スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TTD

TTD戦車の画像拾って来ました。
こんな感じでまんまレオパルド2ですw




解説はここが詳しいです。

TTD試作戦車

因みに世界AFV年鑑や世界の戦闘車両~2008には載ってなくて
AFV'94と言う古い本にしか載っていませんでした。

って事は試作で終わったみたいですねぇ。
必要性が無くなったかな?
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ブログ拍手より(~6/29)

・JAS様
■スペインは結構強力ですね。なんせイージス艦ありますから。
空はタイフーン、地上はレオパルドといつのまにかHIMARS、
パトリオットもありますし。
ただ自走砲がいいのがないですね。

本当、かなり強いですよね。
空母も保有していますし。
ただ仰るとおり自走砲が無いのが痛いですね。
でもまあ廉価版MLRS、HIMASで補えるかもです。
後現代の空飛ぶ砲兵、攻撃ヘリティーガーで補完するとか。

色々代替の選択肢があるのも強みですね。

■F-5Eは風間が乗らないと真価を発揮しないのでパス(えー
☆笑い。もう笑わせないでくださいよ(笑い。

お、このネタ分りますか( ´∀`)b

■ティーガー 
☆敵だとアパッチの次に嫌いですね。

私も嫌いです~。
アパッチは最近自分で使ってその強さを知ったので
敵に回すと本当に厄介でしょうねぇ。

どっちもAAM装備なのもこれまた潰すのが厄介。
貴重な長距離AAMを消費させられるのは痛いですよね。

■AWACS 
☆あ、無いですね、これは痛い。

現代では必需品の一つに入ってますよね、AWACS。
あるとないとでは天地の差がありますよ。

■テルエルを多用してました。 
☆いやぁ実際プレイした人ならではというか、
マイナーですね、普段聞きませんし。

全くです。
使ってる時は損害受けてもいいや~、
と、どんどん前にだして敵砲兵の射程内にも
侵入させてましたから良く砲撃のチャンスがありました。

そう考えると普通に使う時も損害を恐れず
ガシガシ前に出していった方が良いって事ですかね(^_^;)

■総評ですがそれなりにバランスの取れた兵器ラインナップで~
☆一応GDPで米、日、中、独、英、仏、伊、についで8番目なので
基本金持ち国ですものね。
(このあいだまで中なんていなくて7番だったんですが)

ほほう、じゃあ結構良い国なんですね。
って維持費が凄い空母を保有していける位だから
金持ち国家ですよね。

どーりで良い兵器持ってる訳だぁ。

■南アフリカ
☆南アフリカは敵にするとグリペンがうるさいです、うるさい。
生産タイプで使うとロイホックの航続力のなさが困ります。
あと、やはり全般的にまだ治安維持型軍隊なので
大戦略では使いにくいでしょうね。
でも全アフリカ大戦とかであればエジプトとならんで1.2位でしょうね。
TTDって何ですか?

あ、大事な事なので2回言いましたねw

ロイホック、ヘリなのに航続力ないんですか~、そりゃあ珍しい。
でもミリパワのDVDで紹介されてた時は
「広大なアフリカ大陸で十分飛行出来る」って言ってたのに。

足が短いのは致命的ですね。

南アフリカとかフィンランドとか新生イラクとかみたに局地戦とか限定戦争を
想定している国家を生産タイプに組み込むのは如何なものですかねぇ。
バランスが悪いと言うか何と言うか…。
でも同じ周辺国同志の紛争なら仰るとおり強みを発揮しそうです。

TTDは南アフリカがオリファント製作技術を元に試作した国産戦車で性能は
全備重量58.3t
車体長7378m(全長9.88m)
全幅3.62m
方等上面高2.58m
最大速度70km
路上航続距離400km(50km/h定速時)
105mm砲装備(120mm滑腔砲へ換装可能)

で、形はまんまレオパルド2です(またか)。
インドのアージュンみたいな性能だと思えば良いですかね。
でもJAS様が知らないって事はTTD、パーフェクトに入ってない!?(;°ロ°)

地上部隊、苦労しそう~ヽ('д`;)ノ

■何処までも…ついてくぜぇヽ(゚∀゚)ノ あくしずは立ち読みだけどにぇ(*´艸`)
☆なんか笑ってしまいました。

ヽ(´―`)ノ

■豆戦車TKSで何とドイツ軍の38tを3両撃退! 
☆え?それホントなんですか?実話?

はい、実際にあった実話だそうです。
ウィキペディアにも載ってますよ~。
TKS

この本には他にも凄い話があって
西方電撃戦においてフランス軍のピエール・ガストン・ビヨット大尉の
シャールB1bisたった1両がストンム村でドイツ第8戦車連隊の
Ⅱ号、Ⅲ号戦車13両を数分間でスクラップに。
この時対戦車砲の攻撃も受けていましたが重装甲でこれらを弾き、
命中弾数140発にも達したのに悠々と去っていた、
何てエピソードも載ってます。
てか載ってる戦記は全部実話なんですよね、この本。
それでいてマイナーでも凄いものばかり載ってるから
毎回あくしずの萌えよ!戦車学校読むの楽しみなんですよねぇ。
他はつまらないけど('з')

JAS様も一冊いかがっすか~?
面白いですよぉ(^ω^)

■フリゲート、デアリング撃沈さる! 
☆うわぁぁ~…。ショック。

その後に敵艦隊を発見して更にショックにw

■A・ゴルシコフ 
☆戦ったことないので知らなかったんですが凶悪ですね。
大戦略の思考では結構作られそうな感じします。
でも日本に原潜の原子炉廃棄の資金出させてませんでしたっけ?
それでこんなの作ってたんですね、やっぱ露助だ。
信用できない敵ですね。
(中国も同じ。代替エネルギーが出来た暁にはロシアや中東なんて…)
でもロシア強力艦は大戦略的には楽しい展開(笑い

性能的にはプチイージス艦です。
それなりに良い性能ですよ~。
是非今度使ってみて下さいな(*^ー゚)b

ロシアは今度イギリスの原潜の廃棄処分まで始めるらしいです。
その資金は…。

原油高騰等で天然資源の価値が上がってますから強気になって
調子に乗ってますよね、ロシア。
やっぱりロシアは露助ですな(´Д`)
そして中国も本当、似たり寄ったりですよ(露骨な資源外交とか)。

でも大戦略的には本当、楽しい国家ですな(*´艸`)
そーいやロシアは今度空母艦隊の新設を計画中だとか。
かなり大規模なんですが建造まで何十年掛かるやら。
そしていつの日か大戦略にはA・クズネツォフに替わる新空母が配備される。

ダイセンリャカーって罪な人間ですな(゜∀。)

■制圧中のタイフーン部隊を…下げれなかった。 
☆ジレンマですね。
まぁ大戦略としてはこういうのがないと航空機が損害受けない(減らない)ので
ゲームとしてはしょうがない所ですね。

ゲームだから脳内補完しなきゃいけない事が一杯で大変ですなw

■「戦車前へ、パンツァーフォー!」 
☆笑い。

もうどの軍率いてもドイツ軍調w

■沖合いに存在する敵艦隊の赤い二重の迎撃範囲が恐怖の的。
☆いや~な感じですねぇ、そこの巡洋艦(1隻は艦種上はフリだが)2隻。

はい、あるだけでも超嫌な赤い枠ですよ(つд・)
見てるだけで…胃が痛くなりますw

■それにしても積極的ですな、ブルーネ軍は(゜ー゜;) 
☆COMって橋掛けるの大好きですよね。

後続する部隊が少しでも橋架けるんですね。
この辺はCPUらしいですがw

ホワイトロン川には後1箇所橋架けてましたよ(゜ー゜;)

■このマップも3.0対応になってないんですかね? 
☆ユーザーマップは一つも手を入れてませんね。
いい加減さ全開なんですよ。
メールで文句はつけました。

かなりいい加減ですよね。
私も苦情メールだしますよ(`Д´)=3

■ルクレールの塗装、汚いですな(笑)。
☆そうですか?僕は好きなんですが、前が酷かったので。
まぁ好みの問題ですけど。

この辺は個人の好みに影響されますな( ´ー`)y-~~
でも以前はどうだったか興味が湧きますw

■攻略本、出ないかなぁ('з') 
☆うーん、僕も欲しいですが厳しいと思います。

アレだけ情報量が多くてオンラインヘルプだけでは補完しきれないから
せめて説明書をカラーでもっと詳しくするぐらいはして欲しいですよ。

攻略本が出る確率は…かなり低いですな(´・ω・`)

■戦略ライン 
☆占領地域は順調に広がってますね。

はい、お陰さまで(゚∀´)b
各方面軍の侵攻が思いの外順調で領土拡張に貢献しています。
最後のロッシ島攻略には手を焼きそうですが…。

■チェリーコーク 
☆懐かしいです。中学校の頃、部活の帰りとかに飲んでました。

私は飲んだ事無いんですが結構昔からあるジュースみたですね。
今でも売ってるらしいから隠れた人気商品?w

■エア・シュペリオリティ 
☆僕はエア・スペリオリティ(航空優勢)で覚えてますが、
段階的にエア・シェプレマシーとか、あとエア・なんとかかんとかシーとか
上位の用語があるんですよね。
航空絶対優勢、あとその上があるらしいです。

ほほう、そんな段階用語だったのですか。
JAS様は色々知ってて博識ですなぁ( ´∀`)σ)∀`)

■ここにシャーンは航空機61機、攻撃ヘリ68機も投入して来てて 
☆仰山きますね。

もう雲霞の如く攻め込んできましたよ(;´∀`A
全部叩き落すのにすんごい疲れましたw

■1機まで減らされたトーネードに敵の攻撃ヘリマングスタが
 ☆大戦略の思考の一つの特徴みたいです。よく見ます。

1機まで減らされたら前線から後退確実だからこれを狙うよりも
他の高価値目標を狙った方が戦術的に有利なんですがねぇ。

思考ルーチン、改善されないかな。

■ラファール
 ☆まぁ第4世代機なので強いですよね。
僕は艦載機作ると全部ラファールになってしまいます。
戦闘国家でもそうでした。

パーフェクトではまだフランス軍使った事ないのですが
大戦略Ⅶでやった時は私もラファールM多用してました。
戦闘国家ではどうだったかなぁ。
欧州生産タイプメインは余り使わなかったのでヽ(゜ー゜;)ノ

■その撃滅にタイフーン部隊は忙殺されてますが如何せん数が多すぎです。
☆疲労度あると更に苦しめます。
ローテーションの関係で倍以上の兵力が必要になりますからね。
僕も大きなマップでは疲労度ありで終わらせたことは
一回あったかなかったかぐらいですが。(小さいマップではよくやります)

疲労度あると仰るとおりに運用部隊数が多くなりますし
攻撃したい時に攻撃出来なくてイライラしたのでルールには加えません。

ちょっと今の疲労度システムは疲労の蓄積が早すぎます。
ギレンの野望ぐらいならいいのですがねぇ。

■今日の最大進出ライン 
☆これ見るとこのマップも広大なのがわかりますね。
数正面に侵攻…楽しそうですが、疲れそうです。
細かいところを覚えていられないというか。

大部隊運用大好きぃ!なので疲れませんでしたヽ(゚∀゚)ノ
でも”次部隊”連打が多いのが苦痛でしたねぇ。

本当、腱鞘炎になりそうですよw

■それで各個撃破されて呆気なく崩壊してしまうんだと思います。
これはCPUの思考パターンの弱点かも。 
☆そうですね。僕もそんな感じします。

戦闘大隊、首都防衛、死守ルーチンさ(ry

■これはここじゃなくてSSα ~ 手間取る訳ですから効果はあります。
☆まったく同感です。
ま、でもジオンの系譜のようにエリアに入ると急にさっきまでいなかったのに
100部隊が待ち構えるとか、普通ありえない戦略ゲームを放棄してるような
インチキはやめて欲しいとは思います。

例えに大笑いw
よくギレンではありましたね、資源が無いのにMS生産とかetc

まあ大戦略の生産システム上、インチキは出来ないと思いますけどね。
建物の収納数制限とか。
でも増援が無限に来るとかはダメですが。

■あれぐらい抵抗してくれればこっちも盛り上がりますので 
☆面白そうですね。

一緒に要望メール出しましょうよぅヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

■グループ毎にまとまって行動させると言う物です。
☆この前の製品センチュリオンがそんな感じですかね。
リアルタイムで疲れるので僕は論外ですが。
ゲームの作りでプレイヤーが指図されるのも駄目でした。
体験版もありますので一度お試しするのもいいかもしれません。
大戦略界?全体でも不人気ですが、別のゲームとしてはまあ面白かったです。
製品版は買ってませんが(笑

買ってないですかw
でも体験版あるならやってみようかな。
情報、ありでした~_(。_。)_

■首都防衛ガラガラで 
☆前は一つの防御部隊も置きませんでしたが
今は3つは置くようになりましたね。
でも全然足らないですね。

本当、足りませんね。
首都は一番重要な施設なんですから最低限の防衛部隊は配置して欲しいから
防空SAM~3
野砲~6
戦車~6
補給車~2
他支援車両~4
で20部隊ぐらいはいて欲しい。
生産数減があるのならそれに見合って調整する方向で。

■まじで首都防衛思考ルーチン作って下さい('з')
☆本当です…。

一緒に要(ry

■何かロンドンにV2発射してご満悦な伍長閣下を思い出した(笑)。 
☆笑い。

フセインも同類ですな(´ε`)y-~~

■偵察機を飛ばしたらこれだけの敵戦力が間近に! 
☆人間と交戦していない陣営は兵力が溜まりますね。
思考時間短縮のために数減らしにわざわざ一戦線構築したりもしました。

ふむふむ、新たに一戦線構築ですかぁ。
面白そうですね、今度やってみまふ。

■敵主力が密集してるぅ!とMLRS放ったら…橋壊しちゃいました(滝汗)。
☆また大笑いしてしまいました。ごめんなさい(笑い。

いえいえ~、形あるもの必ず壊れるといいますしね(え?

■スーファミ版ってジャケットがレオパルド2のでしたっけ? 
☆そんなような箱でしたね。
僕も忘れてしまいました。
スカッドありましたね。

後覚えているのはF-117の対地防御力が高くて
SA-6で攻撃されても1~2機しか落ちなかったです。
昔はステルスを表現する為に防御力で再現していたんですよねぇ。
今じゃ索敵で表現。
時代は進歩しますなぁ。

思考ルーチンの進化は止まってそうですが(-_-;)

■”爆弾を捨てさせる”ってのを任務の目標にさせてたそうですね。
☆そうですね、そういう話ありました。
同様に、Mig21などが空戦で長引かせるのは、
撃墜しなくとも燃料を使わせて途中で墜落させるための戦術とも聞きました。

なるほど~、燃料消費戦術ですか。
北ベトナムもやりますなぁ、どーりでアメリカが負ける筈だ。

思えば北ベトナム程アメリカを苦戦させて最終勝利を掴んだ国って稀有の様な。
アメリカの手を焼かせる話は一杯ありますけどね。

北ベトナム、侮りがたし。

■話は変わってイスラエルには移動後に射撃出来る自走砲がありませんけど
これも紛争の影響ですかね? 
☆す、鋭いですね! 答えは僕わかりません。
勝手な想像では、

1.予備機混みで800機(現役600)の空飛ぶ砲兵に任せてる。
2.相手はゲリラで応射してこないので陣地変換が必要ない。
3.一般アラブ人もいる地域でPGMでない制圧兵器で弾幕射撃は向かない。
便衣兵に砲兵は向かない。
なので予算が配分されない。

とかが予想できますね。
でも最新のイスラエル砲兵のことは知らないんです。

うわ~、凄い論理的で大納得の論説ですね。流石ぁ(;゚∀゚)=3
でも仰るとおりだと思います。
戦う相手が軍隊ではありませんからね。
もう軍隊同士が戦う状況は起こりえませんから
当分自走砲の更新はなさそうですね~。

私も最新のイスラエル砲兵の事は知りません~。
PANZERとかに記事載らないかなぁ。

沢山の投稿、ありがとじゅしたぁm( __ __ )m

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ドミニカ侵攻

揚陸艦の搭載部隊を生産しようとしていたら
「部隊数が最大です」と警告が。

「え?」

と思い生産タブの部隊数みたら…64部隊しか生産出来ない!
こんなに広いマップなのに!!

お陰で部隊編成を一からやり直し、いらない部隊を解散させて
リストラに着手しました。
防空でペトリオットを2部隊沿岸部に離れて配置して補給車を各一台づつ
配置していたんですがペトリオットを隣接させて補給車1台で済ませる様に。
そして補給車は大型補給車に統合。
次に揚陸艦に各1隻に付き特殊部隊を乗せれるだけ乗せていましたが
6部隊もいらんだろう、と2部隊解散。
そして…泣く泣く折角作った揚陸艦サン・アントニオをも断腸の思いで処分。
こうでもしないと上陸軍を支援する航空機部隊が生産出来ないので。

こうして色々やって何とか上陸支援部隊を生産出来ました。
生産したのは
F/A-18E/F スーパーホーネットx2
A-10A サンダーボルトⅡx2
AH-64D ロングボウアパッチx2
です。
これに初期に生産したF-15Eストライクイーグルx1、
制空権確保にF-22A ラプターx1、F-16C ファイティングファルコンx1が加わります。
F-16Cは2部隊いましたがBランクのF-16Cを除いて解散させました。
航空軍は後の事も考え艦載機に統合した方が良いかもですねぇ。
でもラプターにA-10は保有していたい所です。

さて、上空支援部隊が生産されたので上陸作戦開始!
護衛のイージス艦に潜水艦を先頭にドミニカ首都南部の浅瀬を目指しました。
ここは浅瀬が4ヘックス分あるし敵首都まで3ヘックスと近いので
ここを上陸ポイントに選びました。

奇襲と言うより強襲になりますけどね。

それに敵海軍基地もありますし。

揚陸艦部隊(サン・アントニオx3)は高速移動で揚陸ポイントまで近づきましたが
色々とミスを犯してしまいました。
電子戦機を配備していなかったので敵視界内に入った揚陸艦2隻が
MLRSの砲撃と戦車砲の洗礼を受けたのです。
1隻の損害は軽微でしたがもう1隻は搭載部隊数が7まで減る損害を受けてしまいました。
ですが仕返しで次ターンにはMLRSや浅瀬にいた敵戦車部隊は
全滅させてやりましたけどね。
後LCACの運用が始めてだったので先に発進させていれば良かったのに
搭載したままだったので一緒に損害を受けました。
これは痛いミス。
折角海上を移動出来るのに無駄にしてしまいました。
それで慌てて発進させたら敵自走砲の餌食に…。

・゚・(ノД`)・゚・

幸い残りの2隻の戦車部隊だけで首都制圧出来ましたから
結果オーライでしたが手痛い血の洗礼を受けましたよ。
これでは次のキューバ侵攻が思いやられるなぁ、
と思ったら初期に制圧してあった敵に占領されていない港湾施設が
補給ラインで繋がってキューバの陸軍基地が稼動したので
部隊上陸の手間が省けました。
ほっ、と胸を撫で下ろしましたが、
まさか最初にやったヘリボーン作戦が
ここで大きな効果を生むとは思いも寄りませんでした。

やれる事は色々やって置いた方が良いって事ですねぇ。

★カリブ海紛争 ~ターン24 ドミニカ軍揚陸艦、襲来


防衛戦をしていたら海上に敵揚陸艦の姿が!
直ちに迎撃作戦が準備されましたが
爆弾で沈めるのは骨が折れるなぁ、
と思いつつもF-15E、F-16Cの兵装を交換していたら…
何とF-16Cはハープーンを運用出来る!

これは素晴らしいぃ(o>ロ<)o

お陰で楽々撃沈出来ましたよ。
対空対地対艦が出来るとは素晴らしい。
安価ですがこの性能は輝いていますな。

★カリブ海紛争 ~ターン39 ドミニカ着上陸作戦、開始


敵潜水艦が恐怖でしたが、迎撃に来たのは1隻のみで助かりました。
PUEPLEはキューバ侵攻に戦力を割かれていたし
こちらがイージス艦の護衛の下シーキングx4を展開させていたので
潜水艦の生産を諦めたかもです。
ただ敵海軍基地に収容のマークが付いた時は恐怖して
イージス艦と潜水艦を前に出して囮にしよう、
と急接近させましたが生産して来たのは輸送艦でした。

潜水艦じゃなくて良かったぁ。

本当、安堵しましたよ。

★カリブ海紛争 ~ターン46 キューバ侵攻


陸軍、空軍基地が稼動したのですぐさま部隊を生産して
すぐさまキューバ侵攻、橋頭堡を確保します。

部隊に空きがあったのは上陸作戦で傷ついた部隊を合流させたり
追加生産したA-10を解散させたり…
破壊されたLCACとそれに搭載されていた部隊損失分が結構大きかったようです。

転んでもただでは起きない(苦笑)。

それでも部隊制限があるのでそれほど大量に生産出来ません。
後は上陸軍を海路で輸送して運ばないと。
時間は掛かりますが。

PS.LCACに部隊を乗せようとすると何故か乗せれませんでした。
場所は平地だったのですが…バグ?

