LAHの鋼鉄blog

SLGを徒然と。

[スポンサー広告] - --.--.-- - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(--:--) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[GLOBAL FORCE] - 2006.12.13 - 果てしない消耗戦

一度失敗したとはいえ順調にマッタリしてきた訳ですが
”中央連邦、上陸”で酷い目に遭いました。
もう果てしなく続く消耗戦。超辛かった(´;ω;`)

場所は北海道中央で札幌にある敵司令部を列島軍と共に
本土から支援しつつ攻略する訳ですが北海道にも拠点があるから
それ程問題はないと思っていた矢先、Tu-160とTu-22の巡航ミサイルで
帯広が壊滅してから状況が一気に変わりました。

侵攻ルート上に行動ポイントをかなり消費する荒地が広がり
部隊の進撃に大きな障害となる。お陰で網走攻略部隊が
じぇんじぇん進まない(´д`)
おまけに一本道ときているから大渋滞。バルジのドイツ軍かw

でも笑っていられたのも最初だけ。その後味方都市が次々と陥落し
敵の収入が18000とかになって来たら・・・地獄の始まり。
Su-32FNとかスラヴァとか高性能兵器がじゃんじゃんやって来る。
そしてこっちが必死にやりくりして生産した中堅兵器をがんがん破壊してくる。
「ああ、折角生産したのにぃいぃ( TДT)」連発。

更にグラディエイターの射程5という凶悪な迎撃範囲により
敵の地上部隊への対地攻撃が行えない。
偵察機でさえ見つけたと同時に落とされる有様なのでこれもまた損害。
なので2部隊づつ偵察機を飛ばす様にしましたがこれで分かったのは
網走への道は何重もの対空ミサイルの網で真っ赤って事。
もう飛べない(ノд`)

何てしていたら網走沖にスラヴァが出現してこれまた極悪な射程5の
防空ミサイルで更に防空網を厚くする。もう手が出せません┐(゜~゜)┌

そして消耗戦という名の防戦が何十ターンも続く。

でも最後に勝てたぁヽ(`Д´)ノ

勝因は基地部隊を3つ作って収入の増加と網走防衛線の構築と
橋頭堡の確保に成功したのです!

一つは首都近郊で展開して資金源に。
もう一つは網走近くの道路上wに展開。

もう網走は見捨ててT-80x2、MLRSx1、2S7、SA-11・12x1、
補給部隊だけを出来た基地上に配置して絶対防衛網を完成させました。
敵都市から出撃してくる部隊はこれらで完全に全滅出来ます。
ここで敵に消耗戦を強いた訳ですね。

最後の3つ目の基地部隊と地上部隊を乗せた強襲揚陸艦x3、
アドミラル・ウシャコフ、むらさめ、アドミラル・クズネツォフ、
補給艦、IL-76x2、Mig29他8航空部隊を苫小牧辺りに強襲上陸させ、
連動して帯広跡地近辺に展開していた地上部隊も敵首都に向けて進撃。
挟撃させて勝ちました。

もう本当に疲れたけどまさか勝てるとは思わなかったなぁ。
毎ターン生産しては撃破されるの連続だったしね。

終わってやれやれだ~ヽ(;・ー・)ノ

攻略ターン数:65ターン
使用資金:343883
撃破部隊数?:309
投入部隊数:135
壊滅部隊数:75
スポンサーサイト

(11:23) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[GLOBAL FORCE] - 2006.12.12 - 強襲

東方連邦が列島国南部に侵攻して来たのでそれを列島軍と同盟を組んで
阻止するのが今回の作戦目標。東方連邦2の戦力が気になる。
またSu-27軍団でないといいが・・・。

さて、まずは佐賀で防衛線を展開。
ここは守りやすいが撃って出にくい場所なので陣地確保に一苦労した。
しかし敵さんは細い通路を進撃して来るので迎撃はし易いのが不幸中の幸い。
防空配置のギャドフライのお陰で敵の航空戦力はあらかた一掃出来た。
しかしまだ攻め込むには駒が足りないので攻めあぐねていたら
列島軍首都に敵艦隊出現!ソブレメンヌイ、
そして洋上の悪魔スラヴァ!列島軍最大の危機!!

