイセンリャカーには求められますね。

■ラプターが数部隊投入される可能性は十分あるのだ。 
☆いやぁーーー。

本当、悲鳴上げて逃げ出したかったですよw
でもキーロフが到着したので一安心。
ステルス対策に最も良いのは水上艦の投入ですな。

もし陸地で出会ったら…速攻逃げるしか手はありませんよ、マジで┐(´∀`)┌

■”遠すぎた橋”って良い訳ですよねぇ。 
☆確かに優れてると思います。
「戦場にかける橋」とかも。

”ブラックホークダウン”はまんまですがこれも良い訳かと。
あと”戦火の勇気”のありきたりのネーミングっぽいけど
実は名作でその名に相応しかったりしますね。

■昔ボードゲームでやった時に体感しましたが 
☆私もHJのを配置だけはよくやりました「配置だけ」は(笑い。

配置だけだったのはレッドサン・ブラッククロスだったかな。
あれは…死にましたw
後はソロプレイでマッタリやってました~。

■第30機甲旅団 
☆「第30軍団」ですね。
英近衛機甲師団と第43師団でした。

あと第50歩兵師団が付いてましたね。
JAS様は良くご存知ですな~ヽ(´―`)ノ

■う~ん、戦史忘れて来た、勉強し直して来まふ('◇')ゞ  
☆いやぁ、まったく私も同じです。かなり忘れてきてます…。

昔は結構覚えていた物ですが
最近は現代戦メインに本を読んでいるので
大戦物は忘れがちです(´Д`;)ヾ

■珍しいですよね、艦対潜ミサイル搭載なんて。 
☆当時のソ連艦は米空母艦上機対策で全部対空艦であり対空は当たり前であり、
そうでない艦を特別に「対潜艦」と名付けてたとか聞きます。
任務は北極海でSSBNを狩りに来る米ロス級やスタージョン級を狩る、
追っ払うのだったとか。

へえ~、そうだったのですかぁ(メモメモ)。
確かにソ連原潜部隊がアイスランドのSOSUSだったかな、
あれを突破する時に邪魔しに来る西側潜水艦を追っ払う為には必要ですねぇ。

そう考えるとよく考えられていますね。
ちょっとソ連の戦略戦術、見直しちゃった(*'-')

■一時話題だった潜水艦発射の対空ミサイルみたいに(´д`) 
☆英ブローパイプとかありましたね。
採用は聞きませんが。
あと最近ではイラクの露製キロ級のですか。

ロシア戦車が盛んに取り入れてる主砲発射型ミサイル、
西側は一切興味ない所を見るとアレも似た様な物に思えちゃいます。
ロシアは今後もセールスポイントとして売り出すでしょうけど。

■HP作成はHTML入門片手にやれば案外楽に出来ちゃいますよ。 
☆私も少しトライしてみようと思った時期もあったのですが、めげました。
作成ソフトを見ると簡単そうなのですがね…。
それより飽きっぽいので更新とか続けられそうに無いのもあります。

更新!
そうなんですよ~。
HP製作者は常にこの問題に悩まされます。
ネタがある内は良いけど無くなって来たら…。
あとやる気度とかも大事ですね。
モチベーションが維持出来ないと続きません。

私にとってはパーフェクトは渡りに船だったかもしれませんw

■バーチャロンの中ボスです 
☆あ、なんとなく思い出しました(笑い。

思い出しましたか!
でも良い名前ですよね、意味知りませんがw

■それにしても地上軍、本当出番ないな~。 
☆うっ、パーフェクトの禁句を…。
インフレマップだと落とされてもバンバン高額航空機買ってればよくなってしまうので、
大きなマップではそうなりがちな気がします。
地上部隊の仕事ももちろんありますが、比重が低くなりますね。
中小マップやお金の無いマップではそうでもないですが。

もう1個今やってるカリブ海紛争が今そんな状況下です。
CPUが最後の粘りで艦艇とか大量生産してくれた1回目なら話は違いましたが
もう棺おけに片足突っ込んでる身では…。
”降伏勧告”コマンドとかあれば良いのですがw

そう考えると64部隊総資金50万は盛り上げる為に良い事だったかもしれない。
でも…大上陸作戦やって何ぼのマップだと思います、アレは。

■ラプターは失業w 
☆笑い。

爆装させても良いですが敵が航空機を作る事も考慮すると
安易に爆装出来ないんですよね。
ステルスの恩恵も自ら放棄する事になるし。

本当、出番がなくなったラプターは失業です(´Д`)

■ヴァージニアが3隻撃沈と引き換えに沈没。 
☆!!それは戦友を失ったような悲しみですね…、私なら迷わずリセット。 
はしませんが、スパロボならします(笑い。

戦友、良い例えですね。
序盤からずっと付き合いがあったので
本当、カメラードみたいなやつでした(;ω;)

リセット技、マスターオブモンスターズだったらやってたかもw

■キーロフx5、スラヴァx3、ウダロイx2、A・クズネツォフx1、タランタルx2、
スチレグスチィx2、 
☆ちょ、ベネさん作りすぎ(笑い。

これも石油資本の力ですかね?(違

■F-22x2、A-10x2が消滅すると言う悪夢 
☆うわっ、それもリセットもの(笑い 

この攻撃でレベルアップ!、ってのを外したら即リセットですよねw

■アメリカ空軍三種の神器
☆F-22、A-10、AH64の組み合わせは最強ですね。
…なので普通は対COM相手には使えませんね、COMが弱くなってしまうので。
まぁ大きなマップではプレイ時間短縮の意味もあるので
そんな悠長なことは言ってられませんが。
攻略ご苦労様でした。

有難う御座います<(_ _)>

確かにCPUが弱くなってしまいますが
折角配備されているのに使わないのも損ですよ。
バンバン使って攻略ターンを縮めなきゃヽ(゚∀゚)ノ

■双頭の蛇作戦 
☆ランテマリオでしたっけ?思い浮かんだ単語ですが…、忘れてしまった。
銀英のですよね?

は~い、銀英伝です。
ランテマリオであってると思いますが…私も忘れてきました(;´∀`A
DVD見直さなきゃ!

■部隊制限解除
☆大軍仕様で始められたんですね、今度は思う存分戦ってください。
相場ありですか、私は主にオフでやってますが、
金なしマップではきついでしょうね。
これも面白さの為ならばOKです。

もう思う存分戦って来ましたよ。
難攻不落かと思われたドミニカ攻略からキューバ侵攻、
そして・・・大洋横断の大上陸作戦!!
大好きな上陸戦をやりまくれたので超面白かったのですが…
最後のパナマ侵攻は・・・。

相場はありの方がこのマップは楽しめます。
コツコツ貯めて安い時に一気に買う!
この楽しみを覚えたら病み付きになりますよw

■現代大戦略2009か3.0DXが楽しみになって来たぁ(;゜∀゜)=3 
☆私も楽しみ~。

出るのは1年後ぐらいですかねぇ。
T-95とかwktkなんですが架設基地に航空機も収容可能だったり
海上補給路を引ける部隊が出たりしたら超面白いのですが≧∇≦

■ロシアに新型揚陸艦の建造入ってたかしらん 
☆ありますね。

おお、それは楽しみです!
世艦か軍事研究に情報、出ないかな~♪

■ジャラシュヴァ 
☆知らなかったんですが、やはり元米艦ですか、
艦形がそれっぽくはありましたが。
軍艦は英露からしか買わない国ですから、
お付き合い購入…米技術奪取の為の布石ですかね?

