LAHの鋼鉄blog

SLGを徒然と。

[スポンサー広告] - --.--.-- - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(--:--) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[大戦略パーフェクト3.0 生産タイプ] - 2008.07.13 - ColoR Worldで役に立った兵器ベスト5集

定例の生産タイプはまた後で。
まずは我が軍イギリスの活躍した兵器をご紹介します。

★空軍
No.1 タイフーン
No.2 WAH-1
No.3 トライスターK1
No.4 トーネードGR.4
No.5 E-3

まずは制空の要、タイフーン。
射程4のAMRAAMのお陰で防空に大活躍!
特にシャーン方面では多数の敵航空機を撃滅し、
少数の損害で敵に大損害を与えてくれました。
敵の戦闘機が少なかったお陰でもありますが
青の迎撃範囲は敵にとっては厄介な存在だったらしく、
弾数が1しか残って無くても怖がって近寄って来ませんでした。
また、爆装してもAMRAAMを1発積めるので
この方面では防空に睨みを効かせつつ対地攻撃も行えて
攻撃機不足を補ってくれたので超助かりました。
他の方面でも十二分に性能を発揮。
制空権獲得に貢献してくれました。
その為攻撃ヘリが安心して行動出来たので
No.2にイギリス版アパッチ、WAH-1が浮上したんです。

射程2のヘルファイアは前から強力でしたが
特に強みを発揮したのは対シャーン、アカテ国相手でした。
これらの国はイタリア、イスラエル生産タイプで
防空SAMがなく、射程1の対空車両しかなかったので
ヘルファイアでアウトレンジ出来、
対空車両撃滅後にトーネードGR.4が猛威を振るったのです。
射程2様々でしたね。

となるとNo.3はトーネードが来そうですが
それ以上に活躍したのが給油機トライスターK1。
トーネードにタイフーンは燃料タンクが大きいので
それ程困る事はありませんでしたが
やはり給油機が戦闘空域後方にいる、
と言うのは大きな保険となり、
思う存分飛び回れたのでした。

もうすっかり安心して燃料が黄色くなっても飛び続けましたね(苦笑)。

縁の下の力持ちですが無くてはならない存在でした。

そしてNo.4にはトーネードGR.4。
損害も大きかったですけど対地攻撃、
特に敵戦線後方のMLRS潰しに活躍してくれましたね。
MLRSは厄介な敵No.1なので何としても撃破出来なくても
損害を与えて置きたい所。
そんな時にはトーネードが爆撃しに行ってくれましたよ。

燃料の多さも強みでしたね。

No.5にはAWACSのE-3がランクイン。
各方面に1機は配置されていたので敵航空機、
特に電子戦機探索には貢献してくれました。
その分前に出るので護衛のタイフーンの隙をついて攻撃されて
損害も大きかったですがいるだけで敵航空機の動きを把握出来たので
随分助かりましたよ。
タイフーンによる効果的な防空戦が出来たのも
AWACSのお陰ですから実質No.1!?

★陸軍
No.1 チャレンジャー2改
No.2 AS-90 ブレイブハート
No.3 MLRS
No.4 特殊部隊
No.5 補給車

チャレンジャー2改はアイコンのカッコよさもさる事ながら
120mm砲の保有弾数6ってのが凄い。
通常戦車の1.5倍ですからね。
最後の山場、ロッシ島上陸戦では誤算で
投入した戦車の不足には泣きましたが
保有弾数の多さで補給車要らず。
各地で奮戦しましたよ。
最後に敵首都上の敵部隊を排除したのは
チャレンジャー2改部隊の功績。

最後まで大活躍でしたね!

NO.2&3には戦場の女神、砲兵達。
どの方面でも活躍しましたが
一番はオンレジ方面から南下してブルーネ貿易地帯を狙った時です。
配備された”盾”チャレンジャー2改は少数でしたが
強敵メルカバ等を遠距離から155mm砲で削って行って
大幅に戦力を低下させた所へチャレンジャー2改が突入したので
戦車の損害は軽微で進撃速度を低下させずに
ブルーネ貿易地帯へ侵攻出来ましたよ。
上空支援のWAH-1との共同撃破でしたが
十分主力で活躍していました。