★今日の最大進出ライン


前もってバハマ、ジャマイカを制圧していたお陰で補給ラインが上手く繋がりました。
これで補給問題に頭を痛める事無く戦闘を続けれそうです。

流石自作マップは違いますな。

でも部隊数64はこの広大なマップでは少な過ぎます。
せめて100部隊はないとなぁ。
それでいて「攻略目安は150ターン」?
何処がじゃヽ(`Д´)ノ

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

カリブ海紛争、再開

ファン倶楽部のマップコーナー見て面白そうだったものの、
自軍整備に時間が掛かるから放置してたカリブ海紛争、
再開してみたら…嵌った。
地道にコツコツ資金を貯めて揚陸艦を建造しつつ
少ない予算で効果的な防空体勢を引いて遠い攻勢の日に備える。
これが地味でコツコツが好きな私の性格に適合しました(笑)。

本当に予算が少ないので始めてですが少しでも都市を増やそうと
遠くジャマイカまで空挺降下作戦したり片道切符の
キューバ侵攻作戦をしたりと結構活発的な日々を過ごしています。
予算の大半は揚陸艦に取られてしまうのですが
何ターンも貯めてからじゃないと1隻でさえ作れないほどの資金の少なさ。
これに防空戦費、侵攻部隊生産費が掛かるのですから
毎ターン台所は火の車です。
少しでも安く、が求められるので戦車もM-1A2じゃなくてA1だったり
F-15じゃなくてF-16を生産したりとケチケチ作戦遂行中。
でもこれが…楽しい。

今まではどんどん領土を拡張して部隊増産して作りまくってましたが
今回は資金的に何とか必要最低限ぐらいしか整備出来ない。
ここで効率主義者の血が騒ぐわけです。
その面白さに気が付いたのでこのマップ、楽しくなって来ました。

紹介文では150ターンが攻略目安、
とありましたがさてさてどうなりますかな。

★カリブ海紛争 ~ターン18 カムフーバー防空ライン


隣国がガンガン航空攻撃しかけてきます。
その為ペトリオットを配備しましたが2部隊でも足りない。
補助に対空部隊を作ろうとしたら…射程2のSAMがない!
これは厳しいっ。

安価なF-16を渋々もう1部隊増やして防空に当たらせてますが
AAMの弾数が少ないのですぐ補給に戻らないと、
なので思い切ってペトリオット、3部隊に増やしたら大分楽になりました。

後は揚陸艦を整備するだけだな、と思ったら敵潜水艦が港周辺を
ウロウロしてる(汗)。
急ぎ高いシーキング作って撃沈に向かいましたが…
魚雷攻撃5回目で漸く沈んだ。

しぶといな、サルヴァトーレ・ダロ。

一安心、と思いきやシーキング部隊、次ターンに敵タイフーンにより全滅(涙)。
でもこれで当分安心さ、と安心していたら…また来たヽ(;´Д`)ノ
幸い遭遇戦で魚雷食らってくれたので楽に沈みましたが
敵潜水艦がうようよしている海域に揚陸艦、派遣出来ないぞぉ。

対潜部隊も充実させなきゃ、お金ないけど。

★キューバ侵攻部隊


前回ヘリボーン作戦を行っていたんですが
REDがどこまでここの制圧を許してくれるか分りません。
増援も送れないから出来るだけ長く生き残ってくれるといいのですが…。

あれ、東端に隣国の兵士が…。

★ジャマイカ空挺作戦


安定した都市地帯を確保したかったので
始めて空挺作戦を立案してやってみました。
ここが占領出来れば少しは収入UPが見込まれるので期待したい所。

でも輸送機は戻って来れるかな?

★カリブ海紛争 ~ターン24 降下完了


空挺降下の操作、分りやすくて良かったです。
初めてでも安心ですな。

さあ、後は思う存分占領しまくってくれ。

★侵食されつつあるキューバ領


あろう事か隣国のPURPLEまで侵攻して来ました。
これでは挟み撃ちです。

森などに篭ってゲリラ活動しますかね。
ってもう歩兵部隊いない(つд`)

★戦争計画


マップは広いですが今の活動範囲はこの海域で精一杯です。
何とか揚陸艦が3隻揃いましたがまだまだ足りない。
何せ搭載する部隊も1/3しか揃ってないし。
戦車ぐらいなら一気に生産出来そうですが
相場見て100%以下の時しか生産しないのでそれも無理。

まあ、マッタリやりますよ( ´∀`)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

Color World終了

遂にColor World終わりましたぁ。
最後は大規模上陸作戦を敢行。
これが成功し、見事勝利を勝ち取りました。

初めての本格的着上陸侵攻作戦だったのですが
敵の抵抗が激しく、揚陸した戦車の数が少なくて一時危うい場面もありましたが
圧倒的多数の航空軍の対地支援のお陰で難を逃れ敵首都まで進撃出来ました。
海上からの駆逐艦による艦砲射撃も効果ありましたね。

瀬戸内海Warsでも上陸作戦はやりましたが
四国上陸は味方が占領して制圧した地域での上陸作戦だったし
最後の和歌山上陸作戦は実行される前に戦闘が終わりましたしね。
だから本作戦”銃剣”は本当に始めて遂行する作戦でもあったんですよ。
その為どれくらい戦力を用意すれば良いか分らなかったので
準備は出来ていましたが中々作戦実行に移れず、
結局アカテ陥落後まで延期されてました。
そしてアカテ降伏後発動した訳でしたが
投入された兵力は航空部隊64部隊、艦艇25隻、上陸部隊46部隊で
主力は揚陸艦アルビオンに乗せたチャレンジャー2改部隊、
だったのですが揚陸してみたら10部隊程しかいなかったので
上陸地点各地で反撃を受けた時に苦境に立たされたり
突破して追撃したいのに後続の戦車がいない、と言う状況があったり。
やっぱり戦車は多く用意すべきでしたね。

揚陸ポイントが浅瀬しかなくて輸送艦を使用出来ない状況下だったので
重車両の搭載数が少ない揚陸艦を使わざるを得なかったので
必然的に運べる量が減る(約半分)んですよね。
だからこそもっと揚陸艦を用意すべきでしたがそれを怠ったので
そのつけが回って来た訳で。

まあ、初めてでどれくらい戦闘が続くか予測出来なかったのも響いたかな。
でも最後は空軍に助けられて無事終わって良かったです。

さて、次はどのマップやるかな~♪

★Color World ~ターン67 敵潜水艦発見す


見つけたと思ったらアカテのでした。
でもここを通過するインビンシブルの脅威となるので
対潜機を呼び寄せて撃沈しました。

少しとはいえ脅威は排除しないと。

★Color World ~ターン69 落日のアカテ


トーチ作戦第一梯団の部隊が首都進攻に間に合いました。
敵の抵抗が全くなかったお陰ですが主力が遅れていたので
これは嬉しい誤算でした。
敵の抵抗は殆ど空軍で対処していたので
燃料不足で補給待ちするのが一番の敵だったり(苦笑)。
そうそう、こちらが空軍で攻撃すると敵は必然的に対空部隊、
アカテはイスラエルなのでマクベトで反撃して来ますが
射程が1なのでアパッチの射程2のヘルファイアでアウトレンジしていたら
殆ど抵抗受けませんでした。
この戦術はイタリアにも効きそうですな。
あそこのSIDAM-25も射程1だから。

アパッチ採用国の強みが実証されて良かったです。

そんな訳で画像の様に大量の航空部隊で爆撃していたので
アカテは抵抗も出来ず降伏しましたよ。
戦車も砲撃は3回ぐらいだったかなぁ。
まあ、あれだけ爆撃で痛めつけられたら反撃も出来ないか。

それにしても…ブルーネ貿易地帯で見せた底力、また見たかったなぁ。

★Color World ~ターン70 航空部隊、攻撃開始点へ


半島の平地地帯にヘリ部隊を集結させ、
飛行特性を活かして攻撃開始まで燃料を使わせず待機させてました。
そして補給車で燃料補給して置いたので
燃料は満タンで飛行して行きましたから
ロッシ島に長時間滞空出来て地上部隊の支援に貢献しました。
予備としてVTOL空母インビンシブルも用意してありましたが
補給に戻った機体はいなかったです。

★作戦計画


揚陸可能なのはロッシ島南端に2箇所、北東に1箇所です。
陽動として北部の敵部隊がいない平地に特殊部隊を降下させて敵を引き付けます。
敵が囮に引き寄せられたら一斉に上陸、敵部隊の殲滅を行います。

問題は上陸ポイントAに敵が陣取っている事ですね。
陽動で北上してくれれば良いのですが…。

★Color World ~ターン72 全揚陸ポイント、上陸完了


陽動作戦、上陸作戦は上手く行って部隊の揚陸に成功しました。
ですがポイントBでは航空支援が無かった為敵の激しい抵抗を受け、
一時海岸から追い落とされそうになる事も。
それを救ったのはポイントAからの上陸部隊。
ここは航空支援が十分与えられたので敵部隊の排除に成功し、
驚くほど強い楔を敵陣に撃ち込んだので自分でも驚きましたね。
少数の部隊でしたが早くも敵首都への活路を開きましたから。
また、陽動だったヘリボーン部隊各員も奮戦し、
全滅前提だったのですがロッシ島北部制圧戦まで行ってしまってびっくり。
その後ポイントCからの部隊と合同で前進して行きましたよ。

戦車が足りない、とは先に述べましたが
面白かったのがヘリボーン部隊とポイントCから上陸した特殊部隊が
敵仮設基地と陸軍基地を占領したら87式高射機関砲と74式戦車を鹵獲。
戦車不足をこれで補いました(笑)。
3.0から捕獲ルールが適用されましたがこれ程導入に
喜ばしいと感じたのはこの時でしたよ(苦笑)。

そんな現地支援もあって北部は順調に敵部隊の排除に成功。
残るは首都周辺とロッシ島南西です。

★Color World ~ターン73 終局


多数の敵部隊の排除に成功しましたがこちらも大損害を受けました。
しかも単一機種が。
それは…F-35 ライトニングⅡ。

これ、VTOLだと思って決戦兵器として大量に用意して
空母もインビンシブルからクイーンエリザベスまで用意したのに…
VTOLじゃなかった(汗)。

アパッチと同じく大陸で平地に待機させて燃料補給して
準備万端!で投入した筈が飛んで行ったら燃料ギリギリだったり。

これは手痛いミスでしたよ。

大戦略ⅦではF-35、空港のないマップで大活躍だったから
期待していたんですがVTOLは”B”型だった様で…。

なので片道切符の特攻機として使う事に。
搭載していた誘導爆弾は全弾使い果たしましたが
大半が燃料切れで墜落しました。
何とか給油機まで辿り着いた機体もありましたがね。

しかしライトニングⅡがVTOL機じゃなかったら一体
クイーンエリザベスは何を運用する為就役したんですかねぇ。
イギリスもF-35B、採用予定だったと思うけど…。

ま、作戦が成功したのでいっか(えー

★損害数


YELLOWが終盤だけでえらい損害を受けてるのが分ります。
それだけこっちの攻撃が激しかった訳で。
主に空軍が上げた戦果でしょうけどね。

さて、今日でColor Worldは終わりです。
でも面白いマップだったのでまたやりたいと思いますが
3.0に修正しないとダメだったり。

後日やりますかね( ´ー`)y-~~

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

大戦略パーフェクト3.0 生産国紹介 その六

久しぶりにいつものを。
今回は新生イラクとヨルダンです。

★新生イラク生産タイプ
・空軍
戦闘機:MiG-21 フィッシュベット、ミラージュF1-CT、殲撃7型
攻撃機:L-39 アルバトロス
輸送機:C-130H ハーキュリーズ
兵員輸送ヘリ:UH-1 イロコイ、Bell-206、Mi-17 ヒップH

・陸軍
主力戦車:M60A3、T-72M、T-55
歩兵戦闘車:BMP-1
兵員輸送車:M-113、MT-LB、スパータン、BTR-94&80、パナール VCT-TT、
パナール M-3、トラック
偵察車:BRDM-2、EE-9 カスベル、HMMWV、UAZ-469、ランドローバー
戦車駆逐車:HMMWV/TOW
自走砲:M-109
レーダー車両:防空レーダー
補給車:補給車
歩兵:歩兵、民兵、戦闘工兵
工作部隊:工作部隊

・海軍
コルベット:掃海艇
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦

崩壊前のイラクの様に各国のそれなりの兵器を集めた準1線国やや下から
一気に最弱国になってしまっています。
装備はアメリカの中古や旧フセイン時代の残り物。
とてもじゃないがこの国でプレイしようとは絶対思わないですな(゜ー゜;)
対空関係がごっそりなくて、それをカバーする戦闘機がMiG-21しかない。
イランに逃げ込んだMiG-29を返して欲しいくらいですよ。

第二回の瀬戸内海Warsでは島根でしたが
アルデンヌの森ならぬ島根の日本海側の森林地帯を西進していった我が軍に
脆くも崩れ去りました。
兵器ラインナップを見れば自ずと結果は分っていましたがね。

今イラクは内戦状態でテロ対策に終われる日々では…
これ以上の強化は出来なさそうです。

★ヨルダン生産タイプ
・空軍
戦闘機:F-16、F-5E、ミラージュF1-CT
偵察機:RF-5E タイガーアイ
輸送機:C-130H ハーキュリーズ
攻撃ヘリ:AH-1S&F_UG
兵員輸送ヘリ:UH-60 ブラックホーク、SA-330 ピューマ
偵察ヘリ:OH-6

・陸軍
主力戦車:M-60 フェニックス、アル・フセイン、カリド
歩兵戦闘車:BMP-2、ラテル20
兵員輸送車:M-113、テムシャ AB14、BTR-94、トラック
偵察車:シミター、フェレット、HMMWV、ランドローバー、アル・アラブLRPV、
デザートアイリス、武装ピックアップ
戦車駆逐車:M-901 ITV、AB9C5 ファルコン2、ランドローバー/無反動砲、
デザートアイリス/TOW
自走砲:M-110&109&106、MOBAT
牽引野砲:M-114
自走ロケット砲:デザートアイリスMRL
対空車両:M-163A1、ZSU-23-4 シルカ
自走対空ミサイル:9K35 ストレラ10M3、9K33 オーサAKM
対空ミサイル車両:ペトリオット、ホーク改
レーダー車両:防空レーダー
補給車:大型補給車、補給車
歩兵:歩兵、民兵、戦闘工兵、空挺部隊、特殊部隊
工作部隊:工作部隊

・海軍
コルベット:掃海艇
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦

2線国家ながら結構充実した兵器ラインナップです。
何とペトリオットもありますし。
戦闘機でF-16もあるんですからそこそこ良い戦いを出来るんじゃないでしょうか。
天然資源で外貨を獲得出来ているせいかこれは!と思う様な兵器もあります。
ヘルファイア装備のAH-1F_UGとか120mm滑腔砲装備のアル・フセイン。

特にアル・フセインは使いたい兵器NO.1で
グラフィックが超カッコいいんですよ~(*゚∇゚)=3
ヨルダン国産か知りませんがインドのアージュン並の戦車ですかね。

対戦した時はまたしてもアルデンヌマジックで呆気なく崩壊しましたが
この国は先進国に飽きた時に息抜きにでも
また2線国対戦する時に使ってみたいですね!

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

大戦略HP製作開始

大戦略Ⅶの更新が滞っていると言うのに
また新たにHPコンテンツ製作に動き出しちゃいました(/ω\)
今度は大方の予想通り大戦略パーフェクト3.0。
何をやるかと言うと大戦略Ⅶで培った技術を下に
兵器データ集を作ります。

兵器が1500種もあると言うのに狂ってますよねw

今5種出来ましたが下記の様になります。

F-4EJ改 ファントムⅡ

本当はJavaスクリプトを勉強してからそれを取り入れてやりたかったのですが
先日大きな書店に本買いに行ったら良いのが置いてなくてねぇ。
まあ、別の大きな書店に今度行きたいと思いますが
それまでまてないー!ヽ(`Д´)ノ
と言うので製作始めちゃいましたw

戦闘機だけでも86種もあって正直驚愕していますが
少しずつやってみたいと思います。

完成するのはいつの事やら( ´ー`)y-~~

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

脅威は去った!

イージス艦に止めを刺したいけど攻撃する部隊がもういない。
これでは次ターン港に戻って回復されてしまう!

これはやばい!!

と思いつつも本当に攻撃手段がもう無かったので他の部隊、
優勢なアカテ方面軍を動かし終えて”次部隊”で未行動部隊がないか
探していたら…ロッシ島西の大陸の空港に爆装状態の
完全10機編成のタイフーンがいたぁ!

「ミサイルがダメなら爆弾でやれるかも」

こんごうは未だ迎撃範囲を持っていましたが
タイフーンを突貫させて爆撃したら…9機の損害と引き換えにこんごう撃沈!

やったぁ!!(o>ロ<)o

最大の脅威は去ったので心置きなくロッシ島攻略作戦を発動出来ます。
さあ、やったるでぇ!

★Color World ~ターン60後半 こんごう撃沈さる


大殊勲のタイフーン部隊は練度Aの精鋭でした。

本当はブルーネ貿易地帯方面で地上部隊の援護に回っていたのですが
爆弾を全部落として遠くこの方面まで補給に着陸していた所だったのです。
しかし良いタイミングでイージス艦を攻撃可能な部隊が
残ってて本当に良かった(泣)。

単艦残ったひゅうがは我が軍の潜水艦の餌食に。
護衛のいない艦艇は悲惨ですな。

★Color World ~ターン62 ブルーネ貿易地帯、陸軍基地制圧


アパッチと自走砲のお陰で厄介な敵を排除して、
弱った所にに戦車が突入、で大きな突破口を開けました。
敵MLRS部隊は多数存在していましたが
これらを排除する空軍の活躍で鋼鉄の雨が撃たれたのは一回のみ。
損害は軽微で済んだので良かったですよ。

ここは陸軍、空軍基地があって敵の増援部隊の投入が多かったので
激戦区となりましたが思ったほど損害が出なかったです。
これも空軍、特にアパッチの対地攻撃のお陰。

アパッチ様々ですな。

★Color World ~ターン63 第二戦線


シャーン方面軍改めアカテ北部方面軍の一部が上陸に向かっています。
上空では盛んに対潜哨戒機が索敵活動をしていますが
今の所これ以上の敵潜水艦は侵入していない模様。
航路の安全が確保されたので安心して輸送に専念出来ます。

★戦争計画


アカテ方面侵攻作戦”デート”が発動されました。
また、北部からこれを支援する為に前述の様に大陸北部からも
部隊を揚陸させて援護する侵攻作戦”松明”を発動しました。
上陸部隊がアカテ首都進攻に間に合うかは微妙ですが
多数の航空機もこの方面に増援として編入されたので
進撃速度の速さから主力部隊侵攻の支援として活躍してくれそうです。

ロッシ島方面では依然不明な敵潜水艦の探索が行われています。
後1隻はいると思うのですが…。

★Color World ~ターン64 アカテ湾内の敵集団


撃墜されてしまいましたが偵察機がアカテ湾の敵情を知らせてくれました。
見てみるともう大規模な敵集団は確認出来ず。

アカテ侵攻は地形の障害も無いので楽に終わりそうです。

★Color World ~ターン65 ブルーネ貿易地帯東岸制圧完了


歩兵部隊を5部隊も投入した為一気に制圧出来ました。
と言ってもまだ東岸だけですがこの調子なら西岸も
一気に落とせそうです。

一部の部隊は西岸で占領活動を行っていますね。
これなら早期制圧も夢じゃない。

★”トーチ”作戦第一団上陸


まずは第一梯団が上陸に成功し、内陸へ侵攻しています。
編成は

・第一梯団
チャレンジャー2改x3
AS-90x3
シミターx1
補給車x1

・第二梯団
チャレンジャー2改x3
AS-90x1
ウォリアー改x1(特殊部隊乗車)
ボクサーPWVx1(空挺部隊乗車)
シミターx1
スターストリークx1

・第三梯団
チャレンジャー2改x3
AS-90x2
MLRSx1
スターストリークx1
補給車x1

からなります。
また、シャーン方面からも多数の部隊が南下中ですが
流石にこれらはアカテ攻略に間に合わなさそう。

侵攻部隊の問題は補給が出来ない事ですが
主力部隊とすぐ合流出来そうですなので問題ないかと。
補給車もいますしね。

ただ補給物資を節約する為上空支援のアパッチの補給は
港に停泊しているインビンシブル級VTOL空母に任せます。
例え物資1とはいえ貴重なので。

もっとも、もうそれ程物資を大量に補給するほどの戦闘があるとは思えませんが。

★揚陸部隊、揚陸ポイントへ向け出港


航路の安全が確保されたので揚陸艦艦隊は各揚陸ポイントへ向け移動です。
対潜部隊を8部隊も投入して敵潜水艦が見つからないので
もうYELLOWの敵潜水艦は撃滅したと思われます。
自軍の有利な情報だけで動くのはアレですが本当に見つからないので。
ただ毎ターン哨戒活動は絶やしません。
ただでさえ多数いるロッシ島防衛部隊を撃破すべき戦車部隊を
乗せた揚陸艦が撃沈されるのは悪夢なので…。

艦隊の航海の安全を祈ります。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

マルタ島の奮戦

今まで静かにしていたので航空機部隊で包囲し、
偵察機の監視下において放置してあったロッシ島ですが
遂にYELLOW海軍が活動を開始し、我が軍に多大な損害を与えています。

最初索敵機からの報告で護衛艦はるな、揚陸艦おおすみを発見したので
これを撃滅に行き、どちらも撃沈して凱歌を上げて意気揚々としていたら…
はるなを撃沈した潜水艦トラファルガーが敵潜水艦はるしおに撃沈された!