最近アメリカ揚陸艦史を買ったんですが、
読んでると他国に売却、って結構多かったです。
仰るとおりの軍事技術提供とかに期待しての先行投資かもですね。
後は自国で建造するよりも安く手に入るし
手早く運用ノウハウも習得出来るから、とか。

揚陸艦とか作るにしても最初は外国からの導入、って多いですよね。
それから運用ノウハウを元にオリジナルを建造、って道筋かもしれません。

■LACA 
☆この航続力の無さはいいと思います。
でないと揚陸艦がいらなくなってしまう…。
渡洋侵攻ではやはり母艦が必要になってきます。

確かにその通りですね~。
レゾンデートルがなくなってしまう!
その点ロシアのポルモニクは運用方法が違うのであの航続力かと。

■ブログより
☆この日のコメント面白いですね。兵器ここの使い勝手が分かる感じします。

JAS様に誉められるとは感激!
って、どの記事か覚えていませんが(爆)。

■上陸部隊 
☆結構豪華な構成ですね。
私的にはちょっと護衛艦(駆逐艦と潜水艦)が少ない気もしますが。
金が無いんでしたっけ…。

お金も無かったのですが毎ターン大部隊待機クリックにウンザリして
決行してしまった、というのが本音ですw

この待ち時間クリック、何とか解決策ありませんかねぇ。

■迷惑な話だ(´д`) 
☆すみません、(笑い。

('з')

■これでは揚陸が出来ない! 
☆これは、私だと当面はバトルオブブリテンですね。
(空襲の嫌がらせと艦砲で対空車輌叩き)

やっぱり正当に行くとその戦術ですよね。
でも不可能を可能にする事が出来たので幸いでした。

■作戦名を改め”スーパーハンマー”作戦に 
☆SF3Dですね!

はい、また頂きましたw

■上陸を開始しました 
☆ええ、上陸するんですか。

やりますよぉ(;゚∀゚)=3
何たって秘策、LCACで揚陸大作戦!がありますから(*´艸`)

■C-130は遭遇戦で降下作戦前 
☆やっぱりー、みたいな…。

先行偵察はすべきでした(ノд`)
折角無人偵察機があるのに…。

■ヴァージニアの魚雷で轟沈。待ち伏せしておいて良かったですよ。
☆ホントよかったです、敵潜、嫌い。

大戦略パーフェクトやって敵潜水艦、大嫌いになりましたよ。
が、攻める時には頼れるのは潜水艦( ゜∀゜)人(゜∀゜ )

複雑な心境です(・w・)

■それと30mmガトリング、鬼w 
☆ですね、ちょっと優遇され過ぎなとこも感じますが。
敵で出てくると正直パニックなんです…。

Color World bisでグリーが2部隊も飛ばしている時はびびりました(;´ρ`)

■作戦は大成功に終わりました(*^ー゜)b 
☆陽動作戦とはお見事でした。
私とかだとダメですね、作戦は。
英軍式平押し更地にしてから安全上陸でしょうから…。

危ない橋を渡って来てるのでいつか失敗しそうですw
やっぱりモントゴメリーみたいに石橋を鉄の橋に変えて渡る、
見たいな戦術が本当は一番だと思いますよ。
私がやってるのはハイリスクハイリターンですから。

でもだからこそ成功時の感慨ひとしおなので
僅かなチャンスにも賭けたくもなったり(ダメだこりゃ)。

本当、いつか大失敗しそう(゜∀。)

■上陸戦まとめ 
☆ポイントをよくまとめてますね。
何となく私も無意識にやってることではありますが、
ちゃんと箇条書きにするのは大事ですよね。
基本点は正しいと思いますが、A-10とAH-64、LCACは
どこでもある訳ではないので、その辺で難易度が変ってきますよね。
私とかですと、格安対戦車ヘリを片道特攻(非情な。{笑い)で大量投入、
出てきた対空兵器を格安艦で艦砲射撃、奥地は攻撃機等で空襲、
機数が減っても敵を拘束し後退させない(非情すぎる)などを
断続的にバトルオブブリテン、ですか。
かなりゲーム的な話なので雰囲気は悪いですが(笑い。

確かにA-10みたいな兵器が何処の国にもある訳ではないですね。
ご指摘有難う御座いますm( __ __ )m

片道特攻攻撃も立派な戦術だと思いますよ~。
私も強硬偵察で突っ込ませたりしますし。
戦闘国家では敵長距離SAMを弾切れさせる為に
安いヘリ4部隊特攻とか常道でしたしぃ。
飽和攻撃と言う戦術もあるぐらいですから
「損害に構わず攻撃せよ!」って場面も出てくると思います。
非情ではありますが戦争で情けは無用。
戦術の基本は効率よく味方を殺す事、
とヤン提督も仰ってるじゃないですか。

時には非情な手段を使ってでも道を切り開かないと
その次の扉が開きませんんよ( ´∀`)/~~

JAS様のバトルオブブリテン戦術もいいですね。
今度採用してやってみます。
ヨーロッパは広いのでやる機会があると思います。
例えば対イギリスとかでw

あ、コメントはいつでもJAS様の都合の良い時で構いませんよ~。
いつでも私はお待ちしておりますので(^ω^)

・勢多様
■ドーバー海峡
☆僕の場合、ドーバーを装甲車が自走してくるのは
大型漁船みたいなのを徴用してそれで渡ってきてるんだと脳内補完しています。
ダンケルクの撤退では漁船も使ったらしいですし、
不可能ではないかなぁ… と思っています。
結構苦しいとは思いますけど、始めたものを投げるわけにはいかないですしね…

これはマップ製作者の問題ですから各自それぞれの受け止め方で宜しいかと。
それにドーバー海峡、泳いで渡った方がいるぐらいですから出来ない事もないでしょう。

それにしても立派な脳内補完をされていらっしゃる。
流石年季の入ったダイセンリャカーですなヽ(゚∀゚)ノ
私も見習わねば!

PS.始めたマップも修正出来る様にして欲しいですよね。
中にはゲームバランスを左右するような問題も起こりうる訳ですから…。

■Su-39
☆初めてとは思えないほど上手いですね! 
僕が初めて書いた時はもっと壊滅的な出来でした。
それから2年弱、ひたすら書きまくってるうちに
自分なりの描き方は見つけましたけど、
やっぱりファンクラブに投稿するほど上手くはなりませんねぇ… 
いつか1から自分で書いた兵器データを投稿したいと思ってるんですけど、
いつになることやら。

お褒め頂光栄です(/ω\)
でも私の一番最初の作品も壊滅的でしたよw
しかし2年も描かれているのですから勢多さんもレベル高いと思いますよ。
色々なドローソフトを試されて試行錯誤してチャレンジされて
それらを身に付けて使いこなしていらっしゃるし。
HP公開前のブロ内記事の兵器エディタに関する件など
読んで、見て、感激しましたもの。
F-22J?でしたか、あの記事は最高でした。

今後も頑張って描いていつか投稿出来る様になりましょうね~(・∀・)人(・∀・)
予想では勢多さんの方が先に投稿に10万ギルw

・ミラー様
■Color World bis
☆激しい戦いでしたね~。
しかし、これだけの部隊を補給させ続けるのは半端じゃなく大変ですよね…

そうなんですよ~。
グリー侵攻軍などグリー攻略後は移動と補給が主な任務で
ただ大陸縦断だけで終わってしまった…。
消費された物資は大量でしたがその代償の戦果は…少なかったです(ーー;)
賢い部隊移動コマンドとかあれば楽なんですが
CPUの移動は橋で大渋滞でしょうからねぇ。

思い切って輸送艦に乗せて運んだ方が楽だったかも!?