No.4には特殊部隊が。
これは最後のロッシ島へのヘリボーン作戦で
最初は囮の役目で投入されたのですが頑強に抵抗し、
上空支援の航空機や上陸した戦車部隊と共同で
ロッシ島北部制圧をやってしまい司令部を唖然とさせたからです。
全滅覚悟だったんですが以外に多数生き残って
予想外に活躍したので4位にランクインしました。

本当、あれほど順調に北部を制圧するとは考えていませんでした(゜ー゜;)

No.5には補給の要、補給車がランクイン。
大型補給車は物資を大量に消費するので
12と適度な量を補給出来る補給車が重宝しました。
各戦線に後方には3部隊前後随伴し
戦闘を陰から支えていましたよ。

ここには載っていませんが陰の真のNo.1が工作部隊である事は
確定なので書きませんw

★海軍
No.1 デアリング
No.2 インビンシブル
No.3 アルビオン
No.4 トラファルガー
No.4 補給艦

1位は最新鋭駆逐艦デアリング。
対空対艦対地にと万能なので重宝しましたよ。
と言うかデアリング以外まともな艦艇がイギリスにはない(^_^;)
なので使わざるを得ない、ってのが本音に近いですが
主力である事に違いはありません!

No.2にはヘリボーン部隊の運用を陰から支えたVTOL空母インビンシブル。
それ以外にも役に立った兵器No.6でしたが対潜ヘリEH-101 マーリンの
母艦としても役に立ってくれました。

やっぱり生産タイプに空母があってそれが運用出来ると
作戦の幅が広まって良いですな。

3位には揚陸作戦で一番の主役だった揚陸艦アルビオン。
残念ながらLCACをイギリスは生産出来ないので
その真価を発揮出来ませんでしたが
それでも十分役に立ってくれましたよ。

惜しむらくは投入された数が少なかった事ですねぇ。
まあ、大規模上陸作戦は始めてだったので仕方ないですけど。

No.4にはよくこの文中に使いますが縁の下の力持ち、
潜水艦トラファルガーです。
一番の激戦だったロッシ島攻防戦で
敵イージス艦に大打撃を与えた艦でもありますが
ロッシ島を巡る戦いで一番よく撃沈された艦でもあります。

日本の潜水艦の静寂性は優秀ですな!

因みにこちらの猛攻に耐えて(耐久度1で残った)イージス艦を撃沈した
大殊勲の部隊は爆装したタイフーンでしたが損害も凄かった。
残ったのはたった1機でしたからね!

今回のでイージス艦恐怖症になりそうですよヽ('д`;)ノ

No.5はデアリングやトラファルガーの弾薬補給に役立ってくれた補給艦。
任務からして順当な順位ですな。

以上ですが総評としてイギリスは列強の中でもかなりの強さを発揮する
生産タイプだと感じました。
陸海空と本当にバランスがいいし給油機やVTOL空母など
作戦で使うから欲しい兵器が入っているのが強み。
ただ残念な点としてペトリオットが配備されていないので
弾道弾に対する防備が全く無いのが弱点ですが
これはマイ部隊からの編入とかで切り抜けましょう。
それ以外は文句のない生産タイプです!
スポンサーサイト

(11:40) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0 生産タイプ] - 2008.06.28 - 大戦略パーフェクト3.0 生産国紹介 その六

久しぶりにいつものを。
今回は新生イラクとヨルダンです。

★新生イラク生産タイプ
・空軍
戦闘機:MiG-21 フィッシュベット、ミラージュF1-CT、殲撃7型
攻撃機:L-39 アルバトロス
輸送機:C-130H ハーキュリーズ
兵員輸送ヘリ:UH-1 イロコイ、Bell-206、Mi-17 ヒップH

・陸軍
主力戦車:M60A3、T-72M、T-55
歩兵戦闘車:BMP-1
兵員輸送車:M-113、MT-LB、スパータン、BTR-94&80、パナール VCT-TT、
パナール M-3、トラック
偵察車:BRDM-2、EE-9 カスベル、HMMWV、UAZ-469、ランドローバー
戦車駆逐車:HMMWV/TOW
自走砲:M-109
レーダー車両:防空レーダー
補給車:補給車
歩兵:歩兵、民兵、戦闘工兵
工作部隊:工作部隊

・海軍
コルベット:掃海艇
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦

崩壊前のイラクの様に各国のそれなりの兵器を集めた準1線国やや下から
一気に最弱国になってしまっています。
装備はアメリカの中古や旧フセイン時代の残り物。
とてもじゃないがこの国でプレイしようとは絶対思わないですな(゜ー゜;)
対空関係がごっそりなくて、それをカバーする戦闘機がMiG-21しかない。
イランに逃げ込んだMiG-29を返して欲しいくらいですよ。