「小癪な!」

と対潜部隊を派遣してこれも撃沈しようとし、
更にロッシ島北の港を封鎖しようとデアリングを派遣したら
いきなり対艦ミサイルの攻撃を受けた!

「敵水上艦は撃破した筈では?」

と思い偵察機を飛ばしたら…イージス艦こんごうが出撃して来た!!

「まだ敵艦が存在していたとは!」

いしかりとVTOL空母?ひゅうがの存在も確認され、敵艦隊が未だ優勢なのを知って
驚愕しましたがこんごうもデアリングとトラファルガーのハープーンの射程内だったので
これならばいける、と思って攻撃を開始しましたがここで重大なミスを。
まずは小物から、といしかりを先に狙ってしまった。

本来なら一番脅威なこんごうを狙うべきなのに今までの海戦の結果を鑑みて
次ターンでも平気、とこんごうを後回しにしたのです。

「航空優勢は確実だしどうとでもなる」

と踊り高ぶっていました。
しかしここでのミスがその後の悲劇を招くとは要素だにしませんでしたが
いしかりは難なく撃沈。
そしてさあこんごうだ、と言う時にトラファルガーが魚雷攻撃を受けて轟沈!

「敵潜だと!?」

海域にまだはるしおが潜んでいたのです!
ここで艦隊を下げるべきでしたがトラファルガーを失って頭に血が上っていたのか
対艦攻撃を単艦で強行。
しかし撃沈ならず、反撃で沈められてしまいました。
まだこの海域にはトラファルガーが後1隻いたので突貫させ、
魚雷攻撃で沈めようと接近したら…
待ち伏せして密かにいたもう1隻いたはるしおにより撃沈される。

「ま、まだいたのかっ!」

そしてはるしおはトラファルガー撃沈後、すっと姿を消した。
これにはブルーネ艦隊司令部も驚愕し、また損害の多さにも震撼して
一時ロッシ島北部海域からの撤退を渋々指示しました。

イージス艦はロッシ島北に居座り、我が軍の偵察機を撃墜したりして
索敵活動を妨害し続け、嫌がらせを続けたので総司令部の怒りを買い、
遂にイージス艦と潜水艦の撃滅作戦が発動されました。

増援としてデアリングx2、トラファルガーx2(各1隻はロッシ島南部より派遣)、
対艦装備のトーネードGR.4x4、ニムロッドMR.4x4を派遣。
敵艦の位置は掌握していたので攻撃は容易い、
と考えていましたがイージス艦の恐ろしさを全く知らない総司令部は
敵艦の能力を甘く見ていました。

59ターン、一斉にトーネード部隊が攻撃を開始。
だが戦闘結果表を見ると最大射程で攻撃しても反撃が予想される事に気が付く。

「だが先制なら何とかなるだろう」

とASMを10発発射しましたが…当たらない!
第2、第3部隊も攻撃しましたがこれも当たらない!!
計30発撃って一発も当たらないだとぉ!?
そして反撃でトーネード部隊は全機大損害を受ける。

ここで初めて総司令部はイージス艦の潜在能力に恐怖しました。
また、その恐ろしさに心胆さむからしめられました。

このままでは制海権が脅かされる、
とばかりに潜水艦での攻撃に切り替えましたが
またしてもはるしおの奇襲によりトラファルガー轟沈。
対潜部隊の指揮官に周囲の目が集中しましたが

「イージス艦の迎撃範囲内にいる潜水艦の探知など出来ますかっ!」

と、対潜部隊指揮官は激した。
皆は納得したが総司令部内は思い空気に包まれた。
しかしここで転機が訪れる。
敵イージス艦が電子戦機撃墜の為に南下したのだ。

これで南部艦隊の射程内に入る!

総司令部内では一気に重苦しかった空気が吹き飛ばされ、
南部艦隊の動向に熱い注目が集まった。

まずデアリングが対艦攻撃を開始。
そして…止めとばかりトラファルガーが至近距離から魚雷を放った!
誰もがイージス艦撃沈の報を待ったが…
スクリーンには未だイージス艦が存在していた!!
何と耐久度”1”で生き残っていたのだ!!!
だがしかしこちらにはイージス艦攻撃を中止した完全編成のトーネード10機がいた!
今度こそ!、とばかりスタンダードミサイルの弾薬が切れて
迎撃範囲を失ったこんごうに接近してシーイーグル10発を放ったが…全弾外れた。

総司令部は…凍りついた。

「こ、これがイージス艦の実力なのか…」

この時対潜ヘリを搭載してこの海域に急行していた
VTOL空母インビンシブルから発進したシーキングAEWが
ロッシ島北東部でYELLOW潜水艦を発見した。

「まさかこんな所にも侵入していたのかっ!」

更に追い討ちをかけたのがシーキングAEWが
対潜魚雷を積んでいない事を知った事だった。
インビンシブルは進路を変進して退避。
また、近くの海域にいた”銃剣”作戦上陸船団アルビオンx9も
安全と思われる海域へ離脱した。
急遽防衛部隊ニムロッドMR.2x4も生産されて艦隊の護衛に当たった。

イージス艦は未だ健在。
敵潜水艦も3隻以上存在し、しかも消息不明。

ロッシ島海域は今、一番危険な海域となり、
この戦線でもっとも敵勢力が強大な戦域になった。

限られた揚陸地点に部隊揚陸は果たして成功するだろうか、
と言う問題に加え新たに敵艦隊の脅威が増えた現在、
ロッシ島攻略は果たして出来るのだろうかと司令部の誰もが不安に苛まれた。

戦争は終盤ではなかった。
今始まったばかりなのだ。

★Color world ~ターン53 コルスン包囲網


敵MLRSを撃破すべく前進したシュパイデル少尉の戦車部隊が
敵の反撃攻勢により孤立し、現在救出作戦が展開中です。

少尉は包囲されつつもMLRSの攻撃に集中し、見事これを撃破。
任務を果たしましたが救出には時間が掛かっております。

無事生還出来るといいのですが…。

★F-15J改の恐怖


突如ロッシ島から現れたF-15J改戦闘機。
迎撃にタイフーンが出撃しましたが手痛い反撃を受けました。
搭載するAAM-4は驚異的な攻撃力を発揮しますね(汗)。
でも撃った後はガードががら空きなので撃墜は簡単でしたが。

思えばYELLOW反撃の一矢はこれが最初だったかも。

★Color world ~ターン56 イージス艦”こんごう”、出撃


イージス艦の性能を馬鹿にしていました。
ただ迎撃範囲が広い駆逐艦、程度の認識でしたが
一連の戦闘で認識を改めました。
こいつは化け物です!

昔のキロ級魚雷飽和攻撃が対イージス艦の切り札、
って話、よ~く分りましたよ、血の洗礼で。

★シャーン独立国の崩壊


北西の小国シャーンが陥落しました。
ここは戦車をよく投入して来て前線を圧迫し、
シュパイデル少尉の東部侵入部隊は稼動戦車が16台にまで減らされて
前線維持の為ウォーリアー改などIFVで前線を維持しなきゃいけないほどにまで
危機的状況にされされました。
幸いアパッチがいたので維持は楽でしたが戦車の大量投入は
やはり防衛には効果的な戦術のようです。
本当、やばかったです。
幸い西部侵入部隊が浸透戦術で敵首都まで進撃し、
挟撃出来たので助かりましたが前線を維持すべき戦車が1部隊まで減ったので
一時はまじどうしようかと思いましたよ(汗)。

PS.シュパイデル少尉の戦車部隊は無事救出されました。
敵の主目標がこちらの東部侵入軍の迎撃だったので
”放置”されたのが助かった一番の原因でした。

少尉には後日勲章が授与されるでしょう。

★三本の楔


ブルーネ貿易地帯に向けて3方向から進撃してます。
進撃は順調ですが敵がMLRSを大量に投入してくるので
その撃滅に空軍は大忙しですが迎撃による損害も馬鹿になりません。

速く貿易地帯陸軍基地を奪取せねば…。

所で北部からの侵攻部隊には6部隊もの自走砲が配備されているのですが
これらが敵戦車、装甲車両、歩兵潰しに大活躍です。
お陰で戦車部隊の損害が少ない。

やっぱり砲兵は戦場の女神ですな。

★神Color world ~ターン59 神出鬼没!アカテ潜水艦


シャーン侵攻軍を輸送艦で短い距離ですが運んでアカテ領に侵攻し、
貿易地帯侵攻軍の補助を行おうと輸送艦を大量に建造。
そして港へ移動中に偶然この空域をシャーンからアカテへ向けて飛行中だった
タイフーンのパイロットが浮上航行中のアカテ潜水暗を発見!
オンレジ司令部は一時パニックになりました。

幸い一箇所に止まって移動していないので急いで生産したニムロッド部隊に
撃沈されると思いますが…ここにまで潜水艦がいるとは………。

大陸横断は危険を伴いそうなので護衛艦隊を作りますかね。

★イージス艦撃沈作戦発動!


この時は勝利を確信していました。
この時は…(滝涙)。

トーネードを4部隊も投入して一発もASMが当たらないなんて
こんなにもイージス艦のECM防御が高いなんて知りませんでしたよ!

★ブルーネ貿易地帯包囲網完成


北部からと南東からの部隊は合流し、共同で貿易地帯へ突入します。
戦線が大幅縮小出来るし戦力が集中出来るから嬉しい限り。
”楔”は太く強い物に変わりましたね!

一方で南部からの侵攻部隊は攻勢限界点に達しました。
敵戦車の迎撃に戦車で挑んでいたので損害が大きく、
前線を維持する戦車の数が少なくなったからです。
しかし目標であった空港の制圧と補給ラインの構築には成功したので
目標は達成されたかと。

ここからは防御に入り、主力が貿易地帯を突破するまで耐えます。

★Color world ~ターン60 イージス艦、未ダ健在ナリ


嗚呼、頭が痛い。

まさか立った1隻の駆逐艦にこの海域全部が翻弄されるとは。
もちろん潜水艦の恐怖もありますが
イージス艦を何とかしない限り対潜活動も出来ないので…。

魔女の婆さんに呪われたか。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

東部戦線の消滅

遂にマジェンが陥落しました。
これにより東方大陸は我が軍の支配下になった為、敵勢力は消滅しました!
しかし中央にロッシ島がありますので”東部”方面軍は”中央部”方面軍と改称。
ロッシ島攻略部隊になります。

その為急ピッチで揚陸艦の建造が急務なのですが…
海軍基地と補給ラインが繋がってない!
幸い海軍基地が2個あるので大丈夫かな、と思いきや、
途中で補給ラインが切れているので建造がこれまた出来ない!!

マジェン領を空爆しまくった代償かと(汗)。

それで急ぎ工作部隊で道路構築に勤しみましたが
その間ブルーネ領より支援艦隊(デアリングx2、トラファルガーx3、補給艦x1)を建造し、
対アカテ戦線とかオンレジ戦線での損耗分を生産していたら…
資金があっという間に半減。
揚陸艦建造費の大半が消えてしまいました(滝汗)。
しかも!この間の生産により62%まで低下していた相場が140%まで上昇。
更に揚陸艦建造を遅らせています。

一応今までで6隻建造出来ましたが
これからは毎ターン1隻づつしか建造が出来ない感じなので
揚陸作戦は大幅に遅れそうです。
それにアカテが暴れているのでその損害の穴埋めで資金を使うので
更に更に建造ペースは遅れそうです(実際建造出来なかったターンもありますし)。

数ターン後にオンレジも陥落し、アカテ方面へ向ける戦力が増えましたので
以前の様にブルーネ防衛部隊が劣勢に立たされる事もないと思うので
損害も減るでしょうから少しは安心です。

しかし偵察機からもたらされたロッシ島防衛部隊はかなりの数なので
上陸軍の苦戦が予想されます。
補給が届かない場所ですし一体どうなる事やら。
出来るなら硫黄島の悲劇は避けたいですよ。

★Color world ~ターン45 アカテ国の脅威


侵攻部隊を殲滅させたと思ったらまたしてもこんなにも多数の部隊を
アカテは増強して生産して来ました。
陸軍基地 が近くにあるからでしょうけど復活が早過ぎますよ(汗)。
この部隊が私の配置した軍のどちらに侵攻して来るか分りませんが、
オンレジ方面軍側面を突く危険性が出て来ました。
急ぎ防衛部隊を抽出せねば!

★オレンジ運河渡河作戦発動!


工作部隊が橋を修理して無事渡河作戦が再開されました。
アカテ軍の脅威がありますので速やかに部隊は橋を渡り
オンレジを落とさねばなりません。

時間との戦いですな。

★Color world ~ターン47 マジェン独立国の終焉


47ターン目でマジェンが降伏しましたが、前述の様に
海軍基地へのインフラが整っていないので新設の中央部方面軍は
数ターンも足止めを食らい、更に自軍の資金消費で揚陸艦資金を失って
この大陸に長く足を止める事になろうとはこの時は予想だにしませんでしたよ。

所でこのマップ、3.0対応用に修正する必要がありますね。
最初から海軍基地が繋がっていない所がありました。
これではCPUが不憫?です。
修正せねば。

★Color world ~ターン50 オンレジ独立国の崩壊


時間とのレースに勝ちました。
オンレジも50ターン目に陥落です。

一時タイフーン部隊が全機損害を受けたり弾薬補給の為後退し、
制空権をオンレジに奪われる時がありましたが
予めスターストリーク部隊を前に出しておいたらそれが正解で、
敵攻撃ヘリ、攻撃機、戦闘機の排除に大活躍でした。
やはり上空支援があるとはいえ万が一に備えて
コンバインドアームズを組んでおく事は常勝への道ですな。

ここでは双方のMLRSが暴れまくりましたがアパッチでMLRS狩りを行った
私の方が最終的に勝ちを収めました。
前線の壁になる戦車の数が圧倒的に少なかったのも不味かった様です。

やっぱり戦車は陸の王様ですねぇ。
攻勢時には損害も大きいとは言え突破口を開く主力ですから。
多少のMLRSにも耐えれますしね。

戦車不要論はまずありえない。

★明らかになったロッシ島の全貌


ざっと見て60もの部隊がいます。
揚陸ポイントは3箇所のみ。
果たして本当に揚陸作戦は上手く行くんでしょうか?
今から不安になって来ましたよ(汗)。

島の北の港にイージス艦がいます。
脅威ですね、早急に撃沈せねば。
後潜水艦にも警戒して周辺海域をクリアーにしておかないと。

やる事が一杯あってパニックになりそうですよ(笑)。

★Color world ~ターン51 揚陸艦部隊建造


漸く工事が終わって揚陸艦が建造可能になりました。
主力は”アルビオン”ですが重車両x4、車両x1も運べるので重宝してますが…
建造資金が高いのが玉に瑕。

中々数を揃えられないですよ~(涙)。

★専守防衛


首都からのペトリオットが配備についたので防空は万全ですが
敵は数で押して来ているので安心は出来ません。
オンレジ方面からの増援が早く到着するといいのですが…。

迎撃範囲ギリギリの所には敵の戦闘機がうじゃうじゃいます。
ペトリオットは展開してたなので迎撃出来ませんが…
次ターンが楽しみですな(鬼)。

★突撃!サイザー戦闘大隊


守ったら負けだ、とばかりに敵MLRSの攻撃を境にこっちから積極攻勢。
機動防御で反撃しています。
オンレジからの増援はまだ補給整備中ですがアカテ増援阻止部隊には
十分な戦車と多数の自走砲が配備されているので優勢に進めれてます。

これで増援が来たら…アカテ攻撃計画”Stelldichein”作戦発動です!

★シャーン国への圧力 二本の橋を巡る戦い勃発


ここにもイエロン基地からのペトリオットが回されて配備されたので
防空は万全、と言うか画面中自軍の迎撃範囲が示されて
敵空軍の飛べる空域がないのですが(笑)。

さて、シャーンをキギン列島に封じ込める事に成功しました!
後はジワジワと攻め上げるのみですが地形的にも大部隊は投入出来ない地形なので
少数の部隊でも優位に戦えてます。
これも制空権を確保出来ているからと敵対空兵器が
SIDAM-25の対空機銃装備車両しかないからです。
脅威ではありますが射程が1なので近寄らなければ攻撃されることも無いので
航空機の損害が抑え気味になってます。
もっとも、見つけ次第自走砲と戦車で叩いているからでもありますが。

そして敵戦車にはアパッチ、トーネードGR.4。
こっちの地上の損害も抑え気味です。

★支援攻勢


シャーン包囲の輪は閉じたとは言え少数の残存兵力がいたので
増援も兼ねてケストラー戦闘大隊(チャレンジャー2改x5、AS-90x3、MLRSx1、
改ウォーリアーx1、特殊部隊x1、スターストリークx1、補給車x1)を派遣しました。
上空支援でタイフーンx1、アパッチx2、偵察機x1、電子戦機x1も付けてあります。
これにクピン山脈西部からの少数ですが部隊も加わるので
これでシャーン支援は足りるかと。

今思うとオンレジ侵攻軍は4つに分裂して戦える戦力なのですから
かなりの大部隊だったのですね。

後でこれらが待機部隊となったら「次部隊」で苦労しそう(笑)。

★戦争計画


新たにシャーン制圧計画”暴君”とロッシ島上陸作戦”銃剣”が立案されました。

”暴君”は用意した戦力で叩けますが、”銃剣”はまだ当分稼動までは
時間が掛かりそうなのでアカテ攻略の”デート”作戦攻略後ぐらいじゃないと
準備的にも発動は無理かと。
それにまずは一番の強敵アカテ攻略に力を入れなければ!

戦争は…まだまだ終わりませんな。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ブログ拍手より

・勢多様
★シャファクでググるとスペックが乗っているページがありました。
2004年ごろ初飛行した複座戦闘機らしいです。

早速ググって見たらありました。
多分ここを見つけられたのですかね?
シャファク

何だか太っちょのYak-130みたいですね。
しかしイランが航空機製造技術を手にしていたとは…。

どらネコ復活来る~?Σ( ´∀`)

情報ありでした~。

・JAS様
■Su-30MKI 
☆僕大好きです。

私の今回のプレイで大好きになりました。
対空対地対艦にとどのモードでも大活躍ですし
航続距離が長いのが良い!

オリジナル生産タイプを作る時は是非とも入れたいですな。

■ヴィクたん
☆(笑い。

あ~、笑ったわね!
そ、そんな事したら使わせてあげないんだからね!!

■アージュン 
☆現実にその性能が発揮できるか微妙だったりしますね。
だからT-90を併行して輸入してるので。
第五位に補給車シリーズや輸送艦、第一位に
工作部隊がランクインとは地味~ですねぇ、
さすが戦略モードといったところですね。

なるほど、そういった見方も出来ますね。
アージュンが性能どおりならT-90はいらない訳ですから。

勉強になりました_(。_。)_

補給車や輸送艦、工作部隊は縁の下の力持ちですよね。
無くてはならないけど余り目立たない存在。
これが通常モードだったら評価も変わってきますが
戦略モードなのでその価値が何倍も跳ね上がっている訳で。

最近、線路付き道路が引かれていく姿を見るのが楽しみになりましたw

■何でもステルス機や弾道ミサイルが飛び交うマップと聞いて燃えて
☆恐いですよ。
僕は最近はやりませんね、特に敵ステルスは。
見えないのに撃たれてむかついてしまって。

怖いですよね~。
首都に着弾した時は超焦りましたヽ(;´Д`)ノ
ペトリオットがあれば無問題なんですがねぇ。

イギリスったら島国で前線がドイツ国境だからって導入に手を抜いたな('з')

ステルス機も嫌ですが隠蔽による遭遇戦もムカつきますね。
ルールで外したりする時もありますが
これは自軍に恩恵もあるので渋々付けてますが・・・。

見えない敵からの攻撃は本当、ムカつきますね!(`Д´)

■弾道ミサイルが首都を直撃!!
防空任務に当たっていたホークと共に首都の耐久度が一気に減った!!!
☆首都破壊ありで始めたのですね。
プレイヤー有利過ぎと思い僕は一度もやったことないのですが、
向こうにやられると恐いですね!