今回も沢山のブログ拍手、ありがとじゅしたぁ_(。_。)_

(18:55) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2008.08.11 - 守勢からの転進

ずっと攻撃を続けていましたが殆ど守りの為の攻撃が続き、
ウンザリして頭が痛かったのですが
その最大の原因である頭痛の種はドイツとスペインの艦隊の存在。
特にスペイン艦隊は強力で対イタリア戦で消耗した所だったので非常に厳しい。
何せイージス艦4隻も連れて来ていますからね(^_^;)
こちらも何とか最後の資金で対スペイン艦隊を生産していたので
一応対処は出来る、と思ったら露払いのリュビが
3隻とも敵潜水艦に沈められてしまった!

これは痛い!!(>_<)

幸い対イタリア艦隊戦が一息ついたので、
この方面に配置してあったリュビを回せたので何とかなりましたが
前方哨戒のリュビ消滅と共にスペイン艦隊を見失ってしまった!
索敵機を飛ばそうにも空軍基地があるマルセイユから
ちょっと飛んだ空域が敵迎撃範囲内で
飛び立った偵察機は全機落とされてしまう。
このままスペイン艦隊が東へ進み、
マルセイユを迎撃範囲内へと収めたら…この戦域の空軍が身動き取れなくなってしまう!
それだけは避けたい、とあの手この手で索敵をしたら…
遂にスペイン艦隊再発見!
攻撃のチャンスだ!!と思ったらいきなり頼みの綱、リュビ級が沈められた!
まだ敵に潜水艦いたのかー!?(;°ロ°)

でも敵潜水艦3隻の内2隻は撃沈に成功しており、
こちらにはまだ2隻残っていたのでこれを撃沈後敵イージス艦に魚雷攻撃。
フォルバン他水上艦艇の対艦ミサイル攻撃で
これまでに3隻のイージス艦を沈めましたよ。
あと残るはサンタ・マリア2隻にアルバロ・デ・バザン1隻のみの筈。
これだけならばこちらの戦力だけで掃討可能でしょう。

これで悩みの種は一つ減った(;´∀`A

そして最後のドイツ艦隊ですが、ザクセンを建造していないのが不幸中の幸いで
ラファールMx4とシュペルエタンダールx1の攻撃で順調に数を減らせています。
それにヴォルドーを発ったフランス大西洋艦隊もドーバー海峡にまで到達しましたし
これらで敵艦隊の排除は成功するでしょう。
最も艦隊が付く前に航空攻撃だけで片が付きそうですが。

これでイタリア、スペイン、ドイツと隣国の敵艦隊をほぼ殲滅出来たので
少しは楽になりそうです。
また、陸上でも厳しい防衛戦は続いていますが東方戦線で
ドイツのブレーメン、ミュンヘンへの道が開き、攻勢をかけれる様になったので
気持ち的にも楽になりました。

まだまだ障害は多いですが頑張りたいと思います。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン8 南部戦線

対スペイン戦線ではログロニョに架かる橋を奪われたのが災いして
敵の侵攻が激しくなっています。
防空戦は上手く行っていますが地上は押され気味です。
なのでビスケー湾守備艦隊からフォルバンx2を引き抜き、
防衛戦に参加させる事にしました。

これが上手く行けば良いのですが…。

それとアンゴラ公国からの敵の侵攻が少しある様なので防衛部隊を配置しなくては。
少ない予算から兵力を捻出するので派遣したルクレールx1、AMX-10RCx1以降は
AMX-30、ERC-90F4 サゲにするとしましょう。

さて、対イタリア戦線は潜水艦同士の潰しあいに決着が付こうとしています。
確認されているだけで敵潜水艦3、こちらは4。
これならば敵艦全滅と引き換えにこちらは1隻残ります。
ランチェスター法則を使うまでもありません。

これでここは楽になるな( ´∀`)

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン9 スペイン無敵艦隊襲来!

ラファールMが海上からの攻撃を受けていましたが
その原因である敵艦隊を発見しました!
アルバロ・デ・バザンx4、サンタ・マリアx2、プリンシペ・デ・アストゥリアスx1、
フアン・カルロス1世x1、S-80x3からなる有力なる艦隊です!!
まさにアルマダの再来ですよ!!!

敵潜水艦にも見つかってしまったので前述の通りリュビ艦隊は全滅しましたが
アルバロ・デ・バザンは1隻沈めました。
残りは…後続の艦隊に任せた!('ω')ゝ

しかしイージス艦と潜水艦の組み合わせは相変わらず凶悪ですな(゜ー゜;)
また苦労しそうです…(つд・)

★東部戦線

暗いニュースが続く中、明るいニュースが入って来ました!
ドイツ侵攻部隊がシュツットガルド、エッセンに到達。
北ではエッセンの渡河に成功しました!!

これでミュンヘン、ブレーメンへの道が開いたので
ここを主戦線として押して行こうと思います。

ここが落ちれば…やっと一段落が出来る。
これまで苦しい日々だったからやっと光が差したお(´;ω;`)

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン13 東方戦域

南ではシュツットガルドを制圧してミュンヘンへ部隊を進めることが出来、
北では順調な進撃でブレーメンへ向け行進中です。

それにしても…フランスのティーガーの使い難さには辟易です。
パック1はATMトライガットのみ。
パック2はトライガットとAAMミストラル各2発づつ。
パック3では対地ロケットにミストラルと漸く機関砲が。

機関砲、デフォで付けて欲しいですよ(´д`)
歩兵掃討には攻撃ヘリの機銃掃射が一番効果的なのになぁ。

まあ、スペインのティーガーやイタリアのマングスタもそんな感じなので構いませんが
対ロシア戦を考えると結構厳しいです。
多分ミストラル積んでないと攻撃ヘリでヘリ狩りやられると思うので。
かといってトライガット2発では心もとないなぁ。
一番良いのはドイツのティーガーだったかな、
あれはデフォでトライガット、ミストラル?、機関砲装備だった筈。

こりは鹵獲するしか(☆∀☆)

★西守東攻

スペイン戦線では押されてサン セバスティアンまで後退しました。
この周辺には弾薬の補充出来る都市がないので只今仮設基地設置中です。
海上からフォルバンが支援してくれますが多勢に無勢、押されてます。
でもサン セバスティアンまで後退すれば山岳地帯に阻まれて
防御上有利な地点で防衛戦を展開出来るので安心です。

さて、一方のイタリア戦線ですがMLRSの不毛な撃ち合い合戦になってます。
双方とも損害大で大きな攻勢には出れず…。
ですが偵察機の報告で敵MLRS部隊を発見、これを爆撃して損害を与えたので
少しは鋼鉄の雨は止みそうです。

所で対潜水艦戦は楽勝、と書きましたが迂闊でした、
敵海軍基地内に敵潜水艦が2隻隠れていたのでこちらの負けに終わりました(´Д`;)ヾ
もう潜水艦を生産する余力はないので安い対潜哨戒機の投入で挽回を図っています。
幸い敵もこれ以上水上艦を投入出来ないので今度こそこちらの勝ちでしょう。
最初からこうしたかったけど、敵水上艦がいて赤い迎撃範囲網を
張り巡らせていたので近づけなかったんですよね。
だからあの悪夢の様な消耗戦は無駄ではなかった!

そう思いたいです(´・ω・`)

★再発見、アルマダ!