第二回の瀬戸内海Warsでは島根でしたが
アルデンヌの森ならぬ島根の日本海側の森林地帯を西進していった我が軍に
脆くも崩れ去りました。
兵器ラインナップを見れば自ずと結果は分っていましたがね。

今イラクは内戦状態でテロ対策に終われる日々では…
これ以上の強化は出来なさそうです。

★ヨルダン生産タイプ
・空軍
戦闘機:F-16、F-5E、ミラージュF1-CT
偵察機:RF-5E タイガーアイ
輸送機:C-130H ハーキュリーズ
攻撃ヘリ:AH-1S&F_UG
兵員輸送ヘリ:UH-60 ブラックホーク、SA-330 ピューマ
偵察ヘリ:OH-6

・陸軍
主力戦車:M-60 フェニックス、アル・フセイン、カリド
歩兵戦闘車:BMP-2、ラテル20
兵員輸送車:M-113、テムシャ AB14、BTR-94、トラック
偵察車:シミター、フェレット、HMMWV、ランドローバー、アル・アラブLRPV、
デザートアイリス、武装ピックアップ
戦車駆逐車:M-901 ITV、AB9C5 ファルコン2、ランドローバー/無反動砲、
デザートアイリス/TOW
自走砲:M-110&109&106、MOBAT
牽引野砲:M-114
自走ロケット砲:デザートアイリスMRL
対空車両:M-163A1、ZSU-23-4 シルカ
自走対空ミサイル:9K35 ストレラ10M3、9K33 オーサAKM
対空ミサイル車両:ペトリオット、ホーク改
レーダー車両:防空レーダー
補給車:大型補給車、補給車
歩兵:歩兵、民兵、戦闘工兵、空挺部隊、特殊部隊
工作部隊:工作部隊

・海軍
コルベット:掃海艇
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦

2線国家ながら結構充実した兵器ラインナップです。
何とペトリオットもありますし。
戦闘機でF-16もあるんですからそこそこ良い戦いを出来るんじゃないでしょうか。
天然資源で外貨を獲得出来ているせいかこれは!と思う様な兵器もあります。
ヘルファイア装備のAH-1F_UGとか120mm滑腔砲装備のアル・フセイン。

特にアル・フセインは使いたい兵器NO.1で
グラフィックが超カッコいいんですよ~(*゚∇゚)=3
ヨルダン国産か知りませんがインドのアージュン並の戦車ですかね。

対戦した時はまたしてもアルデンヌマジックで呆気なく崩壊しましたが
この国は先進国に飽きた時に息抜きにでも
また2線国対戦する時に使ってみたいですね!

(21:28) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0 生産タイプ] - 2008.06.19 - 大戦略パーフェクト3.0 生産国紹介 その五

第5回は序盤に戦った広島スペインと
第一回瀬戸内海Warsで熊本だった南アフリカです。

★スペイン生産タイプ
・空軍
戦闘機:F-5E タイガーⅡ、タイフーン、ミラージュF-1CT
戦闘攻撃機:EF-18 ホーネット
VTOL:AV-8B マタドールⅡplus
対潜哨戒機:P-3C オライオン
輸送機:CH-130H ハーキュリーズ、A400M
給油機:B-707、KC-130H
攻撃ヘリ:HAD ティーガー、HA-15
兵員輸送ヘリ:CH-47 チヌーク、NH-90、AS-532 クーガー、SA-330 ピューマ
偵察ヘリ:Bo-105M
対潜哨戒ヘリ:SH-60 シーホーク、AB-212ASW、NFH、シーキングAEW

・陸軍
主力戦車:M-60A3、レオパルド2A6&2、AMX-30EM2
歩兵戦闘車:ピサロ
兵員輸送車:M-113、AAV-7A1、ピラーニャⅢ8x8、BMR-600、トラック
偵察車:スコーピオン、B-1 チェンタウロ、BMR-VEC25、URO VANTAC
戦車駆逐車:BMR-600MCC、URO VAMITAV/ミラン、URO VAMITAV/無反動砲
自走砲:M-110&109&125
牽引野砲:L-118、Model156、SBT-1
自走ロケット砲:HIMARS、テルエル
自走対空ミサイル:AMX-30R ロラン
対空ミサイル車両:ペトリオット、ホーク改、NSAMS、スカイガード/アスピーデ
レーダー車両:防空レーダー
補給車:大型補給車、補給車
歩兵:歩兵、戦闘工兵、空挺部隊、山岳部隊、特殊部隊
工作部隊:工作部隊

