FC2ブログ

LAHの鋼鉄blog

SLGを徒然と。

[スポンサー広告] - --.--.-- - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(--:--) - TRACKBACK(-) - COMMENT(-)

[未分類] - 2018.01.28 - トルコ軍のレオパルト2A4



2-3mは2.3km?2〜3km?の間違い訳あり。












極めて興味深い話。WG:REDDRAGONやってたら平地のAFV程脆いものはないからよ~く分かる。
スポンサーサイト

(19:56) - TRACKBACK(0) - COMMENT(1)

[未分類] - 2018.01.28 - 旧ソ連/ロシア地対空ミサイル名称まとめ

russiasam.jpg

(19:20) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[WARGAME:クロマイト作戦] - 2018.01.20 - クロマイト作戦

ALBのStormsund、ヘリボーンではなく装輪式でもクリアー出来ました。SS撮り損ねたのでまたプレイ時にブログにしてみます。最近はREDDRAGONの複数参戦国マップに夢中です。1vs1も良いのですが4vs4とかになるとマップの広さにや同盟軍の多さにも感涙して燃えてます。そんな中で今回は2vs2ですが結構苦戦してるクロマイト作戦をやって行きます。今までのREDDRAGONプレイではオランダ軍デッキをこよなく愛し戦闘してはデッキの組み合わせを考察しては修正を繰り返し、最強とまでは行きませんがパーフェクトな完成度に達したので次は中国軍を、とやり始めたら気のせいか「中国軍戦車の命中精度低くない?全然当たらないよ!」と配置しては壊滅していく戦車部隊に愕然としてオランダ軍に戻りたいよ!病を発症しましたが、実際はそうではなくて自分の腕が悪かっただけでした。でもでもちょっと中国軍戦車は弱い、とは思っています。その辺は他兵種との兼ね合いや腕前でカバーすべきですよね。でまあ何はともあれこのマップでどういった戦闘が起こったか記録していきます。

★クロマイト作戦
20180120105839_1.jpg
全体図はこんな感じで上陸してきた資本主義の犬どもを蹴散らして海へ叩き落とす!なシチュエーションなのですが今まで成功したのはFEDORセクターに到達したぐらいで完全勝利はありません。何しろ守るので精一杯で・・・。そして序盤守備に徹して侵攻部隊を編成しようにも敵の猛攻により折角集めた兵力が前線へ投入されるので部隊を集めようがないんですよね。それもこれも最初に取る手前のGREGORYセクターが防衛するのには手間のかかるセクターだからです。

★5つの進入路
20180120105924_1.jpg
何とこんなにも進入路があるのです!Aは同盟軍が制圧し、Eは滅多にありませんがたまに敵が進撃してきます。私は敵が一番攻めてくるCを市街地で迎え撃ち、BとDへは少数の部隊を配置して警戒するだけなのですが、敵はBとC、CとDといったように大抵二方向から攻めてくるので防衛部隊が足りませんし敵主力がCに来ない時もあるので厄介です。いつも中央Cを一番守備を厚くして備えるのでBとDで突破されるのが多く、侵攻用に配備中の部隊が火消し部隊として投入される羽目になります。そうなると攻勢どころではないので防衛一辺倒になってしまうんですよね。まあがむしゃらに攻めてくるAI相手には守備が一番なのですが物量で来るので中央Cが厚い防衛ラインだからと安心できないのが恐ろしい。

そこで防衛するにしてもイニシアチブルを取り、望む戦場で戦えば良いんだ!とFEDORセクターへヘリボーン掛けたことが有ります。そこならば防衛ラインも引きやすいはず!でした。

★側面からの強撃
20180120105839_1.jpg
何とか序盤にFEDORを確保してもその後の増援がポイントをフルで投入しても本陣との距離の関係上中々強化出来ず、その影響で他の戦線への部隊増強が疎かになり、同盟軍の支援があっても敵の側面からの侵攻がかなりの確率で起こって本陣が蹴散らされて終わるという悪夢が。大戦略で味わったアラスの戦いの比ではなくて本当に酷です。いつでも部隊大量生産&ZOCで楽々回避!なんてのはWARGAMEでは出来ませんからね・・・。ヘリボーンが失敗したあとは相変わらずGREGORYに閉じ籠もって守勢する思考になってしまったのですが、ここでも問題が。

と、その前にここで何回かやったヘリボーンで味わった大敗の経緯を少し。ある時FEDORを何とか維持している最中に航空機の侵入経路を失いましたと警告が出たことが有ります。始め「え?」と何かわからなかったのですが、本陣を見たら指揮車が破壊されて増援が呼べない状況になってました!そこでGREGORYの指揮車を本陣へ移動させたらまたしても撃破されました。ここで初めて気が付きましたが敵の少数の部隊が本陣に侵入しているのです!!視界には映らず、何処に敵がいるかわからなかったのですがヘリを派遣して調査したら・・・イギリス軍の指揮車スコーピオンと少しの車両がいました。こいつは76mm砲装備なので簡単にこっちの指揮車ジープを破壊可能です。いつも指揮車は歩兵部隊かジープだったのですが戦車タイプの指揮車導入もありでは?何て再考させられました。

そして増援が呼べず、FEDORに籠もって極わずかの歩兵部隊が絶望的な戦闘を強いられることになったのでWARGAME初の同盟軍ありでの降伏で終わりました。AIに完全敗北ですよ。