敵スペイン艦隊再発見です!
居場所を掴む為に攻撃機を1部隊特攻させてしまいましたがその価値はありました。
そして敵潜水艦の不用意な突出を利用してこれらを全滅後、敵艦隊へ総攻撃を開始。
フォルバンとリュビが各1隻沈められましたが
イージス艦2隻、空母1隻、揚陸艦1隻、潜水艦3隻を撃沈。
まだ敵艦隊は残っていますが全滅も時間の問題でしょう。

北でもドイツ艦隊の排除に成功しつつある今、制海権は段々こちらに傾きつつあります。
ただまだイギリス艦隊と交戦していないのでアレですが…。

まあ、何とかなるでしょう♪

PS.お気楽に言ってますがイギリス艦隊には戦略原潜が2隻いる事が判明。
この捜索には…骨が折れそうですヽ(;・ー・)ノ

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン14 ウィーンへの道

オーストリアからも攻められて四面楚歌のミュンヘン。
ですがこちらが先に到達出来たのでミュンヘン奪取は確実でしょう。
そうなると…ウィーンへの道が切り開かれる訳で。

落とせればバルカン半島へ進出可能となるので
リスクはあっても収入UPの為に是が非でも落としたい所ですが、
まだオーストリアは21万資金を持っています。
海軍を生産しなかったからだと思いますがこれは手強い。
消耗戦を仕掛けるか弾道弾を生産して基地を吹き飛ばして落とすか。

決断の時が迫っています(-_-;)

★近くて遠いブレーメン

ブレーメンへの道が開いた!と喜んだのもつかの間、
偵察機からの報告で敵大部隊が展開しているのが分って超焦ってます(;´ρ`)
まだ敵にはハンブルクの陸軍基地があった!
MLRSが4部隊もいる事ですし夜も近いのでここは守勢に転じ、何か策を練らねば。

ここにも弾道弾配備かなぁ。
予算的には厳しいんだけど(・w・)

(10:06) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[その他] - 2008.08.09 - 画像閲覧可能になりました

今観たら観れる様になってました。
サーバーエラー、直ったようですにぇ。

えがったえがった( ´∀`)

PS.画像見ようとするとポップアップブロックかかって
一々Ctrl押さなくちゃいけないのが面倒だった。
たまになるのですが本当、面倒です('з')

(14:12) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[その他] - 2008.08.09 - 障害情報

只今サーバ側の内部エラーの為画像が閲覧出来ません。
復旧までしばしお待ち下さいm( __ __ )m

初めてだな、こんな障害(゜ー゜;)

(10:53) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2008.08.07 - 第三次世界大戦勃発

遂に始まりました、超巨大マップ”ヨーロッパ大陸2005改”!
余りにも広く、戦域も広大なのですでにお疲れモード(´Д`;)ヾ
序盤からこんな調子で大丈夫かな、
と超不安ですがやるしかなーい!o(`ω´*)o

頑張りますよ~(`Д´)ゞ


★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン1 戦争計画

まずはルクセンブルク、オランダ、ベルギーへ侵攻してドイツ攻略の足場を固めます。
また、スイスにも侵攻して陸軍基地を制圧し、
中央からドイツの要塞都市、ミュンヘン攻略を目指します。
一方、西部ではアンドラ公国へ侵攻してこれを制圧し、
対スペイン戦に備えます。
最後に南方のマルセイユからモナコ公国へ侵攻、
イタリア攻略の足掛かりとします。
そしてCPUの侵攻速度の遅さを見越して
遠くチェコにも空挺作戦を仕掛けてこれを占領します。
まあ、博打みたいな物ですがやってみて損はないでしょう。

さて、上手く行きますかな(・w・)

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン4 スペイン領侵入

LAHバージョンではボルドーに基地があるのでここから進撃が可能です。
ちょっとずるい気もしますが大西洋側に海軍基地が一つもない、
と言う状況が悪いのですよ(えー
でもここがなきゃスペインに空き放題されそうなのであってもいいかも。

★地中海の戦い

我が軍は制圧したモナコ公国から、
イタリアはジェノバ、ミラノから部隊を進撃させていますが
モナコ沖はイタリア艦隊の迎撃網で埋め尽くされているので空軍が動けません。
お陰で占領したモナコ陸軍基地からの部隊が敵攻撃へリ部隊によって
かなりの被害を出しています。
頼みの綱の自走SAMロランは…へっぽこで余り役に立ってくれません(ーー;)
長距離SAMがフランスにはないので防空はフォルバン他艦艇に任せるしか。
しかしここで失敗を。
資金が豊富にあったので好きに生産しよう、
とフォルバン、カサール、ジャンヌ・ダルク、チチアンドルプetcと
趣味で生産しちゃったものだから艦隊編成がばらばらにヽ(;・ー・)ノ
防空の要、フォルバンがすくなーい!
これはいかん、と艦隊増産計画を立てたら
これが後の資金不足問題を引き起こしちゃった。
それと敵水上艦対策に、と潜水艦を大量に生産した事もそれに拍車をかけた!
でも…敵艦隊排除の為にはやらざるを得なかった。

これが吉と出るか凶と出るか。
答えはすぐ分からない。
まだ戦争は始まったばかりだから…。

★青色槍騎兵襲来!

ドイツ軍爆撃部隊が襲来!
侵攻部隊に危機が訪れましたが
防空部隊のラファールで攻撃せずに包囲したら
迎撃範囲を恐れて後退してくれました。
お陰で地上部隊に損害は出ませんでしたが
この攻撃しないで迎撃範囲で睨みを効かす、
結構役に立ちますし弾薬の節約になります。
何しろ敵も資金豊富で大量に航空機を派遣してくるので
一々迎撃でミサイル発射してたら弾が持たないんですよ。
この戦術は後の英仏航空戦でも役に立ちました。

★ヨーロッパ大陸2005改 ~ターン7 激戦のモナコ公国沖海戦

両軍合わせて15隻以上が入り乱れて大海戦を繰り広げています。
双方共に損害が激しく、撃沈された艦数は多数に上りましたが
まだまだ終わる様子を見せません。
ただこちらの損害を省みずに潜水艦を投入!作戦が効いて
敵迎撃機能付き艦艇は全て撃沈出来たので
空軍が活動出来る様になって一段落しました。
ここで新たに生産タイプに編入した安価な潜水艦、アゴスタが大活躍でしたよ~。
でもフランスの潜水艦はリュビも含めて射程が短いので
ロシアの潜水艦みたいな遠距離攻撃が出来ないのが痛い。
お陰で肉薄しないと駄目なので損害が酷い。
敵も潜水艦を投入して来ているのです。
でも空軍が活動できる様になったら対潜哨戒機を回せるので
少しは楽でしょう。

所でマルセイユ東のバルセロナ周辺に向かったラファールが対地攻撃を受けました。
恐らくスペインも艦隊を配備したのだろう、
とフォルバンx3、リュビx3を生産したら・・・何百万とあった資金が無くなった!!
これには衝撃ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
でも良く観るとドイツとロシアも資金を使い果たした模様。
でもでもまだスペインとイタリアは資金が残ってる…。

もし海上で押される様な事があれば…爆撃機で敵海軍基地を空爆します(`Д´)=3
ここでも新たに編入したミラージュⅣが活躍しそうですよヽ(゚∀゚)ノ
もっとも生産出来る資金があれば良いけど('з')

★アンドラ公国攻防戦

ここではスペインに出し抜かれました!
陸軍基地を占領されてしまったので
制圧に向かったこちらの特殊部隊は・・・どうしやう(゜ー゜;)
一応敵歩兵排除の為に攻撃機を派遣しましたが
敵戦闘機が防空しているので近づけず…。

この方面での戦闘機が足りなくなって来ています。
ここに基地を作ったは良いけど戦闘正面が増えてしまい、
各方面にも部隊を送らねばならないのでどうしても部隊が足りなくなってしまいます。
それに資金がもうないし…。