デフォでルールに首都破壊ありでやってますがそうですよね、
敵首都空爆作戦とか出来るんですよね!

こりは良い事聞いたぁ(☆∀☆)

■困った事にイギリスにはパトリオットが生産タイプにないのです! 
☆防空ミサイルなしは大戦略としては困りますよね。
スーファミの大戦略には無理やり入れてありましたね、違和感ありましたが。

イギリスの地理的条件とWWⅡでナチスドイツ空軍を追っ払ったのを
誇りに感じてあえて導入せず、空軍だけでやってやるぜ!
なドクトリンなんでしょうか?w

スーファミ版ってジャケットがレオパルド2のでしたっけ?
アレならやった記憶がありますがパトリオットがあるかは…忘れてしまいました(-_-;)

スカッドミサイルが入っていたのが個人的にツボでした。

■敵ECM機のジャミングで
☆よく飛んできますよね、嫌いです。

はい~、福岡インド軍を始めColor Worldではアカテ国イスラエル空軍が
どっちもB-707を良く投入して来てます。
やられると視界が1になるので本当、困りますね。
でもこっちがやりまくれば敵は効果的な反撃を行えない訳で。

敵のAWACSとか長距離AAM装備機、自走砲に使うと効果覿面ですな( ´∀`)=3

■ああ、資金が足りないヽ(;´Д`)ノ 
☆思考の弱いゲームではこの資金繰りで悩むのが楽しかったりしますね。
タイフーン大活躍ですね。

少ない資金でやりくりするのは超楽しいですね(・∀・)人(・∀・)
その期間が長くても楽しい、と感じるのは一般人が傍から見ると
性格が歪んでそうですがw

でもそれが本当楽しいんですよね。
これに耐えて部隊を揃えられるまでに
国が大きくなった時の喜びといったら…(*´д`*)

PS.タイフーン、AMRAAMのお陰で大活躍中でふ。
この機体も好きになりそうですよ~。

■戦闘が殆ど起こらない奇妙な戦争が始まりました。
☆フォニーウォーですか(笑い。
例えがうまいですね。
今は練成期、兵力増強期ですね。

お褒め頂き有難う御座います(〃 ̄ー ̄〃)

仰るとおり只今戦力増強中。
整ったら侵攻開始しますにゃ。

■しかし爆装したタイフーンが長距離AAMを撃った後に狙われて
撃墜されたのは痛かった。
☆マルチロールとは言え弾数減で重い中途半端な状態ですから
現実でも起こりそうですね。
マルチと中途半端は紙一重だと思います。(例、F/A-18。爆装F-4)
予算の関係で贅沢も言えないんですけどね。

確かに現実問題としても戦争が勃発して運用されたらこの問題、起きそうですよね。
平和な時は昔のヤーボみたいに活躍出来ると宣伝されますが
実際に運用したら…そう上手くは行かないでしょうね。
爆装中に襲われたら爆弾捨ててドッグファイトになるんでしょうけど
そうなると仰るとおり戦うには中途半端な装備ですし
更に敵に有利な事態を引き起こす訳で。

ベトナム戦争中に北ベトナム空軍がアメリカ軍に対する防空戦で
”爆弾を捨てさせる”ってのを任務の目標にさせてたそうですね。
広大なジャングルの重要目標以外に落とさせても損害はなく、
変わりに爆撃目標が助かるって算段で。

これと同じ事が実際起こりえそうですねぇ。
もっとももう大規模戦争は起きなくて低強度戦争だけなので
一方が(大抵西側)完全に制空権を取っている状態ので
この問題は表面化しそうにないですけど。

マルチ=中途半端って理論、私も賛同します。

ゲームの話に戻しますが資金と制空権が確保されたら
この問題、スッパリ解決しますね。
制空権取れたらAMRAAM1発でも無問題ですし
数が揃えば半分を制空仕様にして護衛させれば良いですしね。

■タイフーン 
☆主力戦闘機なので高い損耗率ですね。
前線付近に行かねばならないので仕方ないですね。
しかし、Mig23、Mig21あたりでタイフーンに向かってみてください。
落ちません、この飛行機。
(5,6部隊で囲んでやっと1部隊落ちるくらい戦闘機には硬いです)

マップは違いますが瀬戸内海Warsで同じ射程4のR-77装備のSu-30MKIに
北朝鮮のMIG-23が突っ込んで来てのを見ているので想像は付きます。
同レベルの機体と考えるとある程度予想出来ますが
MiG-23でタイフーンやSu-30MKIに突っ込まねばならない状況下って地獄ですな(;´ρ`)

敵には回したくない相手です(゜ー゜;)

■スラヴァ 
☆スラヴァ!敵で現れるとギョッとしますよね。

ええ、もうゾッとします(´Д`;)ヾ
幸い長射程のASMがあったしデアリングの活躍で事なきを得ましたが
レッダス攻防戦で2隻目のスラヴァ(とA・ゴルシコフ)に撃沈されて
敵を取られてしまいました(苦笑)。

CPUもやりますなぁ。

■ホワイトロン川に架かる全ての橋が落ちてしまいました。 
☆すみません、笑ってしまいました。

私も思わず笑ってしまいましたw
お陰でブルーネ方面防衛が大分楽になりましたが待機部隊が増えた、
って問題が生じましたけどねw

でも後のブルーネ崩壊の切っ掛けが敵工兵部隊がホワイトロン川に架けた橋になるとは。
戦争って先が読めませんね。

■シルバ半島南端の小都市を空爆し、工作部隊を撃破!
都市に収納されていた特殊部隊を瓦礫の下に…。
☆ちょっとショックですね。

防空体勢を震撼させたので私的には大ショックでした。
爆撃して部隊を全滅させて…消える!

急ぎトーネードF.3を派遣しましたよ。
特殊部隊全滅の二の舞は御免ですから…。

■ステルス機の恐怖キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!
いいじゃないですか、面白くなって来て。
☆確かにそうですね(笑い。あんまり飛んできませんしね。
数個以上編隊で来たら嫌になりそうです。

編隊で飛来!?((((゜д゜;))))
凄く怖いけど…また燃えるシチュエーションですな(;゚∀゚)=3(こいつ変体だ)

■WWⅡ型パックフロントってのは現代の機動戦メインの時代にはそぐわないですよね。
☆そうですね。随伴歩兵なしでなどタル・ドクトリンならではな気がします。
東部戦線、ことにクルスクのパックフロントなどよく知られた話ですものね。
しかし一度成功神話が出来てしまうと人は経験に頼りがちになり、
歴史をかえりみなくなる動物ですから難しいです。

人って自分が痛い目に逢わないと省みないし振り返らない動物ですからね。
過去の教訓を生かす、ってのを本当に考えて行動する様になったら
話題は違いますが昨今の産地儀装事件とかもう二度と起きない筈なんですが…。

人間って業が深いですなぁ。

■ちなみにメルカバⅢ、Ⅳは被弾しつつも 
☆あ、これ?と?です。

すいません、ブログ拍手の投稿だと?に変換されて分らなかったので
感で書いちゃいました<(_ _)>

1と2ですかね?

■でもⅣが1台完全撃破があってイスラエル司令部を激震させた様な…。
☆僕の話は紛争直後の話なので、
最新ではそうかもしれません。(最新は知りません) 

私も記事でざっと読んだだけなので余り信憑性にかけますので
確証ではないです~(^_^;)

今度調べてみますにゃ。

☆サール5級ハニト撃破は一説にイラン革命防衛隊指導だそうですから、
バース党スンニ派シリアが経由してくれるのか僕にはわからないんです。
そういえばイスラエルの艦船自力建造(設計から)って聞きませんね。

ふむふむ、イラン革命防衛隊ですか~。
あそこの紛争地域は各国の思惑が入り混じってますから
一概に判断は出来ませんね。

最近中東紛争の文庫を読んでますがそれでもさっぱりです┐(´∀`)┌

イスラエルの建造技術ってのは多分当分上がる事は無さそうですね。
ヒズボラの攻撃は地上攻撃主体ですし。

話は変わってイスラエルには移動後に射撃出来る自走砲がありませんけど
これも紛争の影響ですかね?
パレスチナ地域内なら自走砲やロケット砲の射程内だから
予め部隊を紛争地帯に展開させて置き、ヒズボラのテロが来たら
陣地から移動して(報復)砲撃してまた基地に戻る、で済むから
Pz2000とかクルセイダーみたいな最新型間接射撃は必要ない、
と言う判断ですかねぇ。

第5次中東紛争(これは起こる見込みはもうないでしょう)とかでもあって
シナイ半島を巡ってエジプトと機動戦でもすれば
自軍の自走砲部隊の旧式ぶり(そう古くもないでしょうけど)に気が付いて
更新されそうな気もするのですが。

ダイセンリャカーとしてはイスラエルに是非とも…うわ何をするあqwせdrftgy

■イランの防空網ってどうなんでしょうかねぇ。
☆忘れてしまったんですが、トールとかトールとか、トールが恐いらしいですよ。
SA-10とか12?とかも買ったんでしたっけ。
見た目イラクよりはいけそうですが、機数しだいでしょうか。
ECMとダミーミサイルでいつものとおりに手も足も出ないのが
普通の展開なんですかなぁ。

やっぱりトールとかトールとかトールですかw
他の防空兵器は知らないのですがロシアから輸入してそうですね、SA-10とか。
でも仰るとおりイラク戦争の様にイランの防空網も潰される可能盛大ですな。
アメリカのECM作戦は折り紙付きの堅牢戦術ですからねぇ。

沢山のブログ拍手、ありがとじゅしたぁm( __ __ )m

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ブルーネ王国の崩壊

抵抗はありましたがブルーネ王国、陥落しました。
オンレジに攻められてたり何より弾道弾を放たなくなった事から
ブルーネ崩壊間近かも、と予想はしてたので想定内でしたが。
しかし首都周辺には依然として防衛部隊がいたので
こちらも余り損害を出したくなかったので
ヘリボーン作戦を行って一気に首都占領して終わらせました。

思うにCPUはBLUEのブルーネの様に全周が敵対国に囲まれた場合は
戦力を分散しがちで生産した兵器も場当たり的に各方面に投入するので
それにより効果的な攻勢が続けられず、
それで各個撃破されて呆気なく崩壊してしまうんだと思います。
これはCPUの思考パターンの弱点かも。
同じ様な事がGREENとマジェンに挟まれたレッダスにも言えましたしね。
レッダス、ブルーネ、どちらも余り抵抗が無いまま終わりました。
それに比べマジェンなど周りに敵対国が1国の場合は(洋上にロッシ島がありますが)
戦力を集中してくるのでかなりの抵抗を続けます。

最もある一点を超えると同じく呆気なく崩壊して行きますが。

これはここじゃなくてSSαにメールすべきですがCPUの思考ルーチンに
首都防衛部隊としてペトリオットの様な迎撃機能付き長距離SAM、
守備部隊で戦車、自走砲(野砲でも可)を最低限生産して
配置するルーチンをプログラミングすべきですね。
これだけでもかなり違って来ます。
それと首都に攻め込まれたら戦車、自走砲、防空SAM、
特に戦車を優先して生産して防衛に回すルーチンも。
そして展開中の部隊は首都防衛に集結する事もせねば。
既に生産している部隊を首都に呼び戻すだけでも
侵攻する側としては攻略に手間取る訳ですから効果はあります。

PS2の大戦略Ⅶで”Sarvival Basin”と言うマップで
GREEN首都に攻め込んだらRED方面に展開していた部隊が戻って来て
私の侵攻部隊の側面を痛撃したと言う記録があります。
あの時のCPUの戦いは阿修羅の如くで恐怖したものです。
何しろ毎ターン侵攻ルート側面に有力なGREENの部隊が現れて
反撃してくるのですから。
まさに死に物狂いでしたね。

あれぐらい抵抗してくれればこっちも盛り上がりますので
是非とも首都防衛には死力を尽くす思考ルーチン、
3.0DX辺りで採用して下さい。
まあ、無能な司令官に指揮されている、
と脳内補完してもいいですがね(苦笑)。

PS.CPUの思考ルーチンに戦闘大隊みたいな生産&行動パターン追加しませんかね。
これはある程度整った戦力(戦車、自走砲、歩兵、防空SAM、補給車)を
グループ毎にまとまって行動させると言う物です。
このグループが揃うまでは移動せず、部隊集結後に出撃する。
以後それの繰り返し。
ランダムでこの部隊の幅を大きくして3個戦闘大隊で出撃、とか。
どうもCPUは生産して配備する部隊にムラがあって
今でも大体戦車、自走砲、歩兵、防空SAMと整って投入して来ていますが
前線の盾となる戦車が少なくて自走砲過多、とかありますし。

バランスの取れた戦闘大隊みたいなグループなら今みたいな単独兵科で突出、
といった問題減りそうですけど。

それともう一つ困った点としてまとまって行動している部隊を
ある程度作ったらその後余り補強をしない。
その為前線のCPU集結部隊を撃破するとそっから先は
少数の抵抗部隊しかいなくてガラガラと崩れていくんですよねぇ。
敵野戦軍の崩壊で勝敗が決まるっていつの時代の戦争ですか(笑)。
ナポレオンの時代じゃあるまいし(再笑)。
戦争はWWⅠから総力戦の時代、敵首都の崩壊、ベルリン陥落とかですね、
でないと戦争が終わらない形態になってるのに
何で最先端の兵器を使う戦争ゲームで戦争の勝敗が
野戦軍次第で後はオマケ、になってるんですか。
明らかに退化ですよ。

システムソフトの時代なら大丈夫かな、
と思ったけど昔嵌ってた大戦略Ⅲ’90で首都防衛ガラガラで
占領政策に夢中になって敵国の歩兵が首都まで何の抵抗も受けず進んで
首都占領して1国終わり、ってのがあったからなぁ。

δとかεにならないとダメでつかね(。_。)

最後の死力を尽くした抵抗を見せて欲しいのですがだめですかねぇ。
頑強に抵抗してたマジェンも主力潰して今首都近郊まで迫ってるんですが
ロッシ島(YELLOW)方面に必死こいて偵察機送ってたりするので。

その余力を首都防衛部隊に回せ~!

大戦略Ⅶで自作したマップ”バトルオーバー北海道”でも
CPU日本は首都に敵が迫ってるのに生産した戦車を
首都に迫る我が軍じゃなくて揚陸艦に載せてこっちの遙か彼方の
首都目指して部隊送ってたよなぁ。

まじで首都防衛思考ルーチン作って下さい('з')

★Color World ~ターン37 ブルーネ陥落直後


もうオンレジのレオパルド戦車が首都跡に迫ってます。
画像左中央の都市地帯もオンレジの支配下だしブルーネの収入は殆ど無かった筈。
ここまで攻め込まれてたら弾道ミサイル発射どころじゃないですよねぇ。
それでも撃ってたら狂信者だよ(汗)。

何かロンドンにV2発射してご満悦な伍長閣下を思い出した(笑)。

★マジェンダ方面軍 カレリヤ地峡の戦い


この狭い地帯の突破がマジェン攻略の山場です。
森林もあるので歩兵等による隠蔽での遭遇戦が多発。
侵攻部隊は思う様に前進出来ていません。
しかし、攻撃は順調だったり。
制空権を掌握したので空軍が、
特に攻撃ヘリが大活躍してくれてるからなんですよ。
厄介な戦車に前線後方の野砲叩きに大活躍。
それで敵戦車にはアパッチ、トーネードGR.4
歩兵には自走砲、敵自走砲、MLRS、ロランには戦車と
こっちが有利な条件でしか攻撃を仕掛けてないから損害は少なく、戦果は大きく。
人間って賢い(笑)。

これが続けば敵主力も終わるな。

★アカテ国の脅威


偵察機を飛ばしたらこれだけの敵戦力が間近に!
ブルーネ、相当苦労してたみたいですね(汗)。
でも哀れんでもいられない。
今度はこっちがこられと対峙するんだから。

上空では”ロク山脈航空戦”が始まりました。
イスラエル空軍は手強いぞぉ。

★シャーン方面軍 シャーン独立国の地上攻勢


政治将校でもいるんじゃないか?
と感ぐるぐらいこっちの迎撃範囲内に馬鹿みたいに
突っ込んで来た敵航空機軍は撃退しました。
次はまともに戦車で攻めてきましたが
如何せん戦車だけじゃなぁ。
防空の戦闘機や対空SAM部隊がいなきゃ酷い目に逢うよ。
今こっちの大勢いたタイフーン部隊、爆装中だから(苦笑)。

★Color World ~ターン43 地峡突破!


ボディブローが効きました。
ガードはしっかりだったので損害は軽微。
そして残った敵は敗残兵。
我が刀の錆となれ!

アパッチとチャレンジャー2改のコンビで時間はかかりましたが突破に成功しました。
これも優勢なる空軍のお陰です。
毎ターン偵察機が敵軍情報送ってくるし電子戦機がジャミングしてるし
アパッチが大暴れだしで全滅した部隊はチャレンジャー2改1部隊のみ。
少し損害は出ましたが補充せずに戦えます。
ただ補給車を1部隊しか派遣していなかったので
弾薬不足に悩みましたが敵都市を奪ったり
主力のチャレンジャー2改の保有弾数が6と多いのが継戦能力の維持に役立ってます。
後後続の増援部隊が超役にたった。
やっぱし保険は用意しておくべきですね~。
ドイツ軍の戦術にも予備兵力の温存は宝石ですしね。

でも左翼の兵力が遊兵だったなぁ。
さしたる抵抗も受けず進めたけど…敵主力の撃滅には何ら貢献しなかった。
主攻勢は右翼って考えていたけど左翼にもそれなりに兵力揃えたからなぁ。

このままマジェン落としたらかなりの兵力が遊兵になりそう(滝汗)。

★ブルーネ防衛軍の奮戦


隠蔽を利用して敵が来るまで攻撃に出ず、敵が突っ込んで来るのを待って
狙った遭遇戦でチャレンジャー2改の120mmライフル砲が一斉に火を噴いた。
これに驚いたアカテ軍は効果的な反撃が出来ないまま次々と撃破されていった。
数ターン後、アカテ軍の残骸がうず高く積み上げられた。

戦車が少なかったのと防空SAM部隊が1部隊だったのが失敗でしたね。
マクベト潰せば後はアパッチと自走砲、MLRSで叩いた後に戦車で残敵掃討。
だから壁である戦車をもっと用意し無いとダメだって。
自走砲多く用意しても前線の盾がなきゃ意味ないんだって。
防空部隊は空軍で補っていたのでこれは正解でしたけどね。

思考ルーチンに(ry

イスラエル空軍のF-16 ネッツにF-15I ラームは強敵でした~。
地上部隊は待ち伏せだったから被害は少なくて済んだけど
空では撃ち合いで結果多数の戦闘機、攻撃機、偵察機、
AWACS等を失いましたからね。

少しはコンバインドアームズ、と言うかエアランドバトルをやったから評価してもいいか。
こちらにもそれ相応の損害を与えて壊滅したんだし。
でもアカテにはまだ攻め込まないんだよね~。

詳細は後ほど。

★オンレジ方面軍 オンレジ運河渡河作戦


ブルーネ守備部隊を残し引き抜いた戦力とゴルド陸軍基地からの部隊は
オンレジ運河まで到達しました。
橋の確保が最重要課題ですがここで重大なミスをしてしまいました。
敵主力が密集してるぅ!とMLRS放ったら…橋壊しちゃいました(滝汗)。
貴重な進撃路を自らの手で破壊するとは!!

工作部隊はどこじゃあ~!!!
後補給部隊も(またですか)。

幸い近くに工作部隊がいましたが到着まではまだ時間が掛かります。
こうなったら残った橋を奪取だ!奪取ぅ!!

★シャーン方面軍 キギン列島侵攻


爆装したタイフーン部隊の活躍で敵侵攻軍排除に成功。
敵は攻勢限界点に達したと判断してキギン列島の制圧に乗り出します。
増援の戦車部隊も到着した事だし。
そして…遂にペトリオットがここに来た!
これ程心強い味方はありませんよ!!

キギン列島制圧したらまだ攻め込まないけど
シャーンに圧力かけちゃる。

それにしても防空戦でランクがAとかになったタイフーンの誘導爆弾、強かったなぁ。
トーネードGR.4でも2台撃破がやっとなのに6台撃破とか平気でしてた。

この方面にはアパッチいらないかも♪

★孤島 ロッシ島


そろそろ戦争終盤の事も見据えてロッシ島の偵察に乗り出しました。
見たところそれ程強力な戦力はいませんが
数は揃ってるので上陸作戦だしかなりの苦戦が予想されます。
予定ではマジェン攻略軍がロッシ島制圧に当たりますが
揚陸艦等艦隊の整備には時間が掛かりますから
攻略よりも艦隊建造に時間を取られそうです。

マジェン軍もいますが今首都が危ないよ、ここにいる場合じゃないって。
こっちの電子戦機で大変な事になってるんだから
少しは偵察活動して支援してやりなさい(怒)!