・海軍
フリゲート:サンタ・マリア、アルバロ・デ・バサン
コルベット:掃海艇
ヘリ空母:プリンシペ・デ・アストゥリアス
揚陸艦:ニューポート、ガリシア、フアン・カルロス1世
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦
潜水艦:ガレルナ、S-80

広島スペイン軍として福岡インド軍に真っ先にぶつかりましたが
それ程苦もなく攻略出来ました。
まあ、序盤だったせいもありますがね。

まずは空軍ですがタイフーンの射程4のミサイルが脅威。
MiG-29では歯が立ちませんでしたよ。
Su-30MKIで五分といった感じ。
かなり強力ですね。
F-5Eは風間が乗らないと真価を発揮しないのでパス(えー
ミラージュF-1はどちらかと言うと戦爆としての運用が向いてますね。
でもEF-18があるから出番ないかも(汗)。

って捕獲して最後まで使ってましたがヽ(´―`)ノ

ティーガーはもう黒死病。
見つけたら真っ先に叩き落さないと悲劇を生みます。
それぐらい戦車には攻撃ヘリ、特に対戦車ヘリは天敵です(゜ー゜;)

その他VTOLに給油機まであって良い感じですが
偵察機とAWACSがないのが痛いですね。

話は変わってB-707ってインド軍では確か電子戦機だった気が。
って調べたらE-3やE-8 J-STARSにも使われている様で。
どーりで汎用高い訳だ~。

さて、陸軍ではレオパルド2A6が脅威ですがCPUはこちらよりも
AMX30やM-60を生産していました。
硬さが全然違うのでレオ2A6が少数で良かった(;´∀`A

自走砲では一連のアメリカ産シリーズを運用、
自走ロケット砲ではテルエルを多用してました。
それを捕獲して運用し、役立った兵器No.4にも選ばれたのは
記憶に新しいですね。

後はスペイン独自の6x6の装輪装甲車BMR-600の対戦車駆逐型何かも
捕獲しまして運用させて貰ってました。
ついでにフィンランドの英雄レオパルド2もw

最後に海軍ですが生産して来なかったので分かりません┐(´∀`)┌

総評ですがそれなりにバランスの取れた兵器ラインナップで、
空軍、陸軍共に質の高い装備があって侮れない。
また、海軍はVTOLですが空母もあり、そして揚陸艦もあるので
そこそこ海のあるマップでは活躍出来ると思います。
インドより若干下の中堅と言った所ですかね!
使ってみたいと思う国です、スペイン(´∀`)

PS.アルバロ・デ・バサンがイージス艦なのを忘れていました。
これがあるなら…かなり優位に海軍戦えそう!
新鋭潜水艦S-80もあるしね!!

★南アフリカ生産タイプ
・空軍
戦闘機:チータC、JAS-39 グリペン
攻撃機:ホーク
電子戦機:B-707
輸送機:C-130H ハーキュリーズ、C-47、A400M
攻撃ヘリ:ロイホック
兵員輸送ヘリ:オリックス
対潜哨戒ヘリ:スーパーリンクス

・陸軍
主力戦車:オリファント1A&B
歩兵戦闘車:パトリアAMV、ラテル20
兵員輸送車:マンバMk.Ⅱ、キャスパー、トラック
偵察車:ローイカット、ランドローバー
戦車駆逐車:ラテル90、ラテルZT-3
自走砲:G-6 ライノ、ラテル81
牽引野砲:G-5
自走ロケット砲:バルキリMk.1&2
対空車両:ザムラク
牽引対空砲:GDF-003
レーダー車両:防空レーダー
補給車:大型補給車、補給車
歩兵:歩兵、戦闘工兵、空挺部隊、山岳部隊、特殊部隊
工作部隊:工作部隊

・海軍
フリゲート:アマトラ
コルベット:掃海艇
高速ミサイル艇:ウォリアー
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦
潜水艦:Type209-1400M