★平原の戦い
20180120114057_1.jpg
敵が中央のCルートで来た場合、歩兵は市街地に配置できますので敵の侵攻への迎撃は隠れた森林と同市街地から、戦車部隊は濃い目のピンクの所から迎撃しますが、遮蔽物がなく戦車は結構な時間剥き出しとなっているので敵の攻撃ヘリや攻撃機、敵戦車やATMに食われることが多いんですよね。先制攻撃が行えない為同時の撃ち合いとなるとやや命中精度の低い中国戦車は不利になり、数の劣勢もあってなんとか敵の攻勢を弾き返しても戦車部隊は壊滅しているとかいう目も当てられない状況に。そこから再編となると時間がかかってやはり逆襲の侵攻は無理に。その間敵の別働隊がBやD、たまに大部隊!でAに来る時もあるので本当守備で手一杯です。そんな事の繰り返しだったので勝敗は引き分けばかりでした。しかしここで「防衛ラインを下げては?」という案が浮かびました。

★第二防衛ライン
20180119234403_1.jpg
戦車を平地に晒すのが不味いなら、と防衛ラインを市街地から下げて森林地帯にし、部隊を隠しました。すると先制を取れるしこちらは見つかるまで撃ち放題だし同盟軍の支援でAとDの守りは安泰となり、残るのはBだけ不安でしたが敵が侵攻ルートCに戦力を集中していたならば・・・とBは放棄して中央Cの守備のみに徹したら完勝となりました。これを昨日の夜に成功させたので今日やる時にまた試してみますがどう状況が変わるか楽しみですよ。

★中国軍5種の神器
20180119235816_1.jpg
中国軍最強戦車ZTZ-III。砲発射ミサイルはありませんがそれでも最上位だけあって頼もしい限りです。その下の戦車になるとガクッと性能下がるので中国軍の戦車事情は厳しかったり。この戦車はこういった戦果を上げています。敵主力MBTはいませんがね。

★PGZ-80
20180119235852_1.jpg
ZSU-57-2の中国版ですが、これが安くて大量配置できる割にコストも超低いので防空網構築には欠かせません。なにせPGZ-95が70コストに対しPGZ-80は25なので後者を選ぶとポイント+5で3部隊も配置できます。しかも射程が結構あるのでPGZ-95とPGZ-80とのハイローミックスで防空には自信があります。下手するとPGZ-95いらなくね?何て事も。ただ森に隠していないと遠距離からATMなり戦車砲の的になるので運用には注意が必要です。コスト25と配置可能数16で惜しげもなく戦場へ投入できるのは素晴らしい限りです。これ程コストパフォーマンスが最高なのはないんじゃないですかね。とはいえPGZ-95はこれほどの戦果を上げるので流石だな、と感心します。

★対戦車歩兵
20180119235916_1.jpg
最初この部隊の性能を見た時驚愕したのですが対戦車兵器が無反動砲なんですよ。しかも射程は短い。「こ、これで勝てるのか?」と思いましたが案外命中率が良いし同部隊同時発射の火力の暴力と射程が短いけど敵が気づく時には射程内というシチュエーションを生み出すので市街地等にいると伏撃可能なのが良い、という利点を知ってからは守備の要となっています。何気に搭乗ヘリによるロケット弾対地支援も美味しいです。

★攻撃ヘリZ-8A
20180120000007_1.jpg
大戦略Ⅶでお馴染みのZ-10が出る前は中国軍では主力の攻撃ヘリです。ATM4発しか装備してないので直ぐ補給になりますが、安くて手頃な火力で火消し部隊に最適なので無くてはならない装備の1つです。遠距離砲撃戦が苦手な中国軍を支援するにはもってこいですよ。

★攻撃機JH-7
20180120000039_1.jpg
空対地ミサイルYJ-7を2発装備で、直ぐ撃ち尽くして帰還するので撃墜されるのが少なく、攻撃力も問題無しで中盤から敵の防空が弱ければ大活躍します。G-5Dの誘導爆弾よりも使いやすいですね。これもコストパフォーマンスに優れた兵器です。これだけ戦果を上げていれば充分でしょう。


では今回はこの辺にて。またクロマイト作戦やりますが果たして上手くいけますかね。

(14:28) - TRACKBACK(0) - COMMENT(1)

[AIRLANDBATTLE:Stormsund] - 2018.01.06 - セクター急襲

さてマイブームのStormsund、敵本陣直ぐ側のセクターをヘリボーンで強引に奪う、を狙って作戦を実行してみたら上手く行ってその後も押せ押せで圧勝に。案外やれば出来るものですね。勿論ヘリコプターの快速あっての事ですが、それ以外に輸送ヘリに付いている武装、特にロケット弾があるなしで結果が違ってきそうな気もしました。何せ今回は6機分の火力が味方の増援が来るまで歩兵部隊を守っているのですから。ではそんな急襲作戦の経過を追ってみましょう。

★開戦
20180106.jpg
中央部のヘリボーン部隊と支援の地上部隊T-72Ax2、T-64BMx2、ZSU-23-4x2、2S6Mx2以外は最低限の編成でALPHA、ECHOの制圧を狙います。もう主役は空中機動歩兵というのがハッキリ分かりますね。ヘリボーン失敗すると大変な事になるのである意味賭けになりますが、勝率は高いと自負します。自軍の兵器を信頼していますからね!