ここは引いて防戦に回るしかないですねぇ。

★英仏航空戦

資金減少と展開部隊数に支障をきたして
各線戦線に影響を及ぼしているのがこの戦線。
パトリオットがないので多数の戦闘機を待機せざるを得ず、
ある程度部隊の拘束を強いているので困ります。
防空は上手く行っていますが、このままでは7正面で戦う羽目になるので
少しでも戦線は縮小したい所。

…マイ部隊のパトリオット他使うかな(☆∀☆)

★東方戦域

ベルギー~スイス間でこれだけの戦闘正面が広がってます。
大部隊は地形状投入出来ないので
それ程戦車は要らないと思いますが
航空機が絶対的に不足しています。
ヴォルドー発のフランス艦隊がドーバー海峡に到着すれば
防空を任せられるのでこの方面の戦闘機を東に回せますが
問題は艦隊補給の問題。
何とドーバー海峡には港が一つもないのです!
これでは補給艦が持たない。
これはマップ製作者に問い詰めたい所ですが
後で修正する時は港の再配置が必要ですな。
ベルギーやオランダにも港がないってどうよ…。

しかし艦隊は防空どころではないかもしれません。
遂にドイツ艦隊の南下が始まりました。
ラファールを一部対艦兵装に変えていますが撃退出来るかどうか…。
ただこれらを撃退すればドイツはもう艦隊を再建出来る資金はないので楽になる筈。
こちらが苦しい時は敵も苦しい筈。

序盤の正念場ですな。

★戦争状況

当初予定していたチェコ空挺作戦、途中の都市を占領して行って
上手く行きそうでしたが予想外に早くドイツが進出していて作戦に暗雲が立ち込めました。
それと決定的に不味い事にCPU同士の戦闘で
途中の補給ラインが切れてしまったのです!
これでは陸軍基地が稼動しない!!
それにオーストリアがチェコにも進撃して来たので
作戦は脆くも崩れ去りました。

今回はやけにCPUの展開が早い気がするのですが
まあ、アレだけ首都から近ければねぇ。
ちょっと冒険過ぎました(てへっ)。

今後はじっくり堅実な作戦で行こうと思います。
出来るだけ戦闘正面を減らして部隊を集中させて一気にドイツに攻勢を仕掛ける!
と行きたい所ですがモナコ公国やアンドラ公国、ドーバー海峡にドイツ艦隊と
敵が多過ぎる!ヽ(;´Д`)ノ
序盤ですがもう大混乱ですよ~Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

この先やっていけるかいな(-_-;)

PS.流石に巨大マップなのでCPUの思考時間が長いし、
待ってる間も自国が関係する戦闘が多いので休む暇がありません。
勢多さんも仰ってましたが私も5ターンぐらいづつしか攻略は出来なさそうです。
流石超巨大マップです(;´∀`A

まあ、焦らずやりますわ~。

(18:28) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[大戦略パーフェクト3.0 兵器エディタ] - 2008.08.06 - Su-25TMを改良♪

Su-25TMの事を調べていたらSu-39と言う機体を発見。
アリアドネの本にも載っていましたが
サイトでカラーの側面図も載ってるHPがあったので、
「いっちょやってみっか」
とドット絵描きやってみました。
完成したのがこれ

★Su-39 フロッグフット

ドット絵で描くなんて初めてですが勢いに任せてガーっとやりましたw
迷彩の仕方はT-95の時にやった勢多さんのHPでのPixiaを利用した
カラーバランスを弄くって色を変える方法+αで。

この迷彩の仕方に手こずって勢多さんにはまたもやお世話に(/ω\)
親切丁寧に教えて下さった勢多さんには感謝感謝♪

出来上がった感想としてはやってみれば案外簡単に出来るものなんですねぇ。
とても「自信作です!」とファン倶楽部に投稿出来る程上手くはないけどねw
でもこうやって試行錯誤する一歩が大切なんだろうなぁ、と思います。

今後もへたっぴですが続けて行こうと思いますた('ω')b

★Su-25原画との比較

もうちょっと機種をスマートにすべきだったかもorz

(18:46) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0 マップエディタ] - 2008.08.06 - 開戦前夜

Color World bisが終わったので勢多さんのヨーロッパ大戦2005改を
やり始めるわけですが、勢多さんのブログを読んだ感想と
マップを開いてみた感じから手を加える事にしました。
名づけてLAHスペシャルw

★ボルドーに基地設置


フランスは太平洋側に海軍基地がないというので
それじゃあアシカ作戦がドイツ占領後になっちゃうYO!ヽ(;´Д`)ノ
と知りました。
それでは困るので(誰が?)ボルドーに海軍基地作っちゃいました。
それとドーバー海峡を装甲車が渡って来る、と言うのでそれはないだろう、
と海に変更、
その他海上補給路をLAH型に、
山岳に道路が引かれていたので丘陵に変更。
そして最後にフランスの生産タイプ、弄くりました。
東風さんのHPを参考に3.0非登録の兵器や
近年退役した兵器を復活させて使い易いようにしました。

復活した兵器は
1.ジャギュアA(攻撃機)
2.シュペル・エタンダール(攻撃機)
3.ミラージュⅣ(爆撃機)
4.ミラージュ2000R(偵察機)
5.AU-F-2(自走砲)
6.S-3D(弾道ミサイル弾)
7.クレマンソー(空母)
8.アゴスタ(潜水艦)
9.LCAC(ホバークラフト)

お手頃価格の兵器が増えるし、
移動後に撃てる自走砲が入るのでフランス軍、戦力UP!o(`ω´*)o

これでヨーロッパ、完全制圧しちゃるぜ( ´ー`)y-~~

PS.山岳部の道路、実は大戦略ファン倶楽部で問題になってて
マップ上では山に道路が引かれて侵入可能になっているのですが
爆撃されて補給路が破壊されたら・・・二度と侵入出来ないのです(´Д`;)ヾ

これ、デフォのマップが3.0対応になってないSSαの手抜きのせいですが
放って置くといざって時に困りますからね。
一応修正しましたが、勢多さんに伝えたら早くも改良バージョンを用意して下さった。

仕事速いぃ!!ヽ(゚∀゚)ノ

勢多さんのHPにて3種バージョンが公開されてます。
リンクから飛んでDLして下さいにゃ。

さあ、準備は出来た。
後は…幕が上がるのを待つのみ!

(16:11) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2008.08.06 - 攻撃目標は全て

二日やり込んで漸くColor~終わらせて来ました。
シャーン、アカテの主力を包囲殲滅した後、3正面で侵攻作戦を開始。
主力を撃破した後だったのでどこも順調に作戦は推移。
そして3カ国を滅ぼして来ましたよ。

最後は力技で防空SAMだろうが何だろうが構わず爆撃しまくったり
アカテの施設群をTu-160で破壊しまくったりして
思う存分暴れてましたが、
思ったほど損害は多くありませんでした。
地上部隊も余り被害は受けなかったですねぇ。
これも弾道弾で各国の基地を破壊しまくったお陰でしょうか。

戦略ロケット部隊”ヤガランデ”が展開している旧ブルーネ領からは
流石にシャーンまでは弾道弾が届かなかったので
An-124で空輸を始めましたが間に合わないだろう、
とゴルド地域南の海軍基地でタイフーンx3を生産。
出港してすぐ弾道弾を発射してシャーンの戦力削減に役立ちました。
これも海上補給路が繋がってるお陰ですが
やっぱりマップは3.0対応になってないと困りますねぇ。
修正した甲斐があったというものですが
次にやる勢多さんのヨーロッパ2005改が今から楽しみです(^O^)

さて、では終局までを振り返ってみましょう。

★Color World bis ~ターン87 ブルーネ貿易地帯包囲作戦完遂

敵はあとロランx2だけにまでに殲滅させました。
包囲してもソ連兵みたいに頑強に抵抗を続けていましたが
反撃の要であるMLRSを潰され、所構わず爆撃を受けては
どんなにあがいても無駄な事。
最後は戦車の突撃で抵抗は止みました。

今回はアカテ、貿易地帯の基地を悉く潰された事もあって
最後以外あまり強い抵抗は見せませんでした。
まあ、アレだけ基地を破壊されてはねぇ(゜ー゜;)

しかしまだ敵本土の部隊が残っています。
最後の締め、頑張らねば!