南アフリカ軍が主として戦ってきた相手はアンゴラ等地上なので
生産タイプに偏りがありますね。
フィンランドと同じタイプかな。
ちょっと地形特性入ってる感じw

さて、空軍ですが何故か不活発でロイホックぐらいしか来ませんでしたが
ロイホック、十分脅威な攻撃ヘリです。
戦闘機も爆撃機としても使えるグリペンがいるから問題なし。
ただ偵察機とAWACS、給油機がいないのが残念ですが
お国柄大規模空戦とかないから仕方ないかも。
対潜哨戒ヘリがあるのは必要最低限といった感じ。

それにしても…C-47 スカイトレイン、いつの時代の輸送機ですかw

電子戦機があるので地上支援にはいいかもですね。
南アフリカらしいと言えばらしいですね。

しかし陸軍のMBT、オリファントしかありません。
いくらなんでもセンチュリオンの改修型だけでは地上戦は厳しいと言わざるを得ない。
B型でも105mm砲なので厳しいでしょうね~。
どーりでアージュンの敵ではなかった訳だ。
TTDを何で入れなかったんでしょうね?
そうすればバランス取れたのに。

って、兵器には追加されてるのかな、TTD(゜Д゜≡゜Д゜)?

偵察車では傑作車両ローイカットがあるので問題ありませんね。
また、兵員輸送や対戦車、自走砲に使えるラテルの派生車の多さには脱帽。
TTDが3.0に入ってて生産タイプに入れられば
良いサポートをしてくれそうです。
自走砲はG-6 ライノにMLRSのバルキリで決まり。
ただ…またしても試練、対空ミサイル車両がいないヽ(;´Д`)ノ
これは厳しい~\(゜ロ\)(/ロ゜)/
「対空は戦闘機で(゚∀´)b」
って地でエリア88行ってますが無理があります(-_-;)
これは補完しないと厳しい所ですな。

海軍は必要最低限しか揃っていないので防衛が精一杯でしょう。

総評、フィンランドよりも苦労しそうヽ(;・ー・)ノ
TTD入れて防空SAM(南アならレイピアか?)入れて漸くまともに機能するといった感じ。
自国で使うには…ちょっと敬遠したい国ですね。
でも、だからこそ熊本の様な天然の要害に守られてるとしぶとく戦える。
そんな生産タイプですね、南アフリカは。

(14:55) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0 生産タイプ] - 2008.06.12 - インドで役に立った兵器 ベスト5発表!

後述するとしていた大戦略パーフェクト3.0 新・瀬戸内海Wars第2回の
自国インドの役立った兵器達を紹介しようと思います。

まずは空軍から。
No.1 Su-30MKI
No.2 MiG-29&K
No.3 Il-78 マイダス
No.4 Ka-28 へリックス
No.5 Tu-142 ベアF

第1位は対空対地対艦に暴れまくったSu-30MKI!
燃料も多く滞空時間が長いので弾切れするまで活躍してくれました。
惜しむらくは爆弾が通常タイプで余り威力がないことですね。
是非とも誘導爆弾使用可能になってほし~。

まあ、この辺はエディットですね。

第2位はMiG-29ファルクラムシリーズ。
航続距離が短いのが難点でしたが対空に掛けては文句なし!
K型だと艦載機なので後半空母ヴィクたんに着艦して
燃料問題はクリアー。
こいつも大暴れしてくれましたよ。

ただスペインのタイフーンには完敗。
世代の差ですかね~。

第3位は空の補給の要、Il-78!
これのお陰で足の短い全滅しちゃったけどMiG-27部隊の行動範囲が
広がりましたし今回燃料切れで落ちる機体は1機もなかったです。

あると戦術の幅が広がりますね、空中給油機♪

4位と5位は対潜活動で大いに役立ったへリックス&ベアコンビ。
高知攻略までは不要でしたが大阪攻略が始まった頃から
頻繁に発見された大阪軍のキロ級潜水艦撃滅戦に超役立ちました。
これも母艦のヴィクたんにヴィラートたんが補給拠点として存在していたから。

空母もあると便利ですね~。

次に陸軍。
No.1 アージュン
No.2 スメルチ
No.3 ビム
No.4 テルエル
No.5 大型補給車&補給車

第1位は攻勢の主力、MBTアージュン。
T-90にしても良かったんですがやはりインドなんで
国産使っとこ、となりアージュンに。
大量配備でスチームローラー役として戦果の拡大に貢献してくれました。
スペインのレオパルド2A6と少数ですが交戦しましたが遜色ない働きでした。