そーいやマジェンの弾道ミサイルはこっちには降り注ぎませんね。
もっとも定期爆撃でもされたら困りますけど。
しかも焦土作戦!とばかりこっちが奪還した都市ばかり狙ってマジェンが
弾道弾使うと想像したら・・・ぞっとしますな。

★戦争計画


1.オンレジ運河を渡りオンレジ独立国を落とす(作戦名”恋”)
2.オンレジ侵攻軍は南下し、アカテ国方面に向かう
3.そしてアカテ国を攻め滅ぼす(作戦名”デート”)
4.ブルーネ、シャーン方面は専守防衛とす
5.シャーン、YELLOW侵攻は両作戦成功後に決める

今後はこんな計画で進めて行きます。
アカテ侵攻軍を生産してもいいのですがこれ以上部隊を保有してもねぇ。
真の効率主義者は今ある戦力で最大限の結果を出すのですよ!

ロッシ島攻略頃に大量の遊兵が存在して
「次の部隊」を一杯連打するのは真っ平御免です(笑)。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

エア・シュペリオリティ

今回は制空権をほぼ掌握しているので地上支援に
攻撃機、攻撃ヘリを有効に使用出来るので楽です。
CPUは良く攻撃ヘリをAAM未装備なら攻撃機までも襲って来る
思考ルーチンがあるのですが、
今の所タイフーンによる長距離AAMの庇護の元に活動させていたら
損害が軽微で嬉しいです。
お陰で射程2を誇るアパッチが効果的に運用出来てます。
これは喜ばしいのですが例外が。
それは西部戦線。
ここにシャーンは航空機61機、攻撃ヘリ68機も投入して来てて
防空部隊が押されてます。
対抗策としてこの空域の防空にタイフーンを80機投入しましたが
それでもローテーションがあるので足りないぐらい。
タイフーンが弾切れで迎撃範囲が小さくなると
ここぞとばかりに敵はこちらの攻撃機、攻撃ヘリに反撃して来ます。
敵のタイフーンが逆襲でトーネード等攻撃機部隊に襲ってくるのですが
凄かったのが1機まで減らされたトーネードに敵の攻撃ヘリマングスタが
装備しているAAMで攻撃し掛けてきたり。

敵は戦意旺盛ですな。

また、地上部隊にも損害が出ましたが
多数のタイフーンのお陰で損害は少なく抑えられています。
しかしこれら地上部隊を防空しているタイフーンの残弾は
長距離AAMたった1発だった時も(汗)。
残っていたのはこのタイフーン1部隊だけでしたがこのたった1発のミサイルによる
迎撃範囲はCPUにとってはそれでも脅威で近寄って来なかったので助かりました。
次ターン交替のタイフーン部隊が来て問題は解決されましたが
いつ突破してくるかと冷や汗ものでした。

でもまだ敵空軍は多数いるので気を緩めれません。

一方、大陸東のマジェンとの戦いでも航空優勢は続きましたが
敵空軍の反撃が開始されてラファールx2、ミラージュ2000-5x2、2000x1が飛来し、
防空のタイフーン部隊と熾烈な長距離AAMの打ち合い合戦が始まりました。
損害は甚大でしたがこの方面には投入しているタイフーンが多数いるので
すぐ立ち直れて制空権の維持に成功しました。
この”イーハ山脈航空戦”ではステルス機でもあるラファールの脅威に
驚きましたが投入された数が少なかったので撃滅に成功しました。

まだ敵はラファールを投入して来てますがラプター程のステルスを発揮しないので
それだけ少し安堵しています。

そのラプター保有国のBLUE、ブルーネ国は我が軍とオンレジ軍の挟撃を受けて
防戦で手一杯で支配地域も少なく、とても高額なステルスを
投入出来る様子もないので一安心です。
その分こちらの空軍の活動が活発ですが多少敵防空部隊により被害が出ています。
敵偵察機U-2を撃墜に行ったらわらわらとM-6 ラインバッカー等4部隊も出て来て
タイフーン2部隊が包囲され、地上部隊が救出に向かいましたが
1部隊は全滅してしまいました。

地上も優勢とはいえ安心は出来ませんな。

それでも各戦線の制空権は安定しているので
更なる地上攻撃機の投入を促しそうです。

★Color World ~ターン30 マジェン機甲部隊


偵察機をマジェン領奥地まで派遣したら敵の有力なる機甲部隊を発見しました。
何とMLRSが5部隊もひしめいていてこちらの装甲部隊の脅威と判明したので
トーネードやアパッチを投入、また地上部地も敵前線突破を計り
敵砲兵陣地まで突入して排除させています。
幸い敵防空部隊は少ないので敵中奥地まで攻撃出来る攻撃機が大活躍ですが
前述の通りイーハ山脈航空戦が勃発したので任務の危険度が上がりました。

当初奥地まで爆撃に行ったトーネードを攻撃してくるのは配備されている
ロランだろうと思ったんですがいきなり視界外からAAMを食らい、
トーネードが1部隊全滅しました。
そこでAWACSを前に出した所敵航空機群を発見、
これがイーハ山脈航空戦の始まりでした。
詳しい事は先に書いたので省きますが熾烈であったのは確かです。
何せお互いAAMの打ち合いですからね。

さて、地上部隊はこの狭い隘路を進軍し突破せねばなりません。
当面の目標は侵攻先にある空港、都市、港の確保です。
上手く行きますかな。

★ゴルド川の戦い


ゴルド地域の陸軍基地が稼動したので本格的な攻勢が始まりました。
戦車と歩兵の増産でこの一帯を確保します。
敵は奪還作戦を展開して来て激しい戦いが陸、空で開始されましたが
投入された敵戦車は少数で、敵主力は戦車にとっては
戦うと損害の出る嫌な相手の対空車両のゲパルトです。
ゲパルト以外にPz2000や特殊部隊がいましたがこちらの改チャレンジャー2の前に
掃討されつつあります。
また、敵は攻撃ヘリでも反撃して来て迎撃にタイフーンが出撃していますが
敵戦闘機は皆無なので楽に掃討出来そうです。

ここが制圧出来たらブルーネ攻略部隊を生産して送り出さねば。
イエロン陸軍基地からも増援部隊は出ていますが前線からは遠いので。

戦車増産してブルーネ攻略を始めますかね。

★キギン列島航空戦


画像にあるとおり敵航空部隊はかなりの数です。
その撃滅にタイフーン部隊は忙殺されてますが如何せん数が多すぎです。

何か有効な対抗策を練らねば。

因みにこれが前述のAAM1発の薄い防空網です(苦笑)。

★Color World ~ターン35 敵空港奪還


地上部隊の侵攻は順調で無事空港、都市の制圧に成功しました。
ここは補給ラインが破壊されていたのですが
工作部隊も侵攻軍と一緒に行動させていたので道路の整備は完璧です。
後は物資が届いてまともに機能するのを待つだけ。

敵航空部隊は後退した模様。
でもいつまた戻ってくるか分りません。
今の内にタイフーン部隊を休ませておきますか。

マジェン侵攻は2正面で行っていますが
主力は右翼です。
敵の反撃も左翼が中心の模様。

★ブルーネ侵攻


最初は地上部隊の数が少なかったのですがイエロン、ゴルド陸軍基地からの
増援が到着してゆっくりですが侵攻部隊が強化されつつあります。
敵地上部地が反撃に来ていますがオンレジからも攻め込まれているので
分散されていて効果的に反撃が出来ない模様。
このチャンスを逃さず浸透戦術で進撃します。

ブルーネ攻略も佳境ですな。

★ゴルド地域完全平定


激戦が終わり、ここだけ安全地帯になりました。
一息つける前線なので有難いです。

このままオンレジの反攻が無ければいいのですが…。

★キギン列島侵攻断念


敵は空軍ばかりで地上部隊は防空SAMですらいないので
一気に制圧しようかと部隊を前に出しましたが
敵空軍の猛反撃を受けて中止しました。
前に書いたとおり8部隊ものタイフーンが防空戦をしていますが…
終わりが見えないのです。
この終わりの無い消耗戦ともいえる防空戦に疲れてきましたが
いつになったら制空権が取れるのやら。
そこで決断しました。
イエロン基地防空に当たっていたペトリオットの前線投入です。
ブルーネからの弾道弾の脅威が去りつつありますし
代替の基地も確保出来ましたから。

これによりキギン列島防空戦は楽になりそうです。

★今日の最大進出ライン


マジェン、ブルーネへ2本の楔が打ち込まれつつありますが
シャーンへの楔は細いのでこれを今強化しています。
しかし3正面同時侵攻作戦は流石に不可能なので
シャーンへの侵攻は当分先で防衛が主任務になりそうです。
その分他の戦線で攻勢を強めますが楽観は出来ません。
ブルーネはまだしもマジェンへの扉はまだ開いたばかり。
敵首都はまだまだ先なのです。

遠すぎた橋にならればいいのですが…。

PS.相互リンクして下さった勢多さんのブログ大戦略パーフェクトのススメでは
遂にYELLOW上陸作戦が開始され、電撃戦によりYELLOWは陥落した模様です。
補給戦の確保が出来ない着上陸侵攻作戦は難易度が高い作戦で
これを成功させた勢多さんの手腕はかなりの腕前ですね。

プレイレポートが今週は二日も掲載されていて見所満載。
是非こちらもご覧下さい。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ぶるーはわい



今話題のペプシのブルーハワイ、買って来て飲みましたが
予想外に美味しかったです。
チェリーコークみたいな味だよ、と友達は言ってましたが
チェリーコーク知らないw
何処かで飲んだ味、とも言ってましたが
確かにどっかで飲んだ事がある味でしたね~。

これで水分補給したらColor world再開じゃあ(゚∀゚)=3

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

レッダス連邦陥落

レッダス川北岸まで辿り着き、一本の橋を確保して橋頭堡の構築に成功。
そのまま南岸制圧戦も上手く行き、レッダス陥落も間近、
と思ったら唯一の歩兵部隊が全滅してしまった!
後続の歩兵は…大陸北のラムキーサ山脈周辺にしかいない!!
首都の…占領が出来ない。
前線の将兵は凍りついた。

これには参って急遽特殊部隊を乗せたウォーリアー改を派遣して
首都制圧に向かわせたがそれまでの間に貴重な戦力が失われた。
フリゲート、デアリング撃沈さる!
予想していなかった損害に司令部は混乱。

「一体何にやられたのか?」

判明したのは首都から遠路遥々飛来した偵察機からの報告だった。
レッダス湾沖にスラヴァx1、A・ゴルシコフx1からなる有力な敵艦隊がいたのだ!

「まだ敵艦がいたのか!?」

歩兵部隊の全滅に加え今度は敵艦隊の存在。
これにはレッダス方面軍司令官も頭を痛めた。
何故ならもう敵艦はいないと対艦兵装の航空機を用意していなかったから。
爆弾はあるが二重の迎撃範囲の中を突破するのは愚策。
偵察機と共に飛来したトーネードを急ぎ対艦兵装へ。
そして敵空港を制圧中のタイフーン部隊を…下げれなかった。
敵はKa-50等攻撃ヘリで地上部隊に損害を与えているので
どうしても空港を占領出来ないまでも迎撃範囲内において
出撃の度に損害を与えていれば被害は最小限で済む。
だがしかしそのタイフーン部隊が敵艦隊に攻撃されたら…?

敵艦隊はその後偵察機を叩き落した後、ぱったりと消えてしまった。
時が止まる様な極度の緊張状態が長く続いたが
無事特殊部隊を乗せたウォーリアー改が到着し、
首都を占領して敵部隊の脅威が去ると
前線の全将兵は安堵の溜息をついた。

脅威は去ったのだ。

だが戦争はまだ始まったばかり。
次はマジェン独立国との戦いが待ったいるのだ。
戦車兵、クルピンスキー大尉はインターコム越しに怒鳴った。
「戦車前へ、パンツァーフォー!」

新たなる戦いが始まる。

★レッダス首都制圧


制圧はしました、制圧は。
しかぁ~し、占領部隊である歩兵がいなーい。
このまま時間稼ぎも悪くないかと思いましたが
沖合いに存在する敵艦隊の赤い二重の迎撃範囲が恐怖の的。
じわりとナイフを刺されたみたいですよ(汗)。

装甲部隊に擲弾兵が1部隊しかいないと言うのは大失敗でした。

この失態、二度とは起こさん!ヽ(`Д´)ノ

★ブルーネ方面軍


敵工兵部隊が2箇所に橋を架けて侵攻して来たので反撃に出ました。
それにしても積極的ですな、ブルーネ軍は(゜ー゜;)
首都爆撃といいF-117で空爆といい渡河作戦といい。

いつか巨大な楔が打ち込まれたりして(滝汗)。

★西部戦線


敵は攻撃ヘリメインで攻めて来ているので戦車の損害が激しいです。
タイフーンで防空してますが敵は数で押して来ているので
タイフーンが足りません。

急ぎタイフーン増産だぁ。

キギン湖のレーダー施設、爆撃を受けてるけど放棄せざるを得ないなぁ。
こっちの防空やってたら前線の戦車が殺られちゃうYO!

嗚呼、タイフーンが足りない…。

★首都占領後の戦域


陸軍基地が手に入ったので部隊の補充、整備を、
と思ったら補給ラインが繋がってないと言う衝撃の事実が判明。

どーりで敵の首都防衛部隊が少ない訳だ。

ここはマップ修正で直して置かないと今後も同じ罠?となって
CPU共々苦労しちゃうので後で直しておかないとね。

しかしこのマップ、道路引きまくりでいいマップなんですが
所々都市と補給ラインが繋がっていなくて
道路工事する事が多々あるのですが
このマップも3.0対応になってないんですかね?

後でまとめて修正してやるぅ(゚∀゚)!

さて、今度は大陸南端の国家、マジェン独立国が相手ですが
もう敵は部隊を進めています。近いのは首都間近まで来てる。
そして敵主力戦車ルクレールと激突!
して分かったんですがルクレールの塗装、汚いですな(笑)。
AMX-10RCもきちゃない(再笑)。

ユニットエディット技術があれば色塗る変えるんですがねぇ。
兵器エディタ、起動させても画像関係、サッパリ分りません┐(´∀`)┌

攻略本、出ないかなぁ('з')

★ホワトロン川渡河作戦発動!


敵が架けた橋とこちらが架けた橋を使ってなし崩し的に侵攻しちゃいました。
丁度戦線の空白地帯になっていたので一気にこの方面では歩兵部隊が
多数いたので投入して制圧し、空港付きの都市地帯制圧♪

これで前線を前に出せるぞぉ(;゚∀゚)=3

その分部隊も多数必要なので増産も必要ですがね。
また、ゴルド地域の陸軍基地も占領出来たので
ここを足場にブルーネ、オンレジ独立国に侵攻作戦が展開出来そうです。
でもまだまだ戦力が足りないから何処かで広がった戦線を
縮小出来るラインを構築しないと。

でもその前に…ゴルド陸軍基地、持つかなw

何にせよ、さあ、忙しくなりますぞぉ。

★戦略ライン


主要部は繋がってるんですがマップ東の大陸のラムキーサ山脈周辺の工事がまだ。
前線とは関係ないけど引いておきますかね、評価の為に(苦笑)。

工作部隊も増産だぁヽ(´―`)ノ

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

萌えよ!戦車学校Ⅲ型




昨日発売されて買って来た萌えよ戦車学校シリーズ最新刊、Ⅲ型、
読み終えれました(≧ω≦)ゞ

あくしず連載分が載ると聞いてwktkしていたんですが
読んでみたら知らない連載もあったので読み逃してたかな(^_^;)
でも最新号までは掲載されてなかった。
ちと残念、と思ったけど最後で吹いた!
何と今回の第二次世界大戦編は3冊分かれての出版予定で
この本は序曲に過ぎないだって!

な、なんだってー!?(AA略

やるな、イカロス出版。
何処までも…ついてくぜぇヽ(゚∀゚)ノ
あくしずは立ち読みだけどにぇ(*´艸`)

因みに今回掲載分は下記の通り。

第一章 ポーランド電撃戦
第二章 西方電撃戦
第三章 コンパス作戦
第四章 バルバロッサ作戦とタイフーン作戦
第五章 マレー電撃戦
第六章 ロンメル将軍、北アフリカに登場
第七章 青作戦とスターリングラード攻防戦
特別企画 ティーガーフィーベル(ver萌え戦)

相変わらずどれも戦史に隠れた名戦車兵の活躍を描いてて
感心しますが一番強烈だったのがポーランド電撃戦での
ポーランド兵、ロマン・エドゥムント・オルリック見習士官の活躍。
下記画像の様な豆戦車TKSで何とドイツ軍の38tを3両撃退!


左上隅のアルフォンスが笑えるw

そして何と次の日には38tを7両撃破の戦果を上げる!!
あの豆戦車でこの戦果は凄すぎるぅ(o>ロ<)o
ヴィットマンのⅢ突でウマーニ戦で上げた戦果に匹敵しますね。

ポーランド戦でポーランド軍のボフォース37mm対戦車砲が
効果を上げた、ってのは知っていたけど
戦車でドイツ軍に痛撃を与えた部隊がいたなんて知らなかったです。
初めて知りましたよ。

侮りがたし、萌えよ!戦車学校w

これだと今後のラインナップにも期待だね♪

それと、今日で読み終えれたのがこれ。
★世界の戦闘機・攻撃機カタログ


例によってアリアドネですが
読んで見て情報が古いけどかなりの情報量を誇り、
読み物として今読んでも遜色ない価値がありますね~。

掲載されている航空機は
★アメリカ
ロッキード・マーチン F-35、22、16
ボーイング F-15、15E
ロッキード・マーチン F-117、111
マクドネル・ダグラス F-4 ファントムⅡ
ノースロップ・グラマン F-5E/F
ロッキード・マーチン F-104S
ボーイング F/A-18A~D、E/F
ノースロップ・グラマン F-14D
フェアチャイルド A/OA-10
ヴォート A-7 コルセアⅡ
ボーイング A-4 スカイホーク
ロッキード・マーチン AC-130U
ボーイング AV-8BハリアーⅡ

★ロシア
スホーイ SU-54、37、33/35、32FN/34、27/30、24、17/20、25/29
ミコヤン MiG-1.44、29、31、25、23、27、21
ヤーコヴレフ Yak-130

★フランス
ダッソー ラファール、ミラージュ2000、F1.Ⅲ
ダッソー シュペル・エタンダール

★ヨーロッパ各国
BAE ハリアー、Ⅱ、ホーク
パナビア トーネードIDS、ADV
ユーロファイター タイフーン
ダッソー/EADS アルファジェット
SEPECAT ジャギュア
サーブ JAS39 グリペン、37 ビゲン
AMXインターナショナル AMX
アエロ L-59/159 アルバトロス
アエルマッキ MB-339
CASA C101 アビオジェット
アビオアネ IAR-99 ソイム
SOKO G-4 スーパーガレブ

★日本・東アジア
三菱 F-2、1支援戦闘機
成都 殲撃10型
成都 FC-1
西安 殲轟7型
藩陽 殲撃8型
成都 殲撃7型
南冒 強撃5型
AIDC IDF 経国
EADS/デネル/ヒョンデ AT-2000マコ
KAI T/A-50

★その他の諸国
IAI クフィル
HAL LCA、HJT-36
デネル・エビエーション チータ
エムブラエル EMB-312 ツカノ

これだけ載ってます。
カタログと銘打つだけあって解説も丁寧でした。

また大戦略の勉強になった(´∇`)

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

もうひとつの未来

ニコニコのメンテナンスが終わったのでMAD漁って来ました( ´∀`)






こうして見るとマブラブオルタ、面白そう。
全年齢版買ってみようかな(゜ー゜;)

テーマ : YouTube以外のネット無料アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

大戦略パーフェクト3.0 生産国紹介 その五

第5回は序盤に戦った広島スペインと
第一回瀬戸内海Warsで熊本だった南アフリカです。

★スペイン生産タイプ
・空軍
戦闘機:F-5E タイガーⅡ、タイフーン、ミラージュF-1CT
戦闘攻撃機:EF-18 ホーネット
VTOL:AV-8B マタドールⅡplus
対潜哨戒機:P-3C オライオン
輸送機:CH-130H ハーキュリーズ、A400M
給油機:B-707、KC-130H
攻撃ヘリ:HAD ティーガー、HA-15
兵員輸送ヘリ:CH-47 チヌーク、NH-90、AS-532 クーガー、SA-330 ピューマ
偵察ヘリ:Bo-105M
対潜哨戒ヘリ:SH-60 シーホーク、AB-212ASW、NFH、シーキングAEW

・陸軍
主力戦車:M-60A3、レオパルド2A6&2、AMX-30EM2
歩兵戦闘車:ピサロ
兵員輸送車:M-113、AAV-7A1、ピラーニャⅢ8x8、BMR-600、トラック
偵察車:スコーピオン、B-1 チェンタウロ、BMR-VEC25、URO VANTAC
戦車駆逐車:BMR-600MCC、URO VAMITAV/ミラン、URO VAMITAV/無反動砲
自走砲:M-110&109&125
牽引野砲:L-118、Model156、SBT-1
自走ロケット砲:HIMARS、テルエル
自走対空ミサイル:AMX-30R ロラン
対空ミサイル車両:ペトリオット、ホーク改、NSAMS、スカイガード/アスピーデ
レーダー車両:防空レーダー
補給車:大型補給車、補給車
歩兵:歩兵、戦闘工兵、空挺部隊、山岳部隊、特殊部隊
工作部隊:工作部隊

・海軍
フリゲート:サンタ・マリア、アルバロ・デ・バサン
コルベット:掃海艇
ヘリ空母:プリンシペ・デ・アストゥリアス
揚陸艦:ニューポート、ガリシア、フアン・カルロス1世
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦
潜水艦:ガレルナ、S-80

広島スペイン軍として福岡インド軍に真っ先にぶつかりましたが
それ程苦もなく攻略出来ました。
まあ、序盤だったせいもありますがね。

まずは空軍ですがタイフーンの射程4のミサイルが脅威。
MiG-29では歯が立ちませんでしたよ。
Su-30MKIで五分といった感じ。
かなり強力ですね。
F-5Eは風間が乗らないと真価を発揮しないのでパス(えー
ミラージュF-1はどちらかと言うと戦爆としての運用が向いてますね。
でもEF-18があるから出番ないかも(汗)。

って捕獲して最後まで使ってましたがヽ(´―`)ノ

ティーガーはもう黒死病。
見つけたら真っ先に叩き落さないと悲劇を生みます。
それぐらい戦車には攻撃ヘリ、特に対戦車ヘリは天敵です(゜ー゜;)

その他VTOLに給油機まであって良い感じですが
偵察機とAWACSがないのが痛いですね。

話は変わってB-707ってインド軍では確か電子戦機だった気が。
って調べたらE-3やE-8 J-STARSにも使われている様で。
どーりで汎用高い訳だ~。

さて、陸軍ではレオパルド2A6が脅威ですがCPUはこちらよりも
AMX30やM-60を生産していました。
硬さが全然違うのでレオ2A6が少数で良かった(;´∀`A

自走砲では一連のアメリカ産シリーズを運用、
自走ロケット砲ではテルエルを多用してました。
それを捕獲して運用し、役立った兵器No.4にも選ばれたのは
記憶に新しいですね。

後はスペイン独自の6x6の装輪装甲車BMR-600の対戦車駆逐型何かも
捕獲しまして運用させて貰ってました。
ついでにフィンランドの英雄レオパルド2もw

最後に海軍ですが生産して来なかったので分かりません┐(´∀`)┌

総評ですがそれなりにバランスの取れた兵器ラインナップで、
空軍、陸軍共に質の高い装備があって侮れない。
また、海軍はVTOLですが空母もあり、そして揚陸艦もあるので
そこそこ海のあるマップでは活躍出来ると思います。
インドより若干下の中堅と言った所ですかね!
使ってみたいと思う国です、スペイン(´∀`)

PS.アルバロ・デ・バサンがイージス艦なのを忘れていました。
これがあるなら…かなり優位に海軍戦えそう!
新鋭潜水艦S-80もあるしね!!