★ヘリボーン作戦

さて、ルビコン川は渡りました。その成否や如何に。

★鮮やかなる退却
20180106b.jpg
敵もCHALIEセクターへ突入してきましたが、何とこちらのヘリ部隊を見ると素早く退却していきました。もう凄い判断力ですよ。敵わないと分かると退がる。よく出来たAIですねぇ。リプレイ見てて驚愕しました。

★支援部隊到着
20180106a.jpg
それ程遅くもなく戦車部隊が到着しました。装軌式でこの到着速度なら装輪で高速移動使えばヘリに勝るとも劣らない速さで辿り着けるという事でしょうか?これは試す価値ある作戦が立案された瞬間でした。ただ激戦となるのは想像に難くないです。

★東ドイツ軍第17戦車小隊

勇敢にも反撃に来ましたが、制空権がありませんでしたし投入された戦力が余りに少なく、支援もないので結果は見えていました…

★孤島の脅威
20180106 (9)
ECHO近くの小さな島とも言えない場所に敵がわんさかいます。動かないので不気味なのですが、これだけの部隊が来たら防げないのは確実です。焼け石に水ですが中洲にT-72x2と歩兵部隊を配置します。間に合うかな?

★対岸掃討
20180106 (10)
ヘリボーンが成功してCHALIEセクターを完全掌握したのでMi-8等で対岸に固まっている敵部隊をロケット弾で掃射中です。ほぼ固定目標なので野砲も撃ち放題です。遮蔽物のないこの場所で何をしているのでしょうね。見事な撤退をしたAIの戦術思考はどこへ?

★T-55の奮戦

たった1両で十分お釣りが出るほどの戦果を上げています。勇敢この上ないですが、この様に地形を利用して襲撃してくるとはやりますね。お見事!

★敵左翼への爆撃

これ程綺麗に決まって戦果も上々ですからニヤニヤが止まりません。このマップでは恐ろしい程空爆が有効なので爆撃し甲斐があります。だからこそずっとこのマップで遊んでいるんですが…数多の通常爆弾を敵にバラ撒き続けれるなんて何て素敵な事でしょう。ここ最近のリプレイを全て閲覧してピックアップしたら空爆MADとか作れますよwそれぐらいやってます。たーのしー!

★両軍の布陣
20180106 (1)
睨み合いは続きますが、随分敵本陣は守備戦力が手薄ですね。攻撃ヘリによる掃討作戦がかなり効いたようです。

★Mi-24K
20180106 (2)
ソ連デッキお気に入りのMi-24K。残念ながら対戦車ミサイルは装備していませんが、ロケット弾で十分戦えます。しかし主任務はやはり偵察。この機体の偵察能力は最高級なので対岸の敵兵力が殆ど見えます。森林への隠蔽など造作もなく見破ってくれる頼もしいユニットです。

★MiG-23襲来

自慢ではありませんがAIの航空機投入にはほぼ対応できません。マルチで上手い人の動画で相手が戦闘機出したら即戦闘機で迎撃に向かわせる、とか一体どんなマジック使ってるんだ…何ていう具合だからです。運良く対応できる時は大抵航空機を操作している時だからだったりします。ショートカットに戦闘機を登録とかすれば良いのかなぁ。

★二度目の襲撃

また二匹目のドジョウを狙って来ましたがしっかりT-64様が見てるんですよ。

それにしても東ドイツ軍AIのT-55推しは驚きます。でも実際の東ドイツ軍でもT-55信仰があったんですよ。T-55の完成度に惚れ込み、その後の新型戦車T-62&72が来ても「居住性が悪い」等不満タラタラでろくに使わずT-55ばかり運用していたそうです。どんだけT-55好きなんだ…。けどまあ動画にあるように上手く使えばT-55でT-72クラスを、正面は無理でしょうけど、食えますから悪い戦車じゃありませんよ。

私もT-55は好きな戦車のひとつですから今度T-55とM-60クラスの戦車だけのデッキ作って冷戦プレイしてみますかね。

★砲兵支援下の偵察
20180106 (4)
前述のようにこいつの視界で画像右の森の自走SAMはあらかた叩いて安全にはしましたが、用心して煙幕展開して視界を封じた上で敵本陣偵察中です。残念ながら敵右翼にいた自走SAMにより落とされてしまいましたが初戦からの生存性、戦果を鑑みると十分働いた機体した。落ちたパイロットと機体を回収したいぐらいです。

★MiG-23BNの逆襲

MiG-23の襲撃再び!クラスター爆弾を6発も落としていきましたよ。損害はそれ程ではありませんが悔しい限りです。

★敵セクターへ、戦車前進!

ついに敵に引導を渡す時が来ました。戦車を先頭に進撃開始ですが脳内BGMはソヴィエトマーチがかかりっぱなしです。

★空飛ぶ戦車達の咆哮
20180106 (7)
増援でこの2機が来て揃った所で一斉射撃を行おうという瞬間にコンクエストで勝ちとなりました。最後はあっけなかった戦いですが、初ヘリボーン成功で大戦果と終わりました。次は装輪、装軌と試してみますよ!!


今回から動画にサムネイル、結月ゆかり等VOICELOIDの実況を少し入れました。動画を垂れ流しているだけでは退屈ですしね。今後も色々手を加えねば。

(20:08) - TRACKBACK(0) - COMMENT(1)

[AIRLANDBATTLE:Stormsund] - 2018.01.05 - 稜線の彼方

新年も明けてもう第一週が過ぎようとしていますが皆様如何お過ごしですか?9日までお休みの方はあと3日間も休めますが、今直ぐSteamに行ってWARGAMEフランチャイズで全種揃えてストラテジーゲーム最先端に触れる日々とすべきです!RTSですが慣れればこんな凄い現代戦ゲームはありませんから!!と宣伝宣伝。今年もよろしくお願いします。


私は相変わらず暇を見つけてはWARGAME三昧です。ただREDDRAGON(以下RD)ではなくAIRLANDBATTLE(ALB)という2作目の方を集中してやっています。こっちは日本語版ないのですが、RDで慣れているので問題なく遊べています。ただ細かな仕様の違いで不満を覚えることはありますが名作であるのは間違いありません。今日もやって行きますよぉ。

★Stormsund
20180105080317_1.jpg
両軍が非常に近い距離に配置されている面白いマップです。序盤の配置で躓くと劣勢になりますが、挽回できないほどではないので踏ん張りましょう。中央の中洲で激闘がよく起こるのですが、ここの2つのセクターが両方共に本陣からの自走ロケット砲の射程圏内である為砲弾の雨にはこと困らないので熱いですよ。

★耕地
20180104193116_1.jpg
両軍が激突する最前線はクラスター爆弾や榴弾による砲撃でご覧の有様に。これで建物も破壊されていたらWARGAMEすげぇ!となるのですがそれは流石にね。WARGAME4期待してます(露骨なハードル上げ)。しかしクラスター弾だけは怖いですね。鋼鉄の雨で戦車吹っ飛びますから。上部装甲あっても高級戦車しか生き残れ無さそう。

★CHARLIE争奪戦
20180104193543_1.jpg
侵入した敵は駆逐できそうですが、敵野砲の飛来は回避できない模様。被害が少ないのを願うばかりですよ。

敵砲兵は活発に撃ってくるので損害が馬鹿になりません。上記のようにロケット弾の雨も凄い投射量の時があります。酷いコンボでブラチーノのナパームの後にロケット弾の雨が来て数部隊が消し飛んだり士気パニックで戦車が逃走したりと恐ろしい程の被害が出たことが有ります。AI容赦ない。でも…(ビクビク

★楽園
20180104193839_1.jpg
最初に制圧してからまず戦闘に巻き込まれることがない、プレイヤーからもAIからも無視されているDELTAセクター。ここには司令部、偵察部隊。対戦車歩兵x2をいつも配置しているのですが、もしかしたら対戦車歩兵、もっというと偵察部隊も必要ないかもしれません。本当にAIはここを奪還に来ませんし私も放置しているので司令部オンリーで良いかもしれませんね。今度試してみます。

★敵主要侵攻ルート
20180104193908_1.jpg
AIはCENTERセクターをよく襲撃してきますが、画像のように2つの侵攻ルートをいつも取るので苦労します。このセクターは3方向から侵入出来る為中央にかかりきりになるとこちらのルートが手薄になります。防衛には毎回頭を悩ませますが2つのルートの交差点で防衛すれば良いかもしれません。しかしそうなるともう後退できない最終防衛ラインになるので、それよりは攻勢を受けたら縦深防御で時間稼ぎをしてその間に攻撃ヘリやロケット弾装備のヘリを呼び集めて掃討しています。身を隠す場所が少ないので防衛しにくい地形ですが、逆に攻撃時には何ら遮蔽物がない平地と化すのでここを通ると格好の目標になります。大体攻撃ヘリの襲撃でボロボロになり、そのまま突進する頃には橋の防衛ラインにいる戦車の餌食となり壊滅します。

敵の侵攻がこの方面に集中するのはANNAセクターのせいで、ここからは増援を呼ぶことが可能なので敵は叩きのめされても直ぐ回復して攻めて来れるので敵の主攻勢地点となりやすいです。序盤でこのセクターを奪えればよいのですが、ちょっと遠いので狙ったことがないのですが、今度やってみましょうかね。ただ序盤は中央で押したり引いたりの攻防戦で兵力が集中しがちなので右翼にどれだけ戦力を回せるのか考えると不安ですね。

★FOB枯渇
20180104193937_1.jpg
ソ連軍デッキで歩兵はMi-8を輸送ヘリとして多用しているのですが、ロケット弾装備なので重宝しています。が、その分何回もソーティを重ねると補給物資を馬鹿食いし、ご覧のようにFOBが空になるのが日常的に起きます。そうなるとMi-26(コスト120!)を呼んで臨時補給所にするのですが…一体どんだけロケット弾で補給品を消耗しているのか非常に気になります。もしMi-26の補給物資も無くなったらどうなるか、と考えると怖くて餅も喉を通りませんよ。

★稜線を超えて
20180105010947_1.jpg
CENTERとELENAセクターは丘陵になっていて、その中央部は低い土地となっている面白いマップです。それを利用して画像のように二方向から十字砲火可能で、しかも丘陵からの射撃はトップアタックとなるのでどんな戦車も一撃でしょう。WARGAMEでは上面装甲値も設定されているのですが、ということは上部からの攻撃もその判定に使用されるのですから使わない手はありません。ここはキルゾーンとしては最高ですね!

ただ流石に74式のように車体を傾けて、とか東側戦車は仰角が取れないので一方的に撃たれる、ということまでは再現されておりません。もしそうなら面白いことになりそうですが、ちょっとやりすぎな気がします。

★釜の底
20180105080352_1.jpg
横から見るとこんな感じになってます。丘陵からの攻撃には無防備になりますからここは素通りしたい場所ですね。逆にこの場所に迅速に終結後、一気に坂を登って敵の近くに出現して奇襲をかける!なんてことは可能ですよね。よし、今度試そう。

★AIがやってきた一手
20180105080415_1.jpg
司令部をセクター端に置いていたのですがどこからか機関砲の音がする、え?BTR-80破壊された!?と困惑していたらAIが画像のように丘陵の斜面を見つからないように伝って来て司令部に強襲を仕掛けてきてまんまと司令部を撃破されたことが有りました。WARGAMEのAIの優秀さに驚愕しましたが、地形効果を最大限利用とかどんな思考ルーチン組んでるんですかね。ただただ脱帽です。

★ANNA奪取
20180105075616_1.jpg
何回かこのマップをやっている内にコツを掴めてCENTERから反撃を開始してANNAを奪って増援を呼んで敵本陣への進撃を開始しようとしている時の画像です。戦車よりもかき集めたヘリ軍団で圧倒して進撃したので力押しでしたが、多少の損害ですめばその手段も正当化されるでしょう。攻撃ヘリによる露払いに合わせての攻勢でしたが意外にもかなりの抵抗があって苦戦。しかしT-80BUを始め数で圧倒している我軍を止められずそのまま敵本陣を蹂躙して勝利となりました。気が付くと侵攻部隊に多大な損害が出ていて驚いたのは内緒です。


今までずっとRDかEEしかやっておらず、親切なチュートリアルのためだけに存在していたALBですが、マップが面白いのが多いのに気づいて最近のマイブームです。市街地の仕様が違ったりRDで改良された点がない(性能表でピン留めして他の兵器とデータ比較できない)といった不満はあるものの、ALBの面白さにRDそっちのけで夢中になってます。特にこのマップは航空機使いたい放題なのがいいですね。一番のお気に入りといえばSu-24による250kg爆弾x12の空爆がよく決まるので爽快です。一気に敵3部隊消滅とか敵の集合地点に2機で絨毯爆撃して敵を壊滅させるなど溜飲を下げれるのは痛快です、しかも一戦闘で何度も!当分このマップで遊びたいと思います。

(12:05) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[WARGAME:RED Hop and Glory] - 2017.12.20 - 希望と栄光

Hop and Gloryまだまだやって行きますよ!今回は前回の反省を活かして同じ悪手は使いませんからね。では早速。

★戦争計画
20171219a.jpg
前回と全く同じです。ただ…

★先行偵察
20171219213357_1.jpg
偵察ヘリでDELTAセクター付近に敵がいないことを確認しました。これで前回のようにロケット弾の雨を浴びることもないですね。第一梯団は高速移動の目的地をDELTAセクター中心部へ変更です。

★装甲の化物

M-1エイブラムス2両が突っ込んで来ましたが…動画にあるように恐ろしいほどの耐久力を発揮し、1両につきATM4発、120mm砲弾2発?当てて漸く撃破しています。もう本当に化物。流石は世界最強装甲を誇るエイブラムスシリーズですねぇ。こんなのが大量に来たら前線崩壊ですよ。

★現在の戦線
20171219213514_1.jpg
左翼がちょっと前に出ていますが、地形上山岳があるので仕方ありません。味方が右翼でもう少し前進してくれればバランスが取れるのですが、AIにはAIの戦術がありますから任せておきましょう。幸い中央部には河川があり、渡河ルートも橋だけと限定されますからここから敵の浸透は難しいかな。と思ったら道路が一本ありますね。ここは突破されないと信じたい(神頼みかよ

★M-1エイブラムス2個小隊接近
20171219213928_1.jpg
当たって欲しくない予想が当たってしまいました。AIお得意の戦車スタックによる襲撃。こっちは戦車5両ですが対処できるのでしょうか?

★M-1 vs Leopard2A1

まずLeopard2A1(以下Leo2)2両を後退させ、街を時計回りに移動してM-1背後をつかせるように移動します。その途中敵AFV?2両撃破。M-1部隊は街の中心部へ突進。手当たり次第攻撃を開始しました。その時街の西側でもLeo2とLeo1-Vの各1両が反時計回りでこれまたM-1部隊の後方へ。左右両方から奇襲をかけるつもりでしたが…敵輸送ヘリが襲来。迎撃してこれらを撃破するもこちらの戦車部隊の位置がバレて奇襲が失敗してしまいます。ただアパッチ(ロケット弾仕様)が対地支援をしていて、M-1をスタンさせ動きを封じていたのが唯一の救いでした。そこからはガチの撃ち合いとなりましたが近距離戦なので双方APパワーに補正がかかってプラスになっているも拘らず砲弾を弾き返すのですから第三世代戦車は恐ろしいですな。動画にあるようにM-1を次々に撃破し、前半最大の危機は去りました。

ここは説明するより動画見てもらった方が早かったもです(苦笑 総計11台の戦車戦ですから見ものですよ!

★流動する戦線
20171219214440_1.jpg
右翼の味方もジリジリと前進中ですね。懸念された中央部も問題ないようですからこのまま任せるとしましょう。私はそろそろ増援を呼んで侵攻準備を進めます。

★FOBでの補給

アパッチを補給のため本陣のFOBまで戻らせました。補給ヘリやトラックからの補給になると一気に物資を飲み込んでしまうのでFOBに戻すのが、面倒ですが楽です。それにしてもよくモデリングされていますよね。更にアップで見るとエンジンからの放熱でエンジン後部が歪んで見える拘りよう。日本のゲームメーカーではこれ程細かい表現はしないでしょう。オイゲン凄いよオイゲン。

★後方への奇襲
20171219214844_1.jpg
味方がヘリで特殊部隊をFOXTROT背後に向かわせて挟撃させるつもりのようですが案の定敵の激しい対空砲火を浴びて全機撃墜されてしまいました。もしやるならもうちょっと数を増やして突入すべきでしたし、敵を侮りすぎです。せめて煙幕を展開してから降下させるとか色々出来たでしょうに。勿体無い限りですよ。

★FOXTROT市街戦
20171219215119_1.jpg
敵はかなりの歩兵戦力を保持しており、頑強に抵抗を続けているようです。流石にこれだけの歩兵がいると排除はかなりきついと思いますが味方を信じて私は渡河の準備を始めましょう。

★JULIETTへ
20171219215829_1.jpg
戦車を前に配置し、後方にAPCに乗った歩兵、偵察ヘリ、アパッチで念願の敵JULIETTへの進撃を開始しました。正直ここまで行けるとは思って見なかったので手が震えるくらい興奮してました!DELTAに閉じ籠もるしかしていなかったので攻勢に出れるなんて想定外です。これも今までの戦闘経験とよく怠っていた増援を切らさず投入して兵力の増強を図っていたからでしょう。しょっちゅう増援がいなくて攻勢限界点に達していたので今回の件は非常によい戦訓になったと思います。

★パンツァーカイル
20171220055551_1.jpg
歴戦の強者達です。この戦車部隊が先頭を切って進撃しますが…心躍りますね!

★空爆

苦戦しているようだったので味方へ支援の手を少し差し伸べました。ケチなことにナパーム落としただけですが、それでも戦闘の趨勢は変わったようです。しかしフライパスしていくF-5E格好いい。もっとじっくり見たいけど戦闘では一瞬なんですよね。リプレイ巻き戻し機能早う。

★大金星
20171219215925_1.jpg
歩兵が森へ突入すると何と敵司令部がいました。すぐさま強襲してこのセクターの支配を奪い返します。進撃して直ぐ側に司令部がいたなんて運がいいですね。これで敵の収入は減ってこちらは優勢になりましたぞ。

★砲撃戦

遂にJULIETTまでこれて次なる進行に向けて対岸の掃除を図ります。幸い戦車はいないようなのでどれでも当たれば撃破可能とは言えブラッドレーがいるのでそいつの装備のATMには警戒が必要です。尤も、動画見る限り耐えてましたけどね。

対岸清掃が終わった後は市街地での戦闘を支援。特殊部隊を投入しましたが戦闘には間に合わなかった模様。よくみると対岸にブラッドレーが1両いましたがATMは撃ち尽くして呆然としていた所をアパッチのロケット弾で撃破されました。後退すれば良かったものを。

★快進撃中
20171219220942_1.jpg
JULIETTAの確保も終わりましたのでHOTELへ侵攻です。ここ、段差になっていて、敵からはこちらが見えない好都合な場所なんですが…こちらからも敵が見えない罠wならば突入して無理やり視界を確保しますか!

★最後の戦い
20171219221156_1.jpg
もう敵に組織的抵抗をする戦力はありません。一方的に蹂躙して終わりです。長い戦闘でしたが今までで一番最高の結果も出せたので嬉しい限りですよ。

★戦績発表
20171219213140_1.jpg
何でこんなに3倍も戦績に差があるのですか!?頼りにしてはいたけど自分も頑張ったのに…(涙)。でもまあ勝てたので良しとしますか。それにしてもWARGAMEシリーズはAIが優秀なのでAI戦だけでも楽しいです。タイマンでも良い戦いぶりをしますし、味方の時は今回のように非常に頼りになります。大戦略との差は圧倒的ですよ。これが洋ゲーでは普通なんですから和ゲーとの技術力の差が10年遅れというのは強ち間違いではありませんねぇ。StellarisでもAIは強力なライバルとして君臨していますからWARGAMEだけのAI賢いだけではありませんよぉ。

何はともあれこの勝利をバネに次も頑張りますか!

(15:13) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[WARGAME:RED Hop and Glory] - 2017.12.19 - DELTAセクターの攻防

さて、このマップも何回もやっている内に何処を守って何処を攻めるとか分かって来ました、と思います。自身がないのは何しろ勝率が不安定だし最大進出ラインの幅が大きすぎるんですよ。腕前がまだまだって事なんでしょうからもっとプレイして腕を磨かないと。

★戦争計画
20171219a.jpg
いつもの如くBRAVOを労せず確保して主力である左翼でDELTAを奪取して布陣する、といった作戦でした。今まで通りなら。所が…

★第一梯団の崩壊

先行偵察でBo-105をこちら側に飛ばしていなかったのでこんな酷い目に。やはり機動性では輸送ヘリの方が迅速で装輪/装軌では叶いませんね。でもオランダ軍のヘリはロケット弾ないのでイマイチ使う気がしないんですよね。特殊部隊だけはヘリにしています。迅速に飛んでいって市街地への増援、奪取といった任務にはスピードが重要ですし。

しかし遅れて登場した味方がその後敵輸送ヘリ部隊を駆逐する辺り悔しいです。あと一歩こちらの到着が遅れれば味方が損害を吸収してくれていたんですから(鬼)。こっちと違ってIFVだから生存性は違いますしこちら程大損害は受けず、機関砲で敵を撃退してくれてたでしょう。何だか貧乏くじ引きましたよ。オランダ軍にもIFV欲しい…。

こうした惨状を見るとWAGAMEは偵察ゲーである事を実感します。索敵を疎かにするとこんな目に遭うってことです。この失敗は繰り返さないようにします。しかし司令部ユニットを失ったのは痛かったですね、収入入らないし増援するにもポイントが高く付きますから他の兵科の充足を圧迫してしまいます。自走対空砲連れて行ってれば、脚の速さの問題もありますが、多少は損害に違いは出ましたかねぇ。

ここの部隊は想定とは違い堅固な守備で市街地を保持する事能わず、ただ敵に放置されて存在してるだけの部隊となり攻勢は疎か守備すら危うい状況下に。そしてこの消極的な行動はその後の戦績に多大な影響を与えました。

★遅れた増援
20171217a1.jpg
結構損耗率高いこの手の自走対空砲を急ぎ前線へ。SEADにやられるよりも戦車といった地上部隊にやられる私の運用は見直すべきですね。細かい管理が苦手で(言い訳)。

★オランダ軍のゲパルト CHEETAH PRTL A1

煩いハエを叩くにはこいつが一番!対地でも大活躍です。撃たれた方はミンチよりひでぇや、でしょう。そういえばPANZERの増刊WARMACHINEREPORTに自走対空砲特集がありましたが、サブタイトルで”スカイクリーナー”とありました。”ミートチョッパー”だと受けが悪いから採用しなかったんでしょうね(苦笑)。でも”スカイクリーナー”だと空気清浄機みたいな名前でかっこ悪い気がw

★敵戦車部隊接近中
20171217a3.jpg
T-55らしき戦車が4両、装甲車を連れて前線へ向かっています。急ぎ戦車部隊へ迎撃の任を伝えます。

★レオパルト2A1 NLのヒット・エンド・ラン

相手は格下なので余裕ですがそれでも2発喰らって中破状態。早めの修理が必要です。後退中に地形を貫通しているのはご愛嬌で。しかし義務は充分果たしていますよ。それにしても2両目(3両目?)に砲弾が命中した時にチュウォン!って音が鳴り、その後爆発するの堪りません。REDDRAGONって各種爆発シーンが最高なのでリプレイ時にフヒヒとなれて最高です(変態)。

★DELTAへの強行進軍
20171219b.jpg
終盤敵がDELTAに執拗に何波も歩兵による突撃を敢行していました。いつもなら野砲で煙幕を展開しているのに今回は支援なしでした。遮蔽物のない平坦な土地を進んで行ったら只の的ですが、ここは開けた地形なのでこうするしかない?でもこれだけいるのなら車両によって数の暴力で強引に突撃を図った方が良いと思うのですが…。もし飽和突撃なんてされたらこちらは阻止できる程の火力が投入出来なかったと思います。AIのミスにより助かった感じでしょうか。

★BANZAI突撃

動画見れば分かりますが本当に多数の部隊が突撃してきています。それを阻止する為にあらゆる火力を投じましたが、最後に少数の部隊の侵入を許します。が、そこで戦闘終了となったので助かりました。

★五分の戦い
20171217100218_1.jpg
この敵による無謀な突撃を撃退したため第一梯団崩壊後の部隊再編で忙しく、殆ど戦況に貢献できず最下位だったポイントもぐっと稼げてトップにまで躍り出ました。嬉しい限りですが敵に勝ちを譲られた気がして余り良い気分ではない・・・ことはなかったりします。部隊崩壊から再編してDELTAセクターを想定した初期以上の要塞都市とし、用意したありったけの火力をぶつけて敵の攻勢を撥ね退けたんですから。やりたい放題&憂さ晴らしで気分爽快ですよ。

終盤に漸くヘリの支援が来ましたが、余りに遅すぎましたし数が少ないですね。最初からヘリなり装甲車で突っ込んでくればよいものを。ハインドが「こんな場所で?」って所に単機で着陸なんてするもんだからATMに狙われちゃって…。それに比べMi-17はロケット弾で支援後、高度を下げて身を隠し、その後鮮やかに撤退していくのは敵ながら天晴ですね。

敵側視点のこの動画、見てるとこの世の地獄のようですよね。機銃から戦車砲にナパーム、迫撃砲による攻撃は熾烈を極めていますから。見ていて思ったのが迫撃砲怖えぇえ!Quiiii!という音と共に多数の榴弾の雨を降らせてくるので飛来音に威力にと共に恐ろしいっちゃありゃしない。そりゃあ、先の大戦中の歩兵の7割の死傷者が野砲によるものだというのはよく理解出来ますよ。

シチュエーション的にスターリングラードっぽいですが、これだけの火力を投じられたの鑑みるにを一木支隊によるヘンダーソン飛行場への突撃かと見紛えます。ザ・パシフィックでの防衛戦のシーンを思い出しましたし、ヴェルダンでもこんな感じだったのでしょうか。攻守変われと言われたら意見具申ものですよ。

さて、ブログも書けたしオランダ軍でまたREDDRAGONやりますか(謎のオランダ軍推し

(13:18) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

[WARGAME:RED DRAGON講座] - 2017.12.16 - WG:REDDRAGON追加DLCを考えてみた

大戦略の生産タイプを見ながら自分なりに作ってみました。

ブルードラゴン
イタリア
・航空機
ユーロファイター・タイフーン
AV8B ハリアーII
トーネードIDS
AMX
F-104
G.91
eft.jpg


・攻撃ヘリ
マングスタ
A-109 ヒルンド
manng.jpg

・輸送ヘリ
AB-206
bell206.jpg

・戦車
レオパルト1A5
アリエテC-1
ariete.jpg

・IFV
ダルドVCC-80
Dardo_IFV.jpg

・APC
M-113
LVTP-7
ピューマ
puma.jpg

・偵察車両
B-1 チェンタウロ
tyenn.jpg

・対戦車車両
M-113ATGW
M38A TOW/無反動砲

・自走砲
M-109
M-109L
M-106
パルマリア自走榴弾砲
paruma.jpg

・自走ロケット車両
MLRS
mlar.jpg

・対空車両
SIDAM-25
ホーク
SIDAM-IT.jpg

スペイン
・航空機
ユーロファイター・タイフーン
ミラージュF1
EF-18
AV-8B マタドール
mf1.jpg

・攻撃ヘリ
ティーガー
HA-15
tiger.jpg

・輸送ヘリ
UH-1 イロコイ
AS-532 クーガー
CH-47 チヌーク

・戦車
M-60A3
M-48A5 パットン
レオパルト2E
AMX-30EM2
keo2.jpg

・APC
BMR-600
ピサロ
M-113
LVTP-7
ピラーニャIII
bmr600.jpeg

・偵察車両
B-1 チェンタウロ
スコーピオン
BMR-VEC90
BMR-VEC25

・対戦車車両
BMR-600ベース

・自走砲
M-110
M-109
M-108
m109.jpg

・自走ロケット車両
テルエル
1024px-LCM_Teruel.jpg

・対空車両
AMX-30R ローランド
ホーク改
NASAMS
スカイガード/アスピデ
aspide.jpg

レッドドラゴン
インド
・航空機
MiG-29
MiG-23
Su-30MKI
ミラージュ2000
MiG-23BN
ジャギュア
シーハリアー
mig23.jpg

・攻撃ヘリ
Mi-35
Mi-25
mi24.jpg

・輸送ヘリ
Mi-17
Mi-8
mi17.jpg

・戦車
T-90
T-72M
T-55
ヴィジャンタ
アージュン
Vijayanta04.jpg
・IFV
BMP-2
BMP-1
bmp1.jpg

・APC
SKOT OT-64
ot64.jpg

・偵察車両
PT-76
BRDM-2
pt76.jpg

・自走砲
ビム
カタパルト
BMP-2MC
biju.jpg

・自走ロケット車両
BM-21 グラード
BM-30 スメルチ
bm30.jpg

・対空車両
2S6M ツングースカ
ZSU-23-4
ストレラ
store.jpg

イラン
F-14トムキャット
F-4ファントムII
F-5E
MiG-29
シャファク
J-7
Su-24
Su-25
f14.jpg

・攻撃ヘリ
AH-1コブラ
Ah-1cobra_1.jpg

・輸送ヘリ
Bell-206
CH-47
Mi-17

・戦車
M-60A1
M-48パットン
M-47パットン
T-72M
T-62M
サフィール
チーフテン
ズルフィカル
m60.jpg

・IFV
BMP-2
BMP-1

・APC
M-113
BTR-60
BTR-50
ボラグ
btr50.jpg

・偵察車両
スコーピオン
EE-9 カスカベル
ee9.jpg

・自走砲
M-110
M-109
M-107
2S1
サンダー2
サンダー1
2s1.jpg


・自走ロケット車両
BM-21 グラード
アラーシュ
ファジル2

・対空車両
ZSU-23-4
ZSU-57-2
zsu572.jpg

・自走対空ミサイル
ホーク改
ZRK-SDカブ
S-125Mネヴァ
紅旗2
Sa6_1.jpg

とこんな所でしょう。でもイタリアって人気が低かったって言うから売上に影響出たりしてwでもセットでスペインがつくなら売れるんじゃね、抱き合わせ商法で。問題はレッドドラゴンでインドのミラージュ2000、ジャギュア、シーハリアーetc&イランのF-14&4&5、AH-1S、Bell-209、CH-47etcといった西側兵器群。西側兵器と東側兵器ってWARGAMEでは分けられてるからデッキでどう扱うか難しいよね。もしそれが可能ならイラクも出来るんだけど…。WARGAME4で出しても良いんじゃよ。スティールディビジョン売上悪いそうだし。

(10:27) - TRACKBACK(0) - COMMENT(0)

HOME - NEXT →

PROFILE

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

BOOKMARKS

RECENT TRACKBACK

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。