スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、戦争だ

対グリー侵攻作戦が発動されました。
夜が明けると共に本格的に侵攻開始。
ネイビ半島を東西から攻め上げましたが
再び夜が来るまでには何とか進出ラインを
予定ラインよりやや南の線まで進めれました。
敵空軍基地の復活と共に敵戦闘機、
特にラプター等が跋扈し始めましたが
対ラプター迎撃網を張り巡らせた結果、
敵は罠にかかって次々と落ちていきました(*^ー゚)b
特に効果的だったのが水上艦の投入で、
キーロフを侵攻部隊と共に進出させた所
ステルス機探索に一役買いました。
迎撃にも大活躍で水上艦投入策が上手く行って良かったですよ。

一方、ロッシ島方面でも動きがあり、
侵攻作戦”ベイタウン”を発動させました。
本当はグリー陥落後に発動予定でしたが
待機している揚陸艦に搭載されている戦車の数が
150両を超えたので「これだけあれば一国を滅ぼせる」、
と判断してブルーネ侵攻作戦を開始しました。
幸い沿岸部を支配していたアカテ軍は少数で、
ヘリボーンで港を奪えたので近くの浅瀬共々有効に活用して
部隊揚陸を開始しています。
上陸した部隊が余りにも多数のなので海岸は部隊で埋め尽くされて
揚陸出来ない部隊がいるほどでしたよ。

久しぶりの2正面作戦となりましたが今回も上手く行きそうです。

★Color World bis ~ターン67 夜が…明けた!

前夜にも攻撃をしていたのですが
命中補正のせいで効果的な攻撃が出来ず、
侵攻は上手く捗りませんでした。
ですが夜が明ければ違います!
攻撃ヘリの対地攻撃能力も見る見る上がって
敵AFVの掃討に活躍してくれましたよ。

ただ困ったのが敵が防空SAM部隊(アベンジャー等)を多数配備しているので
思う様に空軍が攻撃出来ないのが辛かったです。
それと…ロシア戦車の耐久力の弱さが痛い。
M-1A2と撃ち合って大抵こっちが損害大ですからね。
数で圧倒したい所ですが半島は狭い隘路な為思う様に戦力を集中出来ません。
こんなに固まっている所をMLRSで狙われたらひとたまりもありませんが
幸い陸軍基地は爆撃してあるのでその心配はない、
と思ったら索敵機からMLRS6両編成発見の報が!
急ぎ攻撃ヘリを向かわせます。

次の夜が来るまでに何処まで進めるか。
時間との戦いですな。

★カリーニン戦闘大隊最後の戦闘

もう敵はいないだろう、と思っていたのにM3ブラッドレーがまだいました。
無視していますがF-16Cもまだいる(゜ー゜;)
でも流石にここまで来ましたからこれが最後の敵だと思います。

最後の戦闘、仕掛けて来ます('ω')ゝ

★Color World bis ~ターン68 ブルーネ貿易地帯近影

幸いMiG-25Rが攻撃されても無傷で生き残ったので
ブルーネ貿易地帯の状況が確認出来ました。
占領したレーダー施設周辺の画像も付けてみましたが
案外ブルーネ貿易地帯は部隊北進に夢中でがら空き?

これは用意して置いた空挺部隊を投入してみますかね。

★戦争計画

海峡突破のツェルベロス作戦に加えブルーネ侵攻作戦、
”ベイタウン”も発案されました。
ブルーネのお膝元に上陸出来て首都を攻めるのに
地形的障害はないので案外楽にブルーネを落とせるかもしれません。

まあ、油断は禁物ですが( ´ー`)y-~~

★★Color World bis ~ターン71 ツェルベルス作戦

弾道弾による爆撃が効果的で敵は効果的な反撃部隊生産が出来ていません。
海軍基地も破壊し、海路からの反撃路も絶ちました。
水上艦の護衛もあるのでグリー陥落も時間の問題かと。

それにしても・・・地上部隊と水上部隊が共同で進撃するのは
戦術的にも非常に効果的ですね。
想定外の思わぬ効果を生んだので大喜びしています。

これは今後の作戦に影響を与えそうですよ~。

★ベイタウン作戦

海岸が真赤に染まっていますがこれだけの戦力で
15ヘックス前後を進めばいいのですから予想よりも進撃は楽な感じですが、
海上では警備に当たっていたウダロイが2隻も瞬時に撃沈される事件が起きています。
一時イーロ諸島に現れた敵イージス艦の攻撃かっ!?

現地には反撃兵力としてラーダx2がいますが、
増援としてオスカーⅡも急行しています。

間に合えば良いのですが…。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ステルスの真価

ステルスが怖いと書きましたが実際どんな物なんでしょう。
と言う訳でこんな物を用意しました。

ステルスの恐怖

まず画像を見てください。
REDのSu-35x2とA-50がいます。
そして索敵範囲内にはGREENのF-15CとF-22が見えますよね?
しかしマウスを画像に合わせてみると…。

これがステルスの恐怖なんです。
AWACSであるA-50の索敵範囲内であるにも拘らず
レーダーには実際はF-15Cしか写っていません。
F-22が見えるのはF-22の性能”ステルス2”で、
2HEX以内にいるから分るのであって
その奥の機体には全く気が付く事が出来ません。
私が頭を痛めたのはこのステルス性能のせいです。

大戦略パーフェクトではこれ以外にも潜水や隠蔽と言ったステルスと同等の
効果を持つ物がありますがステルス並に厄介です。
中には隣接しないと分らない物までいるそうです。

こんなのが大量配備されていたら…
指揮投げ出して逃げ出したくなりますよねぇ┐(´∀`)┌

以上簡単な大戦略パーフェクト講座でした☆ミ

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ブログ拍手より ~7/30

・勢多さん
■Color World bisを最後までやってみての感想です。
あらゆるところに海上補給線があるため補給路の作成は
改良前よりかなり楽になっていて、
展開の速い作戦を行う時にはかなり便利でした。
また、いくつか追加された陸軍基地により
戦闘後の補充は元のより相当楽になっていました。
最初は不満だった原発も破壊しないように戦わねばならないので、
慣れればかなり楽しかったです。
MAGENTAでやってみた限りでは、改良の結果つまらなくなった点は無かったです。
あとはCOMの弱さをマップの建物配置で多少でも改善できればいいんですがねぇ… 
LAH様のおっしゃっていた敵の抵抗拠点=陸軍基地というのを生かして
何とかできないか試してみようと思っています。

プレイして頂いてブログの記事にもして頂いて有難う御座いました。
改良点が問題ない様で安心しました。
私も~bis再開しましたが、前回よりも補給路がしっかりしているので
仰るとおり楽になってますよね。
原発は破壊される可能性はあるものの、それを守る為に防空部隊を配備する、
で対処していますが新たな楽しみ増加?で良かったかも知れませんw

ただCPUの弱さだけは…我々では手を施し様がないですねぇ。
ですが陸軍基地の如何で敵の抵抗の度合いが違ってくると分かったので
マップ配置に工夫するとかで私も工夫してみようと思います。

最後までプレイして頂き感謝です!

■Vom Taktisch支援射撃
☆HPにもブログにも支援ありがとうございます! 
ネタができたらこちらからも支援したいと思います!

支援、期待してますよ~♪

■兵器画像作成
☆閉領域を使えばそれなりに楽にはなるんですけど、
最後には結局フリーハンドでの塗りつぶしとなってしまいますから、
大変なんですよねぇ。
塗りつぶすツール、欲しいですねぇ… 
SSAで詳細画像作るのに使っているソフトを発売してくれたら
7000円くらいまでなら買うんですけど。販売してくれないかなぁ…

本当、最後の塗りつぶしは大変です(^_^;)
兵器エディタで画像見ないと分らない部分もありますしねぇ。

何かいいツールがあればいいのですが…。

SSα公認兵器作成エディタ販売大賛成です( ゜∀゜)人(゜∀゜ )
てか、ソフトに添付して欲しいですw
値段上乗せでも構わないので是非とも出して欲しいですね~。

ブログ拍手、ありがとじゅしたぁm( __ __ )m

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

遅すぎたグリー攻略

カリブ海紛争が一息ついたのでColor World bisの攻略再開。
久しぶりすぎて戦局忘れてる(;´∀`A

さて、最初はダークム海峡まで部隊を進めれて、
そのままカラール諸島も占領してネイビ半島に防衛ラインを築く、
としていれば良かったのですが戦力的に2正面は無理、
とグリーが南下して来たら部隊を下げて北部を手放したのですが…失敗でした。
グリーが力を付け過ぎて今攻略を開始した頃には手におえない強敵と化してました。

その最大の敵は…F-22A ラプター!

ステルス2の脅威でこちらの航空機部隊が一方的に攻撃される事多々。
その対策として水上艦の投入やSu-33の多数配備で対抗しようとしましたが
配備まで時間が掛かり、次々と被害を受ける我が方の航空機群。
一時航空部隊を後退させようかとも思いましたが
多数のF-22以外の敵戦闘機や攻撃機A-10!が跋扈する空域を
放棄しては地上軍の指揮に係わる!
なので対抗策を講じました。
その切り札は戦略ロケット部隊”ヤガランデ”です。

トポルx2からなる弾道弾部隊に敵空港を狙わせて
敵のホームベースを奪う作戦に出ました。
その爆撃範囲はカラール諸島の空軍基地からネイビ半島の空港、
そして敵首都近郊の空軍基地まで!
徹底的に狙わせて破壊の限りを尽くしたら…敵航空機部隊が消えた!!

拠点となる基地がなくなったせいでしょうか、本当に敵航空機部隊がいなくなりました。
その間にこちらの防空対策が整ったので(ダークム海峡にはS-400他長距離SAMを
3部隊展開させて黄金三角地帯まで作った!)制空権は完全にこちらの手に。
そうしたらその後の侵攻作戦が順調に進めれましたよ。

もっともまだネイビ半島に侵入しただけですが。

でもこれ程まで弾道弾が使えるとは知りませんでした。
敵陸軍基地も狙わせてますが効果覿面ですよ!ヽ(゚∀゚)ノ
いや~、弾道弾の魔力にメロメロです(*´д`*)

難航するかと思われたグリー攻略、このままだと順調に行けそうですよ。

★Color World bis ~ターン56 航空優勢

この頃は敵空軍による航空優勢が続き、非常に辛い時期でした。
画面でも分るように戦闘機が多数飛来し、
F-22の攻撃で損害を受けた所にF-16Cが止めを刺しに来る、と言う悪夢が続きました。
ネイビ半島に侵攻するもアパッチやA-10、F-117までもが阻止爆撃に飛来し、
進撃は一向に捗らず…。

本当、辛い時期でした・゚・(ノД`)・゚・

★Color World bis ~ターン59 奇襲

ロッシ島の対潜哨戒網に敵戦闘機ラファールがちょっかいを出して来ました。
間違えて購入したIl-38 メイが撃墜されましたが敵ラファールは撃退に成功。
オマケで敵AWACS、E-2Cを2部隊撃墜。

これで少しは大人しくなるでしょう。

★北部に住む魔物

この空域には姿の見えない魔物が住むと言われています。
普段は何もしませんがいざ奥地に足を運ぼうとすると牙を向いてくる。
これまでに多数の航空機がやられています。
しかしてその正体は…。

追い詰められたラプターがこの地域の北端の空港を拠点にして
この空域を支配し、我が物顔で飛びまくってます。
これまでの戦闘経験から空軍司令部はこの地域のエアカバーを放棄しました。
代わりに地上部隊だけが派遣されてこの地域に潜む敵残存兵力の掃討に
カリーニン戦闘大隊がその任に当たりましたが
この時、この地域の戦闘が予想よりも長引こうとは誰も思っていませんでした。
そう、誰も…。

★Color World bis ~ターン62 アカテ~ブルーネ国境地帯

夜が明けたので偵察部隊を派遣するとアカテがブルーネに侵攻している所でした。
戦力的にはアカテ優位かと思いましたが
ブルーネは攻撃ヘリ、自走砲を上手く使って前線の盾である戦車、
主にAMX-30でしたが、を破壊し、その後新戦車を突入させると言う
上手い戦術でアカテを撃退していました。

新戦車、ユニットアイコンが何故かT-95の様な無砲塔戦車なのですが
それらが2部隊いるのが確認されました。
いつか戦火を交える時もあるでしょうからその時に新戦車の性能が分りますな。

★ダークム海峡~カラール諸島間の戦況

これだけ広い空域に敵航空機の姿が見えません!
制空権の確保に…成功しましたぁ!!(o>ロ<)o
これも戦略ロケット部隊のお陰ですが
でもヤガランデ部隊にはまだまだ休む暇はありませんよ。
何せグリーの次にはブルーネ、アカテ、オンレジ、シャーンと
まだまだ強敵揃いですからね!

戦いは…まだまだ序盤やや後期って感じですな。

★Color World bis ~ターン64 パルチザン

MLRSを持っていた事が分った時はびびりましたが
何とか排除に成功、したものの、敵はまだ残っています。
一体どれ程の戦力がここにいるやら。
増援としてT-90 2個中隊を増派していますがこれだけで足りるといいのですが…。

敵の歩兵としてあの戦闘工兵が隠れているのが厄介です。
空軍を派遣したい所ですが…ラプターが怖い(^_^;)
Mi-17にKa-50にと多数被害が出ているので
出来ればもう損害を出したくないから空軍は投入しない予定です。
それにあらかた敵部隊は出揃ったのでもうそんなには敵兵力は残ってない…筈。
これ以上敵が潜んでいない事を願います。

あ、ここの基地も爆撃すればよかったかなぁ。

★紅き矢

グリー侵攻作戦が開始されました!
カラール諸島の陸軍基地は爆撃したし、
西側の橋は落としたのでもうここは反攻の拠点としては使用不能。
恐らくこちらの部隊が敵首都に雪崩れ込むのも時間の問題かと。
楽観は出来ませんが基地の殆どを破壊されている以上
敵の反撃は弱まっているかと。

ここが落ちればロッシ島方面の部隊と協力してブルーネ攻略です。
いよいよロッシ島の真価が発揮されるでしょう。

★ロッシ島方面軍

グリー方面の防空体制と侵攻部隊生産が一段楽したので
漸くロッシ島方面軍の整備が出来ました。
あの悪夢の六日間で蒙った損害は驚くべきもので
部隊再建には多大な費用が必要とされました。
しかし何とか部隊再建の目途が付いたのでロッシ島方面軍、復活しました。
この方面はアカテがレーダー施設への爆撃を諦めず、
ミラージュ2000Nにより問答無用で爆撃したり、
爆撃機が毎ターン飛来して爆撃を敢行していますが
今の所防空網がしっかりしているので対地ミサイルで破壊された
レーダー施設以外損害はありません。
それに敵潜水艦の姿も見えない様子…。

このまま静かにしていて欲しいのですが
アカテがこのままで終わらす筈は無いでしょうな。
なので邪魔はしてやろう、と旧マジェンより呼び寄せた戦略ロケット部隊、
トポルx1でブルーネ貿易地帯の爆撃を行っています。
これで少しはアカテの侵攻の妨害が出来ている事でしょう。
少しでも敵戦力は低下させて置かないとね。

さて、グリーは早期に落ちるか、否か。
戦局は重要な局面を迎えつつあります。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

T-95S



前に紹介した勢多さんのHPでペジェ曲線を利用した迷彩の仕方が載っていたので
それをやってみよう、となってやり始めたんですが…失敗続き(´Д`;)ヾ
なので勢多さんのBBSに連投しまくって助言を頂き、
やっと仕上げれました、T-95迷彩バージョン♪

ついでにhakase氏のHPで改良された私のT-95の低姿勢バージョン見て、
「ティン!」と来たので車高をずっと低くしてみました。
これで大分低車高のT-95が再現されたと思います。

それにしても…最後の仕上げの背景塗りが疲れたぁ。
兵器エディターの皆さんはこんなしんどい作業をやっているのかと思うと
頭が下がります。

楽になるツールがあればいいのですがねぇ(゜ー゜;)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

戦車兵の夢!包囲殲滅戦

私の改良したマップを攻略してくださった勢多さんがまたもや凄いことをやりました。
全戦車兵の夢!包囲殲滅戦で強敵PUEPLEを破りましたぁ(*゚∇゚)=3

包囲殲滅には各戦闘大隊の緊密な連係プレーが必要で、
また餌に食らい付く敵を誘きよす戦略的後退も必要とされます。
それらを見事に実行して包囲殲滅戦を・・・大戦略で再現しました!
こりは凄い!!(o>ロ<)o

そんな凄い記事が載ってるのはこちら↓
Color World bis9
さらりとこんな凄い作戦をやってしまう辺り
勢多さんの戦術指揮能力の高さはハイレベルだなぁ。
RED攻略時は双頭の蛇だったしぃ。

見習わなきゃ(≧▽≦)ゞ

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

勢多さん’s T-95

相互リンクしている勢多さんのHPでT-95を製作しています。
画像は軍事研究の資料を元にしてあるので未来チックな感じになってますが
私もこのタイプは学研の本で見た事があります。

出来上がった画像はこちら。
勢多's T-95

そして何とPixiaを使用しての作成過程までHPにUPされてます!
こりは是非とも見に行くしか~!!(;゚∀゚)=3

リンクからも飛べますがここからも飛べまーす。
Vom Taktisch

Pixia、これを機に勉強しようかな(*'ω')

そして何とhakase氏のHPでもT-95祭りが開催されてますw
機動旅団さんも混じってのお祭り騒ぎ♪
こちらも是非とも行って見て下さ~い。
Hakase's Laboratory

オーバーロード作戦、開始!