★南アフリカ生産タイプ
・空軍
戦闘機:チータC、JAS-39 グリペン
攻撃機:ホーク
電子戦機:B-707
輸送機:C-130H ハーキュリーズ、C-47、A400M
攻撃ヘリ:ロイホック
兵員輸送ヘリ:オリックス
対潜哨戒ヘリ:スーパーリンクス

・陸軍
主力戦車:オリファント1A&B
歩兵戦闘車:パトリアAMV、ラテル20
兵員輸送車:マンバMk.Ⅱ、キャスパー、トラック
偵察車:ローイカット、ランドローバー
戦車駆逐車:ラテル90、ラテルZT-3
自走砲:G-6 ライノ、ラテル81
牽引野砲:G-5
自走ロケット砲:バルキリMk.1&2
対空車両:ザムラク
牽引対空砲:GDF-003
レーダー車両:防空レーダー
補給車:大型補給車、補給車
歩兵:歩兵、戦闘工兵、空挺部隊、山岳部隊、特殊部隊
工作部隊:工作部隊

・海軍
フリゲート:アマトラ
コルベット:掃海艇
高速ミサイル艇:ウォリアー
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦
潜水艦:Type209-1400M

南アフリカ軍が主として戦ってきた相手はアンゴラ等地上なので
生産タイプに偏りがありますね。
フィンランドと同じタイプかな。
ちょっと地形特性入ってる感じw

さて、空軍ですが何故か不活発でロイホックぐらいしか来ませんでしたが
ロイホック、十分脅威な攻撃ヘリです。
戦闘機も爆撃機としても使えるグリペンがいるから問題なし。
ただ偵察機とAWACS、給油機がいないのが残念ですが
お国柄大規模空戦とかないから仕方ないかも。
対潜哨戒ヘリがあるのは必要最低限といった感じ。

それにしても…C-47 スカイトレイン、いつの時代の輸送機ですかw

電子戦機があるので地上支援にはいいかもですね。
南アフリカらしいと言えばらしいですね。

しかし陸軍のMBT、オリファントしかありません。
いくらなんでもセンチュリオンの改修型だけでは地上戦は厳しいと言わざるを得ない。
B型でも105mm砲なので厳しいでしょうね~。
どーりでアージュンの敵ではなかった訳だ。
TTDを何で入れなかったんでしょうね?
そうすればバランス取れたのに。

って、兵器には追加されてるのかな、TTD(゜Д゜≡゜Д゜)?

偵察車では傑作車両ローイカットがあるので問題ありませんね。
また、兵員輸送や対戦車、自走砲に使えるラテルの派生車の多さには脱帽。
TTDが3.0に入ってて生産タイプに入れられば
良いサポートをしてくれそうです。
自走砲はG-6 ライノにMLRSのバルキリで決まり。
ただ…またしても試練、対空ミサイル車両がいないヽ(;´Д`)ノ
これは厳しい~\(゜ロ\)(/ロ゜)/
「対空は戦闘機で(゚∀´)b」
って地でエリア88行ってますが無理があります(-_-;)
これは補完しないと厳しい所ですな。

海軍は必要最低限しか揃っていないので防衛が精一杯でしょう。

総評、フィンランドよりも苦労しそうヽ(;・ー・)ノ
TTD入れて防空SAM(南アならレイピアか?)入れて漸くまともに機能するといった感じ。
自国で使うには…ちょっと敬遠したい国ですね。
でも、だからこそ熊本の様な天然の要害に守られてるとしぶとく戦える。
そんな生産タイプですね、南アフリカは。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

CD届いたぁヽ(゚∀゚)ノ




TVで観る前にニコニコで観て、
「お~、またいい曲だなぁ」
と思ってたDOESのCDS”曇天”が届きました!
これだけだと送料掛かるのでMAD観ていい曲だと思った
森口博子の”もうひとつの未来”も到着(・∀・)人(・∀・)
早速聞きましたが…どっちもえ~曲やわ~(*´д`*)

DOESは紅桜編で修羅だったかな、あれも超良かったけど
曇天もまたいい!新撰組動乱編?にぴったりな曲でしたね!!
エピローグの公式MADで曲聞いた時は最後泣いたな~(つд・)

一方の森口博子はやっぱりF-91の曲が一番好きだったけど
最近ガンダムのアルバムに入ってた”君を見つめて”って曲も良い事に
この時期になって知ったというエピソードが(/ω\)

ニコニコのガンダム名曲メドレーで知りました(〃 ̄ー ̄〃)

んで、その”もうひとつの~”は買ってから森口さんだと知ったり。
もうガンダムと言えば森口さんですなヽ(´―`)ノ
この曲はMGIGLOOと歴代ガンダムのMADで聴いたのですが…
もの悲しい曲です。
でも!心温まるような曲(*'-')
名曲っす~v

ニコニコにMAD残ってたかな?と思ったらメンテナンス中でした(´・ω・`)

所でアニソンになると大抵CDのジャケットにアニメ絵がくっ付きますが
中には・・・痛いジャケもあるんですよね~。
「これじゃあパンピー引くわ (lll´Д`)」
と常々不憫に思っていたんですがDOESはやりました。
ジャケットには一切銀魂のイラストを使用せず、
シールで”銀魂OP”と小さくあるくらいで全くアニソンだと分からない様にしてる。
しかし!開けてみると写真の様に見開き新撰組シールが♪
こりは賢い!賢いよ、DOES!!

こりならパンピーも引かずに買えるね(^ω^)

一方の森口さんのCDSは…でっかいガンダムのシールが。
これはこれで分かりやすいけどもっと裾野を広げる為に努力して欲しいなぁ。
名曲なのに聞き手がガンオタだけに限定されるのは勿体無い。

少しはDOESの行為を模範にして欲しい物です( `Д´)=3

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

ブログ拍手より

・JAS様
■僅か3分間で110両中85両を撃破 
☆タル・ドクトリンとエルフィルダンの敗退ですか。
アダン師団ナトケ。カビ旅団でしたっけ。
興味深いですよね。

一時戦車無用論が蔓延った原因だったりしますからね。
本当、興味深いです。

でも前にも書きましたけど
これ以降戦車が対戦車ミサイルに一方的にやられた、
って事は起きてませんから極端な一例であったり。
WWⅡ型パックフロントってのは現代の機動戦メインの時代にはそぐわないですよね。
現代ではそれこそ空爆したり迂回したりで回避手段はいくらでもありますし。

陣地に止まって構えてたら砲兵部隊の餌食になりそう(^_^;)

☆2006年のレバノン侵攻では7個旅団の侵攻でメルカバⅡ、Ⅲクラスが20両くらい撃破、
その他30両撃破、死者107名、負傷者数百名だとか。
ヒズボラの装備の進みとIDFの質の低下の結果だそうです。
(ロシアからの移民と独立戦争世代の減少?だとか)
ちなみにメルカバⅡ、Ⅲは被弾しつつも完全撃破はなかったそうです。
中国製地対艦ミサイルでサール5級の中破とか2006年レバノンはいろいろな話がありました。

メルカバって被害は出しますが完全撃破まで行かないのが凄い所ですな。
でもⅣが1台完全撃破があってイスラエル司令部を激震させた様な…。
う~ん、ソースが見当たらないw
しかしそれでイスラエルは更にメルカバを強化して行くんですよね~。
仰るとおりヒズボラの装備が年々進化して行ってますからね。
ロシアの最新型RPGとか装備してますけど
やっぱりシリア辺りが後ろで支援しているんでしょうねぇ。
イスラエルが対策に必死になる訳です。

そーいやサール5級って3代目エイラートの艦種ですな。
アメリカ製だそうですけどまだイスラエルは艦船建造技術は手にしてないんですかね。
まあ、じきに手に入れそうですけどw

■マブラヴオルタネイティヴ ―欧州戦線2―(前編) 
☆これ凄いですね。僕も欲しいです。
マブラヴって知りませんでした。モグリです僕。

いやいや、元はエロゲーですので知らなくても無問題ですよw

■敵残存兵力殲滅が先か着上陸侵攻作戦が先か時間との戦いが今始まった。
☆輸送船って本当に足遅いですよねえ。

まじ遅すぎます(`Д´)
高速移動しても対して変わりませんしね。
かといって揚陸艦では輸送出来る”量”が限られる…。

頭痛い問題ですな、上陸作戦があると。

■もう呆気なかったです。
☆ある分岐点を越えると急速に弱くなるみたいです。

どうせなら第2、第3の激しい戦いがあると盛り上がるのですが…ヽ(゚∀゚)ノ
要望書出さなきゃ(´・ω・`)

■敵が仮設基地を3個も進撃路上に作ってくれているので 
☆COMはやたら作りますよね。

はい、良く作りますよね~。
最初の瀬戸内海の時は大阪軍、序盤に攻め込んだのに大量に作ってましたよ。
我々が使うとヘリの基地ぐらいしか価値がないので
余り積極的に作る気が起きません。
やはり当初の様に仮設空港の機能がなきゃ!

要望書、出して来まふw

■淀川北岸制圧 
☆うわ、本当に大渋滞。

憲兵部隊がいてもこの渋滞は解消されないでしょう。
もうタイフーン作戦前のドイツ軍補給部隊ですよw


■戦争計画 ~ターン72 
☆川、橋、島が効果的な障害になってますね。
これがないともっとCOMが弱くなりそうです。

この地形、守るには適してますよね。
南部から上陸しようにも港はないから
侵攻部隊は必然的に淀川北岸に集結せざるを得ない。
これがCPU延命策に効果的とは2回やってタップリ経験しましたが
案外峠を越えたら楽かもです。
淀川北岸だけを制圧すれば問題ないみたいですし。

でもCPUが橋爆破!とかやって来たらどうしましょうかね?w

■戦う相手として大阪以外が不甲斐なさ過ぎた&後…生産国が弱すぎました。
☆このへんのバランスはゲームになれていかないとわかりにくいですよね。

は~い、慣れてないのでバランスが分らないとです('з')
でも生産国調べたら結構いい装備あったりするんですがね。
スペインだったらタイフーンにティーガーにレオパルド2A6。
ヨルダンだったらアル・フセインとか。

もしこれらを大量投入して来たら戦局は大きく変わったと思うのですが…。

■今回の一番の敵は…道路の引かれていない地形。これに尽きます。
☆メーカーの作ったマップは道なしが多い気がします。

マップ作った思考がパーフェクト1.0とか古いままかもしれませんねw

■物資ありの敵都市を占領出来た時は大喜びでしたよ。
☆略奪者LAH様ですね(笑い。
僕も略奪大好きです。

やっぱり襲うなら旅人に限りますな(えー

■またここをやる時はエディット使って道路をもっと舗装させて
侵攻しやすく(PC&CPU共々)してやりたいと思います。

☆仰るとおりだと思います。
マップ全般的に言えますが道が少ないです。
(上に書いたようにメーカー製マップは)

本当、道路少ないですよね~。
でもColor Worldでは道路が一杯あるので感激しちゃいましたw
しかしこのマップ、確か自作マップコンテスト1位作品でしたっけ?

…SSα、仕事して(´Д`)

■新・瀬戸内海Wars ~ターン75 終局 
☆オオサカは燃えているか みたいな(笑い。

BGMはもちろんパリは燃えているか、でw

■戦力数報告 
☆主敵は大阪だった、という感じに見えますね。

でしたね~。
序盤、広島まで大阪軍が攻めて来ているのを知った時はびびりました(;´∀`A
香川も大阪の攻撃でボロボロでしたから今回の大阪軍は
結構積極的でしたね。
危うく香川落ちそうだったし(゜ー゜;)

■「次部隊」で回すのも億劫になるくらいw 
☆そうなんですよ、腱鞘炎になってしまいます。

腱鞘炎w
確かにそうなりますよねw

■大部隊運用用に部隊待機指示(移動完了ではない)モードとかありませんかね~。
☆?どんなのでしょうか。
とりあえずはお馬鹿さんですけど戦域外の移動は「行軍」使って負担軽減してます。
戦場や密集したとこは駄目ですけど。

これを指示したら次に触るまで待機で”次部隊”に引っ掛かりません。
侵攻前の待機モード時とかに使えると楽だと思うのですが。

要望書書かなきゃ(☆∀☆)

行軍モードで回避、いいかもですね。
今度あんまり期待しないでやってみますw

■次回からは…すいません、無駄使い止まりそうに無いですw 
☆もちろんです。ゲームはやはり楽しくなければ。
僕も無視して作りまくる時は作りまくりますから。

ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

■ノルマンディー前のドイツ軍かもしれませんw 
☆ロンメルのB軍集団ですね。
戦記読むと前半は陣地構築の話ばっかりだったりしますものね。

ロンメル自身も陣地構築に熱心で色々と対抗策考えてますよね。
ロンメルのアスパラガスとか。

もしも予定通り地雷、コンクリート、カレー地区の砲台がノルマンディに
配備されていたら…戦史は違ったものになっていたでしょうね。
装甲部隊も自由に動かせれていたら…。
後はヒトラーが寝ていなかったらとかw

■JAS様とは趣味が合いますなぁ( ゜∀゜)人(゜∀゜ )
☆いや~本当に。

いつか酒でも飲みたいですなヽ(´―`)ノ

■インド生産タイプ 
☆インドはちょっと前の先進国軍隊みたいですよね。
ステルス、イージス、弾道弾戦略原潜が無いくらいです。
ゲームでは使いやすいのではないでしょうか。

上手い例えですね!
仰るとおりです。
やってて非常に使いやすかったですし…強かった(*゚∇゚)=3
ステルスはまだかもですが
イージス、戦略原潜を持つのは時間の問題かもです~。

■「どらネコキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!」
☆笑い。
感動の対面ですね。

まさか飛んでくるとは思いませんでしたからびっくりでしたが
嬉しかったりもしました。
やっぱり強い相手と戦ってみたい物ですから(*´д`*)

■シャファク 
☆僕もよくわからんのです、この飛行機。
イランを敵にするとよく飛んでくるんですよね。
攻撃ヘリはどこも味方では天使、敵では悪魔ですね。
戦車がいらなくなってしまうくらいなのがなんとも…。

謎な戦闘機ですねぇ。
「イラン 戦闘機」でググるとこんなものが。

Saegheh

これと双垂直尾翼が似てますが
発展系ですかねぇ?

■重戦車チーフテン 
☆好きなんですがイランイラク戦争では沼地で動けなくなって
駄目駄目だったそうです。
大戦略では再現難しいですかねぇ。

私もチーフテン大好きですよ~。
あの砲塔がかっこよくて(;゚∀゚)=3

大戦略で再現しようとしたら…
AD大戦略みたいに天候ルールも入れなきゃダメとか~?

そーいや夜間ルールはあっても天候ルールはありませんね、大戦略完璧。
まあ、沼地になっても早々部隊の機動力は落ちないでしょうけど
少しはイライラ戦争が再現出来るかもですね。
地形で”でん”と湿地帯作るよりはいいかもです。

■これだけ(トールM1)最新鋭なのでロシアから輸入したんですかねぇ。 
☆実際の米の航空攻撃計画で脅威らしいですからね。
こんなにウジャウジャとでてはこないでしょうが。

イランの防空網ってどうなんでしょうかねぇ。
旧フセインイラクとあんまり変わらなさそうですが。
イライラ戦争で泥沼試合した相手ですし(ーー;)

■アリアドネシリーズ
☆僕はアリアドネの結構読んでないんですよね。
時代に取り残されてる気がしてます。
XA-188とか大戦略でしか知りませんし。

いやいや、情報古いですからw
私もXA-188とか大戦略で始めて知った口です( ゜∀゜)人(゜∀゜ )

☆対物ライフルのほうはファン倶楽部に上がってましたね、随分前ですが。

お、面白そうですね!
探してみます。
情報ありでした~♪

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

フォウニーウォー

各陣営とも戦力を温存して極力戦闘を避けている訳でないのですが
戦闘が殆ど起こらない奇妙な戦争が始まりました。
まあ、私の陣営も侵攻作戦に向けて部隊生産中だったし
戦力の集中を図ってる最中でもありましたから
戦闘は避けたかったので有難い期間ではありました。
でも西部戦線では敵が活発に行動。
機甲部隊を差し向けてくる時もありましたが撃退に成功。
戦線が狭い為戦力が少なくても守り切れたのは幸いでした。
空軍の支援があったのも良かったかな。
しかし爆装したタイフーンが長距離AAMを撃った後に狙われて
撃墜されたのは痛かった。
やはりCPUも迎撃範囲の狭い戦闘機は狙ってくるのかな?
面白い事に同時期に東部戦線でもタイフーンが1部隊全滅。
こちらは未確認ながら海上からのSAMとSu-33の長距離AAMによってですが。

海上から、と言う事は敵艦艇から?
キーロフクラスでもいるのかな?

その答えはターンを進める事で分るのでした。

★Color World ~ターン19 侵攻


敵はレーダー施設を奪還しようと攻勢を開始しました。
既に戦車戦は終わり、残るは敵自走砲等残存兵力のみ。
ここで空軍を投入して一気に殲滅を狙ったのですが
敵空港が近い事もあってすぐに反撃に敵タイフーンx2が飛来して
敵のトーネードIDSに攻撃を加えた爆装したタイフーンに集中攻撃。
この戦域2部隊目の全滅が出ました。
機種はまたしてもタイフーン。

航空戦は消耗が激しいですな(汗)。

そのお返しに敵機甲部隊が全滅して収支はこちらが上だから良しとしますか。
他の航空機部隊、トーネードやアパッチは急いで退避して難を逃れましたし。

敵には高い授業料を払わせてやりましたよΨ(`∇´)Ψ

★西部戦線


確認出来たのは敵艦艇はキーロフ級ではなくスラヴァ級だった事。
これは少し安心しましたよ、キーロフではなくて。
キーロフだったら潜水艦持って来ないとね!