★オンレジ運河渡河

北岸は歩兵の到着が遅れたので渡河が遅くなりましたが
南岸は十分な歩兵が揃っていたので橋を難なく占領、
直ちにオンレジ本土へ侵入しました。
問題はこの先の狭くなった隘路をどれくらいで突破出来るかです。
あまり時間を掛けて敵に反撃の機会を与えてはいけない。

出来るだけ早く侵攻します!

★シャーン主力の最後

戦車を前面に出して激しく抵抗を続けていたシャーン包囲軍ですが
漸く全滅させる事が出来ました。
これもスメルチ部隊のお陰ですが、
ここには3部隊展開しており、
一斉射で敵部隊を吹き飛ばしてくれたのは非常に助かりました。

この地域はイエロン空軍基地が近くにある事もあって
航空支援が充実していたので損害は多かったけど
比較的短期間で戦闘を終えれました。
制空権は完全にこちらの物だったので
攻撃ヘリ等が被害を受けずに攻撃に専念出来たのも
戦闘が短期間で済んだ一因です。

問題はキギン湖に展開している敵潜水艦部隊。
Tu-142部隊が上手く見付けてくれると良いのですが。

★戦争計画

さしたる計画もなく、ただ全戦域に渡って攻勢が進行中です。
やってみよう、と思ってるのはアカテ東部への空陸侵攻作戦ぐらいですね。
準備はしていますが発動させるタイミングが難しいです。
上手く侵攻部隊と歩調を合わせないと
敵主力がやって来て全滅、何てことも起こりえますから(;´∀`A

遠すぎた橋の英第一空挺の再現だけは御免です。

★Color World bis ~ターン91 アカテ侵攻

ブルーネ貿易地帯の戦闘で損害を受けましたが
基地が破壊されており、また物資もないので
補充は諦めてそのまま部隊を前進させました。
ここまで来たら
「損害に構わず前進せよ!」
ですよ(・w・)

★シャーン侵攻

漸く先頭部隊がキギン列島に侵攻。
最優先目標は空港の確保です。
対地攻撃の主力Su-34は足が長いとはいえ弾薬は補給せねばなりません。
その為には物資をたんまり備蓄した敵空港の奪取が必須なのですよ。

その頃、海上では激しい海戦が勃発しましたが、
対潜哨戒機に多数の潜水艦(8隻)を投入した我が方が有利に海上戦をリード。
敵艦隊の殲滅に成功しました!

これで巡洋艦部隊が安全に航行出来ますが
まだ奥地には敵潜水艦が潜んでいる模様。
もう少し奥までTu-142を飛ばすかな。

★オンレジ侵攻

丁度夜が明けたので戦闘開始!
スメルチx3による一斉射で道が開いたので
その突破口に戦車を突っ込ませて戦果の拡大を図ります。
と、言っても場所は狭いのですが(^_^;)

攻撃する時間帯が昼になって本当に良かったです。
お陰でSu-34の誘導爆弾が当たる当たる。
敵の壁、MBTアリエテを次々と破壊してくれるので
敵首都への道が一気に開けました。
特殊部隊が敵首都に隣接したのでオンレジも次で最後ですな。

★Color World bis ~ターン92 オンレジの最後

予告どおりオンレジ首都は陥落しました。
予想していたよりも早く突破口を開けて敵首都に辿り着いたので
損害は軽微でした。

それにしても…MLRS多数による面制圧は強力ですな。
シャーン包囲戦でもそうでしたが、多数配置して一斉に攻撃すれば
絶大な効果を生み出します。
改めてその威力を体感しましたが、
侵攻部隊にMLRS部隊は必須ですな。

★右翼橋頭堡確保!

Mi-26で特殊部隊x2を運んで橋を制圧させ、
兼ねてから待機していた戦車部隊を侵入させました。
残念ながら到着している戦車の数はまだ少数ですが、
空軍と海軍の支援があれば問題ないでしょう。

さあ、終曲のフィナーレが聞こえて来たぞ!

★奇妙な陸戦隊

計画していた空挺部隊とホバークラフト、ポルモニクx4からなる
アカテ上陸作戦が発動されました。

まずはIl-76から降下した空挺部隊が空港を確保。
その後T-90を積んだAn-124が着陸して橋頭堡を強固なものにします。
投入された部隊は

・An-124x5
T-90x4、BRDM-2ATGWx5、補給車x1、空挺部隊x5

・Il-76x3
空挺部隊x6

・ポルモニクx4
T-90x3、補給車x1、BTR-80(特殊部隊搭載)x2、BRDN-2ATGWx2

です。
これだけでもかなりの戦力ですが
問題は首都攻略に間に合うかです。
既にアカテ空爆部隊、Su-34x6が飛び立った後ですので…。
それに終局に間に合わない、
と各個投入しているので…大丈夫かな(-_-;)

★Color World bis ~ターン94 アカテ降伏

小規模な上陸部隊が展開する前に首都近辺が掃討され、
敵首都への道が開いたので残念ながら陸戦隊の活躍は少しでした。
時間があれば敵全滅戦をやっても良かったのですが
そろそろ終わりにしたかったので…(/ω\)

しかしこの部隊による奇襲上陸は大成功だったので
今後に活かしたいと思います。

★Color World bis ~ターン95 Color World bis終局

左翼が中々進出しませんでしたが、
到着した右翼の部隊だけで敵首都を落とせました(*^ー゚)b
これも手厚い空軍の支援のお陰です。

それにしても…グリー方面軍、殆ど移動で終わってしまったヽ(;・ー・)ノ
グリーを陥落させた手腕は認めますが
後半は燃料補給ばっかりで余り戦闘に貢献しなかったです。
終わってみたら総部隊数約450でしたが、
ちょっとこれは多過ぎたみたいですね。
かといってグリー方面軍が来るまでイエロン防衛を疎かには出来なかったので
部隊を増産し、シャーン主力全滅の手柄を立てた訳ですから
あながち間違った事をした訳ではなかった。

う~ん、難しい所ですねぇ。
侵攻部隊は多すぎず少なすぎず。
これをスリム化して必要最低限の部隊を編成出来るようになれば
ダイセンリャカーとして成長出来る訳ですが、
同じ事を瀬戸内海Warsでも言っていた様な…。

まだまだ修行が足りませんな(´д`)

何はともあれcolor World bis終了~ヽ(゚∀゚)ノ
さあ、次はヨーロッパだ!

(13:05) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2008.08.05 - 大戦略パーフェクト成分補完ヽ(゚∀゚)ノ

相互リンクしてる勢多さんのHPにて小改造マップ、
”ヨーロッパ大陸・2005改”が公開されています。
あの53カ国が参戦していた超巨大マップを8カ国専用に修正し、
更に補給線を引いて3.0対応にした優れもの。
私も今やってるマップが終わったら攻略します(`Д´)=3

また、兵器エディタではあの心神を作成して公開!
何と独自に改良されたバージョンもあります!!