幸い恐怖の対地砲撃は仕掛けてこなかったのでその間に駆逐部隊を編成、
首都に向かわせる。
編成はハリアーⅡ、A-6、F-18、Mig29の4部隊。
防空ミサイルの射程が短いソブレメンヌイを葬り去った後、
いざスラヴァへ攻撃を開始したら嬉しい事に気が付いた。
偵察機からの報告の赤い危険な迎撃ゾーンが消えている!
奴は防空ミサイルを全て打ちつくしてしまったのだ。

ここからは一方的な殺戮が始まる。数ターン後、スラヴァは海の藻屑と消えた。

小競り合いが続いたがこの隙を縫って島原へヘリボーン作戦を敢行、
これが成功し、防空に忙殺されていたアーレイバークの弾薬補給基地が出来た。
敵の反撃は唐津に集中していたので島原に回す戦力は無かったのだろう。
これで上手く行けば唐津を佐賀と島原の戦力で挟撃を行える、
と思われたが唐津攻略がはかどったのでその必要も無くなった。
だかそれ程楽な戦いではなかったのである。

唐津に一般歩兵が陣取り、陥落間際に奴は現れた。
そう、スラヴァ級ミサイル巡洋艦がまたしても!
発見されたのはハリアーⅡが突如迎撃を受けた直後だった。
悠々と現れたスラヴァはそのまま唐津近辺まで侵攻して止まった。
また駆逐部隊の編成が行われ撃沈は困難ではなかったが忌々しい事は
唐津近郊の地上部隊全てが130mm連装砲の射程内に入ってしまった事だ!
「射程内だ!全て射程内だ!」。某超兵器の台詞が聞こえてきそうだが
笑ってもいられない。脆弱な補給部隊や佐世保攻略部隊が大口径砲の
射程内で身動きが取れないのだから。
この間に佐世保の防衛が強化されてはタイムスケジュールに支障がきたす。

だがこうした緊迫感もすぐ脱ぎ去られた。福岡を救った駆逐部隊が
仕事をしっかりこなしたからだ。唐津の危機は去った。

この危機的状況の中、奮戦したのはA-10フェアチャイルド。
スラヴァのSA-N-6グランブルを喰らいながらもマーベリック、Mk82爆弾、
30mmガトリング砲をぶちかまし行きがけの駄賃とばかり
T-80を2部隊も喰ってぼろぼろになって脱出した。
この功績により唐津攻略は容易になった。

この部隊には心から感謝の言葉を述べたい。

スラヴァ撃沈後、パワーバランスは一気に味方へ傾いた。
ア・バオア・クーでドロスが沈んだ時の様に。
列島軍も勢いを盛り返し、F-1による対地攻撃やヘリボーン作戦を
熱狂的に開始始めた。頼もしい限りだが弊害も生じて来た。
こちらが占領して来るべく敵首都攻略戦の拠点とすべき佐世保、長崎を
落としてしまったのだ。これでは補給路が止まってしまうし
前進している部隊の損害回復も出来ない。
やむを得ず遠く唐津、島原から強襲揚陸艦を3隻建造して敵首都に
敵前上陸を敢行する予定にした。
また、敵首都近くの軍事基地も奪取してここからも敵首都攻略を
狙うものとした。

準備は整い、唐津から強襲揚陸艦”ザクセン”が出航した直後である。
「右舷、雷跡4!来るぞぉ」見張り員が叫んだ。
これが彼が発した最後の言葉となった。ザクセンは訳も分からない内に
一瞬で轟沈してしまった。
精鋭のT-90や錬度の高かった2S19等4部隊を乗せて。

更にこれに司令部が混乱している間にクリバックⅡが佐世保に砲撃を加えて来た!

幸いクリバックは撃退したがザクセン撃沈の原因を突き止めなくてはならない。
対潜哨戒ヘリコプターSH-60が発進する。
だが獲物は見付からなかった。潜水艦ではない?

唐津近辺は航行禁止令が出された。原因が分かるまで。

一方、敵司令部福江近くの軍事基地奪取には成功し、
ここから新たに部隊を派遣して進撃が開始された。
島原からも強襲揚陸艦が出航している。
すでに航空部隊の殆どは福江へ向け出発しており、
敵防空部隊との死闘を繰り広げていた。

遠く司令部から回航して来たイージス駆逐艦アーレイバークは、
その威力を対空だけでなく対地にも発揮始めた。
福江から出撃して来たクリバックと海戦を交わしたし
すんでの所でザクセン撃沈の原因キロ級潜水艦の発見にも貢献した。

にっくにキロ級潜水艦は佐世保から竣工したばかりの列島軍の
護衛艦むらさめの攻撃で航行不能になっている所へSH-60が
止めの対潜魚雷をぶち込んで海の藻屑の仲間入りとした。

敵をとったのだ!