第2位はMLRSスメルチ。
攻勢の主役でしたね。
射程6はやはり最強!
でも活躍は中盤以降で敵が余り密集していなかったりで
砲撃する機会がちょっと少なかったり。
しかし対大阪攻略戦では存分なくその威力を示しました。

第3位は移動後に間接射撃可能な自走砲ビム。
大量配備で砲弾の雨を降らし、
厄介なZSU-57とかシルカの斬減に役立ってくれました。

第4位は捕獲兵器ですがこれまたMLRSのテルエル。
射程は短いけど射撃の機会が多かったので
以外に活躍してくれました。
捕獲品だから雑に扱ってただけかもしれませんが(笑)。

第5位はこれがないと始まりません、補給車シリーズ。
特に大型は物資が25もあるので頼りになりました~。
今回は長距離侵攻が特に多かったので重宝しましたよ。
でも…物資を切らして補給すると都市の物資が一気に減るので
諸刃の剣でしたが(汗)。

前にJAS様が仰ってましたが補給車でこまめに、
がベターかもしれませんね。

最後に海軍。
No.1 ヴィクラマディチャ
No.2 ヴィラート
No.3 デリー
No.4 マガール
No.5 輸送船

第1位は文句なく空母ヴィクラマディチャ
搭載機数が少なかったけど2位のヴィラートと交代で補給任務に当たり、
福岡陸軍の活動を海から支えました。
値段は高かったけどその価値はありましたよ~。

個人的には”ヴィクラマーディティヤ”って名称の方が好きなんですが
これは関係ないですね(笑)。

第2位はVTOL空母ヴィラート。
ハリアーも運用していたのでへリックス共々活動の海上拠点となってました。

VTOL用とは言え空母があればこれまた便利になりますなぁ。

第3位はフリゲート、デリー級。
艦隊の守護神として君臨してました。
タルワーやラジプットとコンビを組んで無敵艦隊を形成し、
土佐湾沖海戦では敵輸送船団を次々と撃沈して凱歌を上げました。
予定していた和歌山上陸作戦前哨戦でも活躍するかと思いましたが
浅瀬が広くて海岸線に近寄れない為艦砲射撃の機会はありませんでした。
しかし大阪湾攻略戦では少しですが砲撃して地上部隊を支援する
チャンスがありました。

第4位は揚陸艦マガール。
和歌山強襲上陸作戦が遂行されていれば大いに活躍出来たでしょうが
その機会が訪れぬまま戦争が終わったのが残念でした。
ですが熊本攻略後の侵攻部隊を四国まで運んだ功績は認められるべきかと。
そうそう、インドは揚陸艦をもう一種、ジャラシュヴァって言うのを保有しているのですが
こちらは重車両がマガールの半分しか搭載出来ないのでちょっとがっかりでした。
ホバーを搭載可能でしたがインドにはLCACがない!

この辺は生産タイプエディタの出番ですな。

第5位は輸送艦。
地味ですが重車両を8部隊も輸送可能なのは魅力です。
マガール共々熊本攻略部隊を四国へ輸送し、
高知攻略に大貢献しました。


インドの総評ですが陸海空バランスよく兵器が揃えられており、
また兵器も質の高い物が多いのでかなり強い生産タイプだと思います。
アメリカ等先進国に飽きたらインドでのプレイを推奨します。

お勧めですよ~ヽ(゚∀゚)ノ

PS.書いてから気が付きましたが真の陸上兵器No.1は工作部隊でした。
ゆうに20部隊以上は存在し、日夜補給ライン構築に努めてくれました。
お陰で前線都市でも物資数3の供給ラインを維持出来て
後顧の憂いなく戦えましたよ~。
他には吉野川に橋を築いたり。

戦略モードでは地上部隊の”華”ですな。
影薄いけど(苦笑)。

(15:20) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[大戦略パーフェクト3.0 生産タイプ] - 2008.06.11 - 大戦略パーフェクト3.0 生産国紹介 その四

久しぶりですが恒例のアレをやってみまふ。
2回目の瀬戸内海Warsで対戦した国々をご紹介♪
まずは我らがインドから!

★インド生産タイプ
・空軍
戦闘機:MiG-29&K ファルクラム、MiG-21&-93 フィッシュベッド、ミラージュ2000
デジャス
戦闘攻撃機:Su-30MKI
攻撃機:MiG-27 フロッガー、ジャギュアⅠ
VTOL:シーハリアーFRS.Mk51
電子戦機:B-707
偵察機:MiG-25R フォックスバット
対潜哨戒機:Il-38 メイ、Tu-142 ベアF
輸送機:Il-76M キャンディッド、An-26 カール
給油機:Il-76 マイダス
攻撃ヘリ:Mi-25 ハインド
兵員輸送ヘリ:Mi-26 ヘイロー、Mi-17 ヒップH、Mi-8 ヒップ、SA-319
対潜哨戒ヘリ:Ka-28 へリックス

・陸軍
主力戦車:T-90、T-72M、T-55(I)、ヴィジャヤンタ、アージュン
歩兵戦闘車:BMP-1&2
兵員輸送車:SKOT OT-64、キャスパー、トラック
偵察車:BRDM-2、MB・マヒンドラ
戦車駆逐車:BRDM-2ATGW、MB・マヒンドラ/ファゴット、MB・マヒンドラ/無反動砲
自走砲:ビム、カタパルト、BMP-2MC
牽引野砲:D-90、M-46、FH-77
自走ロケット砲:9A52 スメルチ、9K51 グラード、ビナカ
対地ミサイル車両:ブリトゥビ
対空車両:2S6M ツングースカ、ZSU-23-4 シルカ
牽引対空砲:L70
自走対空ミサイル:9K35 ストレラ10M3、9K53 オーサAKM
対空ミサイル車両:S-300PMU、S-125M ネバM
弾道ミサイル車両:アグニ2
レーダー車両:防空レーダー
補給車:大型補給車、補給車
歩兵:歩兵、民兵、戦闘工兵、空挺部隊、山岳部隊、特殊部隊
工作部隊:工作部隊

・海軍
駆逐艦:ラジプット、デリー
フリゲート:タルワー、プラマプトラ、ゴダヴァリ
コルベット:タランタルⅠ、コーラ、掃海艇
高速ミサイル艇:オーサⅡ
空母:ヴィクラマディチャ
ヘリ空母:ヴィラート
揚陸艦:ジャラシュヴァ、マガール
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦
潜水艦:アクラⅡ、キロ、シシュマール

評価はまた別の機会に。

お次は東の雄、イラン。

★イラン生産タイプ
・空軍
戦闘機:F-14 トムキャット、F-4F ファントムⅡ、F-5E タイガーⅡ、MiG-29 ファルクラム、
シャファク
戦闘攻撃機:Su-24 フェンサー
攻撃機:Su-25 フロッグフット
偵察機:RF-4
対潜哨戒機:P-3C オライオン
輸送機:C-130H ハーキュリーズ
給油機:KC-135 ストラトタンカー
攻撃ヘリ:AH-1S コブラ
兵員輸送ヘリ:Bell-206、CH-47 チヌーク、Mi-17 ヒップH
対潜哨戒ヘリ:AB-212ASW

・陸軍
主力戦車:M-60A1、M-47&48 パットン、T-72M&62M、サフィール74、チーフテンMk.5
ズルフィカル
歩兵戦闘車:BMP-1&2
兵員輸送車:M-113、BTR-50&60、ボラグ、EE-11 ウルツ、トラック
偵察車:スコーピオン、EE-9 カスカベル、UAZ-469、ランドローバー、武装ピックアップ、
火力支援ピックアップ
戦車駆逐車:UAZ-469/メティスM、UAZ-469/無反動砲
自走砲:M-110&107&109、2S1 グヴォージカ、サンダー1&2
牽引野砲:M-114、D-20&30、G-5
自走ロケット砲:9K51 グラード、アーラシュ、ファジル3
対地ミサイル車両:スカッドC
対空車両:ZSU-23-4 シルカ、ZSU-57-2
牽引対空砲:ZSU-23-2、S-60、M-1939
自走対空ミサイル:9K330 トールM1
対空ミサイル車両:ホ-ク改、S-300PMU、ZRK-SD カブ、S-125M ネバM、紅旗(ホンキィ)2
対艦ミサイル車両:CSS-C-8
弾道ミサイル車両:シャハブ3
レーダー車両:防空レーダー
補給車:補給車
歩兵:歩兵、民兵、戦闘工兵、空挺部隊、特殊部隊、海兵隊
工作部隊:工作部隊

・海軍
フリゲート:アル・ヴァンド
コルベット:掃海艇
高速ミサイル艇:カマン、トンダール
揚陸艦:ヘンガム
輸送艦:輸送艦
補給艦:補給艦
潜水艦:キロ

まずは空軍から~。
今や飛ぶ事が可能なのか?とアメリカと外交で断絶してるイランでは
メンテナンス問題で飛行不能にあると思われるF-14 トムキャット。
1部隊だけですが出て来た時は
「どらネコキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!」
と思わず叫んでしまいましたがフェニックスを撃ち終えたらMiG-29のカモでした。
でも出現時にはびびりましたね(゜ー゜;)
ボードゲームでドイツ軍に増援でSSの黒ユニットが出現した時みたいに(えー

その他ファントムやタイガーⅡが飛んで来ましたが
散発的だったのとMiG-29が優秀だったので殆ど相手になりませんでした。
でもシャファクって摩訶不思議な戦闘機だけは良く飛んで来てましたね。
迎撃範囲を持つので厄介でしたがアウトレンジ出来るのでこちらの損害は
少なくて済みましたが、ロケット弾を持っているのでZOC張って
地上部隊に嫌がらせをしていたのが忘れられません。

攻撃機では戦爆のSu-24が良く空襲を仕掛けて来て、
こちらに少なからぬ損害を与えていました。
Su-25もコンビを組んで飛んで来たら脅威でしたが
Su-25の方は何故か不活発でしたよ。

攻撃ヘリではAH-1Sが疫病神でしたが
こちらの優勢な航空部隊で攻撃を仕掛けてくる前に損害を与えていたので
それ程被害は出ませんでしたが、雲霞の如く飛んでくる様は脅威でした。

戦車は8種ありますがその内何と全種投入して来ましたが
インドの新鋭戦車アージュンの敵では無かったです。
ただチーフテンがやや厄介でしたね。
流石は重戦車チーフテンですな。
イラン国産の謎戦車ズルフィカルが結構出て来ていたんですが
アージュンとの撃ち合いに脆かったし
爆撃でよく壊れるので「オープントップの自走砲?」かと思いましたよ。
でも良く調べたらT-72のコンポーネンツを利用した改良型らしいので
オープントップでは無いようです。

それにしても資料の写真を見るとゲームの画像の様に
真四角ではない気がするし塗装がおかしいのですが…。

まあ、気にしない( ´ー`)y-~~

砲兵系ではアメリカ製の自走砲が一揃い出て来ましたが
見慣れないのがサンダー1&2系。
2S1が生産タイプにあるからそれのイランでの改良型でしょうかね。
結構良く出てきました。
後MLRSでアーラシュが沢山。
幸い射程が短い様なのでこれによる鋼鉄の雨の損害は軽微でした。

一番厄介だったのが大量のZSU-57-2にトールM1。
至るところにいたのでこちらの空軍の活動を阻害してましたよ。
トールは射程3を活かしてこちらの航空機にかなりの損害を与えてました。
これだけ最新鋭なのでロシアから輸入したんですかねぇ。

対地、弾道ミサイルの類は使って来ませんでした。

最後に海軍ですが大量のフリゲート艦アル・ヴァンド、潜水艦キロ級が
播磨灘から大阪湾、紀伊水道まで広く展開していた為
一時制海権は大阪イラン軍のものでした。
お陰で排除が大変でした~(-_-;)
アル・ヴァンドには迎撃機能付き防空SAMが無いのが幸いでしたが
数で圧倒され、我が艦隊が安心して大阪湾に入れたのは大分後になりました。
また、室戸岬まで展開していたキロ級駆逐の為対潜部隊はおおわらわでしたよ。

最初にやった時もそうですが大阪軍は海軍をかなり強化する方向にある様で。
今回は多数の対艦ミサイル搭載機と制空権を取っていたお陰で
比較的楽に一掃出来ましたがそれでもかなりの数を撃沈しているので
大阪海軍の本気具合が分かるというもの。
最初にやったフィンランドで一掃は…不可能に近いですね(笑)。

イランという生産タイプはそれなりに揃っているので
中堅と言った感じですかね。
もしCPUがF-14を大量投入して来ていたら・・・
また違った戦闘推移になったと思います。

(17:30) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

HOME - NEXT →

PROFILE

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

BOOKMARKS

RECENT TRACKBACK

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。