漸く揚陸部隊が到着したので”オーバーロード”作戦発動です!
もう既に前哨戦は始まっていましたが地上部隊の上陸は始めて。
その上陸時刻が丁度夜になってしまい、
視界の低下から遭遇戦の危険が増しましたが
索敵機からの報告では敵影なし。
ならば・・・と上陸を強行。
まずは空挺部隊がロスロケス諸島を制圧し、
次にヘリボーン部隊がマラカイボ、プントフィホを占領、
そして…補給ラインが繋がった!
これならば行ける!!と次々と上陸部隊をLCACで揚陸。
幸いGREEN軍の抵抗は殆どなく、揚陸は成功に終わりました。
奇襲は大成功です!!!

困ったのは揚陸部隊を二つに分けてグアヒラ半島からもLCACで揚陸させたら
主力の左翼の戦車が少なくなってしまった事ですかね。
ですがそれでもM-1A2が8部隊いたので楔の威力は低下せず。
それにかなりの数の空軍が支援に付いたので
敵の抵抗は殆ど排除出来ましたから8部隊でも多いぐらいでしたよ。

敵の主力はT-55、64数部隊でT-80は1部隊だけ。
これらも空軍と海軍でぼっこぼこにしたので戦車部隊の損害は皆無。
殆ど無傷で敵首都まで到達しましたが
障害となったのは道路の引かれていない凍結地形だけでしたね。
敵首都上には前回と同じくMLRSが置かれていましたが爆撃で無力化。
また、海空軍基地も爆撃して破壊したので敵は効果的な反撃戦力を
整えられないまま崩壊。
あっという間でした。

幸い敵は残った海軍基地から潜水艦を生産する事もなかったので楽勝でした。
もっとも、沖合いにはヴァージニアx3、ポセイドンx4が待機していたので
生産した所で行動は出来なかったでしょうけど。

大成功に終わった”大君主”作戦。
丁度西部でもYELLOWを落としたので残るはCYANのみ。
最後の大攻勢、仕掛けますよ~Ψ(`∇´)Ψ

★カリブ海紛争 ~ターン100 グアテマラ最後の抵抗

短射程のMLRSを多数用意してこちらの空軍を困らせましたが
こちらもお返しで射撃位置に付いたMLRSの一斉射を食らわせたら
A-10とM-1A2の攻撃でボロボロになっていた敵は壊滅。
一気に敵戦線が崩壊しました。
そこからは地道に施設を占領しながら進み、
敵に視界を与えない様にしつつ歩兵を守りながら進んだら…
進撃部隊、敵首都到達♪
YELLOWは降伏しました。

半島の付け根に陸軍基地、プエルトバルオスがあったので抵抗は激しかったですが
巡航ミサイルで破壊したら敵の反攻力が一気に落ちて来て
敵の反撃が弱くなり、自然と敵の抵抗も弱まりましたが
最終的には戦線右翼が突出して敵首都にまで進撃しました。
首都周辺に基地がない場合はCPUの抵抗力を削ぐみたいですねぇ。
やはり陸からの主攻勢は陸軍基地からの様で。

もっとも、敵陸軍基地周辺は損害を受けた部隊で大渋滞でしたが(゜ー゜;)

どちらにせよ、陸軍基地は破壊して置いたほうが良い様で。

★カリブ海紛争 ~ターン101 ”OVER LORD”作戦発動!

折角今までの2倍弱の戦力を用意したものの、
第2梯団上陸前に戦闘は終わってしまいました。
ちょっとがっかりでしたが第2梯団が必要なほど敵戦力がいても困る訳で(;´∀`A
上陸作戦の戦力整備は中々難しいですなぁ。

因みに艦載機部隊の物資補給用に用意した空母とアパッチ、無人偵察機も
無駄に終わりました。

これらの整備に数ターン費やして作戦開始時刻を遅らせたのに…。

本当、部隊整備は難しいです┐(´∀`)┌

PS.奇襲前提とはいえ本格的戦闘になる事を考慮せざるを得ないので
これは致し方なかったかと。
もし本格的にGREENが抵抗して来たら…と言うIFもありますしね。

★カリブ海紛争 ~ターン103 グアテマラ降伏

敵の抵抗は半島付け根の陸軍基地が破壊されてから減少を続け、
首都近郊では殆ど抵抗を見せませんでした。
やはり敵の抵抗の拠点は陸軍基地か?

自作マップで基地作る時にこれを基準にしてみます。
なるべく敵侵入経路に基地がある様に配置。
これで最後の抵抗力がかなり違ってそう。

★上陸4日目

主力は敵首都近郊まで、右翼はグアヒラ半島の線を突破するまで前進しました。
これも奇襲効果が大きかったお陰ですが、こんなにも上手く行くとは
予想していなかったので司令部は安堵の溜息で埋め尽くされました。

やはり奇襲上陸ポイントの選定は間違ってなかった!
やるね!自分!!(爆)。

★カリブ海紛争 ~ターン104 東の覇者、ベネズエラ軍の凋落

今回からやった敵基地の空爆作戦が上手く行って敵は殆ど抵抗出来ませんでした。
一部敵地上部隊が出て来ましたが、丁度地上部隊が敵首都進攻に
到達した時に巡航ミサイルが基地に着弾して敵は敵は抵抗力を失って敗北。

爆撃作戦、効果絶大だなー(;゚∀゚)=3

これからも採用しようっと。
終盤に使うと凄い効果があるや。

★反攻するベネズエラ軍

勢多さんのブログでも指摘されてましたが
CPUは主攻勢部隊の一部を首都が狙われたら戻すルーチンが在るようです。
なので始めて、特に航空機部隊に損害が出ました。
しかし首都が落ちたので敵の抵抗は消滅しましたが
画面をよく見るとブラックジャックがいます!
急ぎ撃墜しましたがこいつの対地ミサイルは強力なので
警戒網に引っ掛かって早期に撃墜出来て良かったですよ。

折角物資がたんまりある施設を破壊されたら…。
あんまり嬉しい状況ではないですね。

★カリブ海紛争 ~ターン106 パナマ共和国

最後に残ったパナマのインド軍。
前回の様に艦隊を沢山作っているかと思ったら
索敵機からの報告では主要艦艇見つからず。

これならば挟撃で楽に倒せそうですよ。

★戦争計画

東西から挟撃を行うのですが上陸出来なかった第2梯団をどこへ揚陸するか。
これが上手く行ったら戦局を有利に変えれそうですし
攻略ターン短縮にも繋がりそうです。

さて、何処に上陸させるかな(・w・)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

上陸戦団出港!

漸く上陸船団が揃いました!
時間が掛かりましたが収入が9万近くあるので割合楽に揃えられました。
ケチケチで相場100%以下の時にしか兵器は購入しませんでしたけどねΨ(`∇´)Ψ
出来上がった部隊はこちら。

第一梯団
・サン・アントニオ
シーキングx1
M-1A2x2、補給車x1
LCACx2(M-1A2x2、装甲HMMWVx1、LAV-25x1[特殊部隊x1])

・ワスプ
AH-64D ロングボウアパッチx2
VM-22 オスプリx2(特殊部隊x4)
M-1A2x1
LCACx3(M-1A2x3、装甲HMMWVx1、LAV-25x1[特殊部隊x1]、アベンジャーx1)

・ホイットビー・アイランド
M-1A2x2
LCACx4(M-1A2x4、装甲HMMWVx1、LAV-25x1[特殊部隊x1]、アベンジャーx1、
ストライカーATGW)

第二梯団
・サン・アントニオ
シーキングx1
M-1A2x2、補給車x1
LCACx2(M-1A2x1、パトリオットPAC3x1、装甲HMMWVx1、LAV-25x1[特殊部隊x1])

・ワスプ
AV-8B ハリアーⅡ
AH-64D ロングボウアパッチx2
VM-22 オスプリx1(特殊部隊x2)
M-1A2x1
LCACx3(M-1A2x2、補給車x1)

・ホイットビー・アイランド
M-1A2x2
LCACx4(MLRSx1、補給車x1、ストライカーMGSx1、装甲HMMWVx1、
LAV-25x1[特殊部隊x1])

・輸送艦
M-109A6 パラディンx4、工作部隊x4

空母艦隊
・キティホーク(混成支援部隊)
F/A-18E/F ホーネットx3、RF/A-18x2、EA-18x1、E-2Cx1、シーキングx1

・エンタープライズ(混成支援部隊)
F/A-18E/F ホーネットx3、AV-8B ハリアーⅡx1、RF/A-18x1、EA-18x1、E-2Cx1、
シーキングx1

・ニミッツ(対地対艦担当)
F/A-18E/F ホーネットx7、シーキングx1

・ニミッツ(防空担当)
F-35C ライトニングⅡx6、MV-22 オスプリx1(特殊部隊x1)、シーキングx1

・エンタープライズ(対地支援、偵察担当)
AH-64D ロングボウアパッチx4、RQ-1 プレデターx4

支援艦隊
タイコンデロガx1、アーレイ・バーク フライトⅡx2
ヴァージニアx6
補給艦x2

支援航空部隊
U-2x4
KC-135x3
ポセイドンx4

空挺部隊
C-130H ハーキュリーズx2(空挺部隊x4)、C-160x1(空挺部隊x2)

前回やって知りましたがロスロケス諸島を制圧しないと補給ラインが
マラカイボまで届かないので空挺部隊による制圧作戦が求められます。
これを速めにすべきでしたがこの方面にはラプターがないので
敵戦闘機の迎撃を恐れ、また敵艦隊、潜水艦の有無が分らないし
防空担当のF-35Cを載せた空母の到着の遅れ、
空母に搭載出来る無人偵察機の存在を知らなかった等
上陸前のゴタゴタで司令部は大混乱状態だったので
この諸島の敵制圧作戦はやっと始まったばかりです(;´∀`A

幸い敵艦隊は小規模で、ロスロケス諸島に展開していた敵部隊も少数だったので
空母搭載のホーネット達やイージス艦群の艦砲射撃で排除出来てます。
また、揚陸ポイントのマラカイボ周辺には敵がいない事も分りました。
このまま行けば上陸作戦は上手く行きそうですが楽観は出来ません。
前回の様に艦隊急造なんかをして来ないとも限りませんしね。
揚陸船団の早期集結が求められます。
高速移動で向かわせます!('ω')ゝ

あ~、艦隊集結まで心休まらないぃ(´Д`;)ヾ

★カリブ海紛争 ~ターン86 ユカタン半島に展開する部隊

部隊が整備されるまではラプターで絶対防空網を展開して守っています。
A-10も上空待機して地上部隊を守ります。

それにしても…ベリーズ軍がユカタン半島を制圧してなかったし、
キューバ軍も余り施設を整備していなかったので各基地の物資が少ないです。
その為給油機が大活躍してます。
燃料補給だけなら給油機で済みますしね。
この機体は鹵獲した物なのですがここでこんなにも役に立つとは。
でも早めに補給ラインを確保して各施設をフル稼動させなきゃ。

じゃないと給油機の補給で物資がごっそり減る罠がw

★ロスロケス諸島方面

敵部隊が展開しているのはオラニェスタート。
実はここ、補給ラインの要なんですよ~。
ここを獲らないと…補給ラインが繋がらない。

早めに何とかせねば( ̄~ ̄;)

★出港する上陸船団

やっと揃った上陸船団。
展開する地域が今までの倍なんで部隊も倍にしましたが…
そこまで用意する必要あったのかは…実戦で分るでしょう。

★カリブ海紛争 ~ターン96 激突!ポプトゥ空港の戦い

ユカタン方面軍は部隊が揃ったので進撃を開始しました。
敵の抵抗は頑強で進撃速度は上がりません。
敵は陸軍基地が近くにあるのを利用して続々と部隊を送って来ます。
急遽ヴァージニアを建造してトマホークを撃ち込む用意をしました。
艦隊も整備したい所ですがそろそろ部隊数制限が…。

今部隊数が240まで来てますが、LCACが結構な割合を占めてます。
なので上陸作戦成功後は早期に解散させて空きを確保しますが…
まだ上陸作戦は先なので暫くはこのままで行くしかないですね。
もっとも前回は64部隊で行けたので行けない筈がない!

死力を尽くします!

★ロスロケス諸島前哨戦

夜が明けて索敵範囲が広がったら以外に敵艦隊、
と言っても輸送艦ですがいる事が判明しました。
このままいて海上視界を広げられても困るので撃沈せねば。

上陸船団第一梯団は漸く画面右上に。
OVER LORD作戦、発動間近です。

何か盛り上がって来た~!!(*゚∇゚)=3

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ブログ拍手より ~7/21

・JAS様
■自作マップ
☆たぶんこのマップは島と島の間隔が広すぎなようなので、
COMはなかなか侵攻してくれないとは思います。
COMにいかに侵攻させるか、
これが大戦略パーフェクトマップ作成の肝になります。
なにせルーチン弱いですから(笑い。

貴重なご意見ありがとです~_(。_。)_

マップ作る時に128x128じゃなくて198?のでかいサイズにしてしまったので
ちょっと広すぎたなぁ、って思っていたのでこれを機会に縮小してみようと思います。
でも設定として最初の島の国以外は思考タイプ”防御重視”で
プレイヤー国を旧宗主国であるアメリカ(MAZENTA)が
独立を阻止する為に罠を幾重にも張り巡らせてある、
と言う世界観があるので別に侵攻して来なくても良いんですよ~。
むしろ篭ってくれている方が良い。
誤解を招かないように設定を書いておくべきでしたね(゜ー゜;)
すいません~(´Д`;)ヾ

でも他の自作マップの方々が大陸と大陸の間を狭くしている訳が分りました。
CPUに攻め込ませる為なんですねぇ。
教えてくれるまで気が付きませんでした。
今度大陸マップを作る時は参考にしてみようと思います。
助言ありがとじゅしたぁ♪

■タランタルx2、ラジプットx3、ゴダヴァリx1、オーサ?x3、コーラx1、デリーx2、
そして空母ヴィクラマディチャx1。
☆大艦隊ですね、というか、よくこんなに溜まってしまって…、困ってしまいますね…。

始め見た時は吹き出しましたが、次第にその艦隊の全貌と
沈めても沈めてもまた生産して投入してくる姿を見て焦りましたヽ(;´Д`)ノ

ここまで艦隊偏重生産をする国なんて始めて出会いましたよ。
でも…一味違った戦いが出来たので楽しかったですけどヽ(´―`)ノ

■本当、大変でしたヽ(;´Д`)ノ
☆やはりインドは侮りがかったですね。
自分で使うとニコニコ(笑い。

準先進国で生産タイプも強力なので侮りがたい相手ですね~。
流石インド!でした。

PS.自分で使うと本当、ニコニコですな( ゜∀゜)人(゜∀゜ )

■弾薬も残り少なく危険な状態でしたしね。
☆インド相手に64部隊…、悪夢ですね…。

部隊制限がなければもうちょっと潜水艦を投入して
楽が出来たんですが…もう部隊数制限一杯で…(-_-;)

次回からは本当、部隊数制限はよく見るようにしますわ。

■敵は電子戦機を巧みに使い、妨害をかけてくるので 
☆COMルーチンは電子戦機使うの大好き(笑い。

よく飛ばしてきますよね。
それで結構上手く使ってくるので腹立たしかったりw
「ここに偵察機飛ばしてなかったっけ?」
と不思議に思ったらジャミングかけられて視界1とか多々ありますよ。
最初は夜になったかな?などと勘違いしてましたがw

落とすのが大変なので嫌いです、電子戦機('з')

■夜間戦
☆あらぁ、夜間ありルールですか…。
こんなに広くて64部隊なのに…。

夜間あり、最近慣れて来たので楽しめる様になりました(*^ー゚)b
いつも昼も良いですけど夜間戦もおつなものですよ~。
攻勢開示時刻とか決めれますし。

■結構激戦だったんですねぇ。
☆マジで…、大変でしたね。

はい、超大変でしたヽ(;・ー・)ノ
でも終わってみたらかなり楽しめたので良いマップでしたよ。
って事でまたやってますw
今度は部隊数制限弄くってъ(`―゜)

■それに空軍機が優秀
☆イスラエルも敵にすると、やたらF-15は飛んでくるし
メルカバは堅いしでやっかいな相手なんですよねぇ、
メルカバ5,6部隊が束になって出てこられて苦戦したことが前にあります。

イスラエルのF-15やF16は優秀ですよね~。
タイフーンで相手して五分でしたからかなり手強い相手。
そして鬼戦車メルカバ。
数部隊でも苦戦するのに6部隊も来たんじゃあ
相手にとって…手に余ります(・w・)
攻撃ヘリ呼んでも中々潰せませんしね。

イスラエルは強敵です~。

PS.イスラエルが相手の時はドルフィン艦隊も出没の可能性大ですよね。
よく固まってるので探索は容易ですが…掃討戦が大変です(゜ー゜;)