さて、福江攻略は順調に進み、列島軍のヘリボーン部隊が我々の攻撃で
空になった首都へ進撃し制圧作戦を開始した。
その後Su-32FNの爆撃で焦土と化した。

これにより東方連邦の目論見は失敗に終わった。

(13:52) - TRACKBACK(1) - COMMENT(0)

[GLOBAL FORCE] - 2006.12.11 - 南洋諸島確保作戦

無事終わりましたぁヽ(´―`)ノ
最後は超楽々だったけど序盤は鬼だ、このステージ。
東方連邦のスラヴァ、こいつの撃沈如何でクリアーの成否が決まる。
初期配置の戦力と資金だけでこいつを撃沈出来るのかなぁ。
何しろSu-27とかと鬼強部隊がうようよいるしね。

勝てたのは列島国の艦隊がスラヴァを見事撃沈してくれたのと
最後に残ったこんごうが文字通り修羅の如く押し寄せる
中央連邦のヘリボーン作戦を粉砕してくれたお陰。
中盤でもキロ級潜水艦撃沈してくれたしなぁ。
もう感謝感謝。鉄十字章ものの活躍だな。

南洋諸島へのヘリボーン作戦が一回失敗した時は駄目かと思ったけど
並行して行われた北西の島の油田の占領が成功したので助かった。
僅かでも資金は欲しい時だったからね。

そして東方連邦の赤い悪魔たちを追っ払った後はもう楽勝モードになったっけ。
初期戦力の殲滅が勝敗の鍵だからね~。
その後はスチームローラー作戦で終わり(*^ー゚)b

勝って良かったけどもう海戦ものはやりたくね~w

そうそう、東方連邦のキロ級が怖くて初めて輸送機使って
陸上部隊輸送したけど最後に残っていたのは
空母アドミラル・クズネツォフですた。

見えない潜水艦の恐怖こえ~(^_^;)

★お勧め兵器F/A-18E スーパーホーネット
何たって兵装の量が凄い。中・短ミサイルに加え小型爆弾、
おまけに対艦ミサイルまで積んでるオールマイティウェポン。
普通のホーネットだったらスパローが積めない。
もうこれさえあればスラヴァも怖くないですよ!

このステージ、勝利の鍵はこいつだ!(スラヴァ沈めてないけど

(19:46) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[GLOBAL FORCE] - 2006.12.10 - グラフィックボード

が壊れたんですが修理に出さずにいたらもう2ヵ月経ってしまった。
はよ出さな年を越してしまう(ーー;)
まあ、FFのコルセア上げで忙しかったから鋼鉄やる暇無かったので
無問題でしたが。流石に両方はやれないね┐(´ー`)┌

そんなコルセア上げも一段落ついたのでそろそろ停滞している
HP更新の為にもグラフィックボード治さなきゃ。

そんな気でいた12月初旬、何故か戦闘国家にはまってしまった、PSのw

解いてなかったGROBAL FORCEを鋼鉄分が不足していたのでやったら
面白くて面白くて止まらない。今さっきやったのは共和国軍の支援だったけど
ちょっと今までと違って難易度が上がってて燃えた(;゚∀゚)=3

敵の配備する戦車がレオパルド1から一気にレオ2改になっててかたーい。
中央に位置する軍事基地上にそれら大部隊がひしめき合っていて
共和国か私の陣営かどちらに攻め込んでくるかで戦いの帰趨が決まる!
固唾を呑んで見守っていたらこっちに来た(ノд`) 

このステージ、予算少なくて戦車集めるだけでも大変だった所へ敵大部隊が
攻めて来たから堪ったもんじゃない。次々と前線の戦車は撃破される。
迎撃でMLRS、M109はひっきりなしに砲撃をしている。
前線へはこれら貴重な間接部隊を守る為の捨て駒としてV-150とかが
がんがん投入されていく。

数ターン後、生き残ったのは自軍。何とか前線を維持出来た(゜ー゜;)
この敵の中央軍集団を撃退したお陰で中央は空白地帯となり、
パワーバランスは一気にこちらへ傾いた。戦車の補充をしたら
後退させた前線を押し出して敵軍事基地へ雪崩れ込む。
これに連動して味方共和国軍も前進・・・して軍事要塞占領しちゃったヽ(;・ー・)ノ
折角の拠点がぁ。

まあ補給路が長くなるだけです。
後は荒野を同盟軍と疾走して敵首都落として終わり。

久しぶりだけど面白いわぁ。

PS.南洋諸島戦争まで行って二つ目のマップで大戦略系史上初の敗北をきす。

首都をスラヴァとクリバックⅡに砲撃されて陥落しちゃった。
しかし敵水上、航空部隊強いぞ。勝てるんかいな(;´ρ`)

(23:56) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

HOME

PROFILE

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

BOOKMARKS

RECENT TRACKBACK

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。