そんな素敵なマップや兵器をDL出来るのはここ!
Vom Takitsch

急いで行かなきゃ~(*゚∇゚)=3

(10:22) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2008.08.04 - 袋のネズミ

さしたる攻勢計画を立てたわけでもなく、
3正面の各戦線での戦闘に忙殺されていたら出来上がったのですが
シャーン、アカテ主力の包囲に成功しつつあります。
シャーンを包囲したイエロン地域は敵の退路を絶って
脱出路である橋を特殊部隊が制圧しました。
一方のアカテ主力のいるブルーネ貿易地帯では半包囲が完成しつつあり、
上手く行けばこれも包囲撃滅出来るかもしれません。
偶然の産物とはいえ全戦車兵の夢、包囲殲滅戦を再現出来るとは…(;゚∀゚)=3

余りにもColor~が面白いのでカリブ海紛争はしばしお休みします。
さあ、敵に止めを刺して来ますかね!(☆∀☆)

★Color World bis ~ターン80 アカテ軍主力、北進

貿易地帯を出たアカテは北進する癖があるようです。
前回もそうでしたが戦闘において単調なパターンは危険です。
それならばそれを逆手にとって我々は南ルートから行きましょう。
幸い増援のT-90、1個旅団が到着しましたしね。

スメルチ等積んだ支援部隊はまだ海上ですが、
ポルモニクでピストン輸送した火砲で何とかなるでしょう。

★オンレジ運河までの道

ゴルド地域からの増援はシャーン包囲網への戦力増強もあって中々揃わず、
一方の中央からの進撃も増援の到着が遅くて進行速度が上がりません。
まあ、攻撃ヘリが多数配備されたので、
これを戦車として扱って戦車不足を補う手もありますが…。

さて、どうしますかね。

★Color World bis ~ターン83 イエロン地域の戦い

この方面に侵入しているシャーン部隊はかなりの戦力で、
戦車を多数保有しているので中々手強い相手です。
これを海上から支援しようとゴルド南の海軍基地から
キーロフx1、A・クズネツォフx1、ウダロイx2、アクラⅡx2を生産して
支援に回そうと思ったら…露払いのアクラⅡ2隻が
シャーンの潜水艦に撃沈されてしまった!

キギン湖はシャーンの勢力下にあるようで…。

急ぎイエロン空軍基地より対潜部隊を飛ばしましたが
この部隊が到着するまでは艦隊は足止めを食らうでしょう。
敵潜水艦は最低3隻はいます。
これの排除は…容易ではありません。
何せUボートで名を馳せたあのドイツの潜水艦の末裔達ですからね。

グリー方面からのヤーセン他潜水艦部隊を早期に合流させねば。

★戦争計画

これと言って計画は発動されていませんが
グリー方面軍はそのまま反時計回りでシャーンを目指します。
そのついでにイエロン地域の栓を閉じて行くのですが
これがその後の包囲網完成に繋がるとは・・・。

何が起こるか分りませんな、戦争は( ´ー`)y-~~

一方のブルーネ貿易地帯は2方面軍で攻めます。
基地は爆撃してあるのでそれ程強く抵抗は出来ないと思われますが、
敵対空部隊により空軍には少なからず損害が出ています。

まだまだ戦力は残っている様で…。

さあ、どうなるかな?

★Color World bis ~ターン85 輪は閉じた!

グリー先行部隊がイエロン地域の包囲に成功しました!
後はじっくり敵を殲滅するのみ!!
夜も明けたので攻撃は成功するでしょう。

夢の包囲殲滅戦が…始まる!

★オンレジ運河まで到達

空軍を主体に攻めて中央部はオンレジ運河まで到達。
これに北からのゴルド方面軍が加わればオンレジ攻略が開始されます。
ただ、まだ戦力に不足感があるので当分は運河の奪い合いに終始しそうですが。

ゴルド方面軍の南下を急がせねば!

★ブルーネ貿易地帯包囲網

敵MLRSの2斉射を食らって北からの侵攻部隊は損害が出ましたが
許容出来る範囲なのでそのまま進みます。
もう敵MLRSの所在はつきとめましたしね!
一方の南からの侵攻部隊は敵の抵抗を殆ど受けずに進撃出来ています。
このまま上手く行けばこちらも包囲殲滅戦が出来そうです。

弾道弾で貿易地帯は爆撃を繰り返してきましたが
そうするとCPUは工作部隊を大量に生産して対抗する様ですが
これにより基地の復旧は素早くされてしまいますが
地上攻勢・防御用の部隊が疎かになる様子。

敵の生産パターンを左右出来るとしたら…これは面白い結果を生みそうですよ。

(23:16) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[ブログ拍手] - 2008.08.04 - ブログ拍手より ~8/2

・ミラーさん
■相変わらず激しい戦いですねぇ~♪
陸海一体の攻撃は戦闘国家でよく用いました。
空軍が先行して、海軍が安全を確保しつつ陸軍が進撃という戦法で、
大戦略の様に防空ミサイルや長距離火砲の展開に
数ターン必要な作品なら艦船での代行は非常に有効ですよね♪

今回で始めて採用したんですが艦船による支援の元陸軍が侵攻する、
と言うのは凄く効果的ですね。
艦船だから視界も広いし迎撃機能付きだから
仰るとおり展開に時間の掛かる防空ミサイルよりも気軽に運用出来る。
また、艦砲射撃も可能だから自走砲の代用も出来る。
まさに地上支援にうってつけの夢の様な兵器ですが
こんなに便利ならもっと早く運用すべきでしたよ(゜ー゜;)

そんな戦術を前からやっていらっしゃるミラーさんは流石ですぅ(*゚∇゚)=3
じゃあ3.0、もう買わなきゃw

■お疲れ様です!
採用国…調べるのは大変ですね…
M-48やT-55とかはどうなるんだろ?

あと瀬戸内海Warsで2線級国家でやり合って知りましたが
M-60なんかも採用国がかなり多いです。
もちろんM-48とかT-55も多いんですよねぇ。
考えると今から頭が痛くなって来た( ̄~ ̄;)

まあ、何とかなるっしょ~ヽ(´―`)ノ

・勢多さん
■調べてみたら本当にギリシャって重武装ですね。
一度使ってみたくなってきました。 
ギリシャの仮想敵っていうとトルコですかね? 
あそこはF-35Aの採用も考えてるみたいですから
結構重武装する必要ありそうですねぇ…

本当、重武装ですよね~。
なので私も使ってみたくなりました( ゜∀゜)人(゜∀゜ )
仮想的は何処かは分りませんがトルコってのは案外
遠からず近からずで当たりかもしれません。
そうなるとキプロス島の事も関係してくるのですかねぇ。

後で調べてみます('ω')ゝ

今回もブログ拍手ありがとじゅしたぁ_(。_。)_

(14:02) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0(自作・改造マップ編)] - 2008.08.03 - 受難のロッシ島方面軍

強敵グリー、ブルーネ両国を落として来ましたが
ステルスは怖かったけど楽勝だったグリー攻略に比べ、
ブルーネは首の皮一枚で勝利に繋がった、と言う感じでした。
またもや戦車部隊は大打撃を受けて参加時には160両近くあったのに
終わってみたら…50両弱しか残らなかった。
その他支援航空部隊も大打撃を受けてしまった(特にホーカム)。
ロッシ島攻略でもそうでしたがどうもこの部隊は敵国を滅ぼす変わりに
痛恨の一撃を受ける、と言うジンクスがある様で…。

これも全てにっくき敵MLRSの攻撃によるものです!

ロッシ島でも上陸地点にMLRS3斉射も食らうと言う悪夢で大損害を蒙り、
ブルーネ攻略でも敵MLRSにより被害甚大。

ロッシ島では事前の空爆が上手く行ってなかったから被害を受けた訳ですが、
この教訓はカリブ海紛争でその後活かされて、
こちらでは難しいと思われた上陸戦を少ない損害で成功させているので
同じ失敗を繰り返した事はありません。
これは上陸直後の脆い上陸部隊を守る為に、
地上支援を徹底させ、特に一番狙うべきは敵MLRS部隊、
A-10で十分過ぎるほど爆撃したので損害は少なくて済みました。
なのでまたロッシ島攻略をしても同じ轍は踏まないでしょう。

だが今回は…敵に強敵イージス艦がいたヽ('д`;)ノ
最初イーロ諸島に現れてその後消息が掴めなかったのですが
何と首都近郊の海軍基地に陣取っていた!
そして防空網を敷いていたのでこちらの空軍は所在が分るまでは
視界外攻撃を受けていたし、見つけてからは迎撃網のせいで
イージス艦の周囲にいるMLRSに…近づけなかった(ーー;)
急ぎ潜水艦を向かわせましたが入り江の手前には…
そうりゅう他ブルーネ潜水艦が4隻も固まって防衛ラインを構築していたのです。
その為敵潜水艦排除に苦戦したし、排除が終わるまでは敵迎撃網に苦戦。
敵MLRSは撃ちたい放題でこちらの地上部隊は大損害を受ける羽目に。
場所柄ブルーネ首都まで地形的障害は無かったけど
ちょっと山地に挟まれて狭い地域だったので分散配置が困難だったのも
損害を多くした一因でした。

なので一時後退して防衛戦を引いて守勢に転じ様かと思いましたが
対潜部隊が敵潜水艦を排除!
そこへラーダx2が魚雷が危険なまでに減っていましたが突進して
渾身の魚雷攻撃を仕掛けてイージス艦を撃沈したら…
そこから転機が来て、空軍が障害もなく活動出来る様になったので
敵MLRSの排除に成功!!オマケに敵自走砲部隊も♪
こちらのMLRS部隊も配置について怒りの4斉射で活路を開いて
敵首都まで一気に進撃して…ブルーネ攻略となりました。

一時はどうなるかと思いましたがイージス艦撃沈がターニングポイントだったようです。
丁度空母ドロスが沈んだ時みたいな感じですな(えー

何とか2正面作戦は成功しましたが…どちらも破壊された施設の数々に途方に暮れる。
弾道弾、便利だけど継戦能力を奪ってる気がするなぁ。
勝っても基地破壊されてたら部隊再建出来んぞ┐(゜~゜)┌

何とかロッシ島からの輸送船によるピストン輸送で部隊を運んでますが
工作部隊にも頑張って貰わないと。
でも補給ラインも壊れているのでそっちも直さないとダメなので
もっと頑張って貰わないと…。

やっぱ真の地上部隊最強No.1は工作部隊かも。

★Color World bis ~ターン71 ロッシ島方面軍、侵攻

この頃は楽勝ムードでした。
敵首都まで近いし部隊はシンピカで指揮も高い。
そう、誰もが勝利を確信していた…。

★Color World bis ~ターン73 瀕死のグリー

弾道弾で基地を破壊されて手足を失って
反撃出来ないままのグリーは早々と戦線から脱落~。

ラプターでブイブイ言わせていた頃が懐かしい(´ε`)y-~~

★イージス艦の恐怖 再び!

ブルーネ首都近郊に近づくに連れて空軍が遠距離SAMで
撃墜される被害が増えだしたので
「何かいるな?」
とは思っていましたがまさかイージス艦だったとは!

唯でさえブルーネは対空部隊を多数生産して来て
空軍に痛撃を与えているのにそれにイージスが加わっては…。
こちらの空軍、一時活動停止しましたよ。
でもターニングポイントは近くだった。

★Color World bis ~ターン76 乾坤一擲

ロッシ島防衛で少しずつ戦果を挙げ、
その後ブルーネ首都沖海戦で敵潜水艦部隊を血祭りに挙げた
ラーダ2隻が高速移動で突っ込んでイージスを轟沈させた!
たった2650tの小型潜水艦が満載10.000tの艦を撃沈したんですから
大金星ですよ!!ヽ(゚∀゚)ノ
戦局の流れも大きく変わりましたしね。

その頃地上でも残った部隊を再編して、
スメルチx2、MLRSx2の一斉射の後に総攻撃!
敵首都までの道を切り開いて最後にBTR-80が突っ込んで首都陥落。
マジで負ける、と思いましたが残った兵力でも掻き集めれば出来るものですな。

これでやっと肩の荷が下りましたよ(;´∀`A

それにしても…本当にロッシ島方面軍はついてないなぁ。
もう呪われていると言っていい。
次のアカテかオンレジ攻略でも苦戦しそうです(゜ー゜;)

★ロッシ島~対岸集域

レーダー施設に長距離SAM置いたので安心していたら
防空の戦闘機が補給で基地に戻っている隙を突いて
ミラージュ2000Nの対地ミサイルで施設破壊されちゃったヽ(;・ー・)ノ

おのれアカテめ!
この借りは必ず返す!!

★Color World bis ~ターン77 イエロン防衛戦

グリーが落ちたら自動的にイエロンも手に入りましたが
何とシャーンが近くまで攻め込んでいた!
なので陸&空軍基地フル活動で部隊生産して防衛戦を展開。
グリー方面からも戦闘機が沢山来たので守りはガッチリ(*^ー゚)b
ですが、今度はこれらを弾き返さないとなぁ。

はよグリー方面軍、シャーン方面に来ないかな('ω')

★戦闘地域全図
ファイルがでか過ぎてUP出来なかったのでこちらへ
折角カットしたり圧縮したりしたのにブログでUP出来るサイズじゃなかった…○| ̄|_

南北の長い戦線で戦闘継続中。
やっとブルーネ陸軍基地も稼動したので攻勢に向けて部隊再建中。

次の狙いは…アカテかなぁ。

(21:19) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

[HP更新情報] - 2008.08.02 - HP更新しました!

大戦略パーフェクト3.0WEBの戦闘機、揚陸艦、ホバークラフトのデータをUPしました。
揚陸艦は頑張って全データ上げましたが
武装が少なくて殆ど手を入れなくて済んだのが大量UPに貢献しました。
戦闘機みたいに3パックとかありませんしね。
この感じだと武装パックが少なくてデータ入力量の少ない艦船から
今後は入れていこうかな、と思ってもみたり。
やっぱりデータ入力がかなり多いので少ないほど作業も楽になり、
UP出来る量も増えますしね。

それにしても…兵器データに生産国書いてよね。
マイポとかナスエルバールとか最後まで調べて生産国分らなかった(^_^;)
まあ、某巨大掲示板にお世話になって解決しましたが。
それと…採用国を探すのも大変でした。
全生産タイププリントアウトしてファイルにまとめて調べたら分りましたが
戦闘機でUPしてあったもので採用国が抜けてるの多かったです。
特にF-5EとかF-16系とか。
どちらも採用国が~14国もあってHTMLでの再現が苦労しましたが
今後もパーフェクトのデータ上げてたらこの手の問題は起こるでしょうから
避けては通れないんですよねぇ。
まあ、全生産タイプ纏めたので少しは楽ですが。

そうそう、生産タイプと言えばギリシャ、何であんなに重武装なんですかね。
ページ数が多かったしホバークラフトでポルモニクが入ってたりしたので
ちょっと驚きました。
一体何処が仮想敵なんだか。

それにしても中国もポルモニク採用してるのにデフォで入ってないけど
ギリシャは入れている辺りSSαの採用基準を疑います。

何にせよUPし終わって色々分って面白かったですヽ(´―`)ノ

(09:44) - TRACKBACK(0) - COMMENT(2)

HOME

PROFILE

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

BOOKMARKS

RECENT TRACKBACK

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。