■青の迎撃範囲は敵にとっては厄介な存在だったらしく、 
☆皆で文句つけた結果か、
今のルーチンは迎撃範囲を確認するとよけるんですよね。
いいことです。
でも兵力があると弱よわ機でも突っ込んできて、
プレイヤー機を撃墜に追い込んだりします。
これもいいことです。

CPUが良い動き見せますけど、これはこれまでのプレイヤーの方々の
熱意あるクレームの結果だったんですねw
つまりSSαにメール送るのは無駄じゃないって事ですか。

私も不満点送ろうっと(☆∀☆)

■WAH-1 
☆アパッチがプレイヤー側にあるかないかはゲームの難易度を変えますね。
昔、射程2便利すぎ論争なんてのもありましたっけ。

大戦略Ⅶでも反則気味だと騒がれてました。
確かに強力ですけど対抗策がない訳ではないので
私はこれで良いと思いますけどね。
PC同士だとバランスに問題ありかもですが
不利な状況を克服して形勢を逆転させるのが好きなので
アパッチを敵に回した時は…全力で挑みますよぉ。

フィンランドで中国破ったので怖いものはないです( ´ー`)y-~~

■トライスターK1 
☆給油機ですね。
となるとどドイツがぁ…。

都々逸ないから大変ですよね。
幸いタイフーンにトーネードは航続距離が長いので
問題は無さそうですが…やはり長距離侵攻は苦手かも。
揚陸艦も無いから上陸戦も厳しいし…。

まあ、お国柄しょうがないですけどね。

■チャレンジャー2改 
☆私、かなり好きです。
なんですが、セガスーパー大戦略の感覚で使うと、なんだか燃えやすい気が…。
これでも大戦略パーフェクト上では最強クラスなんですがね。

例えが古いですねw
分る私もアレですがw

アイコンのカッコ良さといい保有弾数といいパーフェクト屈指の戦車ですよね。
相手にはしたくない戦車ですよ~(^_^;)

■特殊部隊、補給車 
☆なんか地味ですね~(笑い。すいません…。

いえいえw

陰で支えてくれる部隊が好きなので
いつも私のランキング、特殊ですよね?w
前回は陰のNo.1工作部隊とかあったし…w

でもマップではこれらのお陰で作戦が大成功に終わったので
評価したくなるんですよ~(o>ロ<)o
地味な正確の私にもぴったりですし(爆)。

また特異ランキング乱発すると思うのでよろしくです~w

■デアリング 
☆強力で好きです。
でも大戦略パーフェクトでは、イージス艦にある艦隊防空の
ECM範囲が付いていないのが納得しかねるところです。
敵にすると超嫌な船です、誰かさんの某マップで大量に出てきて
ウンザリしたことがあります。

確かにアメリカと日本以外のイージス艦(ザクセンとか)にも
何故かECM範囲付いていませんよね。
軍事雑誌では世界のイージス艦と言ったら必ず雑誌にこれらも載るのに。

こうやってえこひいきするからイージス艦強すぎ論争が出るんですよねぇ。
バランス感覚をSSαには持って欲しいですね。

■と言うかデアリング以外まともな艦艇がイギリスにはない
☆うう…、悲しいです。
だいたい大戦略では、ほかの国が経済力関係なしに有力兵器を持ちすぎで…。
少量配備でも生産タイプに入るお陰で
英国より遥かに弱い国がタメ張ってしまうので悲しいです。

実際に生産されている数が数十機しかにのに
大戦略では生産数制限ないからプロトタイプみたいな優秀な兵器があるだけで
それが優遇されて大量生産可能なんですから
バランス感覚何てあったもんじゃないですよねぇ。

好きな兵器を好きなだけ運用出来る楽しさも分りますが
実際に照らし合わせて生産数制限かけるルールもあった方がいいかと思います。
そうじゃないと74式戦車やAMX-30B2なんかの存在価値が…。

■VTOL空母インビンシブル
☆なぜか大戦略パーフェクトでは買ったことがないです…好きなんですが、
VTOL機がゲームでコストパフォーマンスが悪いせいですか。

VTOLを大々的に使ったことが無いのであれですが
コストパフォーマンス悪いですかねぇ?
まあ、迎撃範囲のある無しで戦闘機の価値が変わるので
VTOL作るぐらいなら戦闘機か戦闘爆撃機、
となってしまいがちだから
そう考えるとコストパフォーマンス悪いかもですねぇ。

■潜水艦トラファルガー
☆これも実艦は好きなんですが、ゲームでは潜水3でこのお値段。
どうも印象悪いです。
潜水ルールが変で、SSA社が価格のバランス感覚が皆無なので、
原潜がやたら使えない仕様が問題なのだと思っています。
というか毎回改善を要求してます。

原潜とか不勉強でよく知らないのですが
JAS様が仰るならそうでしょう。

私もSSαに改善要求出せるぐらいに原潜使ってみなきゃ!

・ミラー様
■T-95
☆おぉ!作っちゃいましたか!
う~ん…3.0でも買うのが得か…
あっ!先に資料を買い漁らねば!

資料、そろそろPANZERとか軍事研究辺りに出そうですよね。
でもまだ写真も出回ってないから資料集めは大変そうです(;´ρ`)

PS.旧ソ連にありがちな対独ソ戦戦勝記念パレードとかで
赤の広場で公開しそうですよね~。

早く走り回る姿を見てみたい物だ(´∀`)=3

■Su-25TM
☆ロシア兵器の改良が続きますねぇ。
そういえば、ホーカムとハボックの対戦車ミサイルの射程が短かった気が…
ホーカム搭載に至ってはヘルファイアより射程が長いというのに…

ロシア兵器に限らず結構冷遇されているのが多い気がします。
SSαのアメリカ優遇策にはちょっと反対してしまいますよ。
まあ、エディットで弄れば問題ないのですが…
でもデフォであるのとないのでは印象が違いますからね。

■AT-16 Vikhr
これがKa-50のミサイルでしたっけ?
ネットで探してもあんまりデータが出て来ませんが
射程30kmって資料はありましたよ~。
フライトシムのゲームデータでしたが。

こりはもう3.0買ってエディットしてウハウハするしかw


今回も沢山のブログ拍手、ありがとじゅしたぁm( __ __ )m

PS.JAS様、メールありがとでした~。
後日お返事しますね!(*^ー゚)b

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

スレッジハンマー作戦発動!

今度こそColor World bisのターンなんですが
上陸戦に嵌ってしまいましてまだカリブ海やってます。
一息ついたと思ったら大規模上陸作戦計画しちゃって止まりそうにありません。

暫くはカリブ海紛争になりそうです~(;´∀`A


★カリブ海紛争 ~ターン65 攻撃開始前夜

スーパーハンマー作戦と同じ手順で行きます。
編成は変わらずそのままの兵力で攻め、
足りなくなったら現地で生産、で行こうと思います。

夜が明ける数ターン前に無人偵察機部隊は基地を飛び立ち、
A-10他地上支援部隊も予め飛び立って攻勢準備位置に着きました。

さあ、後は夜が明けるのを待つのみ。

★カリブ海紛争 ~ターン66 夜が…明けた!

攻勢開始です!
無人偵察機部隊が敵領土内に侵入しましたが敵守備部隊は少ない模様。
これならばスーパーハンマー作戦程苦労する事は無さそうです。
待機中のターンの様子を見る限りユカタン半島制圧と
MAZENTA空爆に夢中のご様子。

ちゃ~んす!(☆∀☆)

★カリブ海紛争 ~ターン69 上陸4日目

殆ど抵抗も受ける事無く無事揚陸完了。
内陸への侵攻は恐ろしいほど順調です。
地上支援部隊はMLRSを徹底的に潰しているのですが
この方面には少数しか配備されていなかったので
すぐ目標が戦車部隊に指向され、
これまた徹底的に破壊されています。
お陰でこちらの戦車部隊は殆ど無損害です。
ティーガーやガゼルが対地攻撃しに来ますが
ラプターの迎撃に遭って次々と落とされていって
空からも効果的な反撃は出来ない様子。

これならば夜になっても優勢に進めれそうですよ。

★カリブ海紛争 ~ターン71 上陸後、初の夜間戦闘

侵攻部隊はフロリダまで進撃し、道中の都市も完全に制圧しています。
今回はヘリボーン部隊が囮でやられる事も無く、
占領行動に専念出来ているのと、
揚陸部隊のLAV-25搭載の特殊部隊が多数展開しているからです。

今回ほど歩兵部隊を大量に投入した事はありませんでしたが戦術として効果的ですね。
敵の都市を放置したまま進撃していくと侵攻部隊は施設の視界で丸見えとなって、
よく敵のMLRSなんかがこちらの部隊の集結している痛いポイントへ
撃ち込んで来たりするのですがそれが今回は防げてます。
敵砲兵の照準は主に前線の戦車に向けられている模様。
この状態ならば電子戦機のカバー下にもあるので後方は比較的安全地帯になります。

この戦術、覚えて置こうと思います。

★カリブ海紛争 ~ターン76 終局への攻勢

敵戦車が多数首都に近づくにつれやって来ましたが
全部A-10やアパッチの攻撃にボロボロにされ、
そこへこちらの完全10両編成の戦車に突っ込まれて
成すすべなく全滅しています。

ヘルファイヤにマーベリック様々ですよ。

それにしても…CPUはMLRSが好きですねぇ。
潰しても潰しても次々と現れます。
それでも全部見つけ次第攻撃してダメージを与えているので
10両フル編成の砲撃は食らった事がありませんが
それでも無防備な歩兵に損害が出ています。
全滅しないだけましですが、やはり撃たれると心理的ダメージが大きいですね。
あの子弾炸裂の音とエフェクト、あんまり好きじゃないです。
イラク兵が「鋼鉄の雨はやめろ!」と叫んでいた気持ちが分りますよ(-_-;)

さて、ここまでの間で面白い事が起きました。
何とORANGEコロンビアのスペイン軍がGREENベネズエラのロシア軍に、
MAZENTAベリーズのイギリス軍がREDキューバのフランス軍に滅ぼされました。
パーフェクト3.0やっててCPUがCPU潰したの始めて見ましたよ。
今回のカリブ海紛争は前回と様子が違っていて、
これ以外にもCYANパナマのインド軍がかなりコロンビアや
コスタリカに侵攻していたりしています。
同じマップでもこんなにも状況が変わる物なのか、
と驚く反面、楽しんでいますがCPUも結構やるものですねぇ。

キューバ侵攻が楽だったのはREDキューバ、フランス軍がベリーズ攻略に
戦力を向けて攻略にご熱心だったからの様ですな。
戦闘機が殆ど飛んでこなかったので航空機は殆どユカタン半島へ集中していた模様。
今回は海軍が少数しかいませんでしたが、
小さなフリゲートの艦隊がジャマイカ沖に現れたりと
REDは戦力をちょっと分散し過ぎている気がします。

まあ、そのお陰でユカタン半島への上陸戦をしなくても
無傷の陸軍基地を手に入れられので南米侵攻は楽出来そうです。

このターンから数ターン後の夜になる前にキューバは降伏しました。

★戦争計画

ユカタン半島からの侵攻は陸軍基地からの生産分で補います。
ラプターにA-10を全部支援に向けたのでそう苦労せず
部隊が整い次第進撃出来そうですが、
旧キューバ軍が破壊尽くしたベリーズを復興させねばならないのと
補給ラインをしっかりと整備しないといけないので
当分は防御戦しか出来ないと思います。
何せ新たに侵攻計画、”オーバーロード”を立案したので。

ユカタン半島からじっくり攻めても良いのですが
それだと前回と同じでツマラナイし、
折角海がこんなにも広がっているのだから利用しない手立てはない、
と言う事で大規模上陸作戦を仕掛けます。
上陸ポイントは遠路ベネズエラの都市マラカイボ周辺へ。
ここは大きくなり過ぎたGREENを側面から突ける絶好のポイント。
奇襲効果も大きいので成功した暁には一気に戦局を変えれるでしょう。
また、ユカタン半島からの侵攻部隊とでパナマのCYANを挟撃も出来る!

でもその分準備が大変で、揚陸艦だけは準備出来ましたが
空母が後3隻ぐらいは必要な感じ。
まあ、キューバも併合したので収入は増えましたから
何とかなるでしょ~。

さあ、部隊整備に励まなくては!(*゚∇゚)=3

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

Su-25TMを作ろう!

カリブ海紛争の上陸戦においてA-10の対地攻撃能力の高さに
驚き、歓喜した訳ですが、
ライバルのSu-25がぞんざいな扱いになっている事を思い出して
兵器エディタで弄くって見ました。

改良点は対地ロケットなんて要らんから対地ミサイル装備させろ!ヽ(`Д´)ノ ですw
戦闘国家ではAS-10 カレン装備してて対地攻撃に
A-10には劣るけど奮戦していましたからね!

そこでKh-25 AS-10 カレンに付いて調べてみると…(括弧内はAGM-65 マーベリック)

・全長4.04m(2.49m)
・直径27.5cm(30.5cm)
・翼幅53cm(72cm)
・発射重量300kg(307kg[F/G型])
・射程2~20km(1~40km)
・弾頭90kgHE(300lb WDN-24/B前方ファイアリング爆風貫通爆頭[E/F/G型])

マーベリックが小型で高威力なのと比べハイテク関係で遅れを取るロシアの
カレンは大きくて非力ですね。
この点は戦闘国家でもマーベリックが対装甲6に対しカレン5と差があります。

このKh-25を射程2にしようと思ったけどマーベリック半分以下だから無理ですね。
所でKh-25は誘導方式によって射程が違ってくるらしく、

・ラジオ指令 8km
・レーザー誘導 10km
・TV誘導 2~20km

となってるそうです。
レーザー誘導用のKh-25MLを運用するにはレーザー誘導シグネチャーポットが
必要だそうですがSu-25は標準であるので要らないそうです。
TV誘導型は電子光学的昼光TVシーカー・バージョンのMTで、
Su-25のアビオニクスなら大丈夫っしょ。

因みにKh-25は第五世代のKh-36&38に置き換えられて行くそうです。
もう古いって事ですかねぇ。
でも調べても資料出て来ない(´・ω・`)
じゃあ、Kh-25で行くか、と思いつつミサイル事典をパラパラめくったら…
Kh-29 AS-14 ケッジ って対地ミサイル発見!
データを調べたら

・全長3.87m
・直径38cm
・翼幅110cm
・発射重量657kg[ML型]
・射程3~30km(T型)
・弾頭317kgHE・HE成形炸薬/爆風

と、マーベリック並みのミサイルだった!!
これにゃ~!!!(☆∀☆)

って訳でKh-29 ケッジ搭載のSu-25MTを作りますよぉ。

★Su-25 デフォルト画面

これを基本に弄くって行きます(`・ω・´)

★武器作成

編集→新規武器編集を選択

★データ入力

マーベリックを参考にしてデータを入れて来ます。
命中率は3%落ちぐらいに。
射程は2にしちゃいます。
30km飛べば十分でしょ~。

補給時に掛かるコストですが
AGM-65 マーベリック 64.560$
Kh-29 ケッジ 65.000$
と変わらないので同じに。
因みにKh-25 カレンは55.600$だそうです。

武器サブ名称でエラーが出ましたが、ケッジと入れればいいにょかな?('ω')

★Su-25MT作成

んでは本格的に弄りましょう。
編集→兵器作成ウィザード起動です!