さて、まずはKa-52を落として敵の眼を潰し、
遠距離からデアリングがハープーンで対艦攻撃。
次ターンに換装中のトーネード部隊とで撃沈出来るかな?
と思ったら2斉射目のハープーンでスラヴァ撃沈!
運良く全弾命中したようです。

これで肩の荷が下りたのでレッダスに侵攻開始。
チャレンジャー2改が10~部隊いるし
その他支援部隊も揃っているのでレッダス川北岸は制圧出来そう。
上手く行けばレッダス陥落も目じゃない!?

幸い敵の抵抗は少なく(偵察車両のみ)、侵攻は順調ですが
いつ鋼鉄の雨が降るか気が気じゃありません。
また、敵空軍の反撃も怖い。
タイフーンを3部隊増強して派遣しましたがどうなる事やら。

デアリングを海上からの護衛に付けたいけど
それには展開してるシーキングの索敵活動後の情報と
首都からの対潜部隊の増援が到着して海域の安全が確保されてからでないと
潜水艦が怖くて南下出来ないですね。
索敵用の潜水艦も派遣したけど到着は数ターン後…。

ここはじっくり待った方がいいでしょう。
女神は最後に微笑む物だから。

★中央部戦線


敵との小競り合いでMLRSや自走砲を使用した結果、
ホワイトロン川に架かる全ての橋が落ちてしまいました。
敵諸共(苦笑)。

お陰で敵の侵攻の不安はなくなりましたがまさか全部落ちるとわ(゜ー゜;)
敵の侵攻の心配が無くなったので安心かと思いきや、
21ターン目に遂にステルス機F-117が飛来。
シルバ半島南端の小都市を空爆し、工作部隊を撃破!
都市に収納されていた特殊部隊を瓦礫の下に…。
そして姿を消した…。
急遽トーネードF.3を派遣しましたが発見出来ず。
次に狙われる都市は…何処だ!?

ステルス機の恐怖キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!
いいじゃないですか、面白くなって来て。
でも状況を楽しんでもらいられない。
急ぎ防空体勢を改めないと。

見た目は静かでも熱い戦い、始まる。

★西部戦線


敵機甲部隊は壊滅し、
予備のタイフーンも来て戦線はまた奇妙な戦争状態に。
本当は少し前進してキギン列島まで部隊を進めたいけど
そうるすと防御範囲が広がってとても今の部隊では守り切れない。
空港に都市もあって魅力的な場所なんですが…。

美味しい果物がぶら下がってるけど手を出しちゃダメ、な状況ですな。

★今日の最大進出ライン


大きな動きとしてはレッダス侵攻軍がレッダス川北岸に到達して
敵首都近郊まで迫った事ですね。
今の所敵の反撃はなし。

南方戦線でどんぱちやってるからかな?

敵水上艦は撃沈したしで障害は減ったけど
強敵Su-33の動きが気になるところ。
でもこのまま一気に押せるかも!?

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

ブログ相互リンク記念MAP攻略開始♪

同じ大戦略パーフェクト系ブログ、勢多様の”大戦略パーフェクトのススメ”と
相互リンクをさせて貰いました。
BOOKMARKSから飛べますのでご覧になって下さいな~。
そしてそちらで攻略されていたマップ「Color world」が面白そうだったので
新・瀬戸内海Warsの次にやるマップとして選択させて頂きました。
同時攻略となりますがあちらは既に90ターンまで進めているので
こちらは大分後発となりますが頑張りたいと思います。
え、カリブ紛争?
あれは…またの機会に。

揚陸艦生産資金を貯めるまで数十ターンも待たないけないなんて
やってられません(´ε`)y-~~

さて、私は担当国をGREENにして生産タイプをイギリスに、
BLUEを日本からアメリカに変更してプレイしております。
何でもステルス機や弾道ミサイルが飛び交うマップと聞いて燃えて、
中でも是非ステルス機の恐怖を味わいたかったので
修正しました。
さてさてどうなることやら。

では進めれた12ターンまでを振り返ってみましょう♪


噂通り弾道ミサイルが飛び交って、
まずマジェンダ国がキイロス国に弾道ミサイル攻撃を仕掛け、
海軍基地、小都市を破壊。
そのマジェンダ国にレッダス国が弾道ミサイル攻・撃。
レーダー施設と港を破壊しました。

結構序盤から激しいなぁ(汗)。

うちは狙われないだろう、と希望的楽観論から占領政策に土木工事、
侵攻作戦を準備していたら…
10ターン目にBLUE(国名忘れた)の弾道ミサイルをAWACSが発見!
でも狙われているのは占領したてのイエロン地域の陸軍基地だと思ったら
何と首都を直接狙って来たぁ!
12ターン目に弾道ミサイルが首都を直撃!!
防空任務に当たっていたホークと共に首都の耐久度が一気に減った!!!

僅かですが耐久度が残ったので首都は何とか無事でしたが危ない所でした。
もし複数発だったらと思うと…(滝汗)。
まあ、CPUがそんな戦術をとっては来ませんが
司令部を震撼させたのは確か。
新・瀬戸内海Warsの悪夢再びですよ。

そこで対抗策としてマイ部隊より
パトリオットx2
S-300PMUx1
ブークM1x1
を登場させて防空任務に当てる事に。
ここで弾道ミサイル迎撃に役立つのはパトリオットぐらいですが
他はイギリスの貧弱な防空システムを補う戦力として出しました。
困った事にイギリスにはパトリオットが生産タイプにないのです!
これは大戦略Ⅶでも痛感しましたが超痛いです。
特に大戦略パーフェクトではね。
マイ部隊にパトリオットがあったからいいものの数は少ないので
今後の戦況が不安です。
まあ、瀬戸内海Warsの時の経験からCPUが同じ所をまた狙ってくる事は
ないだろうと思うのでパトリオットx2でも何とかなるかと。
ただこの後ずっと頭の痛い問題ではありますね。

★Color World ~ターン12 ネイビ半島を南下する装甲部隊 


東部戦線ではネイビ半島を通過してダークム海峡を越えてレーダー施設と
空港を制圧するのが初期の任務です。
ここから部隊が揃ったら南下してレッダス国を狙います。
その為にはカラール諸島の陸軍基地の占領、稼動が急務ですが
それらは達成されたので基地をフル稼働させて攻略部隊を編成しなくては
いけませんが資金が圧倒的に足りません。
なのでまずはダークム海峡の制圧が目標になりそうです。

一方、上空では航空戦が繰り広げられ、
敵ECM機のジャミングでAWACSが索敵不能になったりして
一時危なかったですが今は落ち着いています。
この方面にはE-3 セントリーx1、タイフーンx2、トライスターK1x1、
で防空に当たっていますが後タイフーンが2部隊が欲しい所。
それと空港がネイビ半島中間にしかないので
早期にダークム海峡先の空港を占領したいですね。
後地上からの防空支援も欲しい。

ああ、資金が足りないヽ(;´Д`)ノ

★中央戦線 


この方面の初期目標はイエロン地域の陸軍基地の占領、稼動でしたが
これも達成されたので次は西のブルーネ牽制の部隊を生産しつつ
BLUE方面にも牽制の部隊を生産せねば、で忙しいです。
もっとも東部のカラール諸島陸軍基地からも部隊を派遣して貰うので
何とかなると思いますが問題はやはり資金!
少しでも都市を占領して収入を増やさねば!!

その為にはシルバ半島の中立都市群を早期に占領したい所ですが
BLUEの侵攻もあるでしょうから様子を伺いながら行動せねば。
すぐ退却しましたがBLUEのM-1エイブラムスが1部隊いましたしね。

となると対地攻撃用に攻撃機を用意したいですのですが
資金が足りないのでこの方面のタイフーンを1部隊爆装させて置きますか。
爆装させてもある程度AAMは積めるのでSwing rollの本領発揮ですな。

★西部戦線


この方面の防空部隊はネイビ半島に派遣したのと同じ編成で、
初期は敵ECM機を早期に発見して撃墜したり(同じ失敗は繰り返さない)
飛来した偵察機やトーネードIDSを一方的に撃破していたのですが
ブルーネ空軍の逆襲が始まりました。
優勢なる航空機部隊の投入でキギン列島上空では激しい空中戦が。
タイフーン同士の戦闘となり、数に勝るブルーネが優位です。
こちらはタイフーンが1部隊全滅しました。
急ぎ損失の補充とまともに正面から空中戦していては堪らないので
中央のイエロン陸軍基地から防空部隊を派遣します。
それと首都からマイ部隊のブークM1を1部隊。
列島近くのレーダー施設を占領するまで維持出来れば良いと思っていましたが
思いの外敵の攻勢は本格的。
一時前線を下げた方が得策ですね。
貴重なE-3をここで失う訳にはいかないですから。

★戦況地図


今押されているのは西部のみ。
後はまだ大丈夫そうですが予断を許しません。
各基地はフル稼働で部隊を増産せねば、資金ある限り。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

インドで役に立った兵器 ベスト5発表!

後述するとしていた大戦略パーフェクト3.0 新・瀬戸内海Wars第2回の
自国インドの役立った兵器達を紹介しようと思います。

まずは空軍から。
No.1 Su-30MKI
No.2 MiG-29&K
No.3 Il-78 マイダス
No.4 Ka-28 へリックス
No.5 Tu-142 ベアF

第1位は対空対地対艦に暴れまくったSu-30MKI!
燃料も多く滞空時間が長いので弾切れするまで活躍してくれました。
惜しむらくは爆弾が通常タイプで余り威力がないことですね。
是非とも誘導爆弾使用可能になってほし~。

まあ、この辺はエディットですね。

第2位はMiG-29ファルクラムシリーズ。
航続距離が短いのが難点でしたが対空に掛けては文句なし!
K型だと艦載機なので後半空母ヴィクたんに着艦して
燃料問題はクリアー。
こいつも大暴れしてくれましたよ。

ただスペインのタイフーンには完敗。
世代の差ですかね~。

第3位は空の補給の要、Il-78!
これのお陰で足の短い全滅しちゃったけどMiG-27部隊の行動範囲が
広がりましたし今回燃料切れで落ちる機体は1機もなかったです。

あると戦術の幅が広がりますね、空中給油機♪

4位と5位は対潜活動で大いに役立ったへリックス&ベアコンビ。
高知攻略までは不要でしたが大阪攻略が始まった頃から
頻繁に発見された大阪軍のキロ級潜水艦撃滅戦に超役立ちました。
これも母艦のヴィクたんにヴィラートたんが補給拠点として存在していたから。

空母もあると便利ですね~。

次に陸軍。
No.1 アージュン
No.2 スメルチ
No.3 ビム
No.4 テルエル
No.5 大型補給車&補給車

第1位は攻勢の主力、MBTアージュン。
T-90にしても良かったんですがやはりインドなんで
国産使っとこ、となりアージュンに。
大量配備でスチームローラー役として戦果の拡大に貢献してくれました。
スペインのレオパルド2A6と少数ですが交戦しましたが遜色ない働きでした。

第2位はMLRSスメルチ。
攻勢の主役でしたね。
射程6はやはり最強!
でも活躍は中盤以降で敵が余り密集していなかったりで
砲撃する機会がちょっと少なかったり。
しかし対大阪攻略戦では存分なくその威力を示しました。

第3位は移動後に間接射撃可能な自走砲ビム。
大量配備で砲弾の雨を降らし、
厄介なZSU-57とかシルカの斬減に役立ってくれました。

第4位は捕獲兵器ですがこれまたMLRSのテルエル。
射程は短いけど射撃の機会が多かったので
以外に活躍してくれました。
捕獲品だから雑に扱ってただけかもしれませんが(笑)。

第5位はこれがないと始まりません、補給車シリーズ。
特に大型は物資が25もあるので頼りになりました~。
今回は長距離侵攻が特に多かったので重宝しましたよ。
でも…物資を切らして補給すると都市の物資が一気に減るので
諸刃の剣でしたが(汗)。

前にJAS様が仰ってましたが補給車でこまめに、
がベターかもしれませんね。

最後に海軍。
No.1 ヴィクラマディチャ
No.2 ヴィラート
No.3 デリー
No.4 マガール
No.5 輸送船

第1位は文句なく空母ヴィクラマディチャ
搭載機数が少なかったけど2位のヴィラートと交代で補給任務に当たり、
福岡陸軍の活動を海から支えました。
値段は高かったけどその価値はありましたよ~。

個人的には”ヴィクラマーディティヤ”って名称の方が好きなんですが
これは関係ないですね(笑)。

第2位はVTOL空母ヴィラート。
ハリアーも運用していたのでへリックス共々活動の海上拠点となってました。

VTOL用とは言え空母があればこれまた便利になりますなぁ。

第3位はフリゲート、デリー級。
艦隊の守護神として君臨してました。
タルワーやラジプットとコンビを組んで無敵艦隊を形成し、
土佐湾沖海戦では敵輸送船団を次々と撃沈して凱歌を上げました。
予定していた和歌山上陸作戦前哨戦でも活躍するかと思いましたが
浅瀬が広くて海岸線に近寄れない為艦砲射撃の機会はありませんでした。
しかし大阪湾攻略戦では少しですが砲撃して地上部隊を支援する
チャンスがありました。

第4位は揚陸艦マガール。
和歌山強襲上陸作戦が遂行されていれば大いに活躍出来たでしょうが
その機会が訪れぬまま戦争が終わったのが残念でした。
ですが熊本攻略後の侵攻部隊を四国まで運んだ功績は認められるべきかと。
そうそう、インドは揚陸艦をもう一種、ジャラシュヴァって言うのを保有しているのですが
こちらは重車両がマガールの半分しか搭載出来ないのでちょっとがっかりでした。
ホバーを搭載可能でしたがインドにはLCACがない!

この辺は生産タイプエディタの出番ですな。

第5位は輸送艦。
地味ですが重車両を8部隊も輸送可能なのは魅力です。
マガール共々熊本攻略部隊を四国へ輸送し、
高知攻略に大貢献しました。


インドの総評ですが陸海空バランスよく兵器が揃えられており、
また兵器も質の高い物が多いのでかなり強い生産タイプだと思います。
アメリカ等先進国に飽きたらインドでのプレイを推奨します。

お勧めですよ~ヽ(゚∀゚)ノ

PS.書いてから気が付きましたが真の陸上兵器No.1は工作部隊でした。
ゆうに20部隊以上は存在し、日夜補給ライン構築に努めてくれました。
お陰で前線都市でも物資数3の供給ラインを維持出来て
後顧の憂いなく戦えましたよ~。
他には吉野川に橋を築いたり。

戦略モードでは地上部隊の”華”ですな。
影薄いけど(苦笑)。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

世界の最新兵器カタログ 陸軍編




昨日でこれを読み終えれました。
最新兵器と、謳ってはいますが1998年出版の本なので
最新じゃあありません。
レオパルド2の紹介だってA5止まりだし。
でも当時の兵器市場を見る上では価値アリです。
内容は
第一章 戦車/装甲車
第二章 小火器
第三章 最新歩兵システム
第四章 自走砲/重火器/ミサイル/対空兵器
第五章 工兵関連
第六章 軽車両/トラック
第七章 レーダー/通信/エレクトロニクス関連
と幅広く兵器を扱ってます。
その数約150種。
個人的にはフィンランドのAMOS自走砲システムが載っているのが嬉しかった。

って何かフィンランドに瀬戸内海Warsで使用して以来贔屓する様になってるw

車台は大戦略パーフェクト3.0で出てくるXA-188ではなくXA-185辺りなのが
時代を感じますが。

余り読んだりしない小火器関係の記事があるのは重宝しましたね。
12.7~20mmの対マテリアルライフルの記事は興味深かったです。
これ、大戦略パーフェクトの兵器エディットで再現すると面白そう。

そんな本も今じゃ値段も安いしご家庭に一冊如何?ヽ(゚∀゚)ノ

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

大戦略パーフェクト3.0 生産国紹介 その四

久しぶりですが恒例のアレをやってみまふ。
2回目の瀬戸内海Warsで対戦した国々をご紹介♪
まずは我らがインドから!

★インド生産タイプ
・空軍
戦闘機:MiG-29&K ファルクラム、MiG-21&-93 フィッシュベッド、ミラージュ2000
デジャス
戦闘攻撃機:Su-30MKI
攻撃機:MiG-27 フロッガー、ジャギュアⅠ
VTOL:シーハリアーFRS.Mk51
電子戦機:B-707
偵察機:MiG-25R フォックスバット
対潜哨戒機:Il-38 メイ、Tu-142 ベアF
輸送機:Il-76M キャンディッド、An-26 カール
給油機:Il-76 マイダス
攻撃ヘリ:Mi-25 ハインド
兵員輸送ヘリ:Mi-26 ヘイロー、Mi-17 ヒップH、Mi-8 ヒップ、SA-319
対潜哨戒ヘリ:Ka-28 へリックス

・陸軍
主力戦車:T-90、T-72M、T-55(I)、ヴィジャヤンタ、アージュン
歩兵戦闘車:BMP-1&2
兵員輸送車:SKOT OT-64、キャスパー、トラック
偵察車:BRDM-2、MB・マヒンドラ
戦車駆逐車:BRDM-2ATGW、MB・マヒンドラ/ファゴット、MB・マヒンドラ/無反動砲
自走砲:ビム、カタパルト、BMP-2MC
牽引野砲:D-90、M-46、FH-77
自走ロケット砲:9A52 スメルチ、9K51 グラード、ビナカ
対地ミサイル車両:ブリトゥビ
対空車両:2S6M ツングースカ、ZSU-23-4 シルカ
牽引対空砲:L70
自走対空ミサイル:9K35 ストレラ10M3、9K53 オーサAKM
対空ミサイル車両:S-300PMU、S-125M ネバM
弾道ミサイル車両:アグニ2
レーダー車両:防空レーダー
補給車:大型補給車、補給車
歩兵:歩兵、民兵、戦闘工兵、空挺部隊、山岳部隊、特殊部隊
工作部隊:工作部隊

・海軍
駆逐艦:ラジプット、デリー
フリゲート:タルワー、プラマプトラ、ゴダヴァリ
コルベット:タランタルⅠ、コーラ、掃海艇
高速ミサイル艇:オーサⅡ
空母:ヴィクラマディチャ
ヘリ空母:ヴィラート
揚陸艦:ジャラシュヴァ、マガール
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦
潜水艦:アクラⅡ、キロ、シシュマール

評価はまた別の機会に。

お次は東の雄、イラン。

★イラン生産タイプ
・空軍
戦闘機:F-14 トムキャット、F-4F ファントムⅡ、F-5E タイガーⅡ、MiG-29 ファルクラム、
シャファク
戦闘攻撃機:Su-24 フェンサー
攻撃機:Su-25 フロッグフット
偵察機:RF-4
対潜哨戒機:P-3C オライオン
輸送機:C-130H ハーキュリーズ
給油機:KC-135 ストラトタンカー
攻撃ヘリ:AH-1S コブラ
兵員輸送ヘリ:Bell-206、CH-47 チヌーク、Mi-17 ヒップH
対潜哨戒ヘリ:AB-212ASW

・陸軍
主力戦車:M-60A1、M-47&48 パットン、T-72M&62M、サフィール74、チーフテンMk.5
ズルフィカル
歩兵戦闘車:BMP-1&2
兵員輸送車:M-113、BTR-50&60、ボラグ、EE-11 ウルツ、トラック
偵察車:スコーピオン、EE-9 カスカベル、UAZ-469、ランドローバー、武装ピックアップ、
火力支援ピックアップ
戦車駆逐車:UAZ-469/メティスM、UAZ-469/無反動砲
自走砲:M-110&107&109、2S1 グヴォージカ、サンダー1&2
牽引野砲:M-114、D-20&30、G-5
自走ロケット砲:9K51 グラード、アーラシュ、ファジル3
対地ミサイル車両:スカッドC
対空車両:ZSU-23-4 シルカ、ZSU-57-2
牽引対空砲:ZSU-23-2、S-60、M-1939
自走対空ミサイル:9K330 トールM1
対空ミサイル車両:ホ-ク改、S-300PMU、ZRK-SD カブ、S-125M ネバM、紅旗(ホンキィ)2
対艦ミサイル車両:CSS-C-8
弾道ミサイル車両:シャハブ3
レーダー車両:防空レーダー
補給車:補給車
歩兵:歩兵、民兵、戦闘工兵、空挺部隊、特殊部隊、海兵隊
工作部隊:工作部隊

・海軍
フリゲート:アル・ヴァンド
コルベット:掃海艇
高速ミサイル艇:カマン、トンダール
揚陸艦:ヘンガム
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦
潜水艦:キロ

まずは空軍から~。
今や飛ぶ事が可能なのか?とアメリカと外交で断絶してるイランでは
メンテナンス問題で飛行不能にあると思われるF-14 トムキャット。
1部隊だけですが出て来た時は
「どらネコキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!」
と思わず叫んでしまいましたがフェニックスを撃ち終えたらMiG-29のカモでした。
でも出現時にはびびりましたね(゜ー゜;)
ボードゲームでドイツ軍に増援でSSの黒ユニットが出現した時みたいに(えー

その他ファントムやタイガーⅡが飛んで来ましたが
散発的だったのとMiG-29が優秀だったので殆ど相手になりませんでした。
でもシャファクって摩訶不思議な戦闘機だけは良く飛んで来てましたね。
迎撃範囲を持つので厄介でしたがアウトレンジ出来るのでこちらの損害は
少なくて済みましたが、ロケット弾を持っているのでZOC張って
地上部隊に嫌がらせをしていたのが忘れられません。

攻撃機では戦爆のSu-24が良く空襲を仕掛けて来て、
こちらに少なからぬ損害を与えていました。
Su-25もコンビを組んで飛んで来たら脅威でしたが
Su-25の方は何故か不活発でしたよ。

攻撃ヘリではAH-1Sが疫病神でしたが
こちらの優勢な航空部隊で攻撃を仕掛けてくる前に損害を与えていたので
それ程被害は出ませんでしたが、雲霞の如く飛んでくる様は脅威でした。

戦車は8種ありますがその内何と全種投入して来ましたが
インドの新鋭戦車アージュンの敵では無かったです。
ただチーフテンがやや厄介でしたね。
流石は重戦車チーフテンですな。
イラン国産の謎戦車ズルフィカルが結構出て来ていたんですが
アージュンとの撃ち合いに脆かったし
爆撃でよく壊れるので「オープントップの自走砲?」かと思いましたよ。
でも良く調べたらT-72のコンポーネンツを利用した改良型らしいので
オープントップでは無いようです。

それにしても資料の写真を見るとゲームの画像の様に
真四角ではない気がするし塗装がおかしいのですが…。

まあ、気にしない( ´ー`)y-~~

砲兵系ではアメリカ製の自走砲が一揃い出て来ましたが
見慣れないのがサンダー1&2系。
2S1が生産タイプにあるからそれのイランでの改良型でしょうかね。
結構良く出てきました。
後MLRSでアーラシュが沢山。
幸い射程が短い様なのでこれによる鋼鉄の雨の損害は軽微でした。

一番厄介だったのが大量のZSU-57-2にトールM1。
至るところにいたのでこちらの空軍の活動を阻害してましたよ。
トールは射程3を活かしてこちらの航空機にかなりの損害を与えてました。
これだけ最新鋭なのでロシアから輸入したんですかねぇ。

対地、弾道ミサイルの類は使って来ませんでした。

最後に海軍ですが大量のフリゲート艦アル・ヴァンド、潜水艦キロ級が
播磨灘から大阪湾、紀伊水道まで広く展開していた為
一時制海権は大阪イラン軍のものでした。
お陰で排除が大変でした~(-_-;)
アル・ヴァンドには迎撃機能付き防空SAMが無いのが幸いでしたが
数で圧倒され、我が艦隊が安心して大阪湾に入れたのは大分後になりました。
また、室戸岬まで展開していたキロ級駆逐の為対潜部隊はおおわらわでしたよ。

最初にやった時もそうですが大阪軍は海軍をかなり強化する方向にある様で。
今回は多数の対艦ミサイル搭載機と制空権を取っていたお陰で
比較的楽に一掃出来ましたがそれでもかなりの数を撃沈しているので
大阪海軍の本気具合が分かるというもの。
最初にやったフィンランドで一掃は…不可能に近いですね(笑)。

イランという生産タイプはそれなりに揃っているので
中堅と言った感じですかね。
もしCPUがF-14を大量投入して来ていたら・・・
また違った戦闘推移になったと思います。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

カリブ海紛争




大戦略ファン倶楽部の自作マップコーナーで
「これ面白そう~」
と思った”SM313 カリブ海紛争”を始めたんですが…
予算が無い、海しかない、収入も無いで困り果ててます。
マップ紹介には
「150ターンが攻略の目安となります」
とありましたがもしやそれまで兵力温存に努めて待てと!?
こりは秋の夜長にプレイすべきマップかも(汗)。

ま、暫くは様子見ます~。
飽きたら他のマップ始めちゃえヽ(゚∀゚)ノ

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

第2次瀬戸内海Wars終了

予定していた和歌山強襲上陸作戦は行われませんでしたが
大阪攻略は終えました。
部隊制限に苦しんだフィンランド編と違って
思う存分兵器を量産して多方面作戦を展開して
楽しかったのですが戦う相手として大阪以外が不甲斐なさ過ぎた。
まあ、どこも主力のいない側面を突いたからこそ
楽だった訳ですが用意した兵力がちょっと多過ぎたかも。
各方面侵攻部隊の一部で戦果を上げれたので
アレほど部隊を量産する必要は無かったかもです。
後…生産国が弱すぎました。

イラン、新生イラク、スペイン、トルコ、台湾、ヨルダン。
これはちょっと大国インドの相手としては不足でしたね。
ここで前回の様に中国とか入ってたらバランスが取れていたと思います。
これらを相手にするなら…最初のフィンランドが良かったかも(笑)。
敵兵器も2線級だったので、戦車はM-60とかでしたから
準第3世代のアージュンの敵では無かったです。
今回の一番の敵は…道路の引かれていない地形。
これに尽きます。

前回の教訓を元に峡路を避けて進撃して行きましたがこれが大変でした。
地形は広いけど道路が無いので部隊を進撃させつつ道路も整備。
やってる事の殆どはこれでした。
森林地帯を進ませたので燃料の消費が激しく、
また、進撃する部隊もかなりの数だったので
大型補給車でも補給が足りないほど。
物資ありの敵都市を占領出来た時は大喜びでしたよ。
高知攻略がそうでしたが、奪った都市で補給し、
敵首都を視界に収め、全部隊に燃料補給したら随伴補給車3部隊の
物資が空になったのには笑いました(苦笑)。

宇和島~高知間は画面では短いけど走ったら遠かった(笑)。

島根攻略もそうでしたが益田~松江間も遠かったなぁ。
どっちも苦労した甲斐あって前回苦戦した峡路を通らずに済んだので
侵攻は一気に出来たので作戦は成功ですが
もう二度としたくないですね(笑)。

それにしてこのマップ、道路の普及率が低すぎます。
一体いつの時代の瀬戸内海なんだろ?(笑)。
またここをやる時はエディット使って道路をもっと舗装させて
侵攻しやすく(PC&CPU共々)してやりたいと思います。

苦戦した香川フィンランドに楽勝だった福岡インド。
次は高知辺りでやりたいですがどうなる事やら。

★新・瀬戸内海Wars ~ターン75 終局


本当は和歌山上陸作戦を待つ筈だったのですが
淀川を越えて進撃した部隊と航空部隊によって
敵残存兵力が一気に減ってしまい、
上陸して倒す相手がいないと言う状況にまでなってしまったので
上陸作戦は諦めました。
思いの外侵入部隊が戦果を上げたものですから。

それと北部からの楔も途中で止まりました。
折角京都を横断して来たのですが
敵がいないんじゃあしょうがないですよね(笑)。
淡路侵攻軍も結局淡路を横断した所で休止。

流石に最後に残った一国を350部隊で攻めたんじゃあ
敵にありつけない部隊も出ると言うもの。
これを考えると150部隊ぐらいで丁度良かったかもです。
但し終了ターン数は今回の様に短くは無いでしょうけど。
何せ同時侵攻作戦が出来ませんからね。

★戦力数報告


侵攻が始まってから大阪軍の弱体振りが分りますが
ターニングポイントはやっぱり岡山陸軍基地が落ちた時からだと。
でもそこから艦隊戦が始まって大阪も踏ん張りを見せたんですけどね。
だがしかし姫路陸軍基地、あそこを強化してなかったのは
大阪軍最大の失敗でしたな。
お陰ですんなり首都大阪への道が開いてしまった。
弱体した軍を再建する間も奪われてしまったし…。

海軍は健闘しましたがちょっと海軍へ資金投じ過ぎたかも。
フリゲート艦一隻分戦車を量産していれば…。

さて、次は何処をやりますかね(´∀`)

★ブログ拍手より
・JAS様
■何せ四国は道路が全く整備されてないので(´д`)
CPUは何やってんだか。
☆このへんの思考はまったく駄目みたいですね。

はい、全くダメですw
土木工事の何たるかを知っていない。
戦略モードだから補給ラインの重要性をもっと知るべきです!
シムシティでもやってCPUは思考ルーチン鍛えておいで!(えー


■インフラ整備出来てない施設を制圧出来ても
ちっとも嬉しくないですよ(´・ω・`)
☆このへんは現実っぽいですね

ですね~。
なので占領時に補給ラインが繋がってると大喜びしちゃいます(^◇^)
でも大半が道路ナシなので苦労しました(つд`)

■ターンを進める内に海戦が多発して敵フリゲート艦や
潜水艦と戦う場面が多くなりました。
☆楽しそうではないですか。
ゲームはやはりこうでなければ。

は~い、とっても楽しかったです♪
予め用意しておいたへリックスが大活躍ですよ。
また、対艦兵装のSu-30MKIも存分に暴れてくれました。
対大阪戦で一番盛り上がった時でもありましたね~。

ゲームはやはりこうでなければヽ(・∀・)人(・∀・)人(*゚∇゚)=3

■これだと損害が殆ど出ないのでいいですね~。
☆僕も対艦ミサイルは多く使いますが、
便利な兵器ばかり使うと考える要素が減るので難しいですね。
大量な敵ではそんなことは言ってられませんけど。

兵器エディタで弄って一歩間違えると虐殺兵器になってしまい、
ゲーム的に面白くなくなってしまうときがあります。

確かに思考が一本になるので便利すぎるのもあれですね。
思えばフィンランド軍時、高速ミサイル艇使ったり爆撃使ったりと
色々試行錯誤して対艦攻撃してましたよ~。
それはそれで大変ですが頭使うので”楽しい”ひと時でありました。

いかんな、人間楽しちゃ損するぞw

PS.エディタで射程をうんと伸ばすと虐殺兵器になりますね、間接兵器は。

■何せ狭い隘路ですので進撃速度がどうなるか心配です。
☆大兵力だと問題ですよね。
プレイにいらつくというか。

大兵力は使う時はいいのですが
一時進撃がストップして待機状態になると
途端にめんどい事になりますね。
「次部隊」で回すのも億劫になるくらいw
そして仰る通り移動が…超面倒でした(-_-;)
狭い道路なので大渋滞で進撃が鈍足に。
工作部隊も通したいけど部隊がひしめき合って進めない!
それで燃料不足がちとかだったりするともう。

イライラが頂点に達しますw

大部隊運用用に部隊待機指示(移動完了ではない)モードとかありませんかね~。

■また、両海域の制空&海権の確保とか。
☆このへんは楽しそうです。

は~い。
シチュエーションが燃えるので楽しんでましたw
幸い制空権は取れていたので対艦戦闘が
滞りなく進んだのは気持ちよかったです(*^ー゚)b

■もう景気良く作りまくったので、はい。
☆LAHさんが気にしなけばいい話ですが、
ゲーム終了時に残予算がもらった額の半分以下だと成績がそうとう悪くなります。
大隊長どまりとか。
僕は気にしてプレイしてます。
早く、損害少なく、金は使わず、です。
金食い虫の大型艦や爆撃機は難しくなります。

なるほど~、そういったからくりがあったのですか。
どーりで毎回評価低い訳だ(連隊長とか)。
ご教授有難う御座います♪
次回からは…すいません、無駄使い止まりそうに無いですw

やっぱ巡洋艦や爆撃機は使わな~(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)

■工事をしなければいけないのでどの工兵部隊も手一杯┐(´ー`)┌ 
☆泰緬鉄道の日本軍さながらですね(笑い。

ノルマンディー前のドイツ軍かもしれませんw

■大阪湾の敵艦隊 
☆うわ…。

かなりいますよね。
殆どのSu-30MKIを対艦兵装にしましたが
これも制空権が取れてるお陰。
これで敵空軍が反撃に来てたら・・・((((゜д゜;))))

■アクラを失ったのは痛かったなぁ(´;ω;`)
☆痛い、それは痛いですね、なにせお値段が高いですから。

アクラ、高いですよね~(つд・)
一隻失って以来損害に怖くなって艦隊の先頭を努めるつもりが
急にへリックスに譲って進撃速度が落ちたりw

やっぱ損害が出るのは怖いですな。

■姫路まで後何マイル?
☆0080ですね。

お、分りましたか!
JAS様とは趣味が合いますなぁ( ゜∀゜)人(゜∀゜ )

■今日の最大進出ライン 
☆あらためて見るとこのマップ広いですね…。

無駄にだだっぴろいです、はい(^_^;)
その割りに前述の通り舗装率が低い。
一体いつの時代の設定やら。


今日からBBSのパスワード制外しました。
皆さんマナー良く使って下さいな♪

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

我らは姫路に…あれ?落ちちゃったヽ(;・ー・)ノ

姫路基地侵攻作戦を発動させる為に準備をしていたんですが
威力偵察を行った所姫路基地は…ガラガラ。
なのであっという間に奪取出来て作戦成功!
前回は苦労したと思いましたが
今回は楽~に落とせたので肩透かし食らいましたよ('з')

その後も進撃は順調で遂に大阪首都も制・圧。
これで終わりかと思いましたが
折角西方戦線から上陸船団を向かわせているので
和歌山強襲上陸作戦を仕掛けてからにしよう、
と思っていたらヘリボーンで和歌山陸軍基地も落とせちゃった!

遠路遥々(最初の船団は九州から)船団を向かわせているのにぃ~。

そこで予定通り和歌山上陸作戦は決行する事とし、
その間敵殲滅に努め時間稼ぎをする事に。
その為淀川を越えて戦車部隊進撃中です。

全滅で降伏があったか知りませんが
敵残存兵力殲滅が先か着上陸侵攻作戦が先か
時間との戦いが今始まった。

★新・瀬戸内海Wars ~ターン67 北部戦線


前に3本の楔で、と書きましたが
その1本である北の矢も侵攻が遅れております(汗)。
道路がないせいである程度進撃する毎に
燃料補給で一時進撃がストップさせられるからです。
これには参ってますが仕方が無い。
燃料が切れた戦車部隊なぞ鉄屑も同然ですからね。

何としても大阪攻略戦に少しでも関与せねば
北部侵攻部隊の面子が~(笑)。

★姫路基地占領


敵戦闘機が邪魔ですが敵空軍の反撃があったぐらいで
本当、さしたる抵抗も受けず占領出来ちゃいました。
もう呆気なかったです。

敵の主力は岡山だったんですかね。

★上陸船団


漸く室戸岬沖に到着。
九州からの船団とも合流して大船団となりましたよ。

目指すは…和歌山!

★中央軍、大阪侵攻開始


敵が仮設基地を3個も進撃路上に作ってくれているので
制圧→進撃部隊燃料&弾薬補給→進撃再開
と超役に立ってます。

何だか敵の工作部隊に感謝したいですよ(苦笑)。

★淀川北岸制圧


大阪侵攻作戦は順調です。
ここに淡路侵攻軍も加わって来て大渋滞を起こしそうな予感が(汗)。

淡路侵攻軍は3本の楔ではなかったけど
上陸船団が遅れれば代わりの矢になりそうですよ。

★戦争計画 ~ターン72


北端から南端までの現在の制圧&進撃状況です。
淀川南岸も制圧出来て来て、
敵残存兵力には空軍の容赦ない爆撃が続いています。
補給ラインの繋がってる空軍基地も奪取出来て
ますます空軍の活動範囲が広がって嬉しい所。
でも敵も対空部隊で果敢に反撃して来ています。

一方、和歌山上陸船団は…まだ画像に写ってませんね(泣)。
高速移動駆使して速度をUPさせているのですが…。

このままだと着く前に戦争が終わりそうですよ(´д`)

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

TOTAL ECLIPSE




ニコニコのアイマスMADで春香のいいのがあって
使用されていた曲が超良かったので
アマゾンで注文して今日届きました。
早速聞きましたが・・・いい(*゚∇゚)=3

久々に一目ぼれ?な曲でした。
MADも良く出来ていて魅せますよ~。


この曲、マブラブオルタの曲らしいですが
オルタタグで探ってみたらこんなものが


これ、大戦略パーフェクトを改造してマブラブのゲームを再現してるから驚き!
ユニットエディタを使用してですが画像、どうやってやったのが
教えて欲しいにゃあ(*´д`*)
ただでさえ説明書説明不足なんだからどうやるかは是非とも知りたい所。
てか早く”大戦略パーフェクト3.0攻略本”出せ、SSαo(`ω´*)o

話はそれましたがいい曲ですから是非聴いて買って見て下さい。
因みに”TOTAL ECLIPSE”はEDで、
OPが”INSANITY”です。
こっちもお勧めにゃ(*'ω')

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

世界最強7大戦車




今日はこれ読み終えました。
現用の戦車から最強と思われる7種、
レオパルド2、M-1エイブラムス、ルクレール、チャレンジャー、
アリエテ、メルカバ、T-64/72/80/90
の開発、構造、運用について細かく説明してあって
現用戦車のいい勉強になりましたよ。

興味深かったのがよくナチドイツ戦車、ティーガーとかⅣ号がしてますが
予備履帯を車体に付けると約10mmの装甲厚を確保出来るとか
メルカバ絡みですが第4次中東戦争で死者2500名中、
実に1500名が戦車兵で占められていたとか
そのメルカバの開発に6500万ドル掛かったそうですが
アメリカが1億ドルも援助してるから
あんまり国産国産と自慢出来ないんじゃないか、とか
ガスタービンエンジンには多量の空気が必要とされる為(T-80で4kg/秒)、
M-1は潜水渡河を諦めているとか読んでて面白かったです。

第4次中東戦争での当時無敵と言われたイスラエル機甲師団の敗退ですが
有名なのが旧ソ連に支援を受けたエジプト軍のパックフロントの中に勝利を確信して
突っ込んでいった第190機甲旅団は僅か3分間で110両中85両を撃破されました。
「たった3分で18機のモビ(ry」とかって某コンスコンが言いそうですが
この戦いによりイスラエルの無敵神話は崩れて行きましたが
これ程強烈な戦いはこの戦闘の前後には存在しないんですよね。
イスラエルも馬鹿じゃないから同じ手は食らわなかった。
でも各国の戦車開発や配備状況に大きなインパクトを与えて
対戦車ミサイル対策を根本から変えていって
その後徹底的に対策が講じられて行ったんですよね。
昨今流行のERAとか大抵対ミサイル対策なのもその影響かと。
で、イスラエルはこの戦争での多大な戦車兵の犠牲を教訓に兵士の生存性を
最重要課題に挙げてメルカバ開発には徹底的にそれを取り入れて
とてもユニークな戦車が出来上がった訳で。

しかしこの時にイスラエルはこの本でも書かれてるけど
驕り高ぶってまして病気とも言える戦車最強ドクトリンに取り付かれてて

戦車さえあれば勝つる!(゚∀゚)=3

って戦場に歩兵の援護をつけつ投入したものだから大失敗した訳で、
これはナチドイツの超自走砲フルディナントがクルスク北方戦線で
前線を突破しても歩兵の援護なしではそれ以上前進出来ず、
逆にソ連歩兵に痛い目に逢ったのと同じ境遇に遭ってる訳で。

この様な単独兵科の脆さをカバーする為に
諸兵科連合って言葉、コンバインドアームズと言うのがありますが
これはいつだって有効な戦術でどの兵科も単独では戦闘が出来ない。
でも他の兵科と協力し合えば何倍もの戦果を上げれるし
そうしないと効果的な戦闘が出来ないし脆い、
ってのはWWⅡからの教訓で
イスラエルも学んでる筈なんですがね~。

大戦略だって戦車オンリーでは戦えない。
偵察車両や自走砲や補給車や歩兵、空軍の協力の元
本来の性能を発揮出来る訳で。
それを忘れちゃあいけないなぁ。
基本ですぞ、基本( ´ー`)y-~~

それを考慮すると戦車無用論とか馬鹿馬鹿しいってのが良く理解出来る筈。

それにしてもイスラエルはこういった軍事技術革命の最先端にいますな。
エイラート号事件も対艦ミサイルによる革命だったしねぇ。
その後の各国の状況も戦車ドクトリン衰退の状況に似てるし。

てか呪われているよw

最後にガスタービン戦車は潜水渡河が出来ない事についてですが
ゲームで体感しましたよ。
大戦略Ⅶのキャンペーンでですが主力戦車M-1が川を渡れないので
超大回りで敵首都に攻め込んだ事があったのですが
その時は何で渡れないんだYO!ヽ(`Д´)ノ
と地団駄踏んでましたがなるほど納得ガスタービンは渡河が苦手の様で。

こう見ると大戦略って良く出来たゲームですなぁ(゚∀´)b

アマゾンだとこの価格です。


中古でよければ送料考えても中古がお得ですな。

PS.90式戦車が入ってないのは最強じゃないから、
ではなくて別の機会に、との事です。

楽しみですな、その時が( ´∀`)

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

プロフィール

LAH

AuthorLAH

へたれ准将LAHの鋼鉄blogへようこそ!WARGAME:RED DRAGONにてソ連デッキで絶賛プレイ中。ハイデル平原で名を馳せたハンターの腕が鳴るぜ!!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。