★名称入力

試作機のSu-25Tを単座にしたのがMTだそうです。
外貨獲得の為に輸出用にも力を入れた機体だそうですが
モンキーバージョンじゃないよね?
輸出型はSu-25TKらしいし。

ここまで来て訂正を。
正しくはSu-25TMでしたヽ(;´Д`)ノ

後で直しますが記事はMTのまま行きますw

★武器変更

武器以外変更しないので”次へ”を押していって武器設定にまで進み、
武器を変えます。
変更するのは対地ロケットを、と思ったけど爆弾2種もいらないので
1000lbs爆弾をKh-29に変更します。
武器選択で一番下に来てるKh-29を指定したら…
先程の武器サブ名称が”ケッジ”になってる!?(°m°;)
そこでマーベリックみたら”aATM”となってるのでこれに変えます。

武器編集で変えれるから間違ってても安心ですにゃ。

★弾数設定

A-10がマーベリックを3発搭載なんですが
今回Su-25に搭載するKh-29は重量が670kgとマーベリックの2倍もあります。
そしてSu-25の兵装積載量は4.400kg(A-10は7.260kg)しかない。
パイロン考えてR-60x2(65kg)+Kh-29x2(1.340kg)で1.470/4.400kgで
機関砲抜きで33%占める計算に。
A-10がAIM-9Px2(78kg)+AGM-65x6(921kg)で1.077/7.260kgで15%。
A-10、流石ですがSu-25もこんな物でしょう。

って事でKh-29を2発搭載にします。

★完成

Su-25TM完成です~(*゚∇゚)=3

ここまで書いてKh-29を搭載のPackにしたら速度低下させようかと思ったけど
誘導爆弾と1000lbs爆弾が同じ威力って事は恐らく同じ重量(約500kg)で
それでどちらにも速度低下無いのでデフォのままで良さそうですね。
燃料が大分変わるけど、ミサイルは爆弾程空気抵抗ないし
速度低下を起こさないのでこれもデフォでいいかと~。

所でSu-25は概して足が短いのですが、アリアドネの本に
「A-10の様に低バイパス費のターボファンエンジンでないから
滞空時間が短い」との記述があったので燃料を増やす事は諦めました(。_。)
そのA-10ですが、戦闘行動半径が460kmとSu-25の1.250kmよりも短いけど
滞空1.7時間、フェリー航続距離が何と3.950kmと化け物なので
パーフェクトでも燃料90と高レベルの保有量を誇る訳で。

エンジンが変わらない限りSu-25の足は伸びそうにないです(゜ー゜;)

因みにSu-25のエンジンはアフターバーナー無しのターボジェットエンジン、
推力44.18kNのR-195だそうです。

ロシア航空業界、頑張れぇo(`ω´*)o

PS.次回はSu-34に対地ミサイル装備出来る様にしてみたいですね。
誘導爆弾だけじゃ勿体無いから。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

T-95修正

ダメ元で切り貼りしたら・・・ギザ取れた!ヽ(゚∀゚)ノ

んで、修正版でふ。


T-95のCGみたら砲塔側面にミサイルポットと
チャフ/フレア?発射機みたいなのが付いていたので
てけとーに付け加え、後スモークディスチャージャー設置、
砲塔を削って車高低めに、とやりました。

後兵装でロシアと言えば砲塔発射ミサイルだろう、とAT-10追加。
それとCGではT-72M2みたいに20mmクラスの機関砲が付いてるのでそれも追加。

弄って分りましたが・・・兵器エディタたのちーw

これでしっかり描ける様になれば最高なんですが…道は通そう(´Д`)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

フォトショップで遊んでみた

チョールヌイ・オリョールを改造してT-95を作ってみた。

出来たのがこれ↓


一回目出来た時は後部取り付け式燃料タンクが半分に切れてて
やりなおしたら・・・ピンクのギザが取れない(ノд`)カコワルイ

使ってるソフトはフォトショップですが、最初は綺麗に切り抜けて
ギザギザがないバージョンも出来たのですが…一回でやり方忘れちゃった┐(´∀`)┌

まだまだ兵器へディタは使いこなせないなぁ(´・ω・`)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ブログ拍手・WEB拍手より ~7/19

・ミラー様
以前コメントに書き込ませて戴いたミラーです!
いよいよ、大戦略パーフェクト3.0DXとかが楽しみになる記事が出ましたね♪
これを機に大戦略パーフェクト買うかな…T-95に西側戦車並の防御力を求めて!(爆)

T-95の記事は本当、血湧き肉踊りました。
3.0で陸自の新戦車来てたから3.0DXではT-95、
期待出来そうでうすよね!

★パーフェクト3.0
この機に買っちゃいましょう!ヽ(゚∀゚)ノ
DXのT-95待てないなら自作してもいいしw

★耐久度
多分T-95は投影面積も考えると防御高めだろうし
装甲を車体に集中出来るだろうから西側並みになると思うのですがねぇ。

ダメなら…兵器エディタで弄くれば問題にゃし!(えー

☆WEB拍手より
一体いつになったら鋼鉄の新作が出るのでしょうか・・・

コーエーが路線変更して「売れてる」シリーズ以外は
リリースしない、との情報を入手しています。
私はもう諦めて大戦略やってますが新作は…絶望的かも。
家庭用ですらリリースされませんしねぇ。

★JAS様に緊急機密通信
コメントありでした~。
貴重な情報をありがとです♪

こちらでもこれからもよろしくですよ~(^O^)

オペレーション”スーパーハンマー”発動!

本来ならColor World bisのターンですが
ちまちまと時間取ってやるなら上陸戦の準備しよう、
とカリブ海紛争やってました。
そうしたら上陸戦までやってしまった(^_^;)
何せ下準備したら血が滾ってw

準備出来た上陸船団はこちら
■上陸部隊
・北部上陸軍
旗艦:ホイットビー・アイランド
☆ホイットビー・アイランド
M-1A2x1
補給車x1
LCACx4(M-1A2x4+LAV-Mx2+装甲HMMWVx2)

・南部上陸軍
旗艦アーレー・バーク フライトⅡ
☆ワスプ
AH-64Dx2
VM-22x2(特殊部隊x4)
M1A2x1
LCACx3(M-1A2x3+LAV-25x2(特殊部隊x2)+装甲HMMWV)

☆輸送艦x2
M-1A2x6
M-901 ITVx2
アベンジャーx2
工作部隊x2

☆サン・アントニオ
M-1A2x2
補給車x1
LCACx2(M-1A2x2+特殊部隊x2)

■上空支援軍
F22A ラプターx1
A-10C サンダーボルトⅡx6
AV8B ハリアーⅡx3
F/A-18E/F スーパーホーネットx3
RF-18x3
EA-18Gx1
RQ-1 プレデターx4

■対潜部隊
シーキングx4

■陽動部隊
CH-130H ハーキュリーズx3(空挺部隊x6)

■支援艦艇
アーレイ・バーク フライトⅡx1
ヴァージニアx1
補給艦x1

これだけが36ターンまでに準備出来ました。
上陸開始は夜が明ける45ターンから。
さあ、果たして今回の上陸戦は上手く行くのか?
ロッシ島の教訓は活かされるのか?

悲劇が繰り返されない事を願って…。

★カリブ海紛争 ~ターン26 駆逐されつつあるキューバ展開部隊

前回ならこの頃には上陸戦が終わり、
キューバへ展開していた頃ですが
今回はじっくり上陸部隊を生産していたので
キューバ方面は敵キューバ軍が準備を整え、
反撃の攻勢に出ていました。
キューバ展開軍は蹴散らされ、占領した施設には容赦ない爆撃が。

★カリブ海紛争 ~ターン33 ゲリラ戦

最後に残った歩兵1部隊には何とかして生き残って貰おうと
小半島の林に隠れましたが敵のジャマイカ空爆部隊に見つかり、
全滅してしまいました。
そして数ターン後にはジャマイカも空爆を受けて完全破壊されました…。
貴重な収入源が断たれたのです!

今回のカリブ海紛争ではキューバ軍は前回と違った行動を見せ、
ユカタン半島への爆撃を行わずに
全て東の私の占領地域に指向してきました。
グアテマラ軍に奪還されたバハマも例外ではなく、
徹底的に爆撃されました。

どうもベリーズのイギリス軍の展開が遅く、
ユカタン半島は殆ど中立地帯のままです。
その為爆撃目標を失ったキューバ軍は
持てる戦力全てをこちらに向けたようです。

迷惑な話だ(´д`)

これで1万を超えていた収入が7000台にまで低下したので
空母建造は遅れそうですよ。

★キューバ軍、ジャマイカ空爆

先行偵察で偵察ヘリが来て、
その後空爆が始まりました。
そして前述の様に焦土と化しました…。

★カリブ海紛争 ~ターン36 茨の海岸線

上陸軍は揚陸ポイントへ向けて移動を開始しましたが
偵察機からの報告ではこの様に海岸線にびっしり敵軍が
展開しているのが分りました。
前回よりも遅めの上陸なので敵も防備を固めている時間が増えたとは言え
ここまで多いとは…。

これでは揚陸が出来ない!

MLRSも多数いるし上陸戦は危険な賭けになりそう(ーー;)

★戦争計画

冗談半分でディエップ上陸戦の作戦名を付けたら
まじで史実通り失敗しそうな危険をはらんだ上陸戦になりそうな悪寒。

だ、大丈夫だよねヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

★カリブ海紛争 ~ターン46 作戦名を改め”スーパーハンマー”作戦に

鉄槌を下すべく上陸軍は揚陸ポイントへ着いた各部隊は上陸を開始しました。
先程よりも敵が増えているようですがここまで来たら引き下がれない!
やるのみです!!

★カリブ海紛争 ~ターン49 上陸4日目

苦戦されると思われた上陸戦ですが上手く行きました。
前回の教訓を活かし、まず手始めに航空軍が
MLRS、自走砲等上陸部隊、艦艇に損害を与える間接部隊に攻撃。
これらの無力化に成功しました。
そして今回の作戦を成功に導いたのが陽動作戦と北部からの上陸。

まず陽動ですが、島の南北の2箇所に空挺作戦、西にヘリボーンを
仕掛けたのですが空挺は不発に終わり、
1機のC-130は遭遇戦で降下作戦前に落とされてしまいました。
それでも首都北の都市サンティアゴデロス、南東のレカイ制圧に成功。
敵部隊の一部を引きつける事に成功、したものの
海岸線の上陸部隊は微動だにせず。
ただ敵が各地に配備した防衛部隊の出動を促しただけでした。

これではいけない、と島の東部へヘリボーン作戦を仕掛け、
イグエイ空港を占領した所こちらには敵が食いついて来た!
海岸線の一部の部隊が東へ移動しました。
そしてMLRS制圧が終わった空軍を集中的に浅瀬の一箇所に集中。
海岸線の制圧を行いました。

同時期、北部から上陸部隊が揚陸開始。
ここには浅瀬がありませんが…こちらにはLCACがある!
平地がある事を利用して豪快に上陸戦を展開。
敵首都北部の制圧戦に乗り出しました。

この方面の旗艦、ホイットビーアイランドですが
何とLCACを4部隊も搭載出来るのです。
なのでM-1A2と言った重車両を4部隊も陸揚げに成功。
これが敵首都防衛部隊にじわじわと打撃を与えたのです。
そして陽動で降下した空挺部隊と合流。
補給車を陸揚げ出来ないので一緒に北部を制圧して
物資を奪おうとしたのですが・・・敵SIDAM-25の地上掃射で全滅。
それならば!と虎の子ヘリボーンVM-22 オスプリを北部へ回し、
北部の都市制圧作戦に向けました。

上陸3日目、海岸が掃討出来て来たのでLCACを1部隊づつ上陸開始。
敵海軍基地の奪取に成功しました!
ここからは敵潜水艦が1隻出港しましたが潜んでいたヴァージニアの魚雷で轟沈。
待ち伏せしておいて良かったですよ。

南部の上陸はLCAC主体で行われ、最終的に4部隊が揚陸に成功。
空軍と共同で海岸線の突破口の拡大に努めました。
また、海軍基地と港を制圧出来たので揚陸艦達を入港させて
搭載していた全部隊を放出しました。
ここまで殆ど一方的に攻撃して突破口を開けたもの空軍、
特にA-10Cとアパッチの対戦車ミサイルのお陰。
また海岸線に陣取った硬い工作部隊にはA-10の30mmガトリング砲が
効果覿面でした。

やっぱ対地ミサイルを運用出来る機体は強いなぁ。
それと30mmガトリング、鬼w

北部と南部から挟撃した結果、上陸4日目で敵首都を占領。
作戦は大成功に終わりました(*^ー゚)b

効果的だったのは空軍でMLRS等間接射撃部隊に損害を与えて
上陸軍に反撃させなかったのと、同じく敵自走砲の殲滅でした。
これによりLCAC、海岸線に近づいた揚陸艦は敵の砲撃を受ける事無く
安全に揚陸出来ました。
それとやはりLCACの存在が大きい。
特に北部など揚陸ポイントがない場所から上陸出来たのは凄かった。
何せ敵はここからは揚陸して来ないだろうと守備はがら空きでしたからね。
それに機動性の良さを生かし、
海岸戦に強襲上陸出来るのも素晴らしかった。
もっとも、これは敵自走砲を潰した空軍のお陰と
制圧した海軍基地による所が大きいですが。
収容してしまえば占領されない限り一切損害は受けませんからね。
前回は揚陸中に襲われて戦車諸共撃破されるとかありましたが
これならば耐久度の低いLCACでも生き残れます。

海軍基地、爆撃しなくて良かったw

その後輸送艦も着岸出来て揚陸はスムースに行きました。

また、ここまで上手く行ったのは多数飛ばせていた偵察機による敵情報告が
あった事も忘れちゃダメですね。
無人偵察機は内陸奥部まで侵入して正確な敵情を知らせてくれました。

ただ失敗したのが陽動の空挺作戦。
敵が防備を固めている場合は余り効果は無いようです。

各港や海岸線はびっしり敵部隊で埋められており、
空いた場所を選んで降下しましたが、結果的には各地に展開している
地方の敵守備部隊を動かしたぐらいしか効果が無かったです。
海岸線の敵部隊は本当、微動だにしませんでしたよ。

でも唯一陽動で成功したヘリボーンは効果的に敵を引きつけました。
1部隊は全滅しましたが残りは山に逃げ込み、
戦闘が終結するまで抵抗を続け、生き残りました。

思うに陽動は上陸地点近くで行われないと効果がなく、
それも何ターンも生き残らないと効果が現れない様です。
そして生き延びて戦果を拡大するには上陸軍との連携が必要で、
支援もせず全滅覚悟でやるとアッサリ全滅して意味も無くなるようです。
ただでさせ防御の弱い空挺部隊ですから尚更です。
それに比べ特殊部隊は頑強に抵抗しましたから
やはり陽動を行うなら特殊部隊によるヘリボーンが良いのかもしれません。

もっとも、予定通り空挺部隊が撃墜されず4部隊降下したら違って来たかもですが…。

□上陸戦まとめ
1.空軍は敵MLRS等間接部隊を先に潰す。
2.その後海岸線の障害を排除する
3.ヘリボーンを効果的に行って陽動を成功させる
4.偵察機(無人機が望ましい)を多数飛ばせて敵情を正確に把握する
5.LCACを積極的に運用する
6.敵空、陸軍基地は爆撃等で無力化する
7.揚陸ポイントは手薄なポイントを狙う事

こんな感じでしょうかね。
今回は空軍が大活躍で助かりましたよ。
やっぱり空からの支援は大切ですな。
それとLCAC!
もうこれなしでは上陸戦は語れない!!ヽ(゚∀゚)ノ

PS.LCACは上陸戦に必須と判断したので各生産タイプに入れる事にします。
これがあるなしでは作戦の幅が段違いなので。
それに…ホバー運用能力があってLCACが生産タイプにないないて
おかしいですからねぇ。

★戦争計画

次はキューバ侵攻です。
偵察機の報告では上陸地点には敵影は少ししか見えないのですが
我がキューバ展開軍を駆逐した敵部隊は何処へ行ったのやら。
ヘリボーンで一気に基地制圧して強引に行きたい所ですが…
やはり無難に上陸戦を仕掛けましょう。


頭痛の種だったPURPLE上陸戦が終わったので
安心してColor World bisに打ち込めますよ。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

主要国の揚陸艦性能


時間があったので主要国の揚陸艦の性能を調べてみました。

★日本
・おおすみ(価格30.000) ヘリx1、重車両x2、車両x1、ホバーx2

完全10機編成のヘリを搭載出来るのが強みかな。
重車両がx2と少ないけどホバーx2で実質重車両x4だから平均か。

★アメリカ
・ワスプ(65.000) VTOLx2、ヘリx2、重車両x1、ホバーx3

この搭載性能には驚愕!実質ヘリ空母かと思いきや
ホバーx3で重車両は4部隊も搭載出来る!!
こりはサン・アントニオばっかり生産してる場合じゃないぞぉ(;゚∀゚)=3

・サン・アントニオ(55.000) ヘリ(4機)x1、重車両x3、歩兵x2、ホバーx2

こいつについてはもう書いたけどヘリも搭載出来たのね。
でも4機編成だから偵察か対潜ヘリに限定されるけど。

★ロシア
・イワン・ロゴフ(22.000) ヘリ(4)x1、重車両x3、車両x1

着上陸侵攻作戦を意図していた国の割には平均以下かな、の性能になってます。
まあ、旧ソビエトには一杯揚陸艦やホバーがあったので問題無かったのかな。
(ロプーチャ、アリゲーター、ポルノクヌイ、アイスト、レベッド、グス)。
値段もそれ相応な感じだし。
でもホバー運用出来ないのは痛いなぁ。

プーチンのロシア海軍増強計画には新型揚陸艦の建造入ってたかしらん('ω')

★イギリス
・アルビオン(32.000) ヘリ(4)x1、重車両x4、車両x1、ホバーx2

重車両を6部隊も運べるのは凄い!(*゚∇゚)=3
こりはワスプに次ぎ優秀かも。

★フランス
・ミストラル(45.000) ヘリx2、重車両x2、車両x1、ホバーx2

10機編成のヘリを2部隊搭載出来て重車両x4の運用能力は平均以上!
2006年12月に就役と新鋭艦ですが流石ですな。

★イタリア
・サン・ジョルジョ(28.000) ヘリ(4&2)x2、重車両x3、軽車両x1、歩兵x1

通常車両ではなくて”軽”車両なのでちょっと運用に制限が。
オマケにホバーを運用出来ないのが痛い。
値段の割には優秀かもだけど…。

★インド
・ジャラシュヴァ(26.000) ヘリ(4)x2、重車両x1、車両x1、軽車両x1、歩兵x1、ホバーx1

どのタイプも運用出来ます!ヽ(゚∀゚)ノ 
ってやったら中途半端な性能になったって感じでしょうか。
まあインドにはまだマガールがあるから何とかなるかな、安いし。
元アメリカの揚陸艦だしねぇ。

★中国
・玉庭(12.000) 重車両x2、車両x1、軽車両x1

性能的には「う~ん」ですが値段が超安いので数でカバーかな。
この値段は破格でしょうw

★韓国
・独島(42.000) ヘリx1、重車両x1、車両x2、軽車両x2、ホバーx2

ヘリx1、車両x2搭載可能なのでイマイチ。
軽車両分には歩兵乗せてもいいけど肝心の重車両が…
LCACをデフォで運用出来る数少ない国ですから優秀だけど…
でも…韓国専用KLCACは重車両積めないのよね。
って事は重車両はx3ではなくx1………。

ちょっと韓国では上陸戦したくないなぁw
もしかして大外れ?w

■ホバークラフト

★LCAC(4.000) 重車両x1、軽車両x1

運用出来るのは日米のみ。
だからあるだけでも他国よりも価値が上がります。

★ポモルニク(12.000) 重車両x1、車両x1、歩兵x1

価格が通常の3倍もするホバー。
何と中国の玉庭と同じ値段です。
LCACの弱点に航続力の弱さがありますが(燃料60)、
こいつは180と3倍もあるので問題なし。
しかも耐久度が15と通常(8)の約倍。

実際に運用してみてLCACは敵自走砲の攻撃で一撃で沈みましたが
15もあれば何とか耐えれるレベルか?
でも速めに収容部隊を排出した方がよさげですにゃ。

因みに積んでる補給物資も通常の倍(4)。

倍々尽くしですなw

★KLCAC(3.600) 車両x1、歩兵x1

韓国専用LCAC。
値段が少し安くて燃料も多少多いけど…重車両運べないのは痛すぎる。
まじ韓国で上陸戦は苦労しそうです(^_^;)

■海上を航行するLCAC

こういう機動性のよさがLCACの売り。
自ら海上から発進して平地へ上陸出来るし。
重車両も運べるしね。

これがあるからパーフェクトの上陸戦は楽しいのです(´∀`)
戦闘国家の部隊x4ってのは楽で良いかもしれないけど
パーフェクト特有の制限下の中で色々とやり繰りして
上手く部隊を捻出する事が…無常に楽しい(*゚∇゚)=3

止められない止まらない、パーフェクトの上陸戦♪

■性能諸元

・おおすみ
排水量14.000t 基準排水量8.900t 全長178.0m 幅25.8m 吃水6.0m
出力26.000馬力 速力22ノット 兵装20mmCIWS2基 乗員135名
揚陸部隊330名 戦車10両 LCAC2隻

・ワスプ
満載排水量40.650t 全長258.2m 幅42.7m 8.1m
出力70.000馬力 速力22ノット 兵装シー・スパロー短SAM2基
RAM2基 20mmCIWS2~3基 25mm機銃3基 乗員1.123名
揚陸部隊2.000名 LCAC3隻 ヘリコプター42機 VTOL6~8機

・サン・アントニオ
満載排水量25.885t 全長208.4m 幅31.9m 吃水7.0m
出力40.000馬力 速力22ノット 兵装発達型シー・スパロー短SAM VLSx1(16セル)
RAM2基 30mm機関砲2基 乗員360名
揚陸部隊720名 LCAC2隻 高速両用戦闘車14両 ヘリコプター1~2機

・イワン・ロゴフ
満載排水量14.060t 全長157.5m 幅24.5m 吃水6.5m
出力39.998馬力 速力19ノット 兵装SA-N-4 1基 SA-N-5 2基 76mm速射砲1基
122mm対地ロケット40連装発射機2基 30mmCIWS4機 乗員239名
揚陸部隊522名 戦車20両 ACV型揚陸艇3隻 ヘリコプター4機 

・アルビオン
満載排水量18.500t 全長176.0m 幅28.9m 吃水7.1m
出力16.320馬力 速力18ノット 兵装30mmCIWS2基 20mm機関砲2基 乗員325名
揚陸部隊305名 車両67両 LCAC2隻 LCVT Mk5型揚陸艇4隻

・ミストラル
満載排水量21.600t 全長199.0m 幅32m 吃水6.2m
出力20.400馬力 速力19ノット 兵装ミストラルSAM1基 30mm機関砲2基 乗員160名
揚陸部隊450名 装甲車両60両 CTM型揚陸艇4隻 ヘリコプター最大16機

・サン・ジョルジョ
排水量7,960t 全長133.3m 幅12.9m 吃水?m
出力16,800馬力 速力20ノット 兵装76mm機関砲1基 25mm機関砲2基 乗員163名
揚陸部隊400名 員輸送車36両or戦車30両 揚陸艇3隻 ヘリコプター4機

・ジャラシュヴァ(旧米オースチン級)
満載排水量17.244t 全長173.8m 幅30.5m 吃水・7.0m
出力24.000馬力 速力21ノット 兵装20mmCIWS2基 25mm機銃2基 乗員420名
LCM6型揚陸艇9隻 ヘリコプター1機(米艦時代の性能)

・玉庭
満載排水量4,800t 全長130m 幅16m 吃水3.0m
出力9,600馬力 速力14ノット 兵装37mm連装砲3基 乗員104人
揚陸部隊250名or戦車10両 小型揚陸艇2隻  724型エアクッション揚陸艇 2隻
ヘリコプター1機

・独島
満載排水量19.000t 全長200.0m 幅32.0m 吃水6.5m
出力41.615馬力 速力22ノット 兵装RAM1基 30mmCIWS2基 乗員400名
揚陸部隊700名 戦車10両 LCAC2隻 ヘリコプター10機

・LCAC(Landing Craft Air Cushion)
排水量約100t 全長24.7m 全幅:13.3m
出力16,000馬力  速力40ノット以上 乗員5名
揚陸部隊180名 積載能力 最大約75t

・ポモルニク
基準排水量480t 満載排水量535t 全長56.2m 幅22.3m 吃水2.0m
出力50.000馬力 速力55ノット 兵装9K310イグラ1M携帯SAM4基 AK-630 30mmCIWS2基
144mm連装ロケット弾発射機2基 乗員31名
揚陸部隊360名 主力戦車(MBT10両)3両or歩兵戦闘車8両(BTR10両) 
積載能力 最大150t

書いてたらワクワクして来たw
嗚呼、大規模上陸戦した~い(*´д`*)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

T-95情報キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!



こちらのサイトで記事が上がってます。
★くろいああめ、あかいほし

週間オブイェクト

当初の予定より1年遅れて2010年配備予定で
主砲は…何と135mm砲!
152mmとも騒がれたようですが135mm砲が確実な様で。
でもそれでも凄いですよね、135mm砲だって。

現代大戦略2009か3.0DXが楽しみになって来たぁ(;゚∀゚)=3

カリブ海紛争 再び

夜10時から0時まで寝てしまったら目が覚めて寝れなくなったので
何しようか迷ったんですが、取り合えず今日は大戦略やってないので
少しやるか~、と少しやって来ましたw

それで宣言していたカリブ海紛争の部隊制限解除版を少しやりましたが
64部隊では128x128マップじゃ少な過ぎるので
250部隊程に増やして、後初期資金を各国2倍に。
それでも10万しかないからいきなり揚陸艦建造は難しそう。
何せサン・アントニオやタワラが55000ですからねぇ。
最初は少しでも資金を増やす為にヘリボーン作戦する必要があるし
島の防備も固めないといけない。
でもまあ、10万あれば十分ヘリボーンと島の防衛の準備は出来そうですな。

さて、始まったらまず首都防衛のラプターx2とヘリボーン部隊を作ったんですが
どうせ全滅するから、と特殊部隊じゃなくて安い歩兵に。
輸送ヘリもCH-47じゃなくてCH-46。
基本はケチケチ作戦ですw
そうじゃなきゃ揚陸艦建造資金を捻出出来ませんからね!

その後は潜水艦対策にシーキングを4部隊生産。
でも、相場が200%まで上昇してしまったので高い買い物に(つд・)
かといって作らない訳には行かず…。

後ペトリオットPAC3も2倍の値段で買わされましたよ(゜ーÅ)

その後はケチケチ作戦再開。
相場が100%以下じゃないと兵器は買わない!
とやっていたらサン・アントニオに搭載部隊、LCAC付きも1隻分揃えられました(゚∀´)b
このホバークラフト、LCAC搭載艦の利点として
重車両を通常より大目に搭載出来る利点があります。

例えばサン・アントニオは重車両x3、歩兵x2、LCACx2搭載可能なのですが、
これだけだと重車両は戦車3部隊だけと、思われそうですが
何とLCACは重車両x1、歩兵x1搭載可能なので
合わせると重車両x5、歩兵x4を積めます。
何と輸送船の重車両x8にちょっと匹敵!
これで浅瀬から上陸出来て、LCACは海上から発進可能なんですから
LCAC搭載可能揚陸艦はかなり使い勝手が良い兵器なんです。

なので前回はサン・アントニオを沢山用意して…ってやっていたら
部隊数制限に引っ掛かって(揚陸艦+戦車x5+歩兵x4+LCACx2で
13部隊も占めてしまうから)泣く泣く折角作った揚陸艦を処分して、
上陸支援の空軍を作る事に。

もう、64部隊制限は絶対少な過ぎるって('з')

今回は制約がないので(250と十分ある)思う存分作ってやりますよ~ヽ(゚∀゚)ノ
と思って資金を貯めていたら敵艦ルイージ・ドゥランド・デ・ペンスがやって来た!
今度は潜水艦作って来ないのか!?(;°ロ°)

仕方ないので潜水艦ヴァージニア作って攻撃に向かわせ、
魚雷で轟沈させてやりましたが…揚陸艦建造計画が遅れる~(´Д`;)ヾ

ま、潜水艦も必要だから結果おーらいか。

取り合えず揚陸艦3~4と護衛艦隊、上空支援部隊が出来たら
侵攻しようと思います。

それまでは質素に過ごしますわ~( ´ー`)y-~~

★カリブ海紛争(再) ターン12 バハマ、キューバヘリボーン作戦

前回と同じ様に収入UPの為にヘリボーン作戦敢行。
今回はキューバ奥地までも占領部隊を送りますよ~。

★ジャマイカ空挺作戦

忘れちゃいけないのがここ、ジャマイカ。
都市が3つもあるから是非とも制圧して置きたい場所。

ここは空挺部隊で占領します。

★カリブ海紛争(再) ターン14 PURPLEのキューバ侵攻

お隣のPURPLEもキューバにご関心があるようで
部隊を送って来てます。
更に折角占領したバハマにまで!
そして遂にキューバ軍の侵攻が始まったのでキューバ侵攻軍は挟撃されましたが…
隠蔽を利用してゲリラ活動してやるぅ。

★戦争計画

バハマは奪還すべきか迷いますが、取り合えず静観します。
首都からも遠いしね。
代わりに輸送艦を使ってジャマイカ西のケーマン諸島占領をしたいと思います。
後々使う時もあるだろうから先に手を打って置きます。
ってここ、輸送艦で着岸出来るんだろうか?ヽ(;・ー・)ノ

しまった、地形よく見とくんだった(;´ρ`)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

勢多’s Color World bis

私が3.0対応にした”Color World bis”を
相互リンクしている勢多さんがプレイしてブログに取り上げてくれています。
今度はマジェンのフランス軍を担当。
道路が多いから、と自走砲等を装輪車両主力にするなど
私なんかじゃは思いも付かない知的なプレイを展開しております。
そして何とレッダスを挟撃して双頭の蛇作戦(勝手に命名)を成功させて
早くも降伏させてます!素晴らしい!!(o>ロ<)o

そんな凄いプレイレポは観れるのはこちら↓
Vom Takisch

是非ともご覧になって下さい( ´∀`)/~~

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

航空電撃戦

カリブ海紛争、終わらせて来ましたぁ。
ファン倶楽部では150ターンが攻略の目安、
との事でしたが121ターンで終えれました(*^ー゚)b
パナマ運河で足止め食らった時はどうしようかと思いましたが
その後の2カ国の攻略が割合スムーズに終わったので
時間短縮出来たようです。
もっとも最後は敵大艦隊に遭遇して大変でしたが。

それではクリアーまでを振り返ってみましょう♪

★カリブ海紛争 ~ターン106 コロンビア侵攻

コロンビアはスペイン軍でしたがそれ程さしたる抵抗も受けずに攻め滅ぼせました。
でも攻撃の主力は殆ど空軍で、地上軍は間に合いませんでした。
首都近郊に自走対空ミサイルロランが陣取ってましたが
A-10のマーベリックで攻撃してたら対した損害も受けずに撃破。
その後A-10やアパッチで首都周辺を掃討後に
ヘリボーン仕掛けて首都占領して終わり~。
その頃地上部隊は…パナマ運河を越えて少し前進しただけでした(゜ー゜;)

この航空機だけによる電撃戦によりコロンビアは降伏。
これが攻略ターン短縮に貢献した模様です。

それにしても地上軍、本当出番ないな~。
やってる事と言えば燃料補給ぐらいだぞぉ。
こりゃ給料泥棒だな('з')

★カリブ海紛争 ~ターン107 戦争計画

航空部隊とヘリボーン部隊は北のルートで進撃し、
マラカイボの空軍基地の奪取を行います。
同時に軍事橋の制圧も。
それとGREEN海軍に備えF/A-18E/F部隊は対艦兵装でカリブ海に向かいます。
多少なりとも敵は艦艇を作っているでしょうから。

地上部隊は二つに分けて北と南のルートで敵首都カラカスに向けて進撃。
問題は空軍の動きについて来れるかですが
ここまで来たら給料分は働いて貰います!Ψ(`∇´)Ψ
全速力で東へ!!

★カリブ海紛争 ~ターン110 敵艦隊発見!

予想通り敵艦隊発見です。
編成はスラヴァx1、ウダロイx1、タランタルx1と小規模。
これなら問題はありませんが…敵は資金を30万も持ってます。
これらを何に使ってくくるかで今後の戦闘の帰趨が決まって来ますねぇ。

まあ、多分航空機だろ(´ε`)y-~~

だがベネズエラ軍司令部は恐るべき行動を取った。

★カリブ海紛争 ~ターン116 地獄の園

見て下さい、この赤い何重にも囲まれた迎撃網を!!
何と敵司令部は残った資金を全て艦艇建造に投入して来ました!
こちらの艦艇はタイコンデロガx1、ヴァージニアx1、補給艦x1のみ。
ホーネットは8部隊用意しましたがこれ程の数では…。

ただこれだけ海軍を増強したので空陸軍部隊への増強が間に合わず、
敵戦車はT-72やT-62を投入してくる有様。
お陰で陸軍(ここに来て漸く出番来たw)は楽をしましたけどね。
それに上空支援の戦闘機がいないからこちらの空軍は暴れたい放題。
主にA-10&アパッチ部隊が大暴れでラプターは失業w
地上部隊は北部と南部から攻め上げてましたが
敵都市を奪取しながら進んでいったのが功を奏して
敵は艦隊建造で資金を失い、更に都市を奪われ収入を失いで一気に貧乏国家に。
これでは効果的な反撃も望む事叶わず。

一方、海上では熾烈な艦隊戦が繰り広げられて、
ホーネットは最大射程でハープーンを撃っていたので損害は軽微でしたが
海軍は敵陣深く忍び込んだヴァージニアが3隻撃沈と引き換えに沈没。
Aランクで開戦当初から戦っていた優秀な潜水艦でしたが
失われてしまいました(ノд`)

そして虎の子タイコンデロガも参加しての大海戦の結果、
敵のキーロフx5、スラヴァx3、ウダロイx2、A・クズネツォフx1、
タランタルx2、スチレグスチィx2、キロx1、輸送艦x2を撃沈。
大戦果を上げました(゚∀´)b

不幸中の幸いだったのは敵が潜水艦をキロ級1隻だけしか建造しなかった事ですね。
対潜のポセイドンは2部隊しかいなかったので
もし大量にヤーセン級とか建造されてたら対処出来なかったですよ(;´∀`A

でも、そうして来たらもう無視して放置作戦が出来るんですがね(*´艸`)

何はともあれ敵大艦隊撃滅に勝利の雄叫びを!

★カリブ海紛争 ~ターン120 包囲網

出番ないかと思われたMLRSの一撃を皮切りに
A-10やマーベリックが敵を掃討。
そして切り開かれた道をM-1A2が突っ込んで行って敵首都まで進撃。
次ターンに特殊部隊が首都を制圧してカリブ海紛争、64部隊制限編終了です。
最後の敵大艦隊殲滅に手こずり、占領したマラカイボの空軍基地の物資は
15まで低下して危険な状態でしたが、何とか物資が尽きる前に終えられて一安心ですよ。

このマップ、64部隊制限なので工作部隊は2部隊しか作る余裕はないし
破壊された建物は沢山だしで補給ライン引く暇無かったので
案の定補給ライン関係の評価は”E”w
でも部隊数少ないから本当、引いていられないですよね~。
それに終盤敵のブラックジャックが対地ミサイルで都市を破壊して
焦土作戦仕掛けて来て、空港に着陸したてのF-22x2、A-10x2が消滅すると言う
悪夢まであったからまじ補給ライン引いていられなかったです(;´ρ`)

だからこそ次回は350部隊制限ぐらいにして大部隊率いてやっちゃるヽ(`Д´)ノ
2正面作戦も大規模上陸作戦もやってやりますよ~(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)

でも…また最初の数十ターン、艦隊整備で待たされる訳だw

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

グリー帝国の本気




お爺ちゃんを今日は遠くの病院まで連れて行く日なのですが
出発時間まで少し時間があったので続きをちょっとだけプレイ。
グリー侵攻軍はダークム海峡まで辿り着きましたが…
上空ではSu-33が視界外からAMRAAMを一方的に撃ち込まれて大損害ヽ(;´Д`)ノ
F-22、3部隊もすでに展開していたよぉ(゜ーÅ)
そして画像の様に…B-52Hが2機どこかへ向けて飛行中。
傍若無人にも我が装甲師団の上空を通過して…。

防空部隊!防空部隊はどこじゃあ!!(`Д´≡`Д´)??

グリー、力が付く前にイエロンより先に落とせばよかったのかも(-_-;)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ブログ拍手より ~7/11

・JAS様
■空挺部隊に輸送機大活躍でしたね!
☆そういえば、空挺作戦って一度もやったことないです。
なんか失敗しそうで。
空挺戦史からは成功するには地上侵攻の重装備部隊と
「リンクアップ」が肝だと昔読みました。
そのリンクアップがダメだった代表例がマリタ・メルクールだそうです。
(あと、もちろんマーケット・ガーデン)
しかしLAH氏、成功させちゃったんですね(笑い。

運べる装備が限られているので空挺作戦って名前からして失敗しそうですよねw
実際、輸送機で運べる空挺部隊と車両だけでは敵が反撃して来たら
ひとたまりもなくやられそう(゜ー゜;)

よく戦史では空挺部隊が先に降下して交通の要所、十字路なんかを確保する、
とかありますけど連合軍優勢だったノルマンディでさえ失敗してますしね。
これもJAS様指摘の「リンクアップ」が出来なかったからですが
非常に難しいんでしょうね、地上部隊との連携が。
その最たる例が仰るとおりマーケット・ガーデンで、
映画の邦題の和訳が優れてると今でも思いますが
”遠すぎた橋”って良い訳ですよねぇ。
昔ボードゲームでやった時に体感しましたが
英第1空挺師団と第30機甲旅団との距離が…本当に遠かったヽ(;・ー・)ノ
「辿り着けるかぁ!(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻」
と本気で投げ出したくなりましたよw

メルクールはちょっとドイツ軍、調子こいてた、
ってのが無きにしも非ずなのでアレですが
空挺部隊だけで侵攻したのが無理があったし重装備を確保出来なかったのと
敵機関銃の制圧射撃に負けたんでしたっけ?
う~ん、戦史忘れて来た、勉強し直して来まふ('◇')ゞ

さて、作戦は成功しましたが奇跡的に空港が生きていたって言う幸運と
キューバのフランス軍にユカタン半島北端をほぼ破壊され尽くしていたので
ベリーズが放棄していたから抵抗が無かったから、の二点に尽きます。
もし抵抗されていたら…失敗していたでしょうね。
もっとも、上空支援のF-22&A-10コンビに
勝てる相手はそうそういないでしょうけどΨ(`∇´)Ψ

作戦名、不吉かとは思ったんですが不吉だからこそ付けるべきだ、
と思ったのでメルクーアにしましたw
二度ある事は二度とないといいますしね(えー

■大西洋に空母シャルルドゴール、巡洋艦ジャンヌ・ダルク、駆逐艦カサール、
フリゲート艦デチアン・ドルプが出現! 
☆強力な敵艦隊が!おーこわ、です。

敵は二つも有力な艦隊を投入して来たので一つは壊滅させましたが
もう一つは相手にするのが面倒だったので
サクっと首都占領して消えて貰いましたw

本当、お~こわ、でした(;'ω')

■所でこのウダロイは唯一の射程4の対潜ミサイル装備艦で
☆そうなんです、よくお気づきで。
大戦略パーフェクトではどうも搭載数が少なめで
継戦能力に難があるのは勿体ないです。

オマケに”外れる”と言うオチも付きますしね(-_-;)

ウダロイは戦闘国家で大活躍だったのでしっかり記憶してました。
珍しいですよね、艦対潜ミサイル搭載なんて。
他の水上艦は潜水艦に攻撃する場合は肉薄しないとダメなので
このミサイルは重宝するだろう、と思ってたら一発目大外しで思わずこけました。
でも射程4は貴重なので是非自作生産タイプに入れたいですね。

現用のウダロイは後期型だったかな、このミサイルを外して
ソブレメンヌイみたいに対艦ミサイル装備艦にしてるそうです。
もしかして運用に問題があったかもですねぇ。
一時話題だった潜水艦発射の対空ミサイルみたいに(´д`)

■でもCPUが珍しい事をしたのでちょっと楽しかったり。
☆めったにないんですが、稀に1個だけ作るときがありますね。
?配置されてたのかな。

部隊配置はしていなかったので生産して設置したみたいですよ~。
本当、珍しいですよね。

これが毎回だったら少しは攻め甲斐があるんですが('з')

■潜水艦の耐久度、高すぎです。~ バランス、修正して欲しいですね。
☆まったく仰るとおりです。

深海を航行している潜水艦が耐久度半分までのダメージを受けて
平気で行動しているなんて普通考えられませんものね。
こりは是非とも修正して欲しいですじゃ。

■もっとも艦艇は耐久度により戦闘能力が低下する、
と言うルールがあれば問題ないのですがねぇ。
☆何度もお願いはしてるんですがねぇ。

このままだとパーフェクト15.4SP1DX辺りで実装でしょうか(゜∀。)ウヒャ

■アクラとかは高すぎるから(^_^;)
☆やはりそうなりますよね。
コスト意識が働いてしまう。

少しでも安く、それでいてそこそこの性能、
だったら妥協して一ランク下のを生産してしまうものですよね。
高級品は…趣味か資金が潤沢な終盤辺りじゃないと中々投入出来ませよね~。
万が一失った時のショックもでかいし(;´ρ`)

ゲームでもハイローミックスは有効な運用(節約)術ですな。

■64部隊と指揮総数は少ないけど案外作戦の幅、広いじゃん。
☆結構楽しそうでなによりです(笑い。

住めば都って奴ですな。
手足を縛られても案外動けるものです。

■グアテマラ軍司令部の良心に感謝。
☆違いますって(笑い。

(*´艸`)

■大戦略パーフェクト3.0WEB 
☆WEB開設おめでとうございます。
54機種もデータ打ち込みとはかなり大変でしたね、
それがあと1000以上…うわ~。その苦労には頭が下がります、
私はHP知識はなく打ち込みもまったくダメですから。

有難う御座います~ヽ(゚∀゚)ノ
チマチマとデータ打ち込むのは好きなので苦にならないのが強みです(゚∀´)b
でも後1000以上って数はちょっと多すぎて手に負えないです(;´∀`A
まあ、マッタリ入力して行きますわ。
HP作成がライフワークになりそうでちょっと楽しかったり♪

HP作成はHTML入門片手にやれば案外楽に出来ちゃいますよ。
HP作成ソフト要らずです。
けどやってる内に…限界を感じてやっぱりHP作成ソフトに手を出したくなったり…w

色々と物事は万能じゃあないですなぁ。

■戦略ロケット部隊”ヤガランデ”(トポルx2)を編成。
☆なんですかそのネーミング(笑い。
アニメでしたっけ、前覚えていたのですが忘れてしまった…、
特撮だったかなぁ?

ぶっぶぶーw
正しくはセガのロボゲー、バーチャロンの中ボスですw
Zガンダムのジ・オみたいなロボットでしたね。
何か弾道弾=ヤガランデってイメージが浮かんだので採用しましたが…
共通点ないや~w
名前が刺々しいくらいかなw

■でも同情はしないぞ、これが戦士の定めだから。 
☆ハハハ、同情はしないぞ~、戦士の定めっ、
てなんかのセリフみたいで笑ってしまいます。

あ~、ここ笑うとこじゃにゃいのにぃo(`ω´*)o
でもよく考えると恥ずかしい台詞ですな(/ω\)

■デアリングx1、ノーフォークx1、アスチュートx1、ヴァンガードx1、補給艦x1 
☆うわ~、嫌な兵力ですね、デアリングなんて凶悪。

運良く哨戒機が見つけて早期に撃退出来ましたが
ここで調子よく全滅させれちゃったのが後のロッシ島の悲劇を生んだり。
「これだけの艦隊整備したらもう地上部隊なんていないさ、ぶははは(´∀`)」
ってw

敵の過小評価ってのは禁物ですな。
後、攻撃時の宝石で攻者三倍の法則ってありますが
これが上陸戦になると攻者五倍の法則になるそうで。

上陸戦は侮ってはいけませんな。

■対潜部隊は全力で敵潜水艦を撃沈せよ!
☆進め対潜部隊、といった感じで格好いい♪

これで敵艦隊を全滅させれた時は超気持ち良かったです(*´д`*)
でもこれが慢心を呼び込むとは…(ーー;)

今回も沢山のブログ拍手ありがとじゅしたぁm( __ __ )m
またよよしくですにゃあ(*^ー゚)b

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ロッシ島稼動開始

寝る前に時間があったのでロッシ島の破壊された施設等を修復してました。
アカテやマジェンによく爆撃されていて
周辺施設が破壊されて放置されたままだったので。
それとブルーネに占拠されていた孤島の空軍基地の奪還作戦もやりました。

破壊された施設はロッシ島と周辺の孤島なんですが
ここでホバークラフトが大活躍!
工作部隊を乗せてすいすい海上を移動して
孤島へ簡単に上陸を果たすんですから便利な物ですよ。
しかもロシア製は燃料が180と大目なので航続力に不安なっしんぐ。
高速移動も余裕でしちゃいます。
揚陸艦で工作部隊を運ぶよりも便利なので重宝しています。

一方の空軍基地奪取作戦ですが、
折角ロッシ島北東の孤島に空軍基地があるのに
ブルーネが対空部隊を含む地上部隊を配置していたので
肝心のロッシ島攻略戦では役に立ってくれず、
勿体無いなぁ、と思っていたんですが
幸いロッシ島が無事落ちたので任務が無くなった航空機達、
Su-34x8、Ka-50x6で襲わせたら…
Ka-50が到着する前に全滅させれちゃった。
しかもSu-34x4部隊程で。

バックアタックや先制攻撃がある大戦略Ⅶと違って
航空機による対空部隊への攻撃は手を焼くだろう、
と思っていたんですがやってみたら意外にも
それ程被害を出さずに撃破可能でした。

これを知っていたら真っ先に奪還作戦をやってロッシ島攻略に備えたのに!!

中々上手く事は運んでくれませんな( ´ー`)y-~~

さて、ロッシ島が稼動しつつある現在、
戦線は北のグリー戦線と西のブルーネ方面に分けられました。
グリー戦線ではダークム海峡に向けて部隊を動かしましたが
ブルーネ方面はまだイエロン攻略時の傷が癒えていないので
まだ当分は戦力整備に時間を取られそうです。
マジェン、イエロンを占領し、都市数は増えましたが
2正面作戦の戦力を整備出来るほどまだ収入は増えていないので
どちらかに重点を置いての戦力増強計画になりそうです。

★Color World bis ターン52  ロッシ島復興計画


ロッシ島を占領してから気が付きましたが
この島の周辺をアカテの爆撃機(ミラージュ2000N?)がうろついてます。
遠いアカテから弾道弾が来てるかと思っていたんですが
どうやら犯人はこいつの様で。
防空用にS-400を生産しましたが2~3部隊は配置して
防御をしっかりしないといけないかもです。
何せ海上補給路を通したお陰でロッシ島の戦略的価値が上がりましたので。

S-400、性能はぴか一だけどその分だけ値段が結構するんですよぉ。
こいつが揃うまではSu-33で防空固めるかな。

★グリー方面へ侵攻


とりあえずダークム海峡へ向けて進撃しました。
これにより大幅な防衛戦短縮が可能になります。

所でカラール諸島至近の孤島の空軍基地を制圧に行った時の事でした。
敵の歩兵が揚陸したので掃討しようとSu-25を向かわせたら…
視界外からAAMを撃ち込まれ、その後その相手に隣接したらしく
機関砲でも迎撃を受けて全滅してしまった。
「敵戦闘機がいるのだるか?」
と、AWACSを前に出したが敵は発見出来ず。
「索敵範囲外か、それでは」
と今度は威力偵察でSu-33を前に出したらまたもやAAMで迎撃された!
でも何処にも敵はいない。
司令部では
「長距離AAMにやられたのだろう」
と判断されましたが深夜でもあるのでそれ以上の詮索はされず、
ただ戦闘機を増産して防備に当たる、ぐらいしか行動は取られなかった。
しかし意外な所からその謎の相手が分った。
南下して来たO・H・ペリーを撃沈に向かったラーダ級潜水艦、
”グラトニー”が戦闘後頭上に見慣れぬ敵影を確認したのだ。
それは…ステルス戦闘機F-22A ラプター!
この報に司令部は激震した。
遂にグリー帝国が今までのF-15Cによる制空からラプターに変えたのだ!
だがしかし相手が分っても現用で最高のステルス性能を誇る
ラプターにどう対処するのか?戦闘機増産だけでは対処不能なのは明らか。
眠った将兵を叩き起こし、深夜に渡って協議された結果、
キーロフかスラヴァ級巡洋艦をピケット艦で配置する事が決定された。
この為グリー侵攻軍はダークム海峡までの進撃でストップする事になり、
それ以上の侵攻は護衛艦隊到着まで遅らせる事も決定された。

ステルスの脅威。
前回はF-117だったが今回はF-22。
現状の戦闘機では分が悪いのと更に悪い事がある。
それはグリー帝国がかなりの領土を保有し、
毎ターンの収入が多く今でも資金3万を所有している事。
ラプターが数部隊投入される可能性は十分あるのだ。
しかも発見したラプターは撃墜もされていない。
グリー侵攻に暗雲が立ち込めて来た。
グリー攻略は…イエロン攻略並にてこずるかもしれない…。

★戦争計画


新たな作戦が提案されましたがステルス機の脅威から艦隊整備が求められ、
更にブルーネのイージス艦探索用の潜水艦部隊建造、
ロッシ島攻略軍の再編など軍備増強に多額の資金が要求されて
侵攻作戦よりも厳しい状況に(苦笑)。

特にステルス機対策が深刻で、これに対処する為の艦隊整備は急務。
戦闘機で正面から戦っては分が悪いですからねぇ。
それと調べてから驚愕したのですがロッシ島侵攻軍の損害が酷い。
投入された戦車の損害が多いとは書きましたが
投入された180両の内残ったのはたった48両。
1/4の26%しか残っていない!
全体では48%の損耗率!!
これらを復帰させるのは…超苦労しますよヽ('д`;)ノ

今回の上陸作戦は高い授業料を支払わされた様で(´・ω・`)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

悪夢の6ターン

ロッシ島上陸作戦を準備していたのですが
偵察機からの報告では防衛部隊は少ない様子。
恐らくあの凶悪な艦隊建造で資金を消耗したからでしょう。
それならばこの戦力でいける!
と、35ターンまでに揃った戦力で上陸作戦を展開する事にしました。
司令部には楽勝モードが漂い、
誰もが簡単に勝利を勝ち取ると信じて疑う者はいませんでした。
そう、上陸するまで。

★Color World bis ターン37 Prinzessin作戦、発動!


敵の戦力は微弱、
との報告から各上陸船団は所定の位置へ移動開始。
敵海上戦力は壊滅させたし、
敵の海軍基地は封鎖しているので障害はないでしょう。
敵の資金は現在4000弱。
これでは潜水艦も建造出来ないから
敵の海軍の存在を気にする必要もなし!

航海は順調だった。

★戦争計画


”Prinzessin”作戦参加部隊

・北部揚陸部隊(揚陸ポイントA:Zwillinge)
T-90x9
BMP-3x1(特殊部隊収容)
BMD-4x1
2S19x2
スメルチx1
補給車x1
特殊部隊x1

・南部揚陸部隊(揚陸ポイントB:Skorpion)
T-90x9
BMP-3x1(特殊部隊収容)
BMD-4x1
スメルチx1
MLRSx2
補給車x2

・上空支援部隊
Su-33x5
Su-34x5
Su-24x1
Tu-160x1
Ka-50x6
Ka-52x2

・ヘリボーン部隊
Mi-26x1
Mi-17x3

・対潜部隊
Tu-142x4
Ka-27x4

・支援艦艇
アドミラル・クズネツォフx2
キーロフx1
ウダロイx2
オスカーⅡx1
ラーダx1
補給艦x1
イワン・ロゴフx8

これだけあれば十分、と余裕ぶっこいていたら
前回と同じ失敗を…。

★Color World bis ターン39 イージス艦現る!


北部戦線では妨害工作で弾道弾を撃ち込んでいたんですが
段々迎撃されるのが多くなって来て
「また防空SAMでも配置したのかな?」
と思っていたら…イージス艦タイコンデロガ襲来!
しかも2隻!!
前回の恐怖再び!?ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

でも護衛の潜水艦はいない模様。
それならば…(☆∀☆)

潜水艦ヤーセン、ラーダを各1隻建造。
それと気休めでSu-33を対艦兵装へ。

ま、1発でも当たればいいや~、って気持ちで(´ε`)y-~~

★Color World bis ターン43 上陸二日目


上陸作戦は北部では上手く揚陸に成功したものの
MLRSx3の斉射を受けていきなり戦車部隊は大損害を受けて
再編成したら少数の戦車部隊になってしまった。
これでは敵陣に楔を打ち込めない!
これも北部の陽動のヘリボーン作戦が不発に終わった為、
敵の反撃が揚陸したての無防備な部隊に集中したからです。
前回は多数のヘリボーン部隊が北部に着陸しましたが
今回は敵が北部に部隊を多めに展開しており、
LZを確保出来なかった事に加え更に不味い事に
ヘリボーン部隊が1部隊づつしか着陸出来ず、
各個撃破されてしまったのです。

これは用兵ミス。
戦力の分散投入で各個撃破。
油断し切って判断を誤りましたね。

航空支援部隊はMLRS潰しに引き抜かれて効果的な地上支援が出来ない。
それでも北部にはKa-50が多数配備されていたので地上支援に当たりましたが
敵戦車が鬼の様に堅くて中々撃破出来ない。
流石は重戦車チャレンジャーですがこの場合は誉めていられない!
そして決定的なのが…ロシア戦車の脆さ。

ファン倶楽部でも話題に上がりましたが
ロシア戦車は耐久度が通常の戦車の3ではなく2。
これが災いしてMLRSで削られ、
そこへ鬼戦車チャレンジャー2改とガチンコ対決をさせられると…負ける。
無損害の戦車をぶつけてもこちらが5台やられるのに比べ
チャレンジャー系は~3台ぐらいしか撃破出来ない。
数で押してる時はいいけど同数の対決には…弱かった。
まして航空支援が受けれないとなると戦闘する度に戦力を確実に減らす事になる。
北部ではT-90を9部隊投入しましたが毎ターン大損害を受け、
再編で合流していたらどんどん戦車の頭数が減って行く…。

同じ事が南部でも発生。
こちらでは艦艇の艦砲射撃の支援がありましたから
少しはましでしたがそれでも敵首都まで近い距離に
揚陸出来たのに…進めない。
チャレンジャー2改、自分で使っている時は
保有弾数も多いなぁ、ぐらいしか認識していなかったけど
相手にすると…硬くて強くて厄介な相手(´Д`;)ヾ
T-34でティーガーやパンタァと戦う気分でしたね。

所で何でロシア戦車は耐久度が低いか、なんですが
前に週間オブイェークトでロシア人記者の書いた記事を少し見ましたが
どうも装甲が十分な防御力を誇っていない、と言うのを聞きました。
イスラエルだったかな、実験で105mm砲にですら貫通させられた、
と言うのがロシアでも問題になってて(実験対象はT-80クラス?)、
他にも今流行のERA、これのロシア製がHEAT弾が命中しても
機能していない、と言う問題があるそうです(不発?多しだそうで)。
これを知ってかSSαはロシア戦車の耐久度を低めにしているのかは知りませんが
これではガチンコの戦車戦では西側戦車に負ける、
と言う結果を生んでしまいますよねぇ。

このロシア戦車の弱点(弱さ)は実は昔からゲームで再現されていて、
現代戦車戦のボードゲームでは装甲もですが
装填速度の遅さが旧ソ連製戦車の弱点として上げられてます。
これは旧ソ連製自動装填装置が貧弱な為装填速度が遅く、
ボードゲームと言う1へックス何百メートル、時間何秒と細かい設定で、
と言ってもボードゲームでは当たり前の事なんですが、
撃ち合いをするとT-72とかが1回撃つ間に
西側戦車は旧ソ連製の2~3倍の攻撃回数になるのです。
で、現代戦車戦はファーストキルですから当たれば一撃で敵戦車を仕留めます。
すると西側戦車は1台潰されるまでに2~3台撃破する事が可能なのです。
その為デザイナーズノートでも述べられていましたが
自作シナリオを作る場合は最低旧ソ連戦車は西側の2~3倍の配置数でないと
バランスが崩壊すると言われてました。
ゲーム会社は戦車ゲームに定評のあった今は無きツクダホビーですが
WWⅡの戦車戦ゲームでもソ連戦車のこの装填の遅さはネックになってました。

湾岸戦争で廉価版とはいえロシア戦車がM-1を始め西側戦車に
ぼろ糞に負けた事を考えると・・・本物も本当に強いか疑われてしまいます。
面白い話にグルジアだったかな、ロシア領内で内戦の国がありますよね?
そこではT-80が構造上の弱点を突かれて損害が多いのに比べ
旧世代のT-64は損害が少ない、と言う話もあります。
T-80を始めロシア戦車って実際の性能は世間一般の
評価よりも低いかもしれませんね。
ロシアの圧延装甲とかも厚さが均一でない、
その為装甲が脆い、とT-55とかは指摘されています。

さて、話が大分それましたが上陸した戦車部隊は半数以下になり、
それでも各地で絶望的な戦闘が続きました。
空軍は毎ターン爆撃機を生産して数ターン後には飛来して
爆弾の雨を降らせてくれますが
それに続く戦車の攻勢が無くては意味がない。
戦車を運ぼうにも…今からでは間に合わない恐れがある。
一応港を北部では確保出来たので輸送艦に乗せて輸送中ですが
果たして間に合うかどうか…。
幸い航空優勢なので徐々に敵は排除されつつある。
だがしかし敵首都までの数ヘックス上に立ち塞がる敵部隊を排除するて立てがない。
作戦は失敗の危機を迎えました。
でもそれを救った部隊がいました。
最後に上陸したMLRS部隊です。

★Color World bis ターン46 鋼鉄の雨


鹵獲したMLRSとスメルチ3部隊が3ターンに渡り同じヘックスに
メガヘックス攻撃を仕掛けた結果…敵首都まで立ち塞がっていた
敵5部隊を一気に消し飛ばした!
これぞ天祐!とばかりに総攻撃を仕掛けたら…

★イージス艦、撃沈す


全速力でイージス艦のいる海域に急行した潜水艦部隊は魚雷攻撃を敢行。
敵イージス艦1隻を撃沈するもヤーセンが大ダメージを受けてしまった。
ここで沈没確保で魚雷攻撃を仕掛けるか
損害を回復させる為港に戻るか迷った挙句、
その後の戦いの事も考えて一時後退する事に。
そして残ったラーダ1隻で魚雷攻撃を仕掛けた結果、
敵の耐久度は3まで下がった!
それでは…と上空で待機していたSu-33がKh-59Mを
最大射程で放ったら…一発が命中、
それでタイコンデロガは爆沈。
イージス艦の排除に成功しました。

Kh-59M、弾頭威力が6と高威力ですからね。

やれやれ、前回の様な悪夢は起きなかったか。
助かったぁ(^_^;)

★Color World bis ターン48 イエロン降伏


MLRS部隊が切り開いた道を残存戦車部隊が突っ込み、
残敵を掃討後に特殊部隊が首都に突撃して…イエロン首都陥落。
作戦大失敗の道は閉じました。

良かった、本当に良かった・゚・(ノД`)・゚・

でもMLRSの猛砲撃に耐えたチャレンジャー2改は化け物ですね。
もう二度と相手にしたくね~(´;ω;`)

何はともあれ危ない橋でしたが作戦は成功。
一息つけます( ;´ー`)y-~~

PS.やっぱり上陸戦では揚陸する戦車数をもっと増やさないとダメだ。
それと今回も空港のあるロッシ島南東ががら空きでしたが
ここにこそヘリボーン部隊を投入すべきだったかも。
でも前回でのヘリボーン作戦の大々的な戦果が
判断を曇らせてしまった○| ̄|_
同じ手が何度も通用するほど甘くはないって事だね。

状況に応じて臨機応変に戦術を変えねば。
そう、”水”の様に…。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ColoR Worldで役に立った兵器ベスト5集

定例の生産タイプはまた後で。
まずは我が軍イギリスの活躍した兵器をご紹介します。

★空軍
No.1 タイフーン
No.2 WAH-1
No.3 トライスターK1
No.4 トーネードGR.4
No.5 E-3

まずは制空の要、タイフーン。
射程4のAMRAAMのお陰で防空に大活躍!
特にシャーン方面では多数の敵航空機を撃滅し、
少数の損害で敵に大損害を与えてくれました。
敵の戦闘機が少なかったお陰でもありますが
青の迎撃範囲は敵にとっては厄介な存在だったらしく、
弾数が1しか残って無くても怖がって近寄って来ませんでした。
また、爆装してもAMRAAMを1発積めるので
この方面では防空に睨みを効かせつつ対地攻撃も行えて
攻撃機不足を補ってくれたので超助かりました。
他の方面でも十二分に性能を発揮。
制空権獲得に貢献してくれました。
その為攻撃ヘリが安心して行動出来たので
No.2にイギリス版アパッチ、WAH-1が浮上したんです。

射程2のヘルファイアは前から強力でしたが
特に強みを発揮したのは対シャーン、アカテ国相手でした。
これらの国はイタリア、イスラエル生産タイプで
防空SAMがなく、射程1の対空車両しかなかったので
ヘルファイアでアウトレンジ出来、
対空車両撃滅後にトーネードGR.4が猛威を振るったのです。
射程2様々でしたね。

となるとNo.3はトーネードが来そうですが
それ以上に活躍したのが給油機トライスターK1。
トーネードにタイフーンは燃料タンクが大きいので
それ程困る事はありませんでしたが
やはり給油機が戦闘空域後方にいる、
と言うのは大きな保険となり、
思う存分飛び回れたのでした。

もうすっかり安心して燃料が黄色くなっても飛び続けましたね(苦笑)。

縁の下の力持ちですが無くてはならない存在でした。

そしてNo.4にはトーネードGR.4。
損害も大きかったですけど対地攻撃、
特に敵戦線後方のMLRS潰しに活躍してくれましたね。
MLRSは厄介な敵No.1なので何としても撃破出来なくても
損害を与えて置きたい所。
そんな時にはトーネードが爆撃しに行ってくれましたよ。

燃料の多さも強みでしたね。

No.5にはAWACSのE-3がランクイン。
各方面に1機は配置されていたので敵航空機、
特に電子戦機探索には貢献してくれました。
その分前に出るので護衛のタイフーンの隙をついて攻撃されて
損害も大きかったですがいるだけで敵航空機の動きを把握出来たので
随分助かりましたよ。
タイフーンによる効果的な防空戦が出来たのも
AWACSのお陰ですから実質No.1!?

★陸軍
No.1 チャレンジャー2改
No.2 AS-90 ブレイブハート
No.3 MLRS
No.4 特殊部隊
No.5 補給車

チャレンジャー2改はアイコンのカッコよさもさる事ながら
120mm砲の保有弾数6ってのが凄い。
通常戦車の1.5倍ですからね。
最後の山場、ロッシ島上陸戦では誤算で
投入した戦車の不足には泣きましたが
保有弾数の多さで補給車要らず。
各地で奮戦しましたよ。
最後に敵首都上の敵部隊を排除したのは
チャレンジャー2改部隊の功績。

最後まで大活躍でしたね!

NO.2&3には戦場の女神、砲兵達。
どの方面でも活躍しましたが
一番はオンレジ方面から南下してブルーネ貿易地帯を狙った時です。
配備された”盾”チャレンジャー2改は少数でしたが
強敵メルカバ等を遠距離から155mm砲で削って行って
大幅に戦力を低下させた所へチャレンジャー2改が突入したので
戦車の損害は軽微で進撃速度を低下させずに
ブルーネ貿易地帯へ侵攻出来ましたよ。
上空支援のWAH-1との共同撃破でしたが
十分主力で活躍していました。

No.4には特殊部隊が。
これは最後のロッシ島へのヘリボーン作戦で
最初は囮の役目で投入されたのですが頑強に抵抗し、
上空支援の航空機や上陸した戦車部隊と共同で
ロッシ島北部制圧をやってしまい司令部を唖然とさせたからです。
全滅覚悟だったんですが以外に多数生き残って
予想外に活躍したので4位にランクインしました。

本当、あれほど順調に北部を制圧するとは考えていませんでした(゜ー゜;)

No.5には補給の要、補給車がランクイン。
大型補給車は物資を大量に消費するので
12と適度な量を補給出来る補給車が重宝しました。
各戦線に後方には3部隊前後随伴し
戦闘を陰から支えていましたよ。

ここには載っていませんが陰の真のNo.1が工作部隊である事は
確定なので書きませんw

★海軍
No.1 デアリング
No.2 インビンシブル
No.3 アルビオン
No.4 トラファルガー
No.4 補給艦

1位は最新鋭駆逐艦デアリング。
対空対艦対地にと万能なので重宝しましたよ。
と言うかデアリング以外まともな艦艇がイギリスにはない(^_^;)
なので使わざるを得ない、ってのが本音に近いですが
主力である事に違いはありません!

No.2にはヘリボーン部隊の運用を陰から支えたVTOL空母インビンシブル。
それ以外にも役に立った兵器No.6でしたが対潜ヘリEH-101 マーリンの
母艦としても役に立ってくれました。

やっぱり生産タイプに空母があってそれが運用出来ると
作戦の幅が広まって良いですな。

3位には揚陸作戦で一番の主役だった揚陸艦アルビオン。
残念ながらLCACをイギリスは生産出来ないので
その真価を発揮出来ませんでしたが
それでも十分役に立ってくれましたよ。

惜しむらくは投入された数が少なかった事ですねぇ。
まあ、大規模上陸作戦は始めてだったので仕方ないですけど。

No.4にはよくこの文中に使いますが縁の下の力持ち、
潜水艦トラファルガーです。
一番の激戦だったロッシ島攻防戦で
敵イージス艦に大打撃を与えた艦でもありますが
ロッシ島を巡る戦いで一番よく撃沈された艦でもあります。

日本の潜水艦の静寂性は優秀ですな!

因みにこちらの猛攻に耐えて(耐久度1で残った)イージス艦を撃沈した
大殊勲の部隊は爆装したタイフーンでしたが損害も凄かった。
残ったのはたった1機でしたからね!

今回のでイージス艦恐怖症になりそうですよヽ('д`;)ノ

No.5はデアリングやトラファルガーの弾薬補給に役立ってくれた補給艦。
任務からして順当な順位ですな。

以上ですが総評としてイギリスは列強の中でもかなりの強さを発揮する
生産タイプだと感じました。
陸海空と本当にバランスがいいし給油機やVTOL空母など
作戦で使うから欲しい兵器が入っているのが強み。
ただ残念な点としてペトリオットが配備されていないので
弾道弾に対する防備が全く無いのが弱点ですが
これはマイ部隊からの編入とかで切り抜けましょう。
それ以外は文句のない生産タイプです!

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ブログ拍手より ~7/6

・JAS様
■ケストラー戦闘大隊 
☆名前が格好いいですね、出典がわからないですが。
上陸戦って事前にお金かかりますよね。

出典は”ハーメルンのバイオリン弾き”ってアニメです~w
ラスボスの名前なのでカッコイイですよね(*´д`*)

PS.本当、上陸戦はお金が掛かります(´・д・`)
揚陸艦、高すぎですよ~。
後それらを護衛する艦隊に上空&地上支援の航空機にと…。
お金がいくらあっても足りませんな。

■イージス艦騒動
☆この日のブログ、超面白いです。
イージス退治の苦労話。
実際ゲーム上では、少数兵力で対峙した日には
イージス艦は要塞みたいなものです。
たまにイージス弱いとか言う人もいますがおのれに甘い装備、
兵力だからだと思います。

お褒め頂き有難う御座います(≧▽≦)

イージス艦、ここまで強いとは思いもしませんでしたよ。
特にASMが全く効かない!
これには衝撃でしたね。
こんなに強いイージス艦を弱いと言う人がいたら会って見たいものです。
多分仰るとおり自軍優位で撃沈してるんでしょうな~。

■この戦線でもっとも敵勢力が強大な戦域になった。
☆いいですなぁこの展開。
プレイ的に白熱します。
やはりゲームは多少の苦労がないと考える要素が減って面白くありませんから。

苦戦した時は「嫌だな~」と思いますけど
終わってみたら一番充実した時だったりw

やっぱり苦労した時が一番白熱しますね。

■F-15J改 
☆F-15改も敵にするとやですよねぇ、なかなか落ちない。
あの迎撃範囲は反則とか思ってしまいます。

これがF-15FXになったら…ヽ('д`;)ノ

■こんごう撃沈さる 
☆ご苦労様でした! 
潜水艦に支援されたイージス艦は最強でしたね。

有難う御座いますヽ(´―`)ノ
イージス艦と潜水艦の組み合わせって本当、最強ですな。
今度試してみたいですよw

■新生イラク 
☆まだよく生産タイプは見ていないですが弱よわになってしまいましたよね。

まじよわよわです。
生産タイプに入れた意味がないぐらいですよ(´Д`)
これなら”旧イラク”とかって入れたほうが良かったのでは?
と思ってしまいます。

■ヨルダン
☆前に使ったことあります。
ファルコンとアル・フセイン様様だった気がします。
アル・フセインのグラフィック格好いいですよね!

アル・フセインいいですよね~ヽ(゚∀゚)ノ
分ってくれる同志がいて嬉しい限りです!(・∀・)人(・∀・)

■遂にColor World終わりましたぁ。
☆お疲れ様でした~。

長かったけど面白かったですよ。
是非JAS様もプレイして下さいよ~( ´∀`)σ)∀`)

■それは…F-35 ライトニングⅡ
☆ありゃ~、痛恨でしたね。

はい、大失敗でした(゜ーÅ)
次回からはよ~く生産タイプ見ます(`・ω・´)

■少ない予算で効果的な防空体勢を引いて遠い攻勢の日に備える。
☆思考が弱い大戦略パーフェクトですから、
楽しもうとするとこうなってしまうんですよねぇ。

でもまあ待ってる間も楽しかったりするので
悪くはないですw

■魚雷攻撃5回目で漸く沈んだ。
☆対潜ヘリの数値はおかしいですよね。

絶対おかしいですよね~!ヽ(`Д´)ノ
対潜ヘリは潜水艦の天敵の筈なんですが…。

■と思い生産タブの部隊数みたら…64部隊しか生産出来ない!
☆僕はプレイする前に必ず見るようにしてます。
自軍のは少ないとストレスなので多く、COMのは少な過ぎは弱くなるので多く、
多すぎは思考時間増大とゲームが終わらなくなるので少なく。
だいたい敵一国150くらいが目安だと思ってます。

私も今回のこれを気にしっかり見るようにします。
さあ生産だ!って時にストップかけられたら堪りませんものね。

しかし流石練度の高いJAS様ですね。
しっかり適度なユニット数を把握していらっしゃる。
私はまだまだですな~w

PS.350部隊あると多正面作戦が出来ます。
少ない経験から知りえた数ですが(≧▽≦)ゞ

■サン・アントニオ処分 
☆もったいないですねぇ、でもしかたないですねぇ。

もう本当に泣く泣く処分しましたよ。
ここまで貯めた資金の事を考えると…・゚・(ノД`)・゚・

■TTD 
☆ありがとうございます。
ぜんぜん知りませんでした。
ところが、きのう何気に古いゲームの攻略本見てたら載ってました~。
結構有名だったんですね。

いえいえ~(^-^)

でももう南アでは研究がストップしてる事を考えると
もう知らなくても良い事かもです。
どっかの頭の片隅に止める位の認識で良いかと(´ε`)y-~~

■はい、実際にあった実話だそうです。
☆数億人が参加した戦争ですから、
こういった隠れた逸話はたくさんあるんでしょうね。
WWⅡは昔から興味があっていろいろ読みましたが
いくらでも新しい話が出てくる気がします。
というか範囲が広すぎて…。

全世界規模の戦争ですからねぇ。
まだまだ埋もれた戦記があるかもです!

そうそう、毎回買ってる歴史群像では未だにWWⅡネタがじゃんじゃん出て来ます。
あの雑誌はWWⅡネタで当分食っていけそうですよ(;´∀`A

■ダイセンリャカーって罪な人間ですな(゜∀。)
☆そうなんですよ。
このへんが世間的に受け入れられにくいというか。
所詮はゲームなんですがねぇ。

戦争を扱ってるゲームだからあんまり良い印象はないでしょうねぇ。
でも大部隊運用術とか効果的な攻撃法とかロジスティック面での思考とか
役に立つ知識もつく良いゲームなんですけどね。

ってよく考えたら通常生活には余り要らない知識の様な気もして来たw

■ゲームだから脳内補完しなきゃいけない事が一杯で大変ですなw
☆これも、そうなんですよ~。

CPUの不甲斐なさは脳内補完で補充する。
これで大分このゲームは助けられてますよねw

■ちょっと今の疲労度システムは疲労の蓄積が早すぎます。
☆あ、それはありますね。

前に疲労度ありでやってたった4回?で戦闘不能になったペトリオットに
萎えて以来疲労度はルールに入れてません。

DXで改善されるといいのですが…。

☆本当にレオパルドⅡそっくり(笑い。
どこかの島国の戦車みたいですね(笑い。

何処かの島国の自走砲もPzH2000くりそつですよねw
オリジナリティない国は困りますなぁw

■一応完成したのはこちら↓ ★Color world bis 
☆細かくよくひかれましたね、ご苦労様です。
あと、港以外でも建物ならば海上補給線はひけますよ、孤島の小都市とか。

おお、そうなんですかぁ。
海上補給路は港だけ有効かと思ってました。
情報ありですにゃ~<(_ _)>

■Su-33x1、Tu-142x1、オスカーx1を失いました。
またキーロフもSSMの攻撃を受けて被弾。
☆手痛い洗礼でしたね。

はい、イスラエル海軍如き(マテ)に酷い目に遭わされましたよ('з')
お気に入りにのキーロフたんが傷つけられた日には
怒り心頭でしたが。

それに空軍機が優秀なので制空権確保には一苦労でした。
でも一番怖かったのは敵潜水艦の脅威。

やっぱり潜水艦は厄介な存在ですなぁ。

■何発か首都周辺に着弾しましたが~
☆なにやら苦戦してる様子ですね。

今度はロッシ島を日本からイギリスにしたらバンバン弾道弾が飛んで来ますよ。
まあ、瀬戸内海Warsで弾道弾に耐性出来たので
も、もう怖くはありませんが(本当?)(; ´ー`)y-~~

■原発破壊
☆原発配置の件、未プレイなので僕は何ともですが、
難易度が上がる分には結構なことだと思いますよ。
やりすぎては駄目ですが。
やば、もう三時間だ、今日はここまでにします。

いつも沢山のコメントを頂き有難う御座います♪
いつコメント貰っても構わないのでJAS様のペースでいいですよん。

PS.原発破壊の効果、今度試してみますね~。

今回も多数のコメントありがとじゅしたぁm( __ __ )m
また、HPコンテンツ作りに集中していた為レスが遅れた事を
ここにてお詫び申し上げます(-人-;)(;-人-)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

激闘!パナマ運河

コスタリカを突破してパナマ運河に向かった我が軍は
そこで圧倒的な数の敵艦隊に遭遇。
これらの殲滅に時間が掛かり、
また大損害も受けて運河突破に10ターン以上掛かって
貴重な時間をロスしてしまいました。

もともと狭い隘路で突破に時間が掛かるだろうとは思っていましたが
ここまで掛かるとは思いもしませんでしたよ。
最大の元凶は前述の多数の敵艦。
タランタルx2、ラジプットx3、ゴダヴァリx1、オーサⅡx3、コーラx1、
デリーx2、そして空母ヴィクラマディチャx1。
これ程の大艦隊は今まで遭遇した事が無かったので対処が大変でした(゜ー゜;)
また、MiG-29やSu-30MKIと言った強敵も防空に加わったので
空軍は対空対艦に手一杯となって満足に地上部隊の支援が行えない。
ラプターは7部隊、F/A/18E/Fは6部隊、それにA-10が3部隊いましたが
これだけでもいても各部隊ともそれぞれの任務に忙殺されて
本当に地上軍支援が行えなかったです。
損害も激しく、敵は空母まで対空戦闘に加わってくるので
その回復に後方の空軍基地に戻っていたら
その間だけ戦力が低下するので隙が出来てしまう。
ローテーション与える暇も無かったです。
本当、大変でしたヽ(;´Д`)ノ

なので地上部隊だけで強行突破を試みましたが案の定損害を受けて立ち往生。
M-1A2が6部隊いましたが砲兵はMLRSx1しか到着していなかったので
満足な攻勢支援も出来ず、また敵攻撃ヘリMi-25の前に強行突破作戦は頓挫。
防空のラプターは…その頃制空戦と損害の回復中で
1部隊も救援に来れなかった。
結局空軍と海軍が敵艦隊を制圧し、地上部隊支援に回るまで
進撃は出来ませんでしたよ。
弾薬も残り少なく危険な状態でしたしね。

何とかパナマ運河を突破した時には制圧してフル稼働していた空軍基地の
備蓄物資が100から1/3以下の28にまで低下。
危険な兆候でしたが物資が尽きる前に何とか運河を突破出来て良かったですよ。
部隊数が64な為満足に工兵部隊で補給路を引いていられないから
物資の本国からの輸送量を増やせないんですよね。

やっぱり総部隊数64は少ない(-_-;)

まあ、ここで苦戦した分この先は平野部なので
失った時間は取り戻せるかな?
想定時刻は150ターンですがはてさて間に合うでしょうか。

★カリブ海紛争 ~ターン88 敵艦隊発見


AWACSからの報告を元にラプターで航空撃滅戦を始めたら…
迎撃を受けて攻撃をする前に損害を受けてしまった!
一体何に?と思ったらカリブ海、太平洋にと展開している敵艦隊からでした。
画像に写ってますが高空からの視界でもこれだけ存在。
その後偵察機が確認したらこれ以上の敵艦がうじゃうじゃいました。

★カリブ海紛争 ~ターン93 激突


敵は電子戦機を巧みに使い、妨害をかけてくるので
夜間戦では命中率がぐっと下がって効果的な損害を敵に与えられませんでした。
ラプターも投入しましたが敵戦闘機も攻撃しなければいけなかったので
少数しか電子戦機撃墜に回せなかったので撃墜出来ないこともしばしば。
こんなにも苦戦するとは思いもよらなかったですよ。

電子戦機、侮りがたし。

★カリブ海紛争 ~ターン96 カリブ海制圧


海軍の潜水艦が到着したのでガンガン魚雷攻撃を仕掛けて
コルベットに輸送艦を次々と撃沈してくれました。
これで大分空軍が楽になりましたがまだまだ太平洋に敵艦はいます。
こちらへ魚雷は撃ち込めないから苦戦は続きます…。
64部隊いたのにいつの間にか57部隊にまで減ってる事が多々。

結構激戦だったんですねぇ。

★カリブ海紛争 ~ターン 強襲!ヘリボーン作戦


敵艦隊が減って来て、地上支援に回せる航空機が増えたので
一気に敵首都北側を突破。
残弾数1の戦車で陸軍基地に敵首都隣の都市を占拠し、
ヘリボーン部隊が来るまで耐えてましたが、
以外にも敵は攻撃を仕掛けて来なかったので
戦車部隊は無事でした。
もっとも、敵の戦車に自走砲はA-10とアパッチの攻撃で
大損害を受けていたからでしたけど。
補充しようにも陸軍基地は制圧されていたので
敵はなす術もなく見守るしかなかった訳で。

★カリブ海紛争 ~ターン103 パナマ運河突破


やっとパナマ運河を突破出来ました!
悪夢の様な時がありましたがそれも過去の事。
今は次なる敵に向かうまでです。
ってまた敵艦が!
サンタ・マリアにまた空母プリンシペ・デ・アストゥリアスまでいる!!

でもまあカリブ海側だから海軍に任せられるから安心か( ´ー`)y-~~

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

只今自作中のマップ

こんな感じです。



やり始めて分かったのですが私は地形の適切な配置方を知らない!
ので”感”で適当に配置したのでグダグダですw
この辺は大戦略ファン倶楽部のマップとか観て勉強するかな。
何せ700枚もお手本がありますからね~。

コンセプトは上陸戦メイン!ヽ(゚∀゚)ノ
やっててやっぱり楽しいのが上陸戦。
って事で各陣営を離して配置。
必然的に上陸戦をせざるを得ない様にしています。
後各陣営に攻め込むのに障害を設けてます。
マジェンのアメリカには何重もの要塞線と地雷原を超えていかなきゃダメとか。

要塞の中には弾道ミサイル基地もあったり…(*´艸`)

出来上がったらプレイしておかしいとこないかチェックして
調整も行ってからUPしたいと思います。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

マジェン蹂躙

グリー帝国が動き出して2正面作戦を強いられるかと思いましたが
何とかマジェンが落ちてくれたので一安心ですよ。

前半の速攻で通称”アルデンヌの森”を突破出来て、
平野部での戦闘に持ち込めたので侵攻を妨げられる事無く、
こちらの優位のまま事を運べましたが
一番痛い反撃は敵MLRSの一斉射でしたね。
お陰で威力偵察部隊の主力戦車3部隊が大損害を受けて
本隊が来るまで防衛戦に徹しなければなりませんでしたよ。
まあ、常時航空優勢だったので空軍の働きでそれ程苦労はしませんでしたが
やっぱりMLRSによる鉄の雨は黒死病だぁ。

敵がMLRSによる反撃を意図していたのが分ったのは
敵陸軍基地を制圧した時の事。
何と完全装備のMLRSx2を鹵獲出来ましたよ。
もし制圧が遅れてこれらの阻止射撃を食らっていたら…
考えただけでもゾッとしますな。
ただでさえ敵前線の壁、メルカバが固くて突破に手間取っていたのに
そこへMLRSの砲撃が来ていたら地獄絵図ですよ。

さて、これで南部は我が軍の支配下に落ちましたが
これからは北のグリー帝国との衝突を避けて
西のロッシ島攻略を目指します。
ここを落とせばブルーネ、アカテに楔を打ち込めますからね。
でもまだ序盤の少ない収入では中々揚陸艦建造がはかどりませんが
やってみせます!やってやるぅ!!o(`ω´*)o

そうなると侵入して来たグリー帝国の対処が問題になりますが対抗策を講じました。
弾道弾ミサイル部隊の投入です。
戦略ロケット部隊”ヤガランデ”(トポルx2)を編成。
グリーの侵攻を阻止、と言うより妨害に近いんですが
弾道弾でグリーの邪魔(苦笑)をしています。

まずはダークム海峡の橋を破壊。
これはすぐに修理されたので次にカラール諸島の陸軍基地を破・壊。
これが結構効いてグリーが気休めですが大人しくなりました。
橋は懸命に何度も修理が試みられてますが
弾道弾の再装填の度に非情にも爆撃してます。

グリーのB-1Bは勝手にボンボン施設を爆撃してるし問題ないっしょ(´ε`)y-~~

また陸軍基地も修理されてしまいそうですが対抗策は打ってます。
カラール諸島に架かる橋を全部落としてやる事で!

まだ実行していませんが…弾道弾、便利ですが本物と同じ様に冷酷な兵器ですなぁ。
交渉で大幅に削減されて良かったですよ。
これで弾頭が核だとしたら良心は酷く痛められた事でしょう。
普通の兵器なんかと同じくこいつはゲーム内や博物館の中だけで
活躍するのが一番の存在かと。
兵器は必要悪ですからそれを上手く扱うにはこれがいいんでしょうな。

本当、ボタン一つで攻撃目標を簡単に完全破壊。
恐ろしいなぁ、弾道弾って。
その恐怖に遭わされるグリー帝国将兵は迷惑どころか災難ですな。
でも同情はしないぞ、これが戦士の定めだから。

★Color World bis ~ターン25 マジェン領侵攻


工作部隊が一杯いましたが
結構硬いので簡易盾として使うには有効かも、
と思ったけどそれぐらいなら戦車作れ、戦車!(゚д゚)

本当、首都防衛ルーチンを採用して欲しいなぁ。

★不穏な北部戦線


歩兵部隊が見受けられますが
これ以上こちらの都市の奪還は避けたいので
防衛部隊を前に出して掃討戦をしますかね。
もしくは北の仮設橋を落として焦土作戦にするか。

ダークム海峡に架かる橋を落としたんだから
掃討戦がベターですな。

でも…原発が破壊されててここ、危険地帯なんですよね~(-_-;)

B-1B、落としておくべきだったかなぁ。

★襲来!ロッシ島防衛艦隊


マジェンの海軍基地を占領したので敵艦隊の脅威がなくなったので
ロッシ島方面の哨戒にTu-142を飛ばしたら…迎撃を受けた!
何とか耐えて視界内に入って来たものは…
デアリングx1、ノーフォークx1、アスチュートx1、ヴァンガードx1、補給艦x1からなる
強力なYELLOW艦隊!
ちょ、ヴァンガードって戦略原潜じゃん!!(;°ロ°)

急ぎ殲滅せねば折角占領した施設が危ない!!!
Su-33は対艦兵装に換装、
対潜部隊は全力で敵潜水艦を撃沈せよ!

★Color World bis ~ターン29 敵艦隊掃討戦


Su-33の対艦ミサイルKn-59Mは優秀ですな、
あっという間に敵艦隊を撃滅しましたよ。
もっとも、イージス艦相手ならこうはいかないと思うけど。

敵潜水艦はヴァンガードを集中攻撃して撃沈後、
残ったアスチュートには始めてウダロイが対潜ミサイルを発射。
しかし…一発目外れた○| ̄|_

2隻目のウダロイがいたから良かったけどこの先大丈夫なんだろうか?
と不安に駆られましたよ(^_^;)
こりゃあTu-142とKa-27増産しとかないとやばそう。
空母もあれば良いけど揚陸艦建造してるから余分な資金はないぞ~。

嗚呼、安価なVTOL空母、キエフ級にモスクワ級、何で退役したの・゚・(ノД`)・゚・

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

プロフィール

LAH

AuthorLAH

へたれ准将LAHの鋼鉄blogへようこそ!WARGAME:RED DRAGONにてソ連デッキで絶賛プレイ中。ハイデル平原で名を馳せたハンターの腕が鳴るぜ